2017年05月05日(金)

5/5(金・祝)とらこ先生GWライブ講演
「とらのこDay 第3回ホメオパシーとらのこコングレス」が開催されました。

本日はとらのこDAYでたくさんお方にお集まりいただきました。

とらこの会は1997年に発足し、お陰様で今年で20年を迎えました。
ホメオパシーを愛する皆様によって、とらのこ会がここまで継続できた事に感謝申し上げます。

最初にとらこ先生から開会宣言があり、とらのこ会についての意義が語られました。

「日本にホメオパシーが入って間もない頃、とらのこ会はホメオパシーの病理や哲学を学び各家庭にキットを置いて自分自身でセルフケアを行える事を目的として、また、好転反応への理解を深めるために設立されました。

今日、皆様が自らを健康にするための会として、とらのこ会員の体験談をシェアしていただきます。」

大きな拍手と共に、全国をリレーして体験談が開始されました。

○とらのこDAY第一部は、「とらのこコングレス」

様々な苦難を乗り越えた各発表者の体験談は、心に響き、会場からは大きな拍手がおくられました。

●札幌校 インナーチャイルドセラピスト養成コース4期卒業 伊藤さん
「インチャコースを1年間通って得られた気づきの話」

20170505_day_sapporo_01.jpg20170505_day_sapporo_02.jpg

(写真クリックで拡大します。)

守りたいと思っているはずの子供たちを責めているのは、自分が自分の事を責めているからではないか?という事に気が付き、自分のインチャを癒そうとの思いでインチャコースに入学する事を決意。自分のインチャに向かい合って気づいた事は、自分で思っていた以上に自信をなくし、怖くて不安で小さくなっていた事でした。

少しずつ自分を受け入れられるようになる中で、子供たちの出来なかったことばかりを気にして不安になっていた自分を認識。子供たちが、ゆっくりでもちゃんと成長していて元気に育っている事が見えるようになっていました。自分を責めてばかりいましたが、インチャに気が付いて受け入れる事ができた!これでいいんだ!と思う事が出来て「これが自分を許すと言うことなんだ」と気が付くことが出来ました。

●名古屋 ファミリーホメオパスコース6期卒業 M.Oさん
「ファミリーホメオパスコースに入って、レメディーがヒットするようになった体験談」

20170505_day_nagoya_02.jpg20170505_day_nagoya_01.jpg

(写真クリックで拡大します。)

CHhomで開催されている座談会に参加しているうちに、ファミリーホメオパス養成コースに興味を持ち入学。ファミリーホメオパス養成コースでの学びは大変興味深く、実際の子育てに役にたつことばかりで、とらこ先生が繰り返し「症状はありがたい」というお話をしてくださり、インナーチャイルドや信仰心のことなど深いお話しもあり、コースを修了するころには腹の底から「症状はありがたいんだなぁ、感情はありがたいんだなぁ」と思えるようになりました。

つい先日、息子が高熱を出した時、以前の自分だったら「高熱が出ちゃった、どうしよう」と不安にかられていたのが、今は「よし!やっと熱が出て、悪いのを出してくれる!」と小躍り。教えていただいたレメディーがヒットした手ごたえも感じ、息子は元気になりました。ファミリーホメオパスのクラスで学んだことが生かされ、子供の症状に対応できたこと、安定した気持ちでいられたことがとてもありがたかったです。ホームキットは我が家では、本当に必需品です。という内容でした。素晴らしい発表をありがとうごございました。

●大阪 とらのこ会員 片岸さん
「転倒により骨折した鼻のホメオパシー治癒例」

20170505_day_osaka_01.jpg20170505_day_osaka_02.jpg

(写真クリックで拡大します。)

化学物質過敏症(CS)を発症。現代医学では治療法はなく、絶望的であった慢性の苦痛が、とらこ先生の相談会にかかってから体調が上向き、頭痛・めまい・吐き気・耳鳴り・顎関節症・眼瞼下垂・股関節痛、・睡眠障害・頻尿・尿もれ・低体温・冷え症・慢性疲労、7回も繰り返した肺炎・花粉症・認知力の混乱、吃音(きつおん)、誤嚥等他多数の症状は年単位で消えていきました。

今回は、化学物質への反応で意識を失い、顔から倒れて鼻を骨折した体験談です。

大量出血の為、救急車へ連絡。その間、姉がアコナイト・アーニカ・ラストックス・ルータなどのレメディーで対処しました。医師の診察では、鼻の骨折、顔・ヒザの打撲、メガネのレンズで顔が数ヵ所切れていました。化学物質に過剰反応する為、処置は傷口を洗い流す程度でした。

書籍のレパートリーを参考に「骨折」レメディー、キットからアーニカ・ブライオニア・カルカーブ・ルータ・ハイペリカム・マグフォス、カルクフォス・シンファタイムをランダムに取りました。

傷口にはカレンデュラクリーム。打撲した膝は、2階から降りるのはとても痛くて全く曲がらなくなったが、Rhus-tクリームを塗ると 数分で階段を昇れるようになりました。なんで塗ったら痛ないの? と毎回、とても不思議でした。翌日、顔面は腫れあがり37.5度の発熱。ベラドーナやファーランフォスで対応したところ、1日だけで済み、腫れた顔も 日に日にひいてゆきました。

久しぶりにあった姉には「10日でこの仕上がりはスゴいな」と驚き、写真を撮ってくれました。鼻の骨折は手術を免れました。全身麻酔を回避できたのは、化学物質過敏症(CS)の私にとってラッキーでした。ホメオパシーのレメディと本とクリームで、このようなびっくりする怪我にちゃんと対応できました。という内容でした。素晴らしい体験談をありがとうざいました。

