ホーム > 2009年度 講義の紹介 > 10期生講義の様子

≪最新講義の紹介≫



  2009年10月12日(月)
  講義担当:由井学長(DVD)
  テーマ: 「マヤズム(慢性病論)A」

【東京校】




【大阪校】


【京都校】

【福岡校】



【講義の感想】
●密度の濃い講義でした。とても刺激を受けました。自宅学習でマヤズムに対して理解を深めたいと思います。最後の生由井先生のQ&Aもうれしかったです。ありがとうございました。

●全ての治療の根本にはマヤズムがあり、とても大切だということを再認識しました。症状とその人の特徴を表すレメディのほかに、そこから考えられるマヤズムを一緒に出さないと治癒には至らないと再認識しました。

●トレバ―ガンさんのお話が楽しかったです。ディミトリアディスさんも。授業以外の先生方のお話っていいです。また、いろんな授業が楽しくなります。先生の占星術の話も面白かったです。真菌のレメディーのチンクチャーも発売していただけたらうれしいです。

●真菌を甘く見ていました!(Psor.+Syph.+Syco.がいい具合にくっついたもの!!)たかが「水虫」と思っていたけれど、実は真菌はいろんな病気にかかわっていたのですね…。抗生物質で真菌が増えることは知っていましたが、レントゲンをいっぱいとると増えるということは今日知りました。X-rayが真菌に効くとは!

●以前に習ったマヤズムの内容より、更に研究されていて、理解しやすくなっていました。2年生の授業だったそうですが、また入学しなおしたくなりました。

●由井先生の授業はいつも愉しみです。実践に生かすには大変です。頑張りたいと思います。

●とても面白かったです。次回の梅毒Miasmと自閉症のケース、楽しみにしています。

●マヤズムのことがようやく理解出来てきました。「マヤズム=感染毒素」との定義から混乱していましたが、ようやく混乱がなくなってきました。ありがとうございます。

●マヤズムは知れば知るほど面白いですが、奥が深く難しさを感じます。もっと勉強しないと・・ですが、なかなか大変です。

●今日はとってもわかりやすかったです。マヤズムの方向がかわってよくわからなくなってたのですが、今日でだいぶ覚えられました。