ホーム > 2009年度 講義の紹介 > 10期生講義の様子

≪最新講義の紹介≫



  2010年2月21日
  講師:由井学長
  テーマ:「AM:卒業試験/PM:ホメオパシー基礎原理、オーガノン講読」

【東京校】





【東京校 試験の様子】



【大阪校】



【名古屋校】

【福岡校】



 

【講義の様子】
本日は、午前中に10期生(4年生)の卒業試験が行われました。

卒業試験は、4時間の内容で、まずホメオパシー全般の問題を3時間、その後、解剖生理病理の試験を1時間行われました。

午後には、10期生の最後の講義、由井学長によるホメオパシー基礎原理、オーガノン講読の講義が行われました。 ホメオパシーが病気を治す仕組みについて、例題、図解を用いてわかりやすく解説していただきました。 そして、由井学長から卒業を迎える10期生へと、ホメオパスとしての心構えが贈られました。

【講義の感想】
●試験勉強のため、今まで以上にオルガノンを読んでいたせいか、今日のオルガノンの授業はいつもより深く理解することができました。オルガノンは読めば読むほど深いな〜と。まだまだ自分で消化出来ない所も多いオルガノンなので、今後も強化合宿などで理解を深めたいと思います。由井先生、今日まで本当にありがとうございました。

●今日は先生が今とても大変な闘いをしている中での最後の授業でした。本当に正しいホメオパシーの普及に命をかけて先頭に立って新しい世界を創設してくださる姿に、ここで勉強して旅立てる自分の選択に間違いはなかったと思いました。先生の探究心と正しさの追求の姿勢の中にあり続けてきたからこそ、ハーネマンが真に正しい医学をもって人々を助け続けた精神が時代の要請の下に花開いたと実感します。今、真のハーネマンのホメオパシー医学の正しい確信に基づく療法を最高のタイミングで学べたことを、その道を日本で開いてくださった由井学長に心から感謝し、これからも学びと実践を重ねて、自己変革し続けて、良きホメオパスに成長していきたいと思います。

●卒業試験の準備の中で、オーガノン、慢性病論を何度も読み直し、やっと理解の糸口が見えてきました。詰め込みではありますが、授業ノートやMMも総動員して集中して読み込んだので、各々の書物がどんどん繋がって行き、その内容もとても興味深い事がわかりました。 今日の講義を聴いて、ますます興味がわきました。先生の深い解釈をもっと知りたいと思いました。まだまだ続きますね。ありがとうございました。

●最後の講義、2時間があっという間でした。オーガノンに関して、慢性病論に関して、まだまだ全く読み足りていないことを痛感しました。私も今後は由井先生のように「楽しんで読む」ことを心掛けたいと思います。余談ですが、4年前の入学前の説明会で「私のような普通の主婦がホメオパスになれますか?」と質問した際、由井先生が「私のような普通のおばさんができるので、あなたも大丈夫ですよ」とさわやかにおっしゃったことを思い出しました。今日の講義でも、ご自身を「一介のおばさん」とおっしゃっていましたが、とんでもない!! 先生はハーネマンと同じく、ジーニアスだと私は思っています。4年間、毎回心がかき乱されるような講義をありがとうございました。楽しかったです。

●オーガノンを読むにつれて、以前に学んだことが、だんだん納得できるようになってきました。ああそういうことだったんだという感じです。でも今はまだ頭の中で理解が少し進んできたかなという程度なので、今後、読みこんでいきたいと思います。私も前回の授業でなぜCalc-pが出てくるのかの根拠がよくわからなかったので、4/10の強化学習を楽しみにしています。

●わかりやすかったです。法案のお話が知らなかったのでショックでした。寅子先生がんばってください。

●1/23の講義の内容(マヤズム、根本体質など)についてギモンがあったので、4/10に再度教えていただけるとのことで楽しみにしています。由井先生の授業はいつも難しかったですが楽しかったです。4年間ありがとうございました! 来年度は動物コースでも頑張ります。

●JPHMAの会長としてお話がショッキングでした。由井先生、頑張ってくださってありがとうございます。応援しています。

●最後の授業までありがとうございました。とらこ先生、法案のことなどいろいろありがとうございます。がんばれ!

