ホーム > 2009年度 講義の紹介 > RAH 12期生授業

≪最新講義の紹介≫




 2009年10月17日(土)
 講義担当:岡本先生
 腺のレメディー

 

【英国本校】


  【講義の感想】

●本日の岡本先生の講義では腺のレメディーとして 体の内外分泌線より分泌されるホルモンとその働き そしてそれらの先天的、後天的障害やホルモン療法 等による分泌の異常から生じる症状を数多く学び、 それらの症状や、それらの腺と関連のあるチャクラに 有効なレメディーをケースを交え複合的に学びました。 腺は体の各所に位置し、その働きは体中に及び食欲、 生殖、睡眠、消化、排泄、代謝、成長など全ての人間 の生理に関わり、患者の呈する症状を理解するため にそれらの働きを熟知することはホメオパスとして必須で あると思いました。今回与えて頂いた情報を基に今後、 さらに各腺の細かい働きを掘り下げていけたらと思います。 岡本先生素晴らしい講義を有難うございました。