2014年01月13日(月)

2014年1月13日(月・祝) 強化学習

(写真クリックで拡大します。)

4日間に渡って開催されましたホメオパス強化学習(ZENホメオパシー習得コース)第2弾が幕を閉じました。

最終日となる本日はZENメソッドの大きなエッセンである「介入レメディー」と「言葉のレメディー」を中心に、ホメオパスとして生きる上での心の持ちようなど、ホメオパス達の成長を願う由井学長の気持ちが滲み出る講義となりました。

臨床ケースを使った学びでは、ZENメソッドのテクニックはもとより、ホメオパシーを理解していないことにより、治癒を妨げ続けるクライアントさんでも、ひたすら受け入れ、心の成長を願い、暖かく諭す相談会の様子がスクリーンに映し出され、ホメオパスとしてクライアントさんへ向き合う姿勢が示されました。

「もう、自分を責めるのはやめよう」「苦しみがあるからこそ、感謝する事ができ信仰心を持つ事ができる」など言葉のレメディーの数々の言葉は心に響き、ホメオパス達が、静かに温かみのある表情に変っていく様子が印象的でした。

最後に、昨年の強化学習の講義中に行われた由井学長の生ケーステイクを受けたホメオパスがマイクを握り、「18年間臭いを感じなかったが、1回のZENメソッドの処方で嗅覚が正常レベルにまでもどり、飛躍的に改善した」との報告がよせら、また、他のホメオパスからは「由井学長のZENメソッドで。自分自身が患っている糖尿病と歩行困難が大きく改善した」と驚きの報告もよせられました。

ZENメソッドの可能性を実感した全4日間の強化学習は大きな拍手で幕を閉じました。由井学長、ホメオパスの皆様、4日間、本当にお疲れ様でした。

この4日間で学んだZENホメオパシーを活かし、今後多くの方々を治癒に導いて行くことを願っています。

講義の感想

●今年は、新年早々、由井先生の講義を受ける事が出来て嬉しかったです。言葉のレメディーの大切さが本当によく分かりました。適切なレメディーを選び、とってもらうことも大事ですが、やはり心をこめた言葉、愛ある言葉・態度が何より力になるのですね。また、意識の違いを考慮せず、自分の正義を振りかざしてはいけない事も学びました。これはホメオパシー相談会に限らず、日常生活でも必要な事だと思いました。自分が親しい人達についやってしまうので、そういうことかとハッとさせられました。今日もたくさんの学びをありがとうございました!!

●インチャのケース、実際に見学させて頂いた例もあってその経過を由井先生の解説付きで聞く事ができてとてもうれしかったです。実際見学の時は、涙がいっぱいだったりして今日はああこの方もそういう経過で生きておられる人だと見る事ができました。私自身も少し成長しているのかと感じました。毎回思うのですが由井先生の全てを受け入れようとされる姿勢に感動します。ありがとうございました。

●本日の2ケースは考えさせられました。由井先生の深くて大きな愛に、自分自身も忍耐強く自分を高めて、近づきたいと思いました。処方の技量も持ちろん大切と思いますが、それよりもはるかにクライアントの方への接し方・言葉のかけ方などに愛と敬意と感謝を持って実践出来るか自分に今、とても問いかけています。人間としての在り方を今年の自分の目標として、実践して行きたいです。また、豊受自然農の映像を拝見して、作業の手伝いに行ってみたいです。ボランティアの機会があれば、ぜひチャレンジしたいです。

●介入レメディーのことが復習でき、良く理解できたと思います。病気の深さのことなども理解していたようで、あいまいだったことなので、理解が深まったと思います。とてもわかりやすかったです。そして、正しさは時に人を傷つけるというお話しは、心に響きました。年を重ねた親に対して、正しさだけで接してしまったものの、拒絶されたようなことがあり、その難しさを数日前に感じたからです。私に愛がなかったのか、そうだねと受け入れ続けてたとしても、本人が悪い方に進んでしまいそうな怖さ、いろんな感情があり、それを持っての今日のお話は胸に刺さりました。まだプロとしての仕事をしていなくても、インチャ癒しはとても大切だなあとつくづく思います。いつかインチャセラピスト講座に通いたいなあ、と思っています。そして、私も今年は愛を土台に自分に正直に生きたいと思います。卒業してから、学校に来るチャンスが減った分、たまにある強化学習は細胞にしみます。