●これが学生としての最後の講義でしたが、オーガノンや慢性病論をとてもわかりやすく具体的に説明して下さるので、理解しやすかったです。もっと学生でいたいなと心から思います。

●心にジーンとくる講義内容でした。ハーネマンの歴史を紐解いて下さって、古くて新しい話をいつも聞けて幸せでした。今後も新しい本が次々と出るとの事ですが、また新しい事が聞けるのがすごく楽しみです。

●試験のあとの講義としては、内容の濃い重要なもので理解するのには繰り返しオーガノンを読まなければいけないと思いました。4年間ありがとうございました。

●どうもありがとうございました。この4年間の学びは本当に身になるものでした。少しは肝の据わった人間になれました。今後もよろしくお願いします。ホメオパスとしてやっていくにはまだまだ未熟で不安がありますが、ここまできたらやるしかない。という気持ちです。アフターケアをよろしくお願いします。

●今日のテスト、できなかったです。私の勉強不足の結果です。どうしてもMMの症状が字面の上だけで私の頭に入ってこなかったのです。追試覚悟です。ところで、由井先生のもとで4年間勉強しましたが、今回試験勉強のために読んだオーガノンは先生のおっしゃる通りすごい内容だとわかりました。こういうものを提供していただけたのも由井先生のおかげです。これからもよろしくお願いします。

●4年間沢山のことを教えていただいてきましたが、今日の講義を受けて、一番大切なことは基本的なことだと改めて確認できました。これからもオーガノンを読みながら、悩んだり、迷ったりした時は、基本に戻って学び続けていきたいと思いました。

●自分なりにオルガノン、CKを読み込んでいたので、先生の話はよく分かり易かったです。これから先に出るであろうCKの続版もちゃんと読み込み、先生のように深い理解に達せられたらと思います。

●オーガノンは自分で読んでも深く理解できない部分がありますが、先生の講義を聴くと、そういう事だったのかという部分があり、より深い意味がわかります。由井先生、いつも熱い授業をありがとうございました。ホメオパスとして、人として、大切なことをたくさん教えていただきました。これからも引き続きご指導ください。よろしくお願いします。4年間ありがとうございました。

●最後まで由井先生のパワーに引っぱってもらいました。私もオーガノンが楽しく読めるように、読み込んでいこうと思います。奥が深いな〜と改めて思う最後の授業でした。

●オーガノンの理解への甘さを、ところどころに感じざるを得ない講義でした。簡素化された文章が書かれるまでにどれだけの試行錯誤があり、研究が必要であったのかということを今更に感じる講義でした。

●まだ深く理解できないこと、わからないことがたくさんある気がします。今後の強化学習を期待しています。

●オーガノンをじっくり読みたいと思いました。




【4年間の感想】

●昨日、試験勉強していて「ホメオパシー」とはをまとめていた時に涙が出てきました。本当に真の医学のなんと素晴らしいことか!それを学ぶことが出来た事への感謝の気持ちでいっぱいになりました。世界の一流の先生方の生の授業を受けられ、日々進化している由井先生のホメオパシー治療を知る事が出来て本当に感謝しています。日本で誰よりも一番ホメオパシーについて勉強を続けている由井先生の足元にも及びませんが今後も一歩一歩学んでいくつもりです。今後も更なる進化をしていく由井先生から学んでいきたいと思います。4年間本当にありがとうございました。

●4年は長いと思っていたら、あっという間に過ぎていました。入学した当初はただただ単純にホメオパシーが面白かったのですが1年経ち、2年経ちしていくうちにホメオパシーをプロとして処方していくことの責任の重さについて考えるようになりました。4年間、それなりの大金をかけて勉強してきましたが、それだけのものをえることができたのか?と自問してみると勉強不足だと思わずにはいられません。この3月で卒業する予定ですが、これからが勉強なのだという気がいたします。今日のお話で医師ホメオパスしか認められなくなる動きの話も心配なところです。”病気にかかりきってはじめて完治する”という考え方には目を開かされたと思います。RAHはオーガノンを原書から訳し、教科書にしてくれる、そこに労を惜しまず実践してくれるとても素晴らしい学校だと思います。