●福岡 インナーチャイルドセラピスト養成コース卒業  宮越さん
「産後うつを、相談会とインチャ癒しを通して前向きに受け止めるまで」

20170505_day_fukuoka_02.jpg20170505_day_fukuoka_01.jpg

(写真クリックで拡大します。)

私とホメオパシーの出会いは、出産後、産後うつになったことがきっかけでした。初めての育児で、子供のためにという思いが強く、少しのことで敏感になり、徐々に眠れない程強い緊張を抱えるようになりました。体は疲れているのに眠れない、手伝ってくれる家族がいるのにイライラが止まらない。

我が子だから泣いても何しても可愛いはずと、幸せな育児を夢見ていた私でしたが、なぜか子供の泣き声がだんだんと耳障りに感じて、責められているようで苦しい。可愛いと思えない。何をしていても、何かに責め立てられているようで一日中止まらないドキドキを必死に静めようとする日々。二人きりの時間と眠れない夜が恐怖でした。こんな日々が続くなら消えてしまいたいと思っていました。

娘の泣き声を聞くとパニックになることもあり、泣いている娘のそばにいくことができずに、1時間近く泣かせっぱなしということもしょっちゅうでした。なぜこんなに泣き声が苦しいのかわかりませんでした。相談会で、このことをホメオパスに伝えると、「子供の頃、たくさん泣けてましたか?」と聞かれました。その時初めて、自分が子供の頃、たくさん我慢していたこと、両親の前で泣かずに来たことを思い出し、とても腑に落ちたのです。我が子の泣く姿、皆に可愛がられる姿に、子供の私が嫉妬していたのです。

このホメオパスの問いが、泣いている子供のインチャに気付かせてくれました。それから、定期的に相談会を受け、Lyc.を処方されることが多かったですが、母親はこうあらねばならないという私の考えも、少しずつゆるくなっていきました。また、これまで出たところのない箇所に湿疹が出て、消えたと思ったら、少し下に同じものが出るという不思議な体験もしました。

「インチャが癒されていくと、そうやって症状が出て、治癒にむかっていくんですよ」と言われ、私の中に少しずつ自分を信じる力が芽生えていきました。振り返ると何度も、生きる意味が感じられずに、「死にたい」と口にしたり、娘を抱いて、衝動的にベランダから飛び降りようとしたことも、もとをたどれば、子供の私が幼いときに出せなかったSOSだったのだと思います。

相談会にかかるようになり、レメディーをとりながら、ホメオパスと会話し、自己肯定の作業を繰り返すことで、結婚前より体調が良くなってきました。

インナーチャイルドセラピスト養成コースにも通い、自分を見つめ、本当に苦しい時期もありましたが、これから、自分の経験が産後のお母さん達の力になれると信じて、もっと学びを深めていきたいと思います。信頼できるホメオパスや、共に学ぶ仲間ができたことが、これからの私にとって、心強いものになると確信しています。

最後に、本当の自分を取り戻すことは、苦しい作業ですが、私は、ホメオパスから、どんな感情も否定しなくていいんだよ、怒りも悲しみも必要な感情なんだと教えてもらい、本当の人間らしさを知りました。1人でも、少しずつでも、本来の自分で生きられる人が増えてほしい、心からそう思います。

●東京 インチャコース 女性
「てんかんと二分脊椎症の二人の娘の子育てを支えてくれたホメオパシー」

20170505_day_tokyo_03.jpg20170505_day_tokyo_19.jpg

(写真クリックで拡大します。)

長女は、知的障害で、3歳からてんかんになりました。薬で脳を鈍らせ、けいれんを止めても、本質が解決しないのだから、彼女は生きる喜びもなくただ生きていくのではないかと感じたのです。病気だけをみるのでなく、ココロとカラダ全部を見て欲しいと思っていました。

そんな時に、ホメオパシー知り、由井寅子先生の相談会に行きました。レメディをとると、けいれんが何回もおこり、ぐったりしてしまい、主人がとらこ先生に電話して、殺す気か!と怒鳴ってしまったこともありました。ですが、症状がおさまると、身長がグンと伸びたり、年の割に小さかった足が大きくなったりと、まるで植物の芽が伸び出したかのように年相応に成長しだしたんです。 また、人見知りだったのに、人が好きで、積極的になってきました。

震災の後、一度しかない人生、自分らしく生きるってなんだろう。 今までの自分でいいのだろうかと真剣に考えるようになりました。 その時にとらこ先生の「毒と私」を読み、そこから何冊も先生の本を読んで、ようやく、自分のインチャに気がついたのです。これを先にしなければ、子供達のことも前に進まない。 そして、私は私を生きたい! 問題は私だったんだ!と。

そして、先生の相談会と、インナーチャイルドセラピストの受講をしていく中で、自分と向き合うことを行うようになりました。いつも孤独の中で、周りにそれを悟られないよう、笑顔で、いいお母さんでなければならない。できる人間にみられたいとやってきましたが、やっと自分をさらけ出せるようになってきました。

自分の弱さや、嫌なところを見せることで、実は周りもその方が受け入れてくれることを知りました。 今の課題は、ダメで何もない自分を許してあげること。 そして長女のてんかんを受け入れること。

てんかんばかり気になっていて、大事なことを私が忘れていましたが、彼女は、ココロはとても元気になってきた! すごく楽しそうに生きてる!変わってる! 私がそれを忘れていました。 そのことに、相談会で気がつきました。

小さかった長女は生きずらそうに感じていましたが、今はそれを感じません。 人が大好き、日本地図が好き、電車が好き、スポーツとは無縁だろうと思っていたほど、カラダを動かすことが苦手な彼女がボウリングが大好きで、選手としてがんばっています。 何かしらいつも楽しみを見つけて過ごしています。 羨ましく思うくらいです。 一人で行きたいと思ったら、どの電車に乗ればいいか調べていけるようにもなりました。その彼女でじゅうぶんだと、私が受け入れる!

