2018年09月24日(月)

9/24(月・祝)【全国】Public Seed!種子は みんなのもの(第7回日本の農業と食のシンポジウム)DVD上映会が開催されました

20180924_tokyo_03.jpg20180924_tokyo_04.jpg20180924_tokyo_06.jpg20180924_tokyo_07.jpg20180924_tokyo_08.jpg20180924_tokyo_09.jpg20180924_tokyo_10.jpg20180924_tokyo_11.jpg20180924_tokyo_12.jpg20180924_tokyo_13.jpg20180924_tokyo_14.jpg20180924_tokyo_15.jpg20180924_tokyo_16.jpg20180924_tokyo_05.jpg20180924_tokyo_17.jpg

(写真クリックで拡大します。)

本日CHhomでは「種子 みんなのもの?」映画上映&5月の京都シンポジウム1日上映会が日本豊受自然との共同主催で開催されました。

今回の京都シンポジウムは、日本では主要農作物種子法が4月に廃止される中で開催され、種子や農業のあり方、食の安全の問題などにつて、その情報公開を行っていくという大事なテーマに加え、これにより危機感を煽るだけでなく、私たち1人1人が取り組める解決策を提示指揮棒を与えていくという意味でも大事な場となりました。

多くの方に知っていただきたい内容のため、登壇の先生方にも上映会開催の許可をいただき京都シンポジウムとしては初めて1日上映会として情報公開していくことになりました。

上映会ではシンポジウム前夜祭で南米ドキュメンタリー映画「種子 みんなのもの? それとも企業の所有物?」の上映、その前にとらこ先生と印鑰智哉さんの上映挨拶から始まり、映画本編終了後は、印鑰智哉さんの発表、続いて午後からは、とらこ先生の開会挨拶から、豊受自然農メンバーのリレー発表。小名木善行さん、東昭史さんの発表と続き、安田節子さん、山田正彦元農相の発表、そして、とらこ先生の基調講演。締め括りは弁護士の南出喜久治さんも加わってのパネルディスカッションへ。大変深い内容が凝縮された1日上映会となりました。

私たちの世代、そして子供たちの世代の食の安全や健康に関わるとても大事なお話しであります。今後も開催を予定しておりますのでぜひこの機会にご参加ください。

次回の京都シンポジウムの上映会は10月21日(日)、11月29日(木)に予定。また農業に関するイベントとしては、今秋の豊受自然農の函南農場の収穫祭は10月21日(日)。とらこ先生の「農業総論」(上映会・ファミリーホメオパスコース公開講座)は10月5日(金)。「映画遺伝子組み換えルーレット」&とらこ先生の「土と腸は同じ」の上映会は10月31日(水)開催となっております。

なお、東京北部地域でも上映会を開催してほしいという要望に応え、6月のサイ科学会でのとらこ先生の学術発表以降、7、8、9月とJR王子駅すぐの「北とぴあ」で  も上映会、イベントを開催しています。10月7日(日)14時から、とらこ先生のホメオパシー療法入門とインナーチャイルド癒し入門の上映会とホメオパス、インナーチャイルドセラピストとのシェア会を予定しております。また、全国各地の日本ホメオパシーセンターなどでもホメオパシー、インナーチャイルド癒しなどの上映会や勉強会も開催しておりますが、京都シンポジウムをはじめ各地で上映会開催について興味ある方はCHhom各校にお問い合わせください。

>>京都シンポジウム レポート・午前
>>京都シンポジウム レポート・午後
>>京都シンポジウム ライブ参加者の感想
>>初回8月26日(日)上映会の感想

20180924_dvd_tokyo_01.jpg20180924_dvd_nagoya_01.jpg20180924_dvd_fukuoka_01.jpg20180924_tokyo_18.jpg

講義の感想

●今日はありがとうございました。今日のDVD上映を観て、ここまで私たちの食が危機的状況であったとしては、思いもしませんでした。種子がいかに大事かあらためて認識させられました。今、世界で起きていること、日本で起きていることを、ちゃんと私たちが認識することが、とても大切だと思いました。種子に感謝し、土地に感謝し、食物に感謝し、太陽・水に感謝し、微生物や昆虫に感謝し、その他、色々ものに感謝する気持ちがわいてきました。「自然なものが一番いい」本当ですね。食べ物を購入する消費者として、今、自分ができることを始めていきたいと思います。そして食に対する意識を変えていきたいと思います。ありがとうございました。

●初めてホメオパシーの講演会に来ました。種がこんなに一部の企業が握ってしまうしくみになっているとは思っていなかったので、現実を知らない自分の無知さが恐ろしくなりました。時事ニュースでTPPのことをしていても何かはよく理解できなくて気がつけばニュースでは報道していないことに気づきました。消費者として、添加物ができるだけ入っていないものを買うようにしていたつもりでしたが、しょうゆ、みりん、油、果物、精肉にもホルモン剤や防腐剤、遺伝子組みかえ食品が使われていることを今日改めて知り、スーパーで何をえらんだらいいか、とほうにくれます。豊受自然農さんのように人のため地球のため全てのいのちのために食物や食品をつくられているところで買うように心がけようと思います。又、小名木先生の古事記、安田先生の「日本のお米が消える」等の本を読みたいと思います。又、ホメオパシーに大変興味を持ちました。とらこ先生のお話しの中で祝詞をあげることお経をあげること本当に感動しました。古代の日本のご先祖様は田や畑にこのように祈りをささげて食物をつくってくれていたのかなとふと思いました。原点回帰、心にのこりました。

