2011年04月03日(日)

4/3(日)「とらこ先生と盛岡の皆様のふれあう会」「放射線汚染対策と心のケア」が行われました

イベントの様子

ふれあう会
現在、岩手県は3千5百人がお亡くなりになり、4千5百人以上が行方不明になっていると報告されております。

緊急講演会につき告知期間が1週間もなく、数人程度のご来場者を予想しておりましたが、口コミで広がった情報をもとに、会場には老いも若きも、男性も女性も沢山の方々にお集りになっておりました。席が足りず、臨時の椅子席をご用意しての開催となりました。

とらこ先生が会場に到着すると、とらこ先生に駆け寄り感謝の気持ちから涙を流す学生・ホメオパス達の姿が印象的でした。講演会開始直前に三陸海岸沿いの被災地を訪れたとらこ先生は、被災地で見、感じた事を報告すると共に、現地でお亡くなりになった方々、全てを失った方々に思いを寄せ、声を震わせながら書いた詩を読みあげる事から始まりました。

あまりにも強いショックを受けると、人は感情も何もかも麻痺してしまい、涙も出ない、現実認識すら出来なくなってしまう。とらこ先生から伝えられるメッセージに、来場の方々の肩が徐々に下がり、緊張がほぐれていっているように感じました。

講演会「放射線汚染対策と心のケア」
放射性物質に汚染された土壌や肉体をどのうように浄化すればいいのかについて、広島・長崎やチェルノブイリで学んだ人類の知恵や、ホメオパシー的な対処などが紹介されました。また、震災で体験した恐怖や不安がトラウマ(PTSD)として心身に影響を与えないよう、症状別に必要なセルフケアのレメディーがレクチャ-されました。参加者達は大きくうなずきながら身を乗り出し、ペンを走らせておりました。自然から離れ、神から離れ、未曾有の原子力災害を引き起こした我々が、今気づかねばならないヒントが凝縮された講演会に会場から大きな拍手が湧き上がりました。それまで寡黙に押し黙っていた岩手の方々ですが、沢山のご質問があがりました。

RAH11期生卒業式
震災の為、先日東京で行われた卒業式に参加できなかった盛岡在住の4年生1人の卒業式が全員の見守る中行われました。とらこ先生は渾身の力で学生を抱きしめ、激動の4年間を頑張りぬいた事への労いの言葉がかけられました。学生は目頭を熱くしながら、諦めていた卒業式をわざわざ岩手まで来て行ってくれた、とらこ先生の取計らいに感謝の気持ちが伝えられました。感動を共有する会場からは大きな祝福の拍手が送られ、岩手の方々の気持ちの温かさが伝わってまいりました。

こうして3日間に渡る東北救援ツアーは大きな反響を残しフィニッシュしました。天から与えられた大きな試練を受け止め、まず被害を受けた方々から気づいていく。寡黙で忍耐強い東北の方々だからこそ、この試練を必ず乗り越えていく力強さを皆さん一人一人が持っておられると思います。急な開催だったにも関わらず、お集りいただいた岩手の皆さま。本当にありがとうございました。岩手に蒔かれたホメオパシーの種が傷を負った大地と人々の心を癒しやがて、花をつけ実を結び多くの方々の幸せのお役に立てますよう、そして、自己治癒力を触発するホメオパシーが子孫に受け継がれ、自然な体と自分を信じる強い心が取り戻せますように、日本ホメオパシー医学協会会員一同心より願っております。

東北3県の参加者全員へ、日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)から支援物資としてレメディー・レメディー辞典乾燥野菜・無添加手作り味噌、ひまわりの種・洞爺の水などが無償配布されました。

*物資提供協力:ホメオパシージャパン(株)、ホメオパシー出版(株)、ホメオパシー研究所(株)

また、日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)主導により、ホメオパシーを学ぶ学生やホメオパスによりミニミニ相談会が行われ、震災で傷ついた沢山の方々の心のケアが行われました。

4/3午前中の仙台から盛岡へ向けて出発~岩手県庁を訪問までの様子はこちら

4/1福島での講演会の様子はこちら
4/2仙台での講演会の様子はこちら

講義の感想

●寅子先生、本日は本当に有難うございました。今、この時期に被災地、それも放射能で誰も近寄る事すら避けている福島に、真っ先に訪れ、仙台、盛岡と、各地に「会いに行く」のお知らせの文字を見ただけで、思わず涙が出ました。講演も大変、有難いものでしたが、先生のお姿、お声を届けて下さっただけで、「希望」と「生きる」パワーをいただきました。お礼の気持ちは言葉にしつくせません。これからも「ホメオパシー」と共に、「生かされている」事を感謝し、歩んで行きたいと思います。本当に有難うございました。