ホメオパシーに出会い、とらこ先生に出会い、インナーチャイルドに出会い、私は私を取り戻してきています。ココロから笑顔になれてる自分に可愛いなと思います。 これからも苦しみはあります。 でも、それを乗り越えられる方法を身につけられてきてると思います。

●東京 CH4期 稲田さん
「息子の死を乗り越えて私の深い悲しみに気づかせ癒してくれたとらこ先生とホメオパシー」

20170505_day_tokyo_02.jpg20170505_day_tokyo_01.jpg

(写真クリックで拡大します。)

子供を亡くす。まさか自分の身にそんなことがおこるとは、思ってもいませんでした。自殺でした。

ホメオパシーを学びたいと思い、CHhomに入学。子どもを亡くしていることを隠して、明るく振舞っていました。2年生の時、とらこ先生の相談会を受ける機会に恵まれました。

タイムラインをみたとらこ先生が、子供を亡くした一文に気づき、「子供を亡くしてるって書いてあるけど、死因は?」と聞かれました。わたしは、やっぱり聞かれたかと思い、聞かれたら正直に話そうと思っていたので、「自殺です」と答えました。それを聞いたとらこ先生は、「そうだったのか。君はいつも明るくしていて、まったくそんな風に見えなかったなあ。」と驚いていらっしゃいました。続けて、「つらかっただろう。」とおっしゃって下さいました。「確かにつらかったけれど、救いもあったので、大丈夫です」と言い切ったわたしの言葉を聞いて、不自然さを感じたとらこ先生。もう少し深く話していくことで、大丈夫だと思っていたいだけだと、気づくことになりました。「このことを同期の子は知っているのか?」との問いかけに、「仲のいい子に話しただけです。」と伝えると、「なぜ言わないのか?」と聞かれました。少し考え、「人に不幸と思われたくないから」と答えながら、その時に初めて、そう思っていることに気づいたのです。

「強くなくてはいけない」と思っていた価値観がいまだに根強くあることに気づかされました。子どもを亡くした悲しみは癒えていると思っていただけで、まだまだ癒えていないこと。つらかったのに明るく平気なふりをしていたこと。それが、低体温、年々ひどくなる、手足の冷えとして現れていたと知ったのです。

とらこ先生が選んでくれたレメディーはNux-m.。キーワードは「放心状態」。まさにその通りだったと思います。レメディーをとりながら、とらこ先生に言われた言葉を思い出して、インナーチャイルドと向き合いました。すると、好転反応のためか、風邪をひき、3日ほど寝込みました。体調が回復しても、声の枯れが1週間ほど続き、こんなに長引く風邪は初めてだなと思いつつ、もしかして低体温が改善したかと思い、熱を測ると、36度台になっていました。最初は微熱かなと思いましたが、何日も続けて測っていると常に36度台です。低体温が改善したことに、喜びとともに、驚きを隠せませんでした。

とらこ先生に子供を亡くしたことを話せ、インナーチャイルドと、それがもたらす価値観に改めて気づくことによって、インナーチャイルド癒しが進み、精神的にもかなり楽になったおかげだと思っています。その後も、とらこ先生の相談会を継続して受けることができるようになり、そのたびに愛ある言葉に励まされ、癒されています。

ホメオパシーに出会わなければ、苦しみから救われることはなかったと思います。入学してからの4年間、さまざまなことがありましたが、今年3月、無事卒業することができました。精神的にも大きく成長することができたと思っています。

○とらのこDAY第二部は高野弘之先生の特別講演。

20170505_day_tokyo_05.jpg20170505_day_tokyo_06.jpg

(写真クリックで拡大します。)

小児科医の高野先生は、人々を子供たちを真に健康にする医療を追求していく中でとらこ先生とホメオパシーに出会い「豊受クリニック」を始めることになりました。今では自然派ママたちの強い味方、行列のできるクリニックの院長として活躍されているのはご存知ですよね。

本日の講演では、著作「母子手帳のわな」の中から、母子手帳に載せられているスタンプラリーのようなワクチン接種欄や乳児を母乳から引き離し早期離乳食を勧める表記などを挙げて問題提起し、ちまたに数多くでまわっている育児雑誌や離乳食の宣伝なども含め、商業主義的なコントロールの罠があることを説明。子どもたちが本来持つ本来の力を信じ、自然に従った育児法の大切さを訴えました。

高野先生の今回の講演は短い時間でしたが、自然な医療、自然な育児について考える参加者の皆様の共感を呼ぶ内容でした。

CHhomではこの夏7月中旬に高野先生の講演を予定しており、今回話しきれなかった様々なお話を講義していただきます。詳細は決まり次第皆様にお伝えいたします。

○とらのこDAY第三部はとらこ先生の特別講演が行われました。

20170505_day_tokyo_08.jpg20170505_day_tokyo_07.jpg

(写真クリックで拡大します。)

まずは「幸せになるにはどうすればいいか?」というテーマが皆様に投げかけられました。とらこ先生はご自身のこれまでの人生の年表を振り返り、私の人生に絶望的な出来事が繰り返し起こるのはなぜか?一つ一つクリアしてもまた別の出来事が起こるのは何かが間違っているのか?神様は私に何を教えてくれようとしているのか...