●今回は都合により午前中しか参加出来ず本当に残念でした。用意された資料もとても読み応えがありました。私達も郊外に畑を借りて週末農園で細々と種から作物を育てることを行っておりDVDの内容はより実感として感じています。私達は在来種を種まきから試行錯誤で行っていますが、周りのF1の苗を購入して植えている畑は生長も早いし、出来高もすごいです。田舎ですと作物の出来がいい事に価値があり、私達が在来種で作物を作ることに意義を感じていることを説明しても、ほとんど理解されないことが歯がゆいです。このDVDを見れば、ものすごく認識が変わると思いました。DVDにあったように日本は真綿で首を締めるように、じわじわと規制をかけてくること世界一の遺伝子組換え食品を消費していること、TPPの内容など、知らされていない事が多い。この知らされていない事実を多くの人に知ってもらえれば、と改めて強く思いました。知ったら世界は変わると思います。また機会がありましたら是非参加させていただきたいです。どうもありがとうございました。

●「種が大事」の映画は2度目となりますが、1回よりも2回目、3回目と友人、知人に伝えて見て、知ってもらう大切な事実とメッセージがつまっていると思います。祖先からの考え、昔から受け継つがれてましたものを守り伝える事、種を守り次世代につなぐ(有機ある活動力、行動力)学び、清聴し、貢献するをキーワードに(私にも微力ながら)、私の役割として、日々の生活の中で、生かし伝えていきたいと思います。昼食、豊受レストランにて、とても美味しかったです。第7回 日本の農業と食のシンポジウムに参加させていただきましたが、又、今日、、現場のライブ映像を見ながら、客観的ににもう一度見ることができて、本当に良かったです。聞いた時だけでは終わらずに継続して大切なことを、自分のできる範囲でやり続けることの有機をもつことの大切さ。気づきのの大切さ、伝えてゆくことの大切さを、ひとりでも多くの方に知っていただくことをこれからも自分の役割、使命として、行動していきたいと思います。有難うございました。

●ネットニュース等で、種子や遺伝子組み換えの件で状況がますます悪化していることを懸念していたので、今日のポイント解説は大変助けとなりました。しかし、不安や焦りに取り巻かれているばかりでは何も生まれません。締めくくりのとらこ先生のお話は、全ての原点であると感じました。気付かないうちに道を外れかけている自分の中の部分に光を当てて頂き、感謝しています。

●企業や政府が考えていること、種子の危機を知り、何も知らずに生活していることに恐怖を感じました。今までの日本で与えられていた歴史では分からなかったことや、生物に特許をつけるという恐ろしい計画がなされていることを知ることができ、今後の生き方について深く考えていかなければならないと感じました。ありがとうございました。

●世界、日本の食料がかなりやばい状況になっているのがわかりました。心体、魂のために実践活動していて信頼できる団体だと思います。

●種子がこれほどコントロールされているとは。日本の状況はかなり危ういと思いました。のんびりとはしていられないと思いました。感謝が必要だと強く思いました。

●初めて参加させて頂きました。「ワンコイン上映会」チラシをショップで頂き、第一部のみ参加しましたが、第二部を是非次回参加したいと思いました。私は自身の健康問題から、食養、断食、断薬、ホメオパシー(レメディー使用中)という流れで、貴校の活動を知りました。主催される貴校のイベント、ご著書などからその哲学を初め、勉強したく存じます。

●大事な食の危機、命の危機の話でした。たくさんの人に観てほしい、知ってほしい内容だと思います。ありがとうございました。

●一日で内容が盛り沢山で大変お得感がありました。京都の講演を東京(北区)で上映してくれてよかった。本部まで行かなくて近くで参加できたのも良かった。種がどれだけ大事かを初めて理解できました。言葉から自然を大事に生活していた日本の歴史の中で大きな変化の時になってしまっている今の日本。種子法のことを知らなかったのですが、将来を危惧する現状をもう少し沢山の人に知ってほしく、自分ももっとしっかり知らないとと思いました。

●ここ東京の王子(北とぴあ)で開いてくださってありがとうございました。

<< 1つ前の記事へ | 記事一覧へ | 次の記事へ >>

最新のセミナーの様子

2018/10/21 (写真クリックで拡大します。) 本日CHhomでは『種子―みんなのもの? それ...
2018/10/18 (写真クリックで拡大します。) 昼間はまだまだ暑いホメオパシーセンター名古屋本...
2018/10/18 (写真クリックで拡大します。) 本日、日本ホメオパシーセンター大阪本部では、ホ...
2018/10/13 (写真クリックで拡大します。) 10月13日、秋らしくさわやかな天候に恵まれた...
2018/10/12 (写真クリックで拡大します。) 10/12にCHhom札幌校において、ミニセミ...

講義を月別に表示する