●4年間、学び続ける日々は毎日毎日が自分の魂を磨き続けるような日々でした。さまざまな試練が訪れる中でタイムリーにそれを助けてくれるような授業の中の先生のお話あったり、自分自身の問題や必要なレメディを示せるようなクライアントさんが続けて現れたり、本当に全てが連動して現在の立ち位置にようやくたどりつけました。ホメオパシーの講義は聞いても聞いても奥が深く学べば学ぶほど疑問がわき、4年間学んでもまだまだ学び足りません。今後もどんどん進化し続けるホメオパシーを学び続け一人でも多くの方がたが本来の魂の輝きを取り戻し、本当に目的としてきた人生を生ききることができるようレメディの力をかりて手伝っていきたいと思っています。私自身がホメオパシーに出会い、由井先生に出会い、ホメオパシーを学んだことによって、本来の自分を取り戻し、生きることがこんなにも自由で楽しいのだとわかることができた経験をお伝えしていきたいです。4年間仕事をしながら育児をしながら学び続けるのは本当に大変でした。やりとげた自分をほめたいと思います。ご指導いただきありがとうございました。これからも宜しくお願い致します。

●3年目でTBRやMMPなど新しい授業に変化して、とまどいもありましたが、寅子先生が世界中から本当に素晴らしいものを見つけて、それを即時取り入れてくださるので、大変ありがたく思いました。この学校でホメオパシーを学ぶことができて、本当に良かったと思います。今後も勉強を続けたいと思います。4 年間、大変お世話になりました。ありがとうございました。

●今日が最終日とはとても思えません。(涙)学べば学ぶほど、まだまだ無知であるということを痛感しクライアントに処方させていただければいただくほど新たな疑問が次々に湧きあがってきます。一生勉強が必要で4年かけてホメオパシーの凄さ、ハーネマンの偉大さの一端を学んだというのが実感です。クラスメイトとの情報交換もとても貴重なものでした。全てに感謝しこれから気持ち新たにスタートしたいと思います。4年間ありがとうございました。

●入学してから、初めて学ぶことががこんなに喜びに満ちているということを知る4年でした。10期生は1年生の時から、ストットラー、ルディー、デミトリアディスという大変な影響力を持った先生方をリアルタイムに学ぶことができ、ラッキーであったと思います。また、4年生になって、MMPをコツコツ学ぶ楽しみも得ました(コツコツは今までの人生にありませんでした)。一生を通して学び続けられるものを見つけられたことはにとって大変大きな意味がありました。由井先生を始め、先生方、4年間ありがとうございました。この4年間は私の今後の人生に最もインパクトがあり、充実した時間でした。

●年次が上がるにつれ、内容も深みを増し、どんどんおもしろくなったと思います。新しい定義や発見が発表される度に(色々な意見はあるとは思いますが)、個人的にはとてもワクワクしました。今回の試験勉強で改めて思いましたが、ホメオパシーはやはりおもしろいです。そしてそのおもしろさはハーネマンの厳密さに裏付けされた、地に足のついたものだと再確認しました。この深い療法を学ぶことを決めた4年前の自分をとても嬉し思いますし、提供してくれた学校に感謝します。最後に、常に前進し、惜しみなくその素晴らしい情報を提供して下さる由井先生に心から感謝しています。ありがとうございました。

●4年間を振り返って浮かんでくる言葉は「感謝」の一言です。由井先生をはじめ、講義をして下さった先生方、一緒に学んだ同期の皆さん、そして勉強の場を支えて下さったRAH事務局の皆さんに心から感謝しています。4年間支えてくれた家族・友人にも感謝したいと思います。密度の濃い4年間でしたが、まだスタートラインにたったばかりで、これからますますホメオパシー道に精進していきたいと、強く思っています。少しでも由井先生に近づけるようにがんばります。これからもどうぞよろしくお願いします。

●4年前、RAHに入学した動悸は、もっと深くホメオパシーについて知りたいというもので、自分がホメオパスになるのかどうかは、まだ未定でした。でも4年間学ぶうちに、特に3年時の秋ぐらいからホメオパシーの素晴らしさと、いかに必要とされている療法かを実感するにつれて、もうこれはホメオパスになる道が私の道だと感じるようになりました。その頃から、DVD「症状はありがたい」を使った集まりや、今年度は基本キット強会なども開いてきました。私は「プレイセンター」という親子の遊び場を開いているのですが、そこのメンバーの方たちに少しずつ広まってきているのがうれしいです。Lyc.的なところがある私は、最後のところでの腹の底からの自信が持てない部分があったのですが(自分なりに徐々に克服はしてきましたが)、レメィを使ったり、しっかり見つめて意識することで、それもずいぶん変わりました。今は等身大の自分でいられる気がしています。今回のテストで苦手部分もしっかりわかったので、更に勉強していきたいと思っています。4年間ありがとうございました。そして、これからもよろしくお願いいたします。

