ホーム > 2009年度 講義の紹介 > 13期生講義の様子

≪最新講義の紹介≫



  2010年2月27日
  講師:由井学長
  テーマ:「ホメオパシー的病理」

【東京校・質疑応答の様子】


【東京校・授業の様子】


【大阪校】


【札幌校】

【京都校】



【名古屋校】

【福岡校】



 

【講義の感想】
●私、病理医なのですが、ここ数年胸腺の例に出会います。先日も、40歳が重症筋無力症の胸腺の症例があり、正常な部の胸腺もまるで子供のようなギラギラした組織だったので、何故なのかと思っていたところでした。とてもすごいデータ、考え方だと思います。

●後半、すごく心に残る由井先生の話があり、感動しました。本当の優しさとは何か考えさせられました。

●免疫の考え方が勉強になった。症例はとても難しかったが、変化がわかりやすく勉強になった。

●今日のケーススタディーはどれも胸が詰まるものであり、ホメオパシーというよりは、病むことと人生の関係について深く考えさせられました。

●予防接種が獲得免疫と同じ経過があるのかずっと疑問だったので、すっきりして良かったです。他のアレルギーについての質問も大体理解できました。

●ホメオパシー的免疫の授業ありがとうございました。小さいころから多量に予防接種を打ち抗生物質を注射で打っていた私にとっては身の毛もよだつお話でした。ケースもたくさん紹介していただきすごくわかりやすかったです。ありがとうございました。

●ありがとうございました。免疫、難しかったけど、分かりやすかった気にもなるのは、学長の話の中に実例が多いからでしょうか。ケース3つ見ていると(特にケース3)、ホントに3年後に自分がそういう方を一人で助けてあげることができるのか、非常に不安になりました。順番、組み合わせ、頻度等、不安要素が多いので、メソッドなのか、その方法を今後、3年生とか4年生でたくさんやることを希望します。これから免疫の障害や、DNAでもってきちゃったもの等がまだまだ増えていきそうな時代、頑張らなきゃ。ありがとうございました。

●胸腺については自分でとってみようとレメディを買ってみました。Nat-c.は私に合っていると思いますが、仕事中に泣き出したり、発言したりしたらどうしようと思い、休みの日に取ってみたいと思います。聞くもの全部自分に当てはまる気がしてなりません。

●今日の内容は娘に当てはまる事が多く、予防キットを使ってみようと思いました。無知だったので、まさに生後3カ月から予防注射をきっちり接種しました。インフルエンザまで・・・今(7歳)髪型や洋服等まさに「こだわり」があり、毎朝厄介です。(笑)ありがとうございました。

●免疫とアレルギーのお話はとてもわかりやすかったです。専門用語?が多く、理解するのに時間がかかりました。改めて予防接種のがいについて知ることができました。質問コーナーをライブでやってもらったので最新の話が聞けてよかったです。

●やはり由井先生の講義を聞くと元気になります。腹の底からたくさん笑って過ごします。免疫・抗体については難しいですが、だいぶわかってきたと思います。ケースを見ていると自分と重なる部分が多いです。自分は誰なのか…自分を出せず自分を認めていず、心を開けていないと思います。これから学んでいく中でわかっていけるのか、変わっていけるのかと不安もあります。

●昔看護学校で、免疫を学んでいましたが、ほとんど理解できていなかったことに驚いています。免疫の本当の意味や具体的な仕組みがよくわかりました。

●なぜこんなにも難病が増えているのかという疑問が少し解けました。ストレスもう○こもため込まず、上手に発散して出していくってことが健康への道ってことですね。

●今日の授業わかりやすかったです。学長楽しそうでした。

●ホメオパシー的病理の受業は難しいですが、とても興味深く面白いです。もっと、受業数を増やしてじっくり学べたらと感じました。

●次から次へと新しいレメディーと処方書き取ることが必至でどうなるかなと思いながらいずれ自分なりの方向が見えてくることを祈りながら頑張ろうと思っています。カウンセリングのDVD質問の仕方とかとても勉強になりました。

●毎回先生に紹介していただくレメディーを「これ私だ」と思ってしまいます。

●授業だけでは、抗体がどういうものかがやっと理解できたかもしれない・・・でしたが、質問の時間でわかりました。

●とても意義深い講義でしたが、難しかったです。ケースを見て「すごいなぁ・・・。」・「今後、自分にこんな事ができるのだろうか・・・?」と思いました。ちょっと不安になってしまいました。

●免疫系のは(細胞)難しかったです。ケースで出すレメディーなど何を出すか自分ではわかりません。聞いている分には、そうかなと思いますが。

●試験前日ということもあり、集中するのが難しかったです。

●なかなか書きとることもままならず、ついて行くのに精いっぱいでした。

●難しいです。免疫は繰り返しゆっくりやらないと理解が進まないように思いました。

●難しかったです。なんとかついていった感じ。1年間の授業のノートを振り返ると、必死でノートを書いていたときにはあまりわからなかったことも後になってわかるものだと発見しました。

●難しいけど面白かったです。

●難しかった。





Warning: include(kansou_1nen.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/chhom/homoeopathy.ac/public_html/rah/09/0227_13ki/index.php on line 63

Warning: include(): Failed opening 'kansou_1nen.php' for inclusion (include_path='.:/opt/php-7.2.17/data/pear') in /home/chhom/homoeopathy.ac/public_html/rah/09/0227_13ki/index.php on line 63




Warning: include(kansou_opencampus.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/chhom/homoeopathy.ac/public_html/rah/09/0227_13ki/index.php on line 64

Warning: include(): Failed opening 'kansou_opencampus.php' for inclusion (include_path='.:/opt/php-7.2.17/data/pear') in /home/chhom/homoeopathy.ac/public_html/rah/09/0227_13ki/index.php on line 64

top ▲