ホーム > 2009年度 講義の紹介 > RAH 11期生授業

≪最新講義の紹介≫




  2009年8月2日(日)
   講義担当:最上先生               
   MMPD (Carb-an.,Carb-v., Merc., Olnd)」

 

【東京校】




【大阪校】


【京都校】


【福岡校】


【名古屋校】 【沖縄校】


 

【講義の様子】

本日のパートタイムコース11期生の授業は、最上先生によるMMP「Carb-an.,Carb-v., Merc., Olnd.」の講義が行われました。1つ1つ頭から順番に勉強していくと、6時間では足りないぐらいの量がある中で、最上先生の工夫により、より重要なパートから勉強していきました。MMPとTBRを駆使したレメディー像を印象付ける方法として、とても画期的な内容でした。

【講義の感想】

●MMP以外のMMから学んだレメディーの大特徴の中で、MMPの内容とぴったり一致するものもあれば、全く正反対のものもあり、それらがわかっただけでもとても勉強になりました。また、MMPの文章を読んで、それらの症状をTBRのレパートリー用語にあてはめる練習もできたので、ホメオパシー的読解力がついたように思います。ありがとうございました。

●MMプーラの勉強の仕方がようやく理解できてきました。時間はかかりますがじっくりと学んでいこうと思います。

●プーラの勉強の仕方がとてもよくわかりました。今までの分もたまってしまっているのでコツコツとやっていきたい。本日はありがとうございました。

●へとへとになりました。先生も大変だろうなぁと思いました。自分で勉強しなくちゃと思いつつ、量がぼう大で気が遠くなりますが、がんばろう!!

●授業の中で貧血のMTを試している段階とおっしゃいましたが、もしできましたら私にも試させていただきたいのですが。長年貧血でヘモグロビン値もいつも一ケタです。

●ありがとうございました。内容が変わって先生方も大変だと思います。お疲れ様です。ポイントがよくわかりませんでした。自分でやるしかないんだな、と改めて思いましたが、やり方がよくわかりません。・・・やるしかないですね、わからなくてもとにかくやってみて、自分でやり方を見つけてやるしかないんだなぁ・・・時間がたりません〜〜〜

●今日も盛り盛りの授業ありがとうございます。なんとなくですが、少しづつTBRにも慣れてきたように思います。がやはり生のケースを見ると、もしこういうアトピーを持ったクライアントを私が本当に治せるだろうか・・・・としびれますね・・・・丁寧な授業でした。

●ケースやパワーポイントもわかりやすかったですが、少しペースが早すぎる点がありました。

●全般に症状からとりかかると、わかりやすいとポイントを教えてくださったので、進め方がわかりやすかったです。

●最初にプーラとTBRの見方を最上先生に説明していたのでとてもわかりやすかったです。前説についても順に解説してくださったのでハーネマンが言いたかったことや、当時のレメディーの作り方についても知ることができました。ひとつひとつ見ていくことで、プーラと今まで学んだMMとの違いや類似点が浮き彫りになりました。おもしろかったです。

●わかりやすくなるように工夫してくださったと思います。1人でやっているとわけがわからないですが、まとめていただけて少しわかった気がします。

●MMPを読破するのにはかなり時間がかかりそうですが、今日の講義で活用の仕方を教えてもらえたのは良かったです。レメディーの症状像がよくわかり、シノプティックのマテリアメディカに比べてかなり興味深いと思います。読みながらプルーバーがこんな症状を出していたのかと頭でイメージしながら読み進めていくと面白いなと感じました。TBRもしっかり活用して、1つ1つのレメディーの症状を分類して勉強していきたいと思います。

●MMPの講義を何回か受けだいぶMMPの見方もわかってきました。予習、復習が大切だと実感しました。まだ症状の分類をするのがよくわからないのですが、講義をうけながら慣れいていこうと思います。昨年までと違い講義内容も勉強の仕方も大きく変わりまだ戸惑っていますが頭を柔らかくして受け入れ発展させていきたいです。

●RAのまとめ方試行錯誤中、最上先生方式参考になりました。RAのまとめ作業でMMP+があればすごく有益だと思うので発売の延期は残念です。

●MMの授業、必要だけれど単調。しかし、面白くもなってきている。

●解りやすかったMMPの理解の仕方を教えてくれたので助かった。

●丁寧にテキストを読み込んでくださり(時間のあるところでは)解釈の仕方など学ぶところが多かった。

●全般から初めて言葉・表現が沁み込む感じが嬉しかったです。色別アンダーラインも考えてはいましたが、今日から実行できます。希望を持って勉強出来ると思いました。ありがとうございました。

 

●最上先生のからMMPの紐説き方を丁寧に教えていただき今後のMMPの予習、復習に生かすとともに、従来のマテリアメディカとの比較をすることの大切さを教えていただきました。本日、習った事をしっかりと復習し活かしてまいります。

 

●MPの授業は、由井学長、岡本先生に続いてこれで3回目となり、各先生方からそれぞれのアドバイスをいただいて、やっとMMPへの取り組み方がわかってきたという感じがしました。メリハリなく平板に文章が続くように見えるMMPでしたが、今日の最上先生のアドバイスによって、基調を読み取っていくコツがつかめたり、全般についての記述を先に読み込んだりすることでメリハリがついてきて、自分なりに読み込んでいけそうかも…と思えるようになりました。今日学んだレメディーでは、今まで理解していたレメディー像にはない姿が見えてきたり、今まで大特徴として理解していた項目がMMPには取り上げられていなかったりする部分があり、改めて原典に立ち還る意味の一端を実感しました。ありがとうございました。