そう深く考え、問いかけ、向き合って行く中でひとつの結論に辿り着きました。その答えには、魂が震えるような感動があり、苦しい人生を全て光に変えるような圧倒的な肯定がありました。

この講演内容はまた次の機会により深く取り上げますので、本日来られなかった方はぜひ次回ご参加いただき、とらこ先生が人生を通して学んだことを聞きに来てください。

ケースで取り上げられた母子の話も霊性のテーマを取り上げた非常に深いケースで、多くの方々の心に響き、ご参加の皆様が涙を流し目を腫らしながら相談会の様子に見入っていらっしゃいました。

今回のとらのこDAYも本当に素晴らしい感動の講演になりました。発表してくださった会員の皆様、先生方、どうもありがとうございました。お集りいただきました会員の皆様にも感謝いたします。

○豊受もちつき大会

20170505_day_tokyo_09.jpg20170505_day_tokyo_10.jpg

(写真クリックで拡大します。)

終了後は豊受玄米もちつき大会で盛り上がり、レストランでは豊受春野菜をふんだんに使った神饌御前が大好評、そしてそのまま午後の映画上映会まで残られる方も多く、一日通して満載の楽しく有意義な日となったようでした。

20170505_day_tokyo_11.jpg20170505_day_tokyo_18.jpg20170505_day_tokyo_12.jpg20170505_day_tokyo_13.jpg20170505_day_tokyo_14.jpg20170505_day_tokyo_15.jpg20170505_day_tokyo_16.jpg20170505_day_tokyo_17.jpg

講義の感想

●もう涙が止まりませんでした。こんなにホメオパシーのセミナー、講演会で泣いたのは初めてです。今回のセミナーは私自身と共鳴することが本当に多かったからだと思いました。私もまだまだ「こうするべき」とか「人に助けてほしいと思うのは甘えているし、いけないこと。人として恥ずかしいこと」という観念が根強くあります。やはりインチャ癒ししかないんですね。6歳の子供さんの自由研究が写経!!これには驚くしかなかったけど素晴らしいと思いました。

●久しぶりのとらこ先生の講演会でしたが、先生が色々と自分の内面をさらけ出しているところを見て、そのままの感情、負けを認めて良いんだと改めて感じることができました。10月にとらこ先生から筋腫のアドバイスをいただき、子宮はとらない選択をし、来週入籍をすることになりました。先生のセレクトしていただいたレメディー、言葉のレメディー+キネシオロジーのタッチフォーヘルスで女性性の否定を手放すことができました。感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

●とらこ先生ー!!本当に良かったです。おめでとうございます!!今日は何も言えません、本当によかったです。私もまだまだ絶望に浸りきっていないです。私にとっては雲の上の大先生のとらこ先生でも、人間なんだ、悩みはあるし、私も先生のこと等身大に見ていませんでした。ごめんなさい。そして私自身にもごめんなさい。これからは女性としての幸せを謳歌して下さい!!らぶ(ハートまーく)

●長年レメディつかったり相談会も受けたりしているが自分でよく考えてということはなく(いきあたりばったり)そのつどだれかにきいたりしているので、本日ホメオパスでなくてもとてもよく勉強して利用している人もいるとわかり、ためになりました。また本をひらき、今いちどレメディの内容をひもといてみたいと思います。トラコ先生の絶望の年表をみて自分のもつくってみようかと思いました。プライドとは何だろうと思いました。最近スタッフサグリアをとっていましたらマケ(負け)をみとめないとなと思いました所、今日のお話につながった様です。トラコ先生きれいになったな~と思ったら最後のお話でびっくり!!おめでとうございます(ハートマーク) ありがとうございました。

●初めての講演会です。とら子先生の生の講義を聴いて思った事ですが、お母さんの話はよく出て来るのですが、顔も見た事も無い父親の話しは、出て来ませんね。私の思いでは、ホメオパシーのエネルギーを取りながら、確かに霊界の事や、哲学も知らなきゃいけませんが、その前に自分の親、亡くなった父/母を祖父母を供養する事だと思いました。私も同じです。(カルマ落し)をしなければ、真の幸福にならないと思いました。(私は、脳腫瘍の大手術をして再生しました。)(とら子先生は、りっぱ!! お父さんが死んだから!(愛してます)※父ちゃんがいいえ、勝ってる!言ってる!

●色んな方の体験談を聞く事ができて勉強になりました。各地でホメオパシーを使って症状を治している方がいるというのは、とても心強いです。高野先生のお話、とても楽しく聞かせて頂きました。7/16にも行けたら良いなあと思っています。寅子先生のお話に出てきた人生の仕組みのお話、良くわかりました。自分自身にも共通するところがありました。感動しました。インチャ癒し頑張っていきたいと思います。(ずっと思っていますが、なかなか取り組めません・・)ケースの方もとても感動しました。私もあの男の子のように泣けたらなあとおもいました。

●沢山の方々の体験談を伺い勇気がでました。高野先生のお話も初めてでしたが、とても温かく、また講演を聞いてみたいです。(私は子供はいないので、子育て以外のこともお話頂ければ、よりうれしいです)とらこ先生は、いつも凄い人だと思い、どこかで自分とは違うからと思っていましたが、大人になってからも本当にいろいろ悩まれて戦っていらしたんだと、心を打たれました。5/3の講演の際、とらこ先生がどんどん綺麗になっていくなあと感じたのは、そういうこともあったのかあ・・と思いました。

●症例の発表はそれぞれの方の体験談を生で聞けてよかったです。お友達の発表は、お話では聞いていたのですが、写真とかも見たり、経過を聞くうちに一緒に感情が高まって泣いてしまいました。各々のケースがひとつひとつ自分の中にいるインナーチャイルドに触れる内容で揺さぶられました。高野先生のお話は、本当に私自身が日々感じていることで、共感できました。仕事柄、子育て中のお母さんや赤ちゃんたちに接しながら、声を出して言えないジレンマに陥っています。高野先生のように本当のこと、自分の正直な意見を伝えられるようになれたら…なりたい!!と思います。とらこ先生のお話、今日はいつも以上に魂が震えました。とらこ先生よかったですね。(僭越ながら…)これからも私たちをその大きく温かい愛で包み、導いてください。ありがとうございました。

