ホーム > お知らせ > 講義の様子 > フルタイム・イブニングコース第57回

≪最新講義の紹介≫



                

 

●RAHフルタイム・イブニングコース 第57回

  2007年2月14日(水)英国フルタイムコース、15日(木)の日本イブニングコースは
ミシェル・シャイン氏のポーテンシーの講義でした。
  英国本校でのライブ講義授業。東京・大阪・福岡は同時中継で受講。

                                        ←back  
  【英国校】ミシェル・シャイン講師


   ←back  


   【アンケート抜粋】

◆ミッシェルさんの授業は始めてですが、1回1回確認をとってくださるので、とても丁寧に感じました。例の症例が実際には「こんな状況なんだなあ」という感じがあり、少ない情報でレメディーを決定するその際のポーテンシーの決め方など身近に感じました。


◆ケースをとる際には大いに参考になりそうです。低いポーテンシーの方が悪化を起こしやすいというのにはビックリしました。


◆おもしろかったです。ありがとうございました。ポーテンシーは大事だなあとか思いました。


◆ポーテンシーの使い分けがとても良く分かりました。