●あっという間の4年間でした。特に最終学年は早かったです。これが最後の授業だと思うと、未練があります。もっとしっかり勉強しておけば良かった、、、。やっとオーガノンにもおもしろくなってきたところです。人生の中で1番勉強した時間です。「おもしろい!」と思うこそ、勉強が苦にならないのですね、、、。もっと勉強したいです。今後も強化学習を期待します。

●4年間ありがとうございました。最後は涙が出そうになりました。正直に言って、4年になってから、格段に難しく、でもおもしろくなってきたように思います。通常の授業もですが、ケースの見学も、外国人講師の講義も、どれも、自分の中で、からみあうようになってきたのが、ようやく4年目、、、。これからという気もします。今後ともよろしくお願いします。 

●真の医学は、日本の医療の状況から考慮すると厳しい道となることが、予想されるがこの4年間自分自身のカルマをのりこえここまで歩いてきた以上、わたしは少しずつではありますが、前へ進めていきたいと思います。大変お世話になりました。同時に今後もよろしくお願い申し上げます。

●4年間ありがとうございました。長い道のりでしたが、振り返るとあっという間でした。先生が最初に言われた「私の魂がホメオパシーをやりたがっている」という言葉に涙が出ました。この療法を学び実施するために、今までがあったのだと思います。4年間の間には、仕事と家事・育児の合間に勉強することに息切れがするときもありました。「なんでわざわざこんなしんどいことをしているのか」と思ったこともありました。でも4年前に由井先生の講演会を聞きRAHに入学したい衝動を抑えきれなかった自分に後悔はありません。4年間は追われるように勉強してきました。これからは時間にとらわれず楽しみながら本を読んでいきたいと思います。オーガノン、慢性病論に書かれていることは、とても興味深く、先生が「ハーネマンが横にいるようだ」という気持ちが少しわかります。これからも努力を続け、死ぬまで学び続けていきます。

●半信半疑で入学した4年前、ホメオパシーに興味を持ちはじめた3年前。ホメオパシーのすばらしさ実感体験した2年前。新しいそして正しいホメオパシーの原理を習得した1年前。段階を経てRAHが伝える真のホメオパシーを学ぶことができた4年間でした。何が真実かをこんなに深く考えることもなかったし、自分の考えがすべてだと思っていたうぬぼれも消えた4年間でした。ホメオパシーを知ったことは今後の人生にも大変よい影響を与えてくれると実感しています。由井先生のパワーをいただき、一人でも多くの方にホメオパシーを啓蒙していきたいと思います。ありがとうございました。

●長いようで短かった4年間学びながら大きな体験をしてきた4年間でした。仕事に育児、4年目に入ると父の介護が加わり、精神的にも肉体的にも満杯状態となってパンクしそうになった日も多々ありましたが、ホメオパシーがあったおかげで感情も抑えることなく爆発させることもできるようになり、土曜日の授業には上の子供に下の子供を任せることもでき、家族に多大な迷惑とサポートにより、無事授業を終えることができました。これほど、実体験を経験させてくれる学校は他になかったと思います。この実体験からの経験から得たものは計りしれず生死をさまよった稀有な体験を親子で経験。このことから問題解決にむけて悶絶苦闘。人が何かを学び取るとき、それは苦労の経験からとよく言いますが、本当に身にしみて理解することができました。物事の起承転結、物事は起こるべくしておこり、なるべくしてなる。全ての出来事に意味がある。もう物言えぬ父、一人で脱衣もできぬ父、しかしその父が孫と一緒にいると孫を可愛がるしぐさをしたり、わたしが荷物を持っているとドアを開けてくれてたりする。人間としての品性や善なる心を物言えぬ父が態度で教えてくれる。しかし、これまでに至る過程で嵐のような時期があり、どれだけホメオパシーのお世話になったかわからない。もっと前に知っていればよかったのにと思うけど、今が現実それをうけとめて、今よりベターへ邁進するのみです。闇から光へ導く浄化のホメオパシー。生きるものがよりよく生きれるように、そして人生の目的を達するためにホメオパシー療法が日本で根付き広まることに少しでも役立てるよう、卒業がスタートとして認識し更に勉強してより良きホメオパスとなるように歩んでいきたいです。4年間本当にありがとうございました。RAHに万歳!とらこ先生万歳!