●本日はこどもの日ということで、子供さんの症例で、人の前でおお泣きできている男の子がうらやましかったです。逆転親子が少し理解できました。泣かない私でしたから、今から、泣いてもいい子供時代をやり直したいと思いました。今日は発表をするという体験をさせていただき、ありがとうございました。まだ化学物質で起こっていた症状を乗り越えてきた場面で、感情が湧いてきました。まだ化学物質と戦ってる最中で体調崩し、心が病んできている最中だったりします。夢の夢の向こうにある元気を取り戻せているのに、この人生で見て見ぬふりをしているところに行ってちゃんと私をやり直します。とらこ先生がステキになられて嬉しかったです。ありがとうございました。

●初めてとらのこDAYに参加しました。いろいろな体験ケース、心の奥底から発表に感動しました。お子さんと一緒に、ご主人と一緒の参加、発表がここにあってよかったとつくづく思いました。似たような体験で苦しんでいる友人を案内すべきだと思いました。みなさんレメディーを使いこなし、多くの気づきとともに、質の良い人生へ進んでいて、日々レメディーとともにあることに感謝。由井先生の、人生は負けるためにある!は心が軽く生きていけます。本日はありがとうございました。

●会場で発表された様々なケースを聞いて、皆様の勇気ある人生に励まされました。とらこ先生~(ハートマーク)。最近インチャについて思うことは子供は母親を選んで生まれてきますが、どんな子も母親に対する無償の愛を持って生まれてくるのではないか?ということです。どんなに母から否定されても、子供はお母さんを心の底では愛していて見守っています。きっと先生もそうだったのではないかと思います。色々苦難はあっても大丈夫だと思います。あと、シュタイナーのバイオグラフィーという手法で人生を見るのもいいと思います。人生に起こることは過去にあったことのミラーイメージです。

●今日発表された皆さんの話素晴らしかったです。自分の弱いところ、人生でうまくいかなかった事、生きづらさをこのような場で大勢を前にして発表されるのは勇気のいる事だと思いました。どの方にも共鳴するところがあり、自分はどうすればより良く、より心が楽になっていけるかな、と考えた時、ヒントというか、新たな気づきをもらえたなと思います。今日ここに来れただけで、心の浄化が進んだように感じます。貴重な機会をありがとうございました

●とらこ先生の愛のバイブレーション、言葉のレメディーをいただくたびに、自分の人生で起きた事の深い意味に気づかされます。発表の方々の素晴らしい体験に胸が熱くなりました。もっともっとこういう方々のお話が聞きたいと思いました。とらこ先生、彼が戻ってきたなんて、素晴らしすぎです!!本当に良かったです!!今日もありがとうございました

●とらこ先生の講演とてもよかったです。絶望の数々の人生を振り返るタイムライン、今私も先日の相談会以来、振り返ってインチャ癒しに取り組んでいます。胎児~出生の時の恐怖が一番強いことに気付きはじめ、今はなるべく引きこもっていたのですが、今日は来てよかったと思いました。とらのこコングレスもとても良かったです。友人たちの話も聞く事ができて、ホメオパシーってすばらしいでしょ、共に支えていきたいなと思います。とても感動しました!とらこ先生の愛の成就、本当に嬉しいです!3年間がとても長くて辛かったでしょうが(毎日絶望されていたと思います)復活されることを思っておりましたが、寅子先生の口から喜びの言葉を聞くことができて本当に嬉しいです。おめでとうございます。末永くお幸せに(ハートマーク)

●クライアントさんや、ユーザーの方がレメディーやインチャ癒しにとりくみ、自分自身で自分を癒す、ことの大切さに気付き成長されていく様子にとても感動しました、とらこ先生の、彼からフラれたときのお話を伺ったとき(死ぬことへの望み)リリアンティグのレメディーが頭に浮かびました。私自身、自分で自分を助けるためインチャ癒していくうち、気づきが「親が全然褒めなかった!!抑圧された!!」「親のせいでこんな私になった!」という被害者意識や犠牲者意識。インチャを癒しまくったこの数年。こころから完璧な両親の元に生まれることができたと、夫ととら子先生にとても感謝しています。ありがとうございました。(紫斑病のケースは母のインチャ癒しをして優秀インチャをとることはとても大切ですね。)

●思いかげずの話でした。「紫斑病」のお子さんが母親のインチャをはがすためにきたようで母親のためにボロボロ泣く姿が印象的でした。親、子それぞれに人生の宿題があり、この方(母)の場合は、ダメな自分を認め許していくこと、ゆるめていくこと、それから寅子先生の絶望の話、早く絶望でいる自分を見つけて愛すること「人生は負けるためにある」含蓄のある言葉など、お話聞けて良かったです。支離滅裂な感想ですみません。追伸。先生の彼氏が戻ってこられてよかったです。

●今年の2月にとらのこ会に入会したばかりです。初めてのとらことDAYに参加となりました。ホメオパシーを知って9か月で本を読んだりブログなどを読んだりしながら一人で学んでいる最中です、今回とらのDAYで他の方の体験談をシェアできて本だけではピンと心にこなかった所が言語化表現ができない所も体験談によって心に響きました。生の声はやはりいいですね。とらこ先生のお話には笑いもありましたが、感動して涙がずっとでました。貴重な機会ありがとうございました。