●毎回強化学習に参加して毎回思うことは強化学習というシステムがなければ私はダメだということです。学生の頃は頻繁に学校に来ていつもとらこ先生の刺激を受けてその刺激が持続していましたが今では途切れてしまいそうなこともあります。つまりとらこ先生の刺激は本当に大切だということです。強化学習によって奮い立ちます。ドッグトレーナーを通してホメオパシーのクライアントさんも増えていますしとにかく私はホメオパシーの啓蒙をいつも念頭に入れてがんばりたいと思います。今日も素晴らしい講義をありがとうございました。

●Sulph.の必要性、介入レメディーの基礎を学べて、よかったです。久々の強化でしたが、やはりホメオパシーの素晴らしさを、改めて感じた講義でした。また、自分自身の相談会に対しても、かえりみて、クライアント様各々の段階に応じて、言葉かけをするよう、心がけたいと思いました。自分自身も相談会やカウンセリングも主となっており、その方の段階を全て受け入れ、やってきたことは、間違いでないと思えました。

●今日は、とても素晴らしい講義をありがとうございました。介入レメディーの役割・抗疥癬の介入レメディー・急性症状の介入レメディーは、とても良くわかりました。由井先生の言われた「自分に正直に生きる。」・「根底に愛があっての正直」・「傾聴する事」大切に実践していきたいと思っています。病気の深さと進行も血液の汚れ、老廃物の排泄の大切さも納得です。魂のホメオパスとして傾聴を学ぶことで、人間関係がよくなる。自己を見つめることで、自分らしい生き方ができる事で、自分の人生が変わり始める。これからもクライアントさんの言われている事を愛を持って、受け入れていきたいと思いました。日々の生活の中で偉大なる創造主の愛を感じ、愛を受け入れ愛を持って、愛ある言葉・愛ある行動・愛ある想念で、この素晴らしき日本を復興し、ホメオパシーを広げていきたいと決意して行動していきます。感謝しています。

●今年最初の由井先生の授業は、素晴らしかったです。いつも参加しようかどうしようかと思いながら、帰りには大きな貴重な情報をバッグに積めて帰るのが楽しみです。今回の2つのケースも勉強になりました。由井先生の熱意は、胸に深く飛び込んで来ました。ケースの対処方法も、大変参考になりました。今年も又、強化学習参加します。ありがとうございました。愛をこめて!

●由井先生の愛のある対応をしっかり学ばせて頂きました。その人を見て、言葉を選ぶことの大切さをケースから痛感しました。ホメオパスは、人間力を身に付けなければならない仕事だと思うので、頭だけで学ぶのではなく心で学ぶ姿勢も必要ですね。ホメオパス自身がインナーチャイルドを癒し、こだわりの少ない心でクライアントさんと向きあうことで、更に治癒率が上がると思います。私自身はまだまだですが、これからも学び続けたいと思います。

●あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。何度聞いても初めてのような感覚で勉強しています。今日のケースは奥が深く、「うーん」と思わずうなってしまいました。由井先生は本当にすごいなと改めて思いました。「そこに愛があるのか。」と人に接する時、常に心がけてはいるのですが、上手くいかない時も多々あります。でも、「それでいいのだ。」と自分を許す事も訓練している最中です。由井先生と同じように今年の目標は、「正直に生きる。傾聴する。受け入れる。」です。頑張ります!!どうもありがとうございます。

●介入レメディーの復習でしたが、急性症状の介入レメディーが新たに提示されて、疥癬マヤズムを大きくさせないこと、Sulph.の重要さを再確認できました。インナーチャイルドを癒すにはレメディーだけではなく、言葉のレメディーの必要性、人間にも植物にも愛情をもって言葉をかけることの大切さを学べました。まだまだ自分のインチャもどっかりあるけれど、クライアントさんと共に成長していきたいと思います。今日も一日ありがとうございました。

●午後の授業の冒頭で由井先生はイギリスでのささやかな幸福を捨て日本に帰国されホメオパシーを日本に根付かせるための大きな仕事に取り組まれた経緯を話されました。このお話を聞いたとき、自分のいまある状況を考えさせられました。現在、ささやかな満足感と幸福感を感じて平和な日々を過ごしていますが、助産師会のホメオパシー対応について「もの申す」必要があることを感じています。大きな組織を相手に一人では決して立ち向かえません。でも、どうしても授産業務にホメオパシーを堂々と取り入れたいという思いが強く、ようやく仲間づくりを始めました。由井先生のような強さ、エネルギーはないので様子を見ながら事を進めてゆきたいと思います。◎ホメオパスは一般の人の知らない知識を持つため、ついつい自分の力を誤解してしまいがちになるのではないでしょうか。「自分にしてほしいと思うことを人にもする」という聖書の黄金律に従って人と接するなら何をするべきか、何を話すべきか、分かってくるのではないでしょうか。

