ホーム > 2009年度 講義の紹介 > 12&13期合同講演

≪最新講演の紹介≫


         

 2009年8月29日(土)
 講義:由井学長DVD               
 マヤズム(慢性病論)@(10期&13期合同講演)

 

【英国本校】 【東京校】


※由井学長DVD講義終了後、英国本校より由井学長ライブでの質疑応答が行われました。



【大阪校】


【京都校】 【名古屋校】


【札幌校】 【福岡校】


   

 

【講演の様子】
本日はマヤズムについての講義でした。

「マヤズムは感染体である」という冒頭の一言から 始まり、ハーネマンが真に何を言っていたのかに関して、また、急性マヤズム、慢性マヤズム、 遺伝傾向の違いをわかりやすく説明していただき、マヤズムに対する、理解がより深まったのではないか と思います。

講義の端々に展開される学長の言葉が印象的な講義でした。

【講演の感想】

●すべての病気の土台がPsor.というお話、わかりやすく解説して下さってありがとうございました。ホメオパスを目指す人たちにとっても、摂るべきレメディーがはっきりしました。

●待ちに待った慢性病の講義で、楽しみに来ました。マヤズムについて多少混乱するところはあったが、おおよそ理解できたし、今までの講義の「?」だったところが、「こういうことか・・・」と分かりました。ハーネマンってすごいですね。

●疥癬マヤズムに関する詳しいお話しでした。ちょうど1週間前からSulph.をとり始めてから両手全体に発疹が広がり、痛くて痒くてすごい状態です。生後すぐからアトピーで、たくさんの抑圧をしてきました。自分の体をじっくり観察しながら、排出(排毒)していってツルツルになれるように頑張っていきたいです。そして私のように苦しんできた人に、自分の経験を伝えられる日が来たらいいなと思います。今日の写真(疥癬)は自分の手を見てるようでした。丁寧にアドバイスしていただき、ありがとうございました。

●私も自分のPsor.を治療しなければならないと、つくづく思いました。マヤズムは奥が深すぎて難しく感じましたが、とても新鮮でワクワクしました。

●マヤズムの理解は難しかったがですが、由井先生のいろんな言葉のアシストもあり、少しは理解できたような・・・(気分になってます)今日の授業を聞いて、オーガノンも慢性病論ももっともっと読んで読んで読まなければ!!と思いました。只今「ホメオパシー恋愛術」を読んでいる途中ですが、今日は中断してオーガノンをホテルで読みます。新しいオーガノンもいただいたので(ありがとうございます)、旧から新への写しかえもしていきます!!

●とらえにくいマヤズムの意味合いやイメージがつかめてきたと思います。正しい認識を持つのは本当に難しいと感じます。

●メインテニングコーズとは、、、正しい認識が今までできていなかったので、今いちど整理してみます。マヤズムの考え方が今日の講義でさらに明確になりました。次回のマヤズムの講義でもう少し詳しい話が聞きたいです。ありがとうございました。

●ありがとうございました。ハーネマンの著作をきちんと理解するには時代背景をわかっている必要があることを改めて理解しました。慢性病論を読んでよくわからなかった点がいくつもクリアになりました。自分はこめかみの周りのズキンズキンとする頭痛があるのですが、BellやAconなどでは全く改善が見られず少し悩んでいたのですが、Psorとの関連でSulph系のレメディーを試してみようと思います。

●とてもいい講義だと思いました。ありがとうございました。

●マヤズム理論は、一回聞いたくらいではやはり理解できません。本を何回も読まなくてはならないと思いました。

●マヤズム=感染体ってことで、今までの考え方と混じっているので、じっくり考えてみたいと思います。

●マヤズムについてはまだまだ入口だとは思うが、今回の講義で随分と頭の整理ができた。畏敬の念をもって物事にあたるという姿勢は本当に大事だと共感できた自分はかわりつつあるのかなと思う。今回は体調不良にも関わらず、眠ることもなく集中して聞けました。

●マヤズム治療をしながら急性症状や慢性症状を治療する三次元処方によって素早く治癒に導くケースを見るのはとても気持ちが良いです。自分も同様なレメディー選択をできるようになりたい。マヤズムを理解することは難しく、授業で今までわからなかった部分が解消されるので助かる。月2回の授業は体力的には助かるが、講義で得るものが大きいので、もっとあったら良いなとも思います。

●説明を受けると理解できた気がするが改めて考えるとわからないことが多くあった。今までのマヤズムとは違うということをこれまでのオルガノンの授業の中で聞いていたが今日の授業できちんと説明があり、多少なりとも理解ができてよかった。

●慢性病論は読むほどに難しさを感じます。しかし理解する毎に楽しさも得られると思えました。何度も繰り返し読み返すことが大切と思いました。

●慢性病論の出版前DVDだったようで、先生が本のどのページを読んでいるか分からないのが残念でした。マヤズムについて少し知ることができて嬉しかったです。しかし・・・・奥が深いようで・・・・(汗)

●三大マヤズムだけでも大変奥深いもので、理解に苦しみました。もっとマヤズムについて学習したいと思います。

●少しマヤズムがなにかわかったような気がします。でもとても難しいです。

●マヤズムを治療しなければ根本治療にはならない事はわかりましたが、言葉の定義が難しいと感じました。

●マヤズムはとても大事だということはわかりました。けれど、まだマヤズムについて理解ができていないとおもいます。自分で復習しようとおもいますが、理解できるか不安です・・・。

●難しい、でも面白そうなので頑張ります。三次元処方とか早くできるようになりたい。

●とても難しかったですが、オーガノンを繰り返し読んで今日の授業を復習したいと思います。

●三大マヤズムに対して、理解する一歩が出来ました。難しいです。

●楽しみにしていた慢性マヤズムのお話しでしたがPsorの深さに驚きました。急性、慢性マヤズムとかかりやすい傾向があることがよくわかりました。早速とってみたいと思います。オルガノンの改訂版を作っていただきありがとうございました。

●ぐっと難しかったです。しかりノートに書き留めておくことはしたいと思います。後でどうか理解できますように。自分はホメオパスに向いていないのではないか、とおっしゃった由井先生の言葉は今の自分にズバリあっていました。

●SycoticとかSyphiliticの区別がまだはっきりつかないので頭が混乱してしましました。でも何度も受けているうちに頭に入ってくるかしらと思っています。全てまだわからなくてもいいかな。これからだとぼちぼちやっていきます。マヤズム治療の大切さは伝わってきました。

●むずかしかったです・・・。1割、理解できたかできていないか・・・だと思います・・・。

●内容もだいぶ高度にかんじたこと。

●マヤズムについて少しわかった気がします。