●4年かけて、ホメオパシーの勉強をして自分も色々レメディーをとり体も心もかわってきました。学校の方も、処方の考え方が色々かわり、それに伴い自分自身もやり方をかえ、オーガノンを学ぶ中で、ハーネマンの言いたいことをやっぱりやっていけばいいのだ・・・とわかりホッとしています。その反面、やはり難しく、まだまだ勉強が足りないことを実感しています。この4年間は、ホメオパシーを始めるにあたってのスタートラインに立つためのステップに過ぎなかったのね、とわかりました。まだまだこれからですね。

●なんとか無事に4年間終えれてよかった。学んだことはたくさんすぎて消化不良の君もありますが、これから一つ一つ知識を体験とともに生きた知恵に変換させていきたいと思います。これからが始まりだと考えています。また卒業してもつぎつぎと進化していくとらこ先生に教えを受け続け、刺激を受け続けていきたいと思います。ありがとうございました。またあらためてよろしくお願いいたします。

●4年間大変お世話になりました。ありがとうございました。もっと多くの学びをしなくては一人前になれないと感じているのでなるべく多くの学びをするために今後も学校で卒業研修を受けていきます。私自信も未熟でこの学校を志した息子の病気をまだ治すことが出来ないでいますが、必ずもっといい方向になってもらいたいと思います。先日の免疫の所はとても大事だと思いましたが、もっと多く学びたかったです。

●早いもので4年間終了してしまいました。入学した時軽い気持ちではありませんでしたが、日々通学し、勉強していく間にずしずしと重みを感じ始めました。卒業して頑張ってホメオパシーを使っていきたいと思います。ありがとうございました。

●あっという間の4年間でした。しかも、最後の1年は濃い内容で始まったばかりの感じでこれで卒業していいのかという感じです。これからも強化学習とかしっかり勉強を続けていきたいと思います。今後もよろしくお願いします。

●学べば学ぶほど奥が深いと思いました。自分の自己治癒力をもっと高めていきたいと思います。講義は面白いけど難しかった。途中でMMPに変わって分からなくなった。もっと勉強していこうと思います。

●入学した時からすでに4年も過ぎてしまったと思うと、さみしくてなりません。ホメオパシーについて理解するのは本当に難しくて苦しいことが多かったですが、毎月の由井先生の講義をきけることは、生きていく勇気になりました。ホメオパシーを知らなかった自分と現在の自分を比べると、ホメオパシーを知っている今の自分が好きです。それは やはり由井先生の講義のおかげだし、4年間いろいろなレメディーを摂ってきたおかげかなと思います。

●この4年間でいろいろなものが見えるようになりました。4年間の自分はまるで目をつぶったまま生きてきたのか、、、と思う程、真実を見ていなかったと感じさせられます。ホメオパシーを知れば知るほど考え方が180度変わりました。学校ではホメオパシーの知識を伴にとても大切なことを多く学ぶことができました。今日で最後かと思うと何とも淋しいです。本当にありがとうございました。卒業後は、(卒業できたら)授業として由井先生の講義を受けられませんが、これからはもっと、自分から求めて、ホメオパシーを学んでいかなければと気持ちを新たにしています。4年間ありがとうございました。

●仕事を持って4年間通うのは大変でしたが、RAHでの学生生活も今日が最後と思うとうれしいような心細いような気持ちです。まだDVDのケースも未消化で本当に卒業できるのか?というところではありますが、試験勉強も不十分で反省しきりです。

●最近の由井先生の講義はとても実践的で中身が深くて参考になります。まだまだ頭がついていかず、わかりにくいこともありますがもっともっと勉強しなくては…とパワーをもらいます。やっとホメオパシーの事がわかるところが増え、面白くなってきたときに卒業…となり残念です。(自分の勉強不足によりこうなってしまったのですが…)この4年間、RAHの中身(流れ)は大きく変わったと思います。とても激しかったと思います。ある意味、振り回された!感もありますが、それも仕方ないですね。それも必要だったのだと思います。これからもそういうことは多々あると思いますが、卒業した者にもきっちりとフォローUPをお願いしたいと思います。よろしくお願いします。4年間ありがとうございました。

