ホーム > お知らせ > 講義の様子 > 10期生講義の様子

≪最新講義の紹介≫


                   ←back  next→     
 2007年3月29日(木)
エリザベス・アダリアン氏による講義。  


 

【英国本校】 

【東京校】
 

   


 

【アンケート抜粋】

講義はわかりやすくすすめてくださいましたが、自分が理解していくのには、 まだまだ勉強を重ねなければいけないなと感じました。
次回の講義はレパートリーの見方との事で、大変楽しみです。

アダリアン先生の授業はいつもテクニックのみではなく患者と向き合う私達の心構えについてもフォーカスして進めてくださるのでなくてはならないものを感じています。 経験豊富な先生の患者さんの症例もとても参考になります。 臓器の代償行為についてはトレバー先生に教わっていました。 が、今日は感情の抑圧の代償についてのお話があり改めて「全てのつながり」を知った思いがしました。