ホーム > 2009年度 講義の紹介 > 動物コースの様子

≪最新講義の紹介≫




  2009年5月10日(日)
  担当:青山先生
  「犬猫の純血種、筋骨格系の解剖生理と病気、関連レメディー」

  【東京校】




【大阪校】

【京都校】 【福岡校】 



 

【講義の様子】
青山先生による、犬猫の純血種の問題と筋骨格系の病気についての講義が行われました。純血種特有の病気を犬や猫の性質の説明とともに教えて頂きました。青山先生のクライアントに実際に使われたケースなどは、説得力があり、とても興味深かったです。

午後の筋骨格系の病気についても、講義の中にふんだんに青山先生の経験談を交えて、病気になる前に予防的に取るレメディー、病気になった時のレメディーや対処法をお話し頂きました。

最後にご紹介頂いた3本足のネコちゃんのケースでは、ホメオパシーの力を見せて頂いたように思います。 青山先生、素晴らしい講義をありがとうございました。

【講義の感想】

●ケースの話が多いので具体的な状況が良く理解できるので青山先生すてきです。「寝た子を起こさない」という考えは私の中にあまりなかったので好転反応なしでもOKという考えに変えようと思いました。ありがとうございました。思い込みで見てしまう時があっても動物はきちんと反応してくれるので人間よりまちがいが少ないのかもしれないのはうれしい事です。が、行動の読み取り方、観察力をもっと高めたいと思える私には、勉強になる授業で良かったです。

●青山先生の、実践を通したお話は大変参考になります。ホメオパスとして、そしてホメオパシーを用いる獣医としてのお話はとても面白く、種の違いや病気別にどのような判断をされているのかという点が参考になりました。動物の見方や、飼い主さんとの付き合い方のお話も勉強になります。充実した内容授業をどうもありがとうございました。

●青山先生の講義は、いつもわかりやすく、実践的で本当に楽しいです。動物ペットと飼い主の関わり方や考え方をとても前向きに教えてもらえて元気が出ます。ありがとうございました。

●動物の場合、毒だしについての判断がとても難しいと感じました。人の場合は「まず医原病の毒出しを!!」と思っていたので。これから勉強をするのが楽しみになっています。

●とても面白い講義でよくわかりました。
 
●やはり1期生のときより、先生のアニマルホメオパスとしてのキャリアが上がっている分言葉に重みがありました。もらった資料の説明がなかったので、またしてほしいです。ヘビ・魚・鶏も今後お願いします

●2回目ですが、1年前のことは忘れていますのでためになり良かったです。

●2日目の受講ですが、新たな情報がやはり為になります。

●本当に為になります。ものすごくわかり易く、ベースがとても合っています。書きとめる事も出来ますし、青山先生の講義はとてもいいです。

●今期、2回目の受講ですが、新しい情報がいっぱいあったので、来年以降も生の授業を受けたいです。

●ライブの授業にとても意義を感じています。