●あっという間の4年間でした。まだ覚えていないことが山のようにあって、これからも気を抜かずにこつこつやっていこうと思います。寅子先生にお会いできる回数も少なくなってしまい、さみしいです。強化学習でお会いできるのが楽しみです。4年間本当にお世話になり、ありがとうございました。

●4年間ありがとうございました。ホメオパシー療法と出会え、由井先生と会え、人生が変わりました。日本にホメオパシー療法を持ってくる苦労、本当に大変だったと思います。ホメオパシー療法を持ってきて頂き、分かりやすく教えて頂き、本当に心から感謝しています。ありがとうございました。これからも頑張ってください。心から応援しています。

●オルガノン、CK、MMPが出てきた時は、やはり混乱しましたが、最後1〜2年だけでも、ハーネマンが言いたかったことを知ることができ、触れることができて卒業できるのは幸いだと感じています。卒業してもちゃんと勉強を続けないとと思いました。また、この4年間で自分を見つめることができたと思います。入学直後の授業で由井先生が「みんなはここ(RAH)で自分探しに来たんやろ?」と言われた言葉を思い出します。ちんと(今でも継続中ですけど)自分探しができ、また、この10期の仲間に支えられ、気付きをもらい、癒してもらいと貴重な(人生ではなかなか自分では作れない)4年間で、感謝でいっぱいです。卒業はスタートだと思って、今後も精進していきたいです(卒業試験は散々ですが)。

●4年間ありがとうございました。まじめに勉強できなかったので、あと1年か2年あると良いと思いました。4年生になってマテリアメディカが変わり、これからコツコツ勉強していきたいと思います。学生時代に変わって良かったと思います。これからも勉強会でよろしくお願いします。わからないことがたくさんあり、これからだなと思いました。

●4年間振り返ると、あっという間でした。しかし自分の人生の中でも、いろいろな面で変化のあった4年間でした。4年間かき乱されましたが、自分自身の成長には大切な時間でした。ありがとうございます。ホメオパシーと出会えて、一生学び追求する道を与えられて感謝してます。 

●最後の1年は、仕事で殆ど生の講義を受けられませんでした。今日は短時間でしたが、久し振りの生講義でした。卒業試験の勉強をしている時も、今日も、「どうしてもっと勉強しなかったのだろうか」と、後悔ばかりです。ホメオパスになれるかはわかりませんが、これからが本当の勉強だと考え、日々精進することを心に誓って、感想に替えさせていただきます。4年間ありがとうございました。

●4年間ありがとうございました。あっという間に今日となってしまい、授業内容を充分吸収できなかった反省しています。事務局の方々、お疲れ様です。ありがとうございました。

●4年間ありがとうございました。毎回、先生の講義、お会いできるのを楽しみに来ていました。卒業となりますが、まだまだ学ぶべきことがたくさんあるので、日々努力していきたいと思います。これからも色々と教えてください。

●4年間、ありがとうございました。私を診ていただいたホメオパスの先生から背中を押され、RAHに入学して4年がたちました。小さい子供3人を夫に預けて、新幹線で通ってきた日々。授業を受ける度に理解が徐々に深まり、実際の毎日の生活で疑問に思うことが、なるほど!そうなのか!とわかることができました。まだまだわからないことが多く、今後も引き続き勉強して自分の力を蓄えていきたいと思いますので、よろしくお願いします。将来は今までの自分の経験を生かして米沢でセンターをひらいていきたいと思います。

●ありがとうございました。4年間、ちょっと苦しいこともあったけど、とても楽しかったです。由井先生、日本のホメオパシー発展のために今後とも益々のご活躍をお願い致します。私もコツコツと一歩ずつ経験を積み重ねていきます。本当にありがとうございました。

●オーガノンの読み方が最後になって少しわかりました。ストットラー先生もよくわかってないところがあったというのが驚きました。でも、自分もできるかも・・・と思って頑張れそうです。由井先生、これからもお元気で頑張ってください。お力添えができればと思っています。

●トラコ先生、大好きー!さびしーけど、がんばります(ハートマーク) 

top ▲