ホーム > 2009年度 講義の紹介 > 11&12期合同講演

≪最新講義の紹介≫




  2009年6月27日(土)
  講義:岡本先生               
  MMPB(Arn., Dulc., Ferr., Puls.) 11期&12期合同講義

 

【東京校】




【大阪校】

【福岡校】 【札幌校】


【名古屋校】 【沖縄校】


 

【講義の様子】
本日のパートタイム11・12期生の授業は、岡本先生によるMMP「Puls., Arn., Dulc., Ferr.」の講義でした。MMPとTBRを両方とも駆使して、じっくりと比較・ 研究しました。MMPの確かさと、TBRの実績がダブルになり、品質の高いMM像が勉 強できました。

 

【講義の感想】

●本日は岡本先生によるマテリア・メディカの授業でした。どのようにマテリア・メディカ・プーラの勉強を進めていったらよいのか分からず、途方に暮れていましたが、本日の講義でどのように自習をすればよいのかポイントがつかめたように思います。勉強すればするほど新たな発見など得るものがありそうで、勉強してみたいという思いがふくらみました。岡本先生ありがとうございました。

●岡本先生によるMMP(Puls.,Arn.,Dulc.,Ferr.)の講義でした。MMPをどのようにして学んでいったらよいか、その方法論を示していただけたことが大きな収穫でした。MMPテキストの読み方のコツもつかめ、大変参考になりました。Puls.など、以前に学んだマテリア・メディカのときの像とはまた違う像が見えてきたのが興味深かったです。丁寧な講義をありがとうございました。

●岡本先生の緻密な分析に、時々ユーモアのセンスを光らせて、みんなを笑わせな がら、楽しく勉強ができました。大きなレメディーは症状数が多いのは、よく使 われるからだとわかるのですが、Dulc.やFerr.のような割と小さなレメディーに は、まだ明らかになっていない症状がたくさんあるかもしれないので、もっと 使って、MMの症状を多くしていけたらいいのにと思いました。今日は身になる授 業をありがとうございました。

●本日はMMPの第2回目の授業を受講させて頂きました。岡本先生のご指導によりMMPをどのように分解し特徴をつかみ取って行けばよいのかがより明確になっていきました。岡本先生が行っているように今までに習ったマテリアメディカによる先入観を一度横へ置き、MMP全体を俯瞰しMMPの中で繰り返し出てくるワードをピックアップしそれらが何を意味・示唆するのか読み解きTBRルーブリックに当てはめ、そのレメディをツリー状に比較・細分化しその後、シノプティックマテリアメディカでも比較し検討する。とても大変な作業ですが今まで膨大な情報量をどのように対処していけば分からなかった学生にはとてもよい情報が満載でした。以前、デミトリアデス先生が沖縄校で言われた、「TBRはもうずでに完璧なシステムなのです」と言われた本当の意味を実感することができました。岡本先生、ありがとうございました。

●ハードでした〜。これだけの大量のものを研究していたハーネマンやボーニングハウゼンを尊敬します〜〜!!岡本先生、ありがとうございました。

●密度の濃い授業をありがとうございました。この3月で卒業し、試験にも合格しましたが、まだまだまだ・・・勉強不足です。Puraの授業、その他の授業もできるだけ参加しようと思っております。今日は再び御誠先生のスーパーギャグを聞くことが出来、嬉しかったです。私にとってArn.イコールラストサムライの渡辺けんです!

●TBRを辞書のようにしてMMPと何度も突き合わせることがポイントとわかりました。講義のご準備大変だったと思います。でもさすが岡本先生!! ありがとうございました。スッキリした学び方ができました。

●テキストをもらってもどこから手をつけたらよいかわからなかったが、授業を受けてこういうふうにやっていけばよいのかと思いました。岡本先生の授業は楽しいです。

●岡本先生の説明はいつも分かりやすいです。

●勉強の仕方を良く教えて頂きました。ありがとうございました。根気が要りますね。部位の円グラフ欲しいです。お疲れ様でした。

●R.A.とTBRとシノプティックの関連付けが大変だけれどありがたかったです。ねっとりとありがとうございました。皆にしっとされるように排出したいです。

●とてもわかりやすかったです。シノプティックMMと比較してみて良かったです。

●岡本先生の授業はとてもわかりやすかったです。ありがとうございました!

●ものすごくハードでしたが、プーラの見方や勉強の仕方がなんとなくわかり、充実した、わかりやすい授業でした。ありがとうございました。

●MMRとTBRとを一緒に説明して頂いたので、とてもわかりやすかったです。家でも復習しやすいと思いました。MMP2回目ですが何となく勉強の仕方がわかってきました。

●面白いけれど、なかなか全体像を把握しづらいMMです。Puls.のように半日ぐら い1つのRemedeyにかかりそうです。

●1つずつ確認していく作業、あまり膨大すぎて「いったい、いつやるんだー。」 と叫びたい心境です。

●情報量のあまりの多さに教えてくださる先生も本当に大変だろうと思います。熱もあるのにありがとうございました。TBRを見ていくこと、シノプティックMMとの照合等、実際にやってみて少しずつやり方の糸口が見えてきたように思います。しかし、一番よく分かったことは、「自分で勉強しなければならない!」ということです。(厳しい現実です)

●家でいかにやるかだな〜と思いました。がんばります!!

●量がすごくて (汗・涙マーク×3)です・・・・・自宅で自分なりに理解しないと・・・・。岡本先生のギャグはおもしろかったです〜〜 

●こういうふうにまとめていくんだなという手法がわかって、よかったです。 これをマスターするにはTBRのできるだけ速い引き方をマスターする必要があると感じました。子連れで授業受けているので、先生の実話にとても励まされました。笑えて。ありがとうございました。

●とても忙しかったですが、楽しい授業でした。ありがとうございました。

●勉強の進め方的なところがわかったのは、よかったのですがこれを読み進めて自分のものにするのは、かなり大変だと思いました。

●内容盛り沢山で、TBRとMMPをあわせて理解することができました。

●シノプティックとの違いに非常にとまどいます…。Puls.とか、前の印象が強いので意外でした。これをどうやってまとめるのか…

●TBRのルーブリックをたくさん調べて教えてくださり本当にありがとうございました。