在校生・卒業生の声Voice

自分をすごく固めて生きてきてしまったことに気づきました

「たった1年ですが、ずいぶん変われたと思う」と話してくださったのは、4期卒業のGさん。穏やかな笑顔からは想像がつきませんが、以前は「すぐにイライラしてしまって苦しかった」のだそう。ご自身が経験された大きな変化や気づきについて、話してくださいました。

Gさん(インナーチャイルドセラピストコース 4期卒業)

入学したきっかけは?
日々の生活の中でイライラして夫にあたったり、子どもにあたったりしてしまうことが多くて、どうしてこんなに自分はすぐにイライラしてしまうんだろ?どうしてこんなにすぐに怒ってしまうんだろう?と思い、苦しかったからなんです。

そんな時にホメオパシーに出会って、インナーチャイルド癒しがあることを知りました。ここに行けば自分の今の状態が良くなる答えが見つかるかもしれないと思って入ったのがきっかけです。
変化はありましたか?
自分がものすごく沢たくさんのこだわりや執着を持っていたことがわかって、自分をすごく固めて生きてきてしまったことに気づきました。

それがすごく苦しかったというか、自分であえてそういう苦しい生き方をしてきてしまったんだなということに気付けたのは、とても大きな変化だと思います。

たった一年なんですが、自分でも随分変われたなと思います。子どもにも、私の価値観で良いと思うことが出来たらいい子、全然出来ていないと「なんで出来てないの?」ってつい言ってしまっていたのです。これも紐解いていくと、自分のインナーチャイルドだと思いました。私と父親、私と母親との関係のインナーチャイルドをこれからもずっと癒していかないといけないなと思っています。今では子どもに対してだいぶゆるく接してあげることが出来るようになりました。

毎回授業を受けるのがすごく楽しみでした。毎回本当に良い話を聞かせて頂き、感動していつも涙でぐちゃぐちゃになっていました。私は人に甘えたり頼ったりすることがすごく苦手なんですが、『触れる』というテーマの授業でとらこ先生とハグした時、私は全身全霊でとらこ先生に向っていって、とらこ先生も全身全霊で抱きしめてくれて、あの体験は本当に本当にありがたかったです。

夫が日系の会社に就職が決まった時、私に「よし、私達は日本に引っ越すよ」と言ったので、「エ~ッ!なんて私はラッキーなんだろう!」と喜びました。そして1年前に日本に引っ越してきた時、直ぐにこのコースを受講しました。eラーニングコースもあるのでインターネット上で勉強する事ができます。シアトルに戻ることになっても学び続けることができると思うと安心です。これは私にとってとても有難いことです。

Y・Gさん(インナーチャイルドセラピストコース 4期卒業)

動画再生