ホーム > 2009年度 講義の紹介 > 11期生講義の様子

≪最新講義の紹介≫



  2009年10月4日(土)
  講義担当:片桐先生
  テーマ: 「MMPA Cocc., Nux-v., Op., Verat.」

【東京校】




【福岡校】


【大阪校】

【名古屋校】



【講義の様子】
本日のパートタイム11期生の授業は、片桐先生によるMMPAの授業が行われました。

先日行なわれたディミトリアディス先生の講義から得たことも含めて、MMPとTBRを最もうまく使いこなすための方法を、Cocc、Nux-v、Op、Veratを題材にして、じっくりと学びました。

【講義の感想】
●片桐先生によるMMP(Cocc.,Nux-v.,Op.,Verat.)の講義でした。MMPを類似する症状ごとにカテゴライズし、そこにタイトルをつけていくという方法は、後に読み返すときに見つけやすく思いだしやすくていい方法だと思いました。ホメオパスとしての経験豊富な片桐先生が、これまでいろいろ試してきたメソッドの中でTBRが一番治癒率が高くすぐれた方法であるとおっしゃったのは非常に説得力がありました。もっともっとTBRに慣れ親しんで、使いこなせるようになりたいと思います。ケースの紹介も、TBRの実践演習にもなりとても参考になりました。ありがとうございました。

●マテリアメディカプーラの内容を読み自分なりのカテゴリにすることで、各レメディの違いがより明確にわかるようになりました。MMPの言葉をTBRのどのルーブリックに当てはめてゆくのかはまだまだ、慣れていないこともあり片桐先生がおっしゃったTBRNoと違う部分が数か所ありましたのでさらにTBRを使いこなせるようしてゆきたいと思います。ケース演習も実際のケースのため大変実践的でした。今後も、MMP・TBRを使いこなしてゆけるよう日々勉強してまいります。ありがとうございました。

●やはり、TBRこそがレメディーを選ぶ基本なのですね。MMPの勉強をしようと思いつつ日々過ぎているので、そろそろ始めようと思います。片桐先生の授業は実践に沿っているかんじで、とてもわかりやすかったです。ありがとうございました。

●片桐先生の今までやってきてこんなに効果のあるのはない、という感じのことを言われていたのが印象的で俄然やる気になりました。所々でそういう話があって、ちょっと不安もあったりするのですが、効果があると聞けて良かったです。

●とてもわかりやすい授業でした。MMPの使い方がだんだんわかってきました。ありがとうございました。

●MMPの授業はいつも時間が足りなくなったり、無駄に時間が過ぎてしまう印象があったのですが、片桐先生が良くまとめて下さり、ポイントがつかみやすかったです。基調の4度のみをまとめたハンドアウトがあったのも良かったです。いつもこんな感じだと良いのになぁと思います。TBRの良さも良く分かりました。

●MMPの広い海で溺れかかっておりました。今日の先生の授業でコンパス羅針盤があるよと示して頂いたようで、呼吸が楽になりました。ありがとうございました。

●先生ご自身の経験も交えて頂き、参考になる所が多かったです。特に、TBRになる処方での治癒率が高い。度数が揃ったレメディーの方が良い等、実際に参考になるものでした。TBRの引き方(基調の選択の仕方)も参考になりました。

●TBRのソフトがほしくなりました。全体を把握されての数々のご意見がとてももっともだとわかりやすく、風が通ったような気がして、この方法に関し、やる気がおきてきました。ありがとうございました。

●本日はMMはとてもわかりやすかったです。「テーマ」を小分けするとまとめやすいことがわかりました。ありがとうございました。

●TBRの使い方について納得できる説明があり、とても感心しました。現代はパソコンがあるので確かにありがたいです。

●回数を重ねていくたびに、MMPの表記についてや特徴など順に追っていただいたので1つ1つのレメディーの特徴をとらえることができました。話の間に相談会についてのポイントやレパトライゼーションした際のポイントについてなど、ホメオパスとしてのアドバイスやお話も入れていただいたので、とてもためになりました。どんどん慣れていくためにも、TBRで急性症状や慢性症状でもレパトライゼーションして、使っていくようにしていきたいと思います。

●とてもわかりやすかったです。ありがとうございました。

●マテリアメディカプーラとTBRはしっかり使いこなせるようにしないとだめだと思います。以前のMMがまだ全然整理できていないのでとりあえず毎日少しずつまとめていきたいと思います。

●MMPの授業、最初はどうなることと思いましたが、だんだん(なんとなく)わかりやすくなってきました。でも、昔の言葉と、今の言葉で、あてはめにくいところがあるので、そこがわかるようにできたらと思います。

●TBRの見出しの選び方がとても参考になった。地道な作業に、ついつい宿題から遠ざかってしまいますが、やはり、自分でやることが大切だと改めて実感。がんばろう!と思えた授業でした。ありがとうございました。

●基調をまとめて頂いたプリントがあり、とても、わかりやすかったです。ただ、読んでいくと、症状、部位、基調がだんだん混ざってしまうので、一番重要な基調をまとめてもらえてこの後、復習にも、とても役立ちそうです。

●プーラの授業を受けてから、4回目?簡潔にまとめられて、時間的にもスムーズに4つレメディを終えることができ、良かった。

●よく準備された授業やなぁと思いました。タイトルをつけるのはわかりやすいので、マネさせてもらいます。

●片桐先生の豊富な経験による説明はとてもメリハリがあり、すらすらと頭に入ってきました。症状群を塊にして、その塊にテーマをつけるという洗練された方法は素晴らしかったです。時々、笑いもまじえて、眠気が吹き飛びました。ありがとうございました。