●本日も貴重な講義ありがとうございました。熱など一見急性の症状であっても慢性である可能性を念頭に治療すること、植物性の硫黄(キャベツ等)は硫黄そのものよりも肌にもよく栄養としても有効である点が印象に残りました。キャベツのハンドクリームはとても魅力的です。今までキャベツのクリームは商品として見つけたことはなかったのですが、キャベツはヒーリング能力が高く乳腺炎の人が患部を下着の下にキャベツを入れて効果的だったという話を思い出しました。調味料など今後の商品にも大変期待しております。ホメオパスが患者について言って傷ついた言葉について、どの言葉もいうべきではないと思いましたが、中には対応の難しい患者もいて、厳しいことを言ってしまうこともあるかと思いますが、どんな患者でも受け入れて理解し傷つかず前向きになれる言葉をかけられることは簡単ではないですが、少しでも人の気持ちを考えて行動したいと思いました。

●今日の講義の介入レメディー、とても参考になりました。Carcをどう扱うかも、考えるきっかけを頂きました。ご家族が自殺されたケースがありましたが、私も昨年義姉が亡くなり、まだまだ泣き足りない気持ちがかくれていたなあ…と気づきました。甥っ子は軽い発達障害で、6年間薬をとっていた事と、誰にも相談せずに、義姉と兄2人でかかえていた事を聞いた時は、とてもショックだったのですが、まだ癒えてないと気づけてよかったです。今日は声をかけて頂きありがとうございました。毎日を大切にしながら、がんばっていきたいと思います。

●今回、抗疥癬治療における介入レメディーの基本的な4つのレメディーについて、改めて細かく教えていただいたことが、とても勉強になりました。水銀について、血液病についての話もたくさんの示唆をもらえました。自分が体調を崩したのでより具体的に伝わってきました。コングレスのあと、それまでにためてきたものを出すかのように、鼻水と喉から黄緑の粘液がたくさん出て、そのうち中耳炎にもなったので、HepやSilをとり、自然に鼓膜が破れ、熱も出ました。1ヶ月たった今、ようやく回復したと感じているところです。この一連の症状は、幼児の頃よく出していたもので、これはしっかり出し切ろうと本当に自分を大事にする時間を過ごさせてもらいました。ありがたかったです。なかなか治りきらない時期には、クライアントさんの気持ちにも思いが至りました。傾聴を心掛けて、クライアントさんを大きな心で受け入れられるホメオパスになりたいと思います。

●不思議ですが毎回の強化学習で知りたかったレメディや症状について話があり助かっています。今回は治療に導けないあかぎれのケースでした。しかしビタミンUやエゾイラクサの話が出て役立つ情報がいただけましたので早速役立てたいと思います。どのような言葉で、態度で相手が口を閉ざし、二度と口をきいてくれないのか、傾聴を通して自分の話し方のクセなどに気づかされました。傾聴のテクニックは日常で役立ちますが、クライアントさんの対応は慣れるまで慎重にしたいと思いました。今日のケースでは家系(個人)のカルマの重さに考えさせられました。

●今まで、ホメオパシーに関して初めての人のどのように説明してよいかわからずにいました。それは由井先生のおっしゃっていたようにまずはじめに不審感をとりさることからはじめなければならなかったことが私にとっては苦でした。また、ホームキットの使い道についても私には不安でした。今日の午前中の授業で私の使い道が誤っていたからだったということがよくわかりました。今回の強化で、そのことがよくわかりました。この失敗を繰り返さないように、クライアントの方にわかりやすく説明できるよう、もう一度勉強しなおそうと思いました。

●今日もありがとうございました。クライアントさんのレメディを選ぶときとても悩みます。強化学習で実戦で役に立つことを教えていただけてとてもうれしく勉強になります。次回も楽しみにしています。周囲を変えていけるよう、いろんなことを学んで愛を持ってい人に接することを心掛けていきます。苦しいけど自分自身をもっとみつめます。

●予防接種の話をクライアント(相手)を見て対応するということをとらこ先生の口から聞く事ができてよかったです。この人には強く予防接種の話はしない方がいいな(今は)と感じていてもその後「やっぱりきちんと言うべきだったか?」と悩むこともありました。先生がそうおっしゃってくれたことで救われる思いでした。

●今日は質問をさせていただけて良かったです。間違った信仰心に対する信仰への恐怖からうごけなかったのですが、ゆっくりでもいいので、少しずつ前に進んでいこうと思いました。ホメオパスとしての活動もやっていきたいと思います。授業の内容は毛細血管の話やCKの内容で理解できていなかった部分が少しわかったような気がしました。

