ZENホメオパシーZen Homoeopathy

『ZENホメオパシーは、ハーネマンの教えをベースに、

 複雑化した現代人の病気を治癒に結びつける

 体・心・魂の三位一体を治療するアプローチ(方法)です』

By 由井 寅子

ZENホメオパシーとは

ホメオパシーによって潰瘍性大腸炎(指定難病)が治癒し、救われた私は、英国でホメオパシーを学び、ホメオパス(ホメオパシー療法家)として開業しました。
その後、日本にホメオパシーを普及するため帰国し、20年以上が経過しました。

ZENホメオパシーが誕生した背景には、今の日本人の状態があります。

英国と日本で、これまで多くのクライアントさんを診てきて私が感じた事は、日本人は英国人より治癒が難しく、簡単なケースや慢性病の初期症状であればホメオパシーだけでうまくいきますが、難病や進行した慢性病の患者さんが治癒しないケースが多い事を実感しました。また、病気が治癒しても、数年後には再発して戻ってくるケースが少なからずありました。

この原因を探求したところ、日本人は英国人と比べ、多くの人々が信仰心を失っており、道徳に縛られ、感情を抑圧し、自己否定が強く、 医原病(医療が原因の病気)、食原病(食事が原因の病気)、環境病(環境からくる病気)からの毒物(薬・農薬・化学物質)に曝され、魂・心・体がボロボロになっている事がわかりました。

また、ホメオパシーで治癒できない原因はそれだけではなく、現在、世界中で行われているホメオパシーの多くは、ハーネマンの教えをベースにしていないことがわかりました。そこで、ハーネマンが残した膨大な文献の原書(万葉ドイツ語)を翻訳する作業から始め、多くの臨床経験での実証を通して、ハーネマンが何を目的とし、何を言わんとしていたかが少しずつ分かってきました。

ハーネマンの教え

ホメオパシーだけでなく人を統合的に治す「ハイルクンスト(真の治療家)」であれ!

ホメオパシーの創始者ハーネマンは、病気はホメオパシーだけではなく、 生き方・間違った信念の病気の考え方・生活様式・食事などの多角的方面からのアプローチがあって初めて治ると考えていました。ハーネマンは、ホメオパシーだけで治療するホメオパスではなく、 人を統合的に治す「ハイルクンスト(真の治療家)」であれと言っています。

ハーネマンの教え:
重い心身の病気を治癒するには
「信仰心」と「インナーチャイルド癒し」が必要

インナーチャイルドは抑圧された感情、未解決な感情、心の慢性病のことです。

強い思いである感情の急性病を抑圧すると、潜在意識に沈み、感情の慢性病である弱い思いとなって存在し続けることになります。

また、ハーネマンは「信仰心や哲学、自制心に欠け、心の苦しみと怒りのもとにいる患者にはホメオパシーが効かない」「思い込み(信念)によって自己治癒力が乱れて生じた極めて重い病気は、心に語りかける言葉のレメディーによって除去しなければ回復はできない」と伝えています。

ここで言う「哲学」とは、ホメオパシー哲学、同種の法則、同種の原理です。

昔、体験した嫌な体験を抑圧したまま、今のあなたがいます。そして抑圧した感情を触発する、同じような苦しい事件が繰り返されます。運命は同種の法則ですから、あなたの中にインナーチャイルドがあるという事を知らせるために同種の出来事に遭遇するわけです。

また、「信仰心」とは、自分より偉大なものがいて、謙虚に、生かされているという事を知ること。感謝をもって生きる事です。自分たちはわけ御霊であり、神のわけ御霊であり、神様と同じ根を持っているんだ。神様、仏様と。このような感謝できる心を養う事は信仰心が必要だという事です。

ZENホメオパシーの基本は、ハーネマンを基礎とし、複雑化した現代人の病気、その背後にある心の苦しみ・魂の病気を乗り越えて行くためにインナーチャイルド癒しを取り入れ、体・心・魂の三位一体を治療するアプローチ(方法)です。

また、人間は魂・心・体の三位一体の存在であり、病気も、魂・心・体のそれぞれに存在します。

ZENホメオパシーとは、魂・心・体を三位一体で治療するホメオパシーの三次元治療に、ホメオパシー以外の三次元治療を加えた治療法です。

より詳しいZENホメオパシーの解説はこちら >>