ホーム > 2009年度 講義の紹介 > RAH 12期生授業

≪最新講義の紹介≫




 2009年11月15日(日)
 講義担当:由井学長
 「オルガノン購読D」             

 

【鹿児島分校】




  【講義の感想】

●授業中にLob.などの目新しいレメディーの説明があると、ついワクワクしてしまいがちですが、由井先生の授業を受けると、もっとオルガノンを読み込まないといけないのだと反省しています。一次作用、二次作用についての理解を深めると同時に、生薬の一次作用を理解することも大切と聞き、大変興味のある分野なので、楽しんで理解を深めたいと 思います。

●一次作用、二次作用の違い、よく分かりました。しかし、具合の悪い状態が一次作用によるものなのか、二次作用によるものなのか、具合の悪くなった状況が分からないと判断が難しい、このような時にはとり あえず、一次作用に対応するレメディと二次作用に対応するレメディをそれぞれ試してみるということでいいのでしょうか。それにしても、レメディの特徴をよく知っていないと、症状を見てすぐピンとこ ないだろうから、もっと勉強しなければいけませんね・・・。