●本日はありがとうございました。集まっての授業はとても良いものだなと思います。自分に正直に生きる、を目標にしたいと思いました。自分の心も難しいですが、他者の心と向き合うことはもっと難しいことだなと思いました。

●由井先生、スタッフの皆様、ご準備、運営をいつもありがとうございます。由井先生のエッセンス、愛、知識が濃縮されている強化学習は重要な場です。学生の時の講義と、クライアントさんの相談会をしてからの授業では、体に入ってくるスピード、理解度が違うなあと感じています。自分のインチャを癒し、おごることなく由井先生のように愛あるホメオパスになります!洞爺や、函南の美しいハーブ達の画像や写真にはいつも癒されています。

●ケースは自分の抱えるケースにも参考になるので有難かったです。でもTBR等でも似たレメディが出てきていて、処方も似たレメディーを出しているのに、あまり改善がされていないので、今日のメモとよく比較してサポート臓器なども見直していこうと思います。今日も沢山のことを学ばせて頂き、ありがとうございました。

●クライアントの立場、状況を察して、言葉をかけることは大切だと思います。自分自身がクライアントとして相談会へ行ったとき、ホメオパスがどういう表情でどういう態度で、どんな言葉を自分にかけるのかはとても敏感に見てしまうものです。Qxの画面を見ながら絶句されても、こちらは困惑するばかりなので。。。でも、そのおかげで、人の話を傾聴する時の勉強になります。

●今日の講義で介入レメディーについてのお話がありました。学んでいるのに少しホメから離れると、あやふやになる部分があり、おさらいとなりありがたかったです。魂のホメオパスになることは、ずい分大変そうですが、相談会での対応は本当に注意しなければならないと思いました。由井先生の18年に及ぶホメオパシー向上の努力により、私達は本当に助かっています。大きな大きなウズになって、広がって欲しいです。がんばります。

●本日も大切な内容の講義ありがとうございました。根気よく発信していこうと思っていますが、誰に向かって、どのような言葉を使うのかしっかり考えなければなと改めて感じました。「他への愛ある、自分への正直さ」。しっかり心に刻みました。これからも強化学習の機会を作ってくださるようお願いします!

●今日はありがとうございました。今日はっきりと抗疥癬介入と急性症状の介入の違いを理解できました。砂糖玉レメディーの使用においても、鉱物も入れるということを広めていきたいと思います。

●講義ありがとうございました。卒業をし、自分の好転反応が落ち着かなかったため強化学習になかなか参加できずにいました。反応で理解ができない状態が続いていたため、ノートをとることがができたり文章を理解できたりと、またできるようになり、とてもありがたく、嬉しさを感じて授業を受けさせていただきました。

●卒業して初めて強化学習に参加しました。4年間勉強したかいがあるのか、卒業できて安心したのか、学生の頃より落ち着いて聞けました。インチャと向き合う事、傾聴する事の大切さもよく分かりました。ありがとうございます。

●4日間強化学習ありがとうございました。やはりホメオパシー勉強していて良かったと思います。これからも勉強をし続けていきたいと思います。

●今日は介入レメディーについて、とてもよく分かりました。症状のマヤズム分類、役割をよく知りました。謙虚に相談者を見て、自分を見て、レメディーを見て、魂のホメオパスを目指して行きたいと思います。ありがとうございます。

●「自分を見つめるホメオパスになる事」今年の目標になりました。ありがとうございました。「そうだね八回の行」やってみます。介入レメディーを入れる事で、急性の症状がスピーティーに改善していく事が理解できましたので、学びを深めていこうと思います。

●本日もすばらしい講義をありがとうございました。一人一人の話に心をかたむけて傾聴することの大切さ、むずかしさを考えさせられました。同じ内容のことを話すとしても、相手のレベルに合わせて話す技術というものが必要だと感じました。

●本日も講義をありがとうございました。私はまだホメオパスの資格をとっておりません。クライアントの気持ちを理解できるよう、自分自身をみがいていきたいと思います。

●介入レメディについて理解を深めることができました。ソーファー、ヘパソーファ、についても今までとちがった理解ができ,より介入を選びやすくなりました。ありがとうございました。お時間のない中、声をかけて頂き感謝しています。

