ホメオパシーHomoeopathy

ホメオパシーの「同種療法」とは?

ホメオパシーという言葉は、ハーネマンが古代ギリシャ語の単語、homoeo(=同じようなもの)と、pathos(=苦しみ・病気)を組み合わせてつくった造語です。

ホメオパシーは「同種療法」と訳されます。その考えは古代ギリシャ時代までさかのぼり、医学の始祖・ヒポクラテスも「同じようなものが、同じようなものを治す」といっています。

「同じようなものが、同じようなものを治す」とは?

たとえば、喉が痛いときに、ショウガ湯を飲むことがありますよね。ショウガ湯を飲むと喉がひりひりと熱くなります。この「ひりひり」とした「熱さ」が、喉の「熱っぽく」「ひりひり」した症状を治してくれる。これが、「同じようなものが、同じようなものを治す」ということです。

これは、発熱時にさらに熱が上がるように仕向けると自然治癒力が発揮され、熱を乗り越える力を呼び起こせることを知っていた、古くから伝わる知恵なのです。

ねぎを喉に巻いたり、やけどのひりひりにムカデを漬けた酒を塗ったりするなど、「同種療法」そのものは、古来から経験的に知られ、活用されていたのですね。

自然治癒力を呼び起こす「レメディー」

ホメオパシーでは、植物や鉱物、動物などの原物質がなくなるまで薄めながら叩く、「希釈・振盪(しんとう)」というプロセスを経て作った「レメディー」を使います。このレメディーによって、体のもつ自然治癒力、生命力が呼び起こされます。

レメディーは、希釈・振盪することで、その物質を成り立たせている構造パターンを活性化して取り出したもの。言い換えれば、その物質に内在するダイナミックなエネルギーを取り出したものなのです。

レメディーをとると?

レメディーをとることで、自然治癒力が触発されると、時には排泄力が高まって、発疹が起きたり熱が出たり、解決できていない心の痛みが戻ってきたり…といった「好転反応」が起こることも。でも、これは治癒に必要な過程であり、とてもよい兆候なのです。

このようにして症状にかかりきることによって、今までにも多くの人たちがひと回り強くなった自分を実感し、本来の健康を取り戻してきています。