ホーム > 2009年度 講義の紹介 > ジョージ・ディミトリアディス氏 講義 2日目

≪最新講義の紹介≫



ジョージ・ディミトリアディス氏 講義 2日目
テーマ:「ホメオパシー的診断<実践編>」

【東京校】




【名古屋校】


【札幌校】

【大阪校】



【福岡校】

【京都校】



【沖縄校】

【講義の様子】
本日の日本フルタイム3期生の授業では、オーストラリア人ホメオパスのジョージ・ディミトリアディス氏の来日講義の2日目が東京校ライブで行なわれました。必修学年の3期生以外に多くの聴講生も参加され、ディミトリアディス氏によるMMの実践的な勉強方法を学びました。

MMPを読み解くときのコツとして、各症状から基調を抜きだすという作業をじっくりと行ないました。

さらに、プルーバーの状況も考慮にいれて、グレードをつけていきました。午後からは生ケーステイクが行なわれました。クライアントにする質問が理論だっていて、精神症状に関する質問が少なく、時間を有効に使っていて、充実した相談会でした。

その後のケース分析では、重要なポイントに的を絞っており、読みが深く、MMPをじっくりと勉強していることの重要性を実感させられました。

【講義の感想】
●今日の講義もすばらしかったです。ケーステイクのレメディ選択のあざやかさはとても美しくここまでになるにはさらに勉強を重ねるしかないとつくづく思いました。きっとこの方は改善されることと思います。ディミトリアディス先生の講義をもっとふやしていただきたいです。何度もくりかえし聞いてさらに理解を深めてゆきたいで。シンプルなのだけどゆえに難しい。ますます知りたいという意欲がかきたてられる講義でした。明日も楽しみです!!もっともっと勉強したいです。聴講料をもう少し値下げしてください!!お願いいたします。

●実践的で作業しやすかった。(基調分け)ケースの聞き取りがわかりやすく、細かく丁寧だった。本人のトラウマなど問題が出ているのがわかりやすかった。体を動かしてもらったりいろんな手法が使い分けていて、それは勉強をしていくしか得られないものだと思う。

●昨日、マテリア・メディカ・プーラと他のMMとの違いを教えていただいた本日はMMプーラからレメディーの基調を分類した。とても、興味深かった。

●マテリアメディカの読み方が初めてわかった。ディミトリアディス先生がどのように質問してどのように最も一貫性があって際立った症状を見つけるのかが生ケースで見られたのがとても参考になった。 質問をした時に海外講師の代わりに由井先生が答えることが時々あり、その方がわかりやすい事も多いのですが、逆に由井先生の説明では納得できなくて海外講師に答えてもらった方が納得できることもあります。ですので、由井先生が回答中も通訳の方に質問内容と由井先生の発言を伝えて頂けたらなと思います。それで海外講師が満足すればいいですし、コメントがあれば付け加えてもらえると学ぶ側にとってはありがたいです。

●とてもいい講義ですが難しいと思いました。

●ディミトリアディス先生に生理解剖も学びたいです。非常におもしろい授業でした。

●こつこつ時間をかけて勉強を続けなくてはいけないとよくわかりました。

●昨日に引き続き非常に難しかったが、TBRを使ってレメディーを選び出すための作業の流れは理解できた(レメディーを確認することなど。できるわけではないが)。明日も楽しみです。

●明日の投与量のお話が楽しみです。

●dimitoriadis先生の考えはとても理論的なので私にはとても分かりやすいです。ゆっくりと、でもしっかりと復習して理解していきたいと思います。

●MMのルーブリック分けを実際にやってみる事によってTBRがだいぶスッキリ分かりやすく身近に感じることができました。膨大な情報量を前に、果敢に立ち向かわれるdimitriadis氏は本当に素晴らしいと思いました。プーラが発刊されても読み解いて自分のモノにするのはとても大変だけど楽しみです。ありがとうございました。

●とても丁寧でよく理解できました。「いつも早く」が根底にあり手を抜いてしまいますが地味に続けていきたいと思います。深く広く楽しく学んでいきます。ありがとうございました。レメディーの二面性、一次反応二次反応もしっかり区別して行けるよう意識づけしたいです。

●難しかったのですが、とても有意義な授業です。

●まだルブリック選びもままならないので、難しかったです。が、生ケースはとても勉強になりました。Alum.を導き出すディミ氏の知識にはほんとに脱帽です。すごいなあ〜。あと1日ですが、頑張ります。ありがとうございました。

●今日の講義でMMPの勉強の仕方、読み取りが分かりました。まだ難しくてTBRの使い方もよく分かりませんが、少しずつ読んで自分なりにやっていきます。症例からのピックアップの仕方、TBRの探し方は練習あるのみですね。1年生なので分からなくて当たり前です。今日、参加して良かったです。レメディーの出し方、とり方も先生によって随分違うものですね。いろいろな先生のお話しを聞いてみたいと思いました。

●とても明確でわかりやすい授業でした。ルーブリックを読み解くのは、まだまだ難しいですが、マテリアメディカプーラを勉強することで、私の中にあった、ホメオパシーの怪しさがクリアになりました。今日はありがとうございました。

top ▲