2019年07月14日(日)

2019年7月14日(日)

CHhom プロフェッショナルホメオパス CH8期
「ホメオパシー心理学」DVD上映
講師:由井学長

20190714_CH8_tokyo_02.jpg20190714_CH8_tokyo_03.jpg

(写真クリックで拡大します。)

本日はCH8期に由井学長によるホメオパシー心理学のDVD上映授業が行われました。

「ホメオパシー心理学」は一般的な心理学のように心だけを分離してみるのではなく、心は心・体・魂の三位一体で切り離す事はできないものとしてとしてとらえています。

初めに「心理学とは心の理(ことわり)を知る学問であり、また心理学はインナーチャイルドの学問である」と言う由井学長。

まずは一般的な心理学フロイトが定義した意識、潜在意識、無意識をインナーチャイルドの理論から考えるという試み、またエス(イド)、自我(エゴ)、超自我(スーパーエゴ)の定義についてもホメオパシーのマヤズム理論と照らして解説を行うという非常に画期的な内容から始まりました。

そしてホメオパシー心理学として、「マヤズムとインナーチャイルドとの関係」、「病原体とインナーチャイルドとの関係」についてそれぞれ解説。マヤズムを見極め霊性の向上を含めたZENホメオパシーによって難病が治癒したケースも紹介されました。

病原体はインナーチャイルドが生物化し、それは腸から発生してはびこるなど、世界中のどの学校でも聞くことのできない新しいマヤズムとインチャの説は非常に刺激的であり、学生の皆様にとって目からウロコの内容になったようです。

授業終了後には、CH7期、8期合同で、由井学長ライブの質疑応答が行われ、授業で理解できなかったポイントや学生自身の知人へのホメオパシーサポートなど、具体的な質問がなされ、学長は深い洞察とともに、わかりやすく解説されました。

学生は本日も多くの学びを得たことと思います。

由井学長ありがとうございました。学生の皆様お疲れ様でした。

20190714_CH8_sapporo_01.jpg20190714_CH8_nagoya_01.jpg20190714_CH8_osaka_01.jpg

講義の感想

●ケースの中でも身体症状だけでなく精神症状の場合、みているだけで消耗してしまうので、自分が実際担当したら本当に大変だろうなと感じました。自分がのみこまれないようにするのは難しいです。私も一時期自分を否定しすっかり自信を失っていたころ、突然アトピーになりました。本当にアトピーの見解にあてはまっていたので、びっくりしました。病原体とインナーチャイルドという考えは、はじめ驚きましたが、今は納得することが多いです。

●今日の2ケースとも先祖からのインチャが受け継がれていたケースで、自分の状況を正しく理解して、負の連鎖を断ち切るということがとても大切だなと思いました。セッションを重ねるにつれ、決意をしたクライアントさんが苦しい目にあっても、意味のあることだと受けとって行く姿もすごいなと思いました。癌マヤズムについても、本当は負けていないという部分について、理解していなかったので、くわしく理解することができ、イメージしやすくなりました。

●感染症とインナーチャイルドのところをもっと深く知りたいと思いました。質疑応答ありがとうございました。とても勉強になりました。アレルギーについて少し分かったような気がしました。今の子は親が構いすぎるのかなっと思いました。

●フロイトの心理学は以前に学習し、実際にその視点で仕事をしていた時期がありましたが、目の前の子ども達がもっと複雑だし、特に性的な視点から分析されるので、違和感を感じていました。今日の講義でマヤズムとインチャの視点で見た方がとても分かりやすいと思いました。感染症のインチャは小さい子どもの性格というか特徴だと思います。育ちながら人間として必要な分別を得ていくのだと思いますが、感染症にかかれば一皮むけるということですが、それだけの力(分別)を得るのだと思いました。

●人の心はとてもシンプルなものかもしれませんが、環境やカルマなどで複雑なものになってしまい、自分自身が本当は何を感じているのか、何を考えているのかまでわからなくなってしまう。そのことにも気づけないこともある。自分を見つめることの大切さ。病の根元もそこにあるということを改めて感じました。

●今日はマヤズムやウィルスの各インチャ、霊的見解をたくさん教えていただき貴重な時間でした。とても奥深い内容でしたので、少し頭が混乱しています。非常に難しいパートですね。もう一度自分に置き換えてじっくり考えてみたいと思います。このような専門本が出てくれると嬉しいです。

●ホメオパシー心理学がまさかの展開で病原体とインナーチャイルドに繋がり驚きながらもとても納得しました。自分や子供達がその病気にかかった時のことを思い出すと、とても理解できる内容でした。

●病原体とインチャの関係、とても面白かったです。腸内細菌が多くの病原体の根源で「Mag.は生きなければならない」このレメディーを必要な人は実はとても多いのではないかと思いました。

●今日の授業で病原体とインナーチャイルドについて一気に学べてよかったです。授業のあとに、質疑応答の時間をとっていただけて、ありがとうございました。明日もケース見学、楽しみにしています。

●とても濃い授業でした。マヤズムと心理学、インナーチャイルドのつながりを知る事ができて、とても為になりました。

●マヤズムとインチャ。感染症とインチャがごちゃごちゃで難しかったです。

●沢山のマヤズムがあり、特徴を整理したいと思います。

●難しかったです。ありがとうございました。

●すこしむずかしい内容でした。

<< 1つ前の記事へ | 記事一覧へ |

最新の講義の様子

2019/07/14CHhom プロフェッショナルホメオパス CH8期「ホメオパシー心理学」DVD...
2019/07/14CHhom プロフェッショナルホメオパス CH7期「ホメオパシー病理、内分泌」...
2019/07/13CHhom プロフェッショナルホメオパス CH7・8期「日本薬草学3」講師:小...
2019/07/07CHhom プロフェッショナルホメオパス CH9・10期「マテリアメディカ」D...
2019/07/06CHhom プロフェッショナルホメオパス CH9・10期「現代臨床病理」講師:...

講義を月別に表示する