2019年07月14日(日)

2019年7月14日(日)

CHhom プロフェッショナルホメオパス CH7期
「ホメオパシー病理、内分泌」DVD上映
講師:由井学長

20190714_CH7_tokyo_01.jpg20190714_CH7_osaka_01.jpg

(写真クリックで拡大します。)

本日はCH7期に由井学長によるホメオパシー病理、内分泌のDVD上映授業が行われました。

人間の体での、内分泌のホルモンの作用はとても大切となります。

まず、松果体、視床下部、脳下垂体の生理・病理学を神経系との連動を踏まえた基礎を学んだうえで、霊的な臓器とも言えるチャクラやプラーナ管、クンダリーニとの密接な関係を学びました。

また、脳内にエネルギーが滞り、チャクラや内分泌に影響がでる背景には、罪悪感や自己卑下など心の問題がベースとなっている場合が多く、インナーチャイルド癒し、信仰心を取り戻す方向へ導く事の重要性が説かれました。

ケースDVDでは、クライアントさんの病理をしっかり把握したうえで、内分泌の障害を外すトートパシーレメディーとサーコードレメディーを的確に使用すれば大きな奇跡的な改善に導ける事が映像で映し出され、学生たちは身を乗り出して画面を見つめておりました。

本日の由井学長の病理授業では、内分泌を人間の中の1つの臓器(物質)としてとらえるのではなく、目に見る事のできない心の動きと強く繋がり、連動して動いているという事を感じさせる授業となりました。

授業終了後には、CH7期、8期合同で、由井学長ライブの質疑応答が行われ、授業で理解できなかったポイントや学生自身の知人へのホメオパシーサポートなど、具体的な質問がなされ、学長は深い洞察とともに、わかりやすく解説されました。

学生は本日も多くの学びを得たことと思います。

由井学長ありがとうございました。学生の皆様お疲れ様でした。

20190714_CH7_sapporo_01.jpg

講義の感想

●今日の講義内容はとても興味深いものでしたが難しかったです。生理学で勉強した時の事を思い出しました。内分泌器官とチャクラが対応している事を今日知りました。今まで内分泌のレメディをどう使っていいかあまりよくわかっていなかったので今日の講義はとても勉強になりました。シャルマのMMを持っているのにちゃんと読んでいなかったので改めて読みたいと思いました。今日はありがとうございました。

●内分泌の話はすごく重要なテーマで気になっていたので、本日詳しく学ぶことができて良かったです。今日の勉強を通して、ホメオパスはこれだけいろいろなことに詳しくなければ成立しない難しい仕事なんだと改めて感じました。「南無地獄菩薩」の話の所がすごく良くてこのような考えはすごく重要なパートなので心に留めておこうと思います。ありがとうございました。

●今日の内分泌授業はとても大事ですが難しかったです。由井学長の知識の深さに尊敬します。あらゆる方面からいろんな角度から説明いただきついて行くのが精一杯でした。時間ある時DVDで再度この授業を復習したいです。今日もありがとうございました。

●病理の勉強でも内分泌は難しいですが、よく自律神経失調がストレスが原因といわれる理由がチャクラと関連していることの説明でつながって、理解が深まりました。精神的ストレスがいかにいろんなダメージを与えるのかということを考えると、やはりその人の症状だけでなく過去の成育歴やインチャをみていくことが大切だと思いました。

●本日の授業は内分泌(松果体、視床下部、下垂体、甲状腺、副甲状腺、胸腺)の病理とレメディーについて、症例を交えて、細かく具体的に教えていただきました。どれも大切な器官ですので、しっかりと何回も復習して身につけていきたいです。どの病理にも根底にはインチャが原因となることが多く、そこにアプローチしていく大切さを再認識しました。ベジタリアン、ビーガンの方々が、思い込みにより結果的に栄養不足になっている現状に対して、とらこ先生がクライアントに対し、しっかりと栄養学的に指導なさっているのをみて、私もその様にクライアントに対し適切に指導できるよう、しっかり勉強していきたいです。

●とても丁寧に説明していただき、わかりやすかったです。確かに栽培していて、昼間太陽にあたっていると、夜スムーズに眠りに入れます。朝、おでこに太陽をあて、15分間太陽をみて、今の不調を治したいと思います。松果体がそんなに大事な働きをしているとは、本当に驚きでしたが、自分の可能性はもっとあるかもと思うと、わくわくしています。LEDの光、皮膚や目を刺すので、家にあるものは極力捨てました。LED-Bのレメディーや、その他今、日本人にあうレメディーをどんどん作ってくださってありがとうございます。

●内分泌はすごく大事であり、重要な内容が多く、書き出すのがとても大変でした。内分泌の内容は何度聞いてもややこしい内容でしたが、病理だけでなく、症状や感情やレメディーの内容を一緒に理解することで、とても分かりやすいと感じました。あとサーコードの使い方もまだまだあいまいなので、もっと勉強していきたいと思います。

●どれも非常に重要なレメディーばかりで、情報量が多くて消化しきれませんでした。サポートに入っていたりはしますが、レメディー単体で使ったり、学生相談で使ったりしたことがないのですが、必要な人がとても多いと感じました。

●分かっているようでぼんやりとしていた内分泌の機能がよく理解できました。特に甲状腺、副甲状腺が骨形成と関わっていることは全く知りませんでした。チャクラの話も大変興味深かったです。

●甲状腺の問題がレメディーで一旦よくなったが無理してまた悪化したという例は、心が変わっていないと元に戻るということでやはり最初から指摘する部分であると思いました。

●内分泌はやはり難しいと思いました。解剖生理でも手ごわい感じでしたが・・・。しかしそれほど大事だという事もわかりました。しっかり復習したいと思います。

●とても大切なお話をしていただきありがとうございました。レメディーの選び方が深いところで選べるようになるのではと思います。

●今日とても大事な病理の勉強でした。松果体・視床下部・下垂体の体や心の影響について教えていただきたいので、これから学生相談で生かしていきたいと思います。

●とても面白かったです。情報量が多かったので、書くだけで精一杯でしたが、後でゆっくり見直します。再補講したい授業でした。ありがとうございます。

●難しく、まだまだ理解しきれていませんが、とても大事であることは良くわかりました。これからまた理解を深めて、使っていけるようにしたいと思います。

●カルシウムが足りない=サポートBonではいけないということがよくわかりました。

●ありがとうございました。

<< 1つ前の記事へ | 記事一覧へ | 次の記事へ >>

最新の講義の様子

2019/07/14CHhom プロフェッショナルホメオパス CH8期「ホメオパシー心理学」DVD...
2019/07/14CHhom プロフェッショナルホメオパス CH7期「ホメオパシー病理、内分泌」...
2019/07/13CHhom プロフェッショナルホメオパス CH7・8期「日本薬草学3」講師:小...
2019/07/07CHhom プロフェッショナルホメオパス CH9・10期「マテリアメディカ」D...
2019/07/06CHhom プロフェッショナルホメオパス CH9・10期「現代臨床病理」講師:...

講義を月別に表示する