●髙野先生のお話を一度伺ってみたく参加しました。ホメオパシーで子育て中です。自然出産でワクチン無しで元気な小学生の息子が居ます。人にすすめても理解してもらえないと思い、ホメオパシーについて自分から話しをする事はありません。Remedyがあると心強いので日々の育児に心配はありませんが、時折孤独になります。ホメオパシーを愛用する人々と時間を一緒にすごせて心強かったです。7月に又髙野先生の講演会があるそうで大変楽しみです。時間を都合して何とか参加したいです。寅子先生のinnerchildケースのお話しは沢山涙がでました。小さな男の子が泣く姿は放っておけませんでした。お母さんに抱っこして抱きしめてあげて欲しいと思ってしまいました。

●風邪など、ちょっとした事にレメディーを使っていましたが、インナーチャイルドとホメオパシーが、深く繋がっていた事は、初めて知りました。もっとレメディーについてや使い方について勉強したいと思いました。体験談をお話くださった皆さまは、大変な経験をされていると思いましたが、今の姿はとてもうらやましく思いました。高野先生のお話しもとても面白かったです。ホメオパシーは難しそうに感じますが、高野先生のお話しは、早く自然派に転向した方が良いなと感じました。寅子先生のお話は重いようで笑えてとてもひびきました。

●1部の体験、2部の高野先生のお話、とても興味深く、友人でワクチンのことに悩んでいる人がいるので、ぜひ今日のことを伝えていきたいです。3部、とらこ先生がとても素敵な女性にますます見えました。自分をさらけ出すって難しいなと思っているので、それが60歳を過ぎてできているのは本当に尊敬しました。日々ホメオパシーにはお世話になっていましたが、これからも講演会、ご縁があればもう一度学校に通って、学びたいなと思いました。

●今回発表させて頂くことで、自分を見つめ直すことができました。とらこ先生にコメントして頂けたのもうれしかったです。とても大きな一歩を踏み出せた気がします。今日の“とらくじ”は「自立ができないと本当の愛に近づくことができない」でした。今日のコングレスでいろんな方のお話を聞くことができて、一歩近づくことができたかなと思います。本当にありがとうございました。とらこ先生のうれしそうなお顔も拝見できてうれしかったです。

●体験談で息子さんを自殺で亡くされた方のお話を聞いて、感情を出しきることがわかった気がします。Nux-m.の放心状態に共感できたからもしれません。つらいとき、つらさを隠して笑顔でいる感覚。あるある、あったあった。でも本当の気持ちはどうだったの?の大元の気持ちは悲しみ。そして由井先生の、海外の人は身内が死んだとき悲しみきれるように葬儀会社の人が全部やってくれるという話も納得。日本みたいに○○コースはいくらで、とかはないんですね。絶望の自分をいくつもみつけて共に生きる道を歩むのだ、とか思う自分もいれば、人の不幸を見てニヤリと笑う自分もいる、それもまた自分。それにしてもホメオパシーは奥が深い。レメディーだけでなく。

●私はこの講演会を聞いてとても良かったです。インチャ同期の発表と各校のいろいろな発表、そして聞きたかった高野先生の講演。50代の私は、子どもを育てるために保健センターの先生や保健婦にどれほどイヤなことを押しつけられたことでしょう。心が痛み苦しみながらの子育てでした。とらこ先生の勇気ある言葉は今の心の悩みにガツンとくるものがあり、私の愛の心に響きました。ありがとうございました。

●インチャコースで学んでも気づいたことがあっても、なかなか変われない、一歩進んだように思っても気がつくと元に戻っているような気がして、やっぱり自分はだめだなぁと思ってしまうことがまだまだあります。今日のとらこ先生のお話はとても心にしみました。私の頭ではどれくらい理解できただろう…という気持ちは常にありますが、あせらず、もっと自分を許していきたいと思い、また気持ちがあらたになりました。今回はじめて高野先生のお話を聞きましたが、また聞きたいとすごく思いました。ありがとうございました。

●初めてとらのこDAYに参加しました。皆さんのホメオパ体験を聞くことができて本当に勉強になりました。まだまだレメディーの使い方がわからずヒットせず苦労することがありますが、日々の中でレメディーを使い、心がなぜか軽くなるのを実感しています。これからもホメオパシーを信じて実践していきます。ありがとうございました。

●とても勉強になり、ますますホメオパシーに関心を持ちました。もっと勉強して自分でレメディをつかいこなせるようになりたいと思いました。とらこ先生の話、涙がとまりませんでした。明確な理由はわかりませんが、きっと私の中のインチャに関係しているんでしょうね。このような勉強の機会を作って下さりありがとうございました。

●人生は負ける為にある。深い言葉です。健康でなければダメ、病気になった自分が情けない。優秀でなければ満足できない・・そんなことを気付いていましたが、本当に理解していなかったのだとわかりました。病気になってよかったと思えるようになりたいです。インチャコース大変興味があります。

●般若心経で、こだわりがないと怖れるものがないと言っていました。とら子先生のお話は、本当に心うたれます。プライドがあるうちはダメな自分を受け入れられなくて、ダメな自分が露呈された時に緊張したり、情けなくなってしまうのだと思いました。とら子先生が身をもってインチャ癒しをして体験を話してくださったので、とてもわかりやすかったです。他のみなさんの体験もすばらしかったです。

●中学を卒業する時、副担任の先生から色紙をもらいました。”バカになりきれる人になれ”と私のには書かれていました。今日のとら子先生の話を聞いて、久しぶりにその言葉を思い出しました。同時にまだまだ私は優秀でいないといけないと思い続けているんだなと感じました。今年もインチャを癒し、自分をもっと愛していこうと思いました。ありがとうございました。

●息子とともに楽しく参加させて頂きました。ありがとうございました。とら子先生とお話しできたこと、とても嬉しく思い出深い1日になりました。スタッフの皆さんにも発表前から色々と助けて頂きありがとうございました。

