ページの先頭です
ページ内を移動するリンクです
カテゴリーメニュー
本文

海外招聘講師陣

CHhomで招聘する海外講師は、世界的にも超一流のホメオパスたちです。来年度の海外講師も、実力派の講師を招聘する予定です。
このようなレベルの高い講師の講義に参加できる機会が多くあることは欧米の学校でもないことです。

講義は年に2回を予定しております。
必修講義の参加は、無料となります。(自由参加の授業は有料となります)。参加希望者が各会場にて定員を超える場合には、必修の学年、上級生、ホメオパスの順に優先となります。

ルディー・バースパー Rudi Verspoor

オランダ出身、カナダ在住のホメオパス
ハーネマンの医療体系を20年以上に渡って学び、複雑な慢性のケースに関する豊富な臨床経験を身につけました。歴史と哲学に関する長年の研究により、伝統的なホメオパシー治療に生じていた様々な問題・課題を検証し、体系的でダイナミック治療法を生み出しました。『ダイナミック・レガシー』他、多くの著作があり、欧米で多数の講演を行っており、教育にも力を注いでいます。

エワルト・ストットラー Ewald Stoteler

RAH英国本校講師。
最先端を走る、ハーネマン研究者であり、深い洞察を行い、体系的なアプローチを開発し実践しています。
花びらメソッドによるマヤズム理解、介入レメディー、LMポーテンシーの解説をはじめ、オルガノン、慢性病論を真に理解する上で重要となります。35年間ホメオパシーを実践し、療法家として癌、慢性病を含め8割以上の治癒(根治)率を誇る欧州でも傑出したホメオパスです。

ジョージ・ディミトリアディス George Dimitriadis

オーストラリアのハーネマン・インスティチュート、シドニーの創立者であり校長です。約30年間ホメオパシーの勉強を続け、22年間以上オーストラリアや海外で教えています。
ボーニングハウゼンのレパートリー(TBR)の編集を手がけ、オーストラリアやニュージーランドで、教えています。ボーニングハウゼンのレパートリーメソードの第一人者であり、ハーネマンオーガノン、慢性病についての研究者としても名高く、ホメオパシー専門誌への寄稿も多数あります。

トレバー・ガン Trevor Gunn

RAH 英国本校講師。
生化学者、英国のホメオパスであり、RAH英国本校の副学長を務めます。『予防接種は果たして有効か』の著者です。
ガン氏の病理・生理に関するアプローチは、体の生体システム、病気のプロセスについて誤った常識を覆し、真の理解を与えてくれます。

ユブラジ・シャルマ Yubraj Sharma

RAH 英国本校講師。
医師として、ロイヤル・ロンドン・ホメオパシック・ホスピタルでの勤務経験があります。その後、個人医として開業し、現在に至ります。
現代医学、アロパシー医、鍼灸師、スピリチュアリストとしての側面を持つホメオパス。東洋医学・ホメオパシー医学・現代医学・神智学・霊的な病理・生理学を一体とする講義は明瞭、簡潔です。