●今日は素晴らしいお話をありがとうございました。無料で開催して下さったことにも感謝します。災害のショックや、放射能の恐怖に対して、具体的にどのようにレメディーで対処していったらいいのかがよくわかりました。また近年のとらこ先生の活動を知りとても感動しました。とらこ先生の力ある声にも元気をいただきました。私も盛岡で、今できる最善をつくし、希望と感謝を持って生活していきたいと思います。遠路はるばる、たくさんのおみやげを持って、土地の浄化、義捐金も本当にありがとうございました。心から感謝します。

●今日は本当にありがとうございました。今回、震災は、宮古が実家ということもあり、報道を見ては涙する日でした。そんな時、PTSD、放射線レメディーをいただき、とても助けられました。私と子ども2人は共に化学物質過敏症、電磁波過敏症で、3/12の午後2:40頃には、急にのどが痛みだしたり、足も痛くなったりと、放射能の反応だと思われる症状が出、その後も外出のたびに反応が出、親として大丈夫だろうかと心配していました。ホメオパシーの「症状はありがたい」を、もう一度、今日、確認することができました。ありがとうございました。自分たちで、まず病気を治すこと、このことを自分たちの今できる支援だと考え、治ったあとに、できることを夢に見、がんばっていきたいと思いました。ありがとうございました。

●本日は遠い所ありがとうございました! 青森のセミナーの時にも寅子先生のお話に感動いたしました。今日は特別に岩手にも足を運んで下さり、本当に大切なことは何なのか、自分の考えがゆさぶられました。福島の地鶏が風評被害で売れなくなってしまったとのことで、知人から友人を募り買い、でも心配はありました。買って助けたいという思いと被爆の恐怖…。今日は色々の話、本当に来て良かったです。本当にありがとうございました。

●今回、初めて講演会に参加させていただきました。美容院を姉と開いておりますが、お店のお客様からホメオパシーを教えていただいたのが14年前程でした。その時、そのお客様からお借りした先生の本を読み、「これだ!!」と思い、それ以来、私なりに実践、また、まわりの方に少しずつお伝えしてきました。これから、本格的にもっと勉強をして行きたいです。そして、一人でも多くの人に、このホメオパシーを知っていただきたいと思ってます。

●とらこ先生の、力強いお声に、とても勇気付けられました。あらためて、私達にはレメディーがあるということに気付き、大丈夫だと心強く思いました。農業、予防接種、みんな共通しているのですね。さまざまな植物や乳酸菌、私達にはたくさん味方がいると感じました。今日を機に動き出していこうと思います。

●これからの生き方、考えさせられました。もうすぐ、赤ちゃんが生まれるので、被爆のこと色々不安でしたが、レメディーをとって穏やかな気持ちで出産に臨みたいと思います。もう裏表のあること、ごまかし、命よりお金を大切にする生き方はしたくないです。自分そのままの人生を生きてこそ、本当の幸せがあるのであり、自分そのままの人生を求めていくことが人生なのかも…と感じました。今日は本当に遠いところ来て下さり、どうもありがとうございました。

●張り詰めた心と身体に、先生のメッセージは心の奥深いところに、ド~ンと響きました。やすらぎと、負けない、あきらめない、いい気を沢山いただきました!! ありがとうございます~♪ 大変な中、いらしていただいて、大変うれしく、ただただ感謝いっぱいです。

●大変な中、来ていただきありがとうございます。私は青森から今回来たのですが、友人の中には家族が被災した方もいて、とても参考になりました。先生の暖かい言葉に、本当に勇気づけられると思いました。心のケアにもホメオパシーが広がる事を願っています。

●初めて本物の寅子先生を見れて嬉しかったです。子連れで参加させていただきましたが、物音、話声にも動じずに堂々と話し続ける先生、とてもステキでした。妊娠中で地震にあい、あと10日で予定日を迎えますが、地震のためなのか、その前からの気質的なものなのか、楽しみというよりも無事に産めるか、安全に育てられるかという不安の方が大きく、毎日笑えずに過ごしています。なるようにしかならないと割り切れれば楽なのでしょうが、産むまでにしなければならない事は何かと焦るばかりです。こんなときでも頂いた緊急レメディーがききそうな気がするのでとってみたいと思います。今日はありがとうございました。