●本日はどうもありがとうございました。クンダリーニ症候群 今、自分もインチャ癒しをしながらドン底にいる私にとって、とても心に響きました。何もない何もできないそれでも自分を愛する。自分を愛し、見捨てない、絶望している悲しんでいるインチャに声をかけたいと思います。私は私を愛せるように…。

●体験談、みなさますばらしかったです。髙野先生のお話、友人ときくことができてとてもよかったです。小さなお子さんがとらこ先生と対等に話し合えているのがすごいなと思いました。とらこ先生の言葉に導かれて、お子さんが楽になる時間があるのが救いになっているんだろうと感じました。とらこ先生本日もありがとうございました。とらこ先生が大好きです。

●感無量でした。参加して良かったです。心に響きました。家に帰ってから、振り返って整理したいです。最後にとらこ先生、彼が戻ってきて本当に良かったです。本当に自分の事のように嬉しいです。起こる事全て意味があるよのですね。素晴らしい!!

●昨年に引き続き、2回目の5月の講演に参加させていただきました。皆様の体験談や様々な症例を鑑賞して毎回号泣してしまいます。寅子先生の講演はひとつひとつに重みがあり、心に染み入ります。深い愛情に包まれている感覚です。また来年のとらのこDAYも、ぜひ参加させていただきます!!寅子先生、彼氏が戻ってこられるとのお話を聞いてホッとしました

●とらこ先生の逆転親子の話はとても面白く、すとんと体の中に入ってきました。そうか、そうだったのかと、思い当たることが多々ありました。ホメオパシーを知り、レメディーやマザーチンクチャーのことばかり知りたくて、霊性ということはいつも横においてしまっていました。努力しているうちは負けていないのだ。自分を愛する、許す、負ける。いつもとらこ先生がおっしゃっていることですが、今回はいつもと違い受け取ることができました。ありがとうございました。

●とらこ先生の体験談はとても参考になる。自己開示してくださることに感謝です。とらこ先生の自分を見つめる、自分と向き合う深さはすごいと思う。自分にはとてもできないと思う。ダメな自分を受け入れるのはプライドのある私にはなかなか出来かねるが、このことが私が幸せになって行ける方法なんだと思う。自分の価値観を外し、新しい価値観に生きること。とても大事なことを学ばせていただきました。

●とらのこコングレスで発表下さった皆さまありがとうございました。そして、とらこ先生おめでとうございます。インナーチャイルドの講義でとらこ先生と一緒に泣いて、インナーチャイルド癒やしをしていつもいつも、とらこ先生の幸せを学生の皆で祈ってました。良かったです。本当に今日はものすごく嬉しいです。今日もありがとうございました。

●今日は皆さんに体験談を聞いて頂けて、そしてとらこ先生にお言葉を頂けて幸せでした。お子さんのお母さんを思い、泣く姿に感極まりました。何と言ってもとらこ先生の愛する人が戻って来られるというのに感動しました。

●とらのこコングレスのお話で、私の気付きがありました。お話を聞かせて下さった皆さん、ありがとうございます。クンダリーニ症候群の話は「クンダリーニ」という言葉を知っているから、とても興味深かったです。霊性・プライドの捉え方がわかってきたのが嬉しかったです。とらこ先生良かったですね。嬉しいですね。

●人それぞれ苦しみ、生きづらくて大変だけどホメオパシーで少しでも心・体が楽になればありがたいことで、実際とても楽になっています。まだまだホメオパシーは奥深く一生勉強で楽しくしていきたいです。時間とお金がある限りホメオパシーを続けて行きたいと願っています。

●毎回自分と重ね合わせるような内容です。今回、ご先祖様が武士の方の話、よくわかりました。うちもご先祖様が武士で同じだと思いました。とらこ先生の彼氏のお話、こんな展開ってあるんだと嬉しかった。インチャを癒すこと、負けた自分を受け入れることの大切さがわかりました。

●いろいろ本当に盛りだくさんなイベントでした。特にとらこ先生のお話には、いつも以上に感動しました。「君らはボンクラなんだよ、そんなダメな自分でも、自分は自分を見捨てないで、愛するんだよ。それでいいじゃないか」とても心に響きました。どうもありがとうございました。

●大阪からの発表は、自らの実体験を率直に語っておられ、とても説得力があり感動的でした。また今回の発表はとらこ先生自らが、そして多くの方々が実体験とその克服を自身の心の変化に照らし乍ら語られたので、今回の集いは特に参加してよかったと思いました。

●レメディー体験談では、それぞれの人生に寄り添うホメオパシーと気付きの深さに感動しました。きてよかったです。ありがとうございました。とらこ先生のお話も心に響きました。自分もプライド高い部分があるので、弱さを受け入れる必要があるなと感じました。

●体験談発表はそれぞれの方のお話が具体的で、よく理解できました。高野先生のお話は、お話がわかりやすくよかったです。とらこ先生のお話は今までで最もご自身をさらけ出していただき、大変心に深く入りました。本当にどうもありがとうございました。

●とらこ先生のお話や症例を見て泣きました。先生の言葉が自分の子供に当てはまると思い、子供も私より霊性が高く私のことをいつも心配しています。話を聞いて、もっともっと自分を癒していかないといけないと思いました。そうすることで子供も変化があると良いなぁーと思いました。

●1部 ファミホメコース卒 インチャコース卒 各々ホメオパシーを使いこなしている様子、すばらしと思います。2部 予防接種 しないこと たくさんのお母さんがストレスを感じています。正しいことなのに。3部 負けるが勝ち 難しいです。

