ホーム > お知らせ > 講義の様子 > フルタイム・イブニングコース第56回

≪最新講義の紹介≫



                

 

●RAHフルタイム・イブニングコース 第56回

  2007年2月14日(水)は、由井学長によるケーステイクの講義でした。
  東京校でのライブ講義授業。英国・大阪・福岡は同時中継で受講。

                                        ←back  
  【東京校】由井学長


   ←back  


   【アンケート抜粋】

◆由井先生の講義の内容には、いつも深いものがあって心を打たれます。 ホメオパスはテクニックではないという言葉が印象的でした。


◆寅子先生の授業は、配布資料やスライドを用いて展開されるので、視覚、聴覚、リズムよく速度があり、リラックスの会話も入りで、本当に集中しやすいと改めて感じました。必要なこと、大事がちゃんと伝わってくるので授業を受けていて本当に楽しいし実りも多いです。寅子先生が講義内容をご努力されていた話が以前ありましたが、本当に頭が下がる思いです。感謝致します。


◆とても分かりやすかった。もっと由井先生の講義を沢山聴きたいです。


◆今日はスライドに出ている事も書き取れ、講義の内容もとても分かり易く、良かった。

◆ケースをとるのは未だ少しためらいがありますが、少しずつ準備を始めようと思います。次の「レパートリー」の講義が楽しみです。