●初めて本格的というか、直接ホメオパシーの話を聞く機会となりました。子づれだったこともあり、じっくりきけなかったのが残念なのですが、今一番気になっている放射線への対策の話もきけたのが、有意義でした。外で子どもたちを遊ばせていいのか・・・土いじりさせていいのか・・・水はのませていいのか・・・いろんな情報が流れ、判断にまよっていましたので、今回のお話で少しすっきりしました。少しおそれすぎていたように思います。発酵食品をとり入れたり、体の免疫を高めて、恐れすぎず、向き合っていきたいです。子ども達に、明るい素敵な未来を・・・と、心から思い、すごしています。今日は本当にありがとうございました。

●知らなかったことを知る事が出来てよかったです。とても興味深い話を聞けてよかったです。これからもっと掘り下げて勉強していきたいと思いました。真実は何かという事をしっかり考えていきたいです。

●なかなか聴くことができない講演会を、この機会に聴くことができて良かった。セルフケアを含め、家族、周囲の人達の心身のケアが、ホメオパシーなどの自然療法をとり入れてできるように、勉強していきたいです。

●娘に聞いて講演を拝聴致しました。普段娘や友人で話していた内容を、もっとくわしくお聞きし、有難うございました。これからの生き方に大変、参考になりました。又、勉強させて頂きたいと思います。

●今の時期に寅子先生の講演を聞くことができて、とてもうれしかったです。勉強になりました。是非もっとホメオパシーを勉強したいと思いました。今日は本当にありがとうございました。

●今日はありがとうございました。このような災害の時にはホメオパシーをどんどん使っていくべきだと思いました。ホメオパシーで、心身共に健康になれるよう、これからも使っていきたいです。

●今回の地震の後、様々な不安と恐怖におびえる日々でした。その時、夫のPCに、とら子先生が盛岡にいらっしゃる!! のメールが入り、すぐ行く事を決めました。今日、とら子先生とお会い出来た事、それだけで、とても大きな力をいただきました。今、この時に来ていただいて、ありがとうございました。

●反原発と唱えるのは簡単ですが、実行に移すことがとても大切で、今日の講演会でそのヒントをたくさん頂けました。ホメオパシーの事は、まだ詳しく知りませんが、勉強してみたいと思いました。ありがとうございました。

●本日は大変な所、遠くまでありがとうございました。3月11日、あの日から、何かボンヤリしており、娘が仙台より、セミナーの話しがあり、突然とまいりました。何か元気が出ました。希望を持って進めそうかな? TVばかり見ているのが、少し外に出れそうです。

●自分自身、福島野菜に偏見を持っていた気がします。現地のみなさんが苦しんでいることを含め、助けられることを考えていきたいです。福島野菜の購入の協力は、ぜひさせていただきたいです。

●ホメオパシーについては全く知識がないのですが、今日は興味深いお話ばかりでした。ありがとうございました。

●何だかわからないけど、きくんだ!! というホメオパシー。国が認めなくても、いいよ!! いいものは!! いい。とら子先生の祈りと想いが、私達に元気を呼びさましてくれます。もともと、人は縄文の生活。雨をしのいで、食べて寝る。それだけで満足だったのに、欲が人の目をみえなくさせているのですね。何が正しいかをみきわめる知識と目を養っていきたいです。

●今まで、原発に関心がなかったというか、難しくてわからないかったけど、米の問題や歴史を学び直そうと思いました。

●また寅子さんのお話がききたいです。東北にパワーをおねがいします。

●寅子先生、遠くまで来て下さってありがとうございました! 安心しました。

●是非、近い将来に、日本の総理大臣になっていただきたいと強く考えました。

●一度聞いてみたかったので、良かったです。また機会があったら、参加してみたいと思います。

●少々の放射線は怖くないと聞き安心しました。関東の野菜や水道水も安心して食べたり飲んだりできます。又、たくさんの災害対策レメディーをありがとうございます。活用してみます。

<< 1つ前の記事へ | 記事一覧へ | 次の記事へ >>

最新のセミナーの様子

2017/07/09 (写真クリックで拡大します。) とらこ先生 夏の全国講演ツアー2017『人生は...
2017/07/08 (写真クリックで拡大します。) とらこ先生 夏の全国講演ツアー2017『人生は...
2017/06/11 (写真クリックで拡大します。) 本日CHhomでは映画「フォークス・オーバー・...
2017/06/03 (写真クリックで拡大します。) 本日、4月29日に行われたイランの医師ホメオパ...
2017/05/28 (写真クリックで拡大します。) 本日、静岡県函南六本松農園では、青く澄み渡る空...

講義を月別に表示する