●私は今、本学の学生として、今日あらためてこの学校の学生で本当によかったなあと思います。今日は朝、母とけんかしてきましたので、体験談からとらこ先生の素晴らしい講演でいっぱい感動して泣きました。いっぱい泣いて共感して本当に今日来てよかったです。本当にありがとうございました。

●毎回楽しみにしています。インナーチャイルドについても自分自身にも幼少期についての抑圧した気持ちがあるなと思いました。インナーチャイルドについても勉強してみたいです。とら子先生にとても感動しました。ありがとうございました。

●初めて参加しました。想像そていた以上にエネルギッシュな講演会でパワーをいただきました。ありがとうございました。ゴールデンウイークの最後の締めくくりとして大変良い日となりました。

●とらこ先生の力いっぱいの愛情ととても感じました。できたら、とらこ先生にホメオパシー見てもらいたいなと思いました。先生、彼氏がもどってみえて、本当にありがとうございます。インチャさがしからやりたいです。

●このような講演会に参加するのは初めてです。今まで体験したことのない言葉や場面が多く、少し混乱し、頭が整理できていない状態です。

●本日はありがとうございました、学校に通いたいと考えておりましたが、今日、その思いがとても強いものになりました

●各学校の方々の体験談、みなさんホメオパシーで乗り切ってこられた素晴らしいお話でした。改めてホメオパシーのすごさを感じました。これからもますます学んでいきたいと思います。

●ありがとうございました。人はみなプライドを持っていると思います。プライドを持たないとこの世で生存できないからだと思います。プライドによって自分を支えなくてはならないときに、プライドをどう扱うか、難しいですね。

●4月になかなかスケジュールの調整がつかなく、今日の講演聞けてよかったです。今自分の現状に起こるべきことは、気付くために大切なこと。感情はしっかりと出していきたいと思います。ありがとうございました。

●今日は涙がいっぱい出ました。悲しみをいっぱい抑圧してたのが、お話を聞いてインチャの感情が解放されて行きました。また新しい気付きがあり、希望が増えました。ありがとうございました。

●精神的、あるいは肉体的困難をホメオパシーで克服した人々の体験談を聞き、好転反応が理解でき、ホメオパシーの力が理解できました。

●大変有意義な時間になりました。「人生は負けるためにある」という考え方はなかなか自分には受け入れがたいですが、とても勉強になりました。

●途中からの参加となりましたが、とっても良かったです。何度も自分のインチャがいる事を自覚できました。なぜ絶望があるのかも、ここにきて助けられた感じをえられました。またセミナーに参加したいです

●高野先生のお話が面白くて、わかりやすく、子育てって、やっっぱり楽しくできるんだよねと思えました。寅子先生のお話で「人生は負ける為にある」と驚きました。しっくりきました。沢山泣きました。ありがとうございました

●想像しがたい辛い経験をしている方が生き生きと人生を送られている。自分も続いていきたいと思いました。貴重なお話が聞けた来てよかったです。うちも逆転親子なので心に刺さる寅子先生のお話でした

●とらこ先生のお話しはとてもわかりやすい上に自分の心がゆさぶられて、自分の持っているインチャに気づけるもので、とてもありがたかったです。本日もありがとうございました。

●ありのままの自分を天意(あい)します。和多志を天意してます。全てがギフト、自分のために起きてること、天命と志に生きる、心と体を整えます。サポートします。

●久しぶりに参加し、ここ用賀に移ってから初めて伺いました。ホメオパシーのすばらしさを改めて実感し本当によかったです。ありがとうございました。

●とらこ先生の愛する人が戻ってきたことが自分のことのように本当にうれしかったです。とらこ先生、今日もありがとうございました。

●体験談を聞き、もう一度自分に向きあい処方を考えたいと思いました。私事ですが、寅子先生の講演を最後まで聞けなかったのは残念でした。

●泣かせて頂きました。今、自分中で再確認できたこと、今までと違った感覚になれたこと感謝しています。幸せになります。

●寅子先生のお話、素晴らしかったです。インナーチャイルドを癒すことが必要なことに、気付かせて頂きました。

●最初の講演会のためか、よくわからないというのが本音です。心と体は一つのものという考え方はわかります。だめな自分、できない自分を許す、愛することが幸せのポイント。

●各教室の方の体験談がとても参考になりました。最後のとらこ先生の特別講演が感動しました。

●大変感動的な発表が多く参加できてよかった。とらこ先生の彼氏と復縁できてうれしいです。

●高野先生の話で、島の病院でも患者が多く、忙しいとのこと。医原病が理由であるような気がします。

●今日、東京にいけばよかった。様々感じました。くわしくはまた…おたよりできればいいのですが…。

●とらこ先生の講演、本当に本当に素晴らしかったです。一生心にとめておきます。

●ありがとうございました。たくさん涙が出ました。インチャ癒しをしたいと思います。

●今年のとらのこDayもためになる話を聞くことが出来ました。来年も必ず来ようと思います。

●本日はためになる講演をありがとうございます。自分のインチャが早く癒せるよう頑張りたいです。

●「人生は負けるためにある」を素直に受け入れられるように努力していきます。

<< 1つ前の記事へ | 記事一覧へ | 次の記事へ >>

最新のセミナーの様子

2017/07/09 (写真クリックで拡大します。) とらこ先生 夏の全国講演ツアー2017『人生は...
2017/07/08 (写真クリックで拡大します。) とらこ先生 夏の全国講演ツアー2017『人生は...
2017/06/11 (写真クリックで拡大します。) 本日CHhomでは映画「フォークス・オーバー・...
2017/06/03 (写真クリックで拡大します。) 本日、4月29日に行われたイランの医師ホメオパ...
2017/05/28 (写真クリックで拡大します。) 本日、静岡県函南六本松農園では、青く澄み渡る空...

講義を月別に表示する