●最近思うのは、「自分を愛する」「自分をまず愛せなければ人のことを愛することもできない」ということを、単にコトバで言っても伝わりにくいということです。これを伝える必要がある方は、・自分がない「自分」をよく知らない。・愛することを知らない。口で言われてわかるくらいなら、とっくにわかっている、のでしょうが、これが何回言葉をかえて言ってもわからないということ。言葉のレメディには、言葉そのものと口調や声、そしてタイミング、態度、要するに自分の存在自体をかけた何かにして届ける必要があるのでしょう。

●ケースのクライアントさんに見られた改善と薬剤の関連、エネルギーと改善(様)の関連、というあたりの見極めが興味深かったです。良化(改善)と見られる症状(状態)も見誤らないように心掛けたいと思います。

●Zenメソッドを全回出席しました。まだまだ何度も聞きたいので、これからもお願いします。少しずつですがLMを使い始めることにしました。頑張ります。毎日、家事などで一日があっという間に終わり勉強する時間がないのですが、少しでも勉強する時間を作りたいと思います。ありがとうございました。

●レメディーもインナーチャイルドも、世の中で起こっていることも、何もかも見てみて、よく見て考えて考えて考えないといけないと思いました。どれくらい深く見て考えるかによって、見えてくるものが違って来ることが感じられる授業でした。

●正しいことを伝える重要性は認識していますが、その正しさを突き詰めてしまうと、暴力になってしまうし、拒否されてしまいます。世の中の人に理解しやすく、聞く耳を持ってもらえるような方法を考えていますが、なかなか思いつきません。理解する人にだけ、わかってもらえばいいのか、ホメオパシーを広める難しさを感じてます。

●由井先生はいつ見ても変わらずにお元気ですね。クライアント数は伸びませんが、1人1人できるだけ知恵を絞ってレメディーを選ぼうと思います。

●「成長は価値を越えていくもの」しっかりこの言葉を自分の中に入れました。価値感や罪悪感に閉じ込められた魂を見つけ出して、愛ある言葉をかけ、成長を続けていきたいと思います。今日もたくさん愛を教えて下さってありがとうございます。

●本日も愛ある講義ありがとうございます。「無条件の愛に至る。」は、本当に人生のテーマとして難しいです。まだまだ学ばないといけないと決意を新たにしました。

●レメディーの選択の仕方がとてもすっきりしていて分かりやすかったです。心や魂の問題も、治癒のためにはとても大切という事が分かりました。ありがとうございました。

●久しぶりに来れました。クライアントさんとのやり取り、表面だけでなく、心の中からの会話をどのように引き出し、レメディーを決めていくのか、実践的に大変分かりやすく教えていただきました。ありがとうございました。

●最近手荒れがひどくなってきていましたが、毛細血管がこわれてそうなるとのことでしたのでCarb-v.をまめにとってみようと思いました。ありがとうございました。

●アロパシー薬に頼らざるを得ないクライアントさんには、相応の対応をしなくてはならないという事をあらためて感じました。今日もありがとうございました。

●今回も参加できてよかったです。ありがとうございました。いつも心強いです。豊受の野菜、毎日たべたいです。今度通販で買います。

●有難うございます。参加受講の度、勇気が湧いてきます。不動明王のタペストリー、迫力があってよかったです。(先生がとてもcuteでした!)やはりPinkがお似合いです。

●素晴らしい強化学習でした。こんなに楽しい強化学習は初めてです。先生、本当にありがとう。

●前回の質問の解説だったので復習になって良かったです。また病理の授業も聞きたいと思います。

●久しぶりにライブの強化に出れました。これからも日本のホメオパシー存続のために頑張ってください。

●学生の時に教えていただいたことではっきりと理解していなかったことがわかりました。ありがとうございます。

●一日どうもありがとうございました。今年もよろしくお願いします。

●おめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

●「やっぱり愛なんだと実感する」講義でした。ありがとうございました。

●今日も素晴らしい講義をありがとうございました。

●今日、強化学習に出られてよかったです。

●また参加します!

<< 1つ前の記事へ | 記事一覧へ | 次の記事へ >>

最新の講義の様子

2017/06/04ホメオパス強化学習講師:松尾先生 (写真クリックで拡大します。) 本日はホメオパ...
2017/01/21ホメオパス強化学習講師:由井学長 (写真クリックで拡大します。) 年が明け、今年...
2016/09/19ホメオパス強化学習講師:由井学長 (写真クリックで拡大します。) 本日はホメオパ...
2016/06/12ホメオパス強化学習講師:由井学長 (写真クリックで拡大します。) CHhomの前...
2016/02/07ホメオパス強化学習講師:由井学長 (写真クリックで拡大します。) 本日はホメオパ...

講義を月別に表示する