2017年07月02日(日)

2017年7月2日(日)

CHhom プロフェッショナルホメオパス CH8期
「オルガノン講読」
講師:由井学長

20170702_CH8_tokyo_01.jpg20170702_CH8_tokyo_02.jpg

(写真クリックで拡大します。)

本日の講義は由井学長による「オルガノン講読」の講義。
CH8期生、1年生にとっては初めてのオルガノンを紐説く講義でした。

ホメオパシーの基礎原理が記されたオルガノンはハーネマンが確立したホメオパシーの原点となる書物ですが、とても難解な内容のため、現在、世界のホメオパス達も深く学ぶ者は少なくなってきています。しかしハーネマンの遺した揺るぎないホメオパシーの基礎理論を地盤とする教えを大切にする由井学長はこの書物をCHhomのバイブルとして、多くの時間を割いて教育しております。

ハーネマンが記した様々な文献を長年読み込まれた由井学長による解説は非常にわかりやすくはじめて読む学生たちが誤った解釈に陥らないように導いてくださいます。

皆でオルガノンの格言をひとつずつ声を出して読み、五感を使ってハーネマンが後世に残したかったことを感じながら、学長による様々な角度からの丁寧な解説が行われました。

またホメオパシーの原理に加えて、人間とは何か、真の自分自身を生きるため価値観を外すことのお話など、魂のホメオパスにとって数々の大切なことについても教えていただきました。

ハーネマンの教えを基にしながら、現代人の心身の状況に合わせてホメオパシーを進化、発展させていく由井学長のZENメソッドを学べるのは世界的にもなく、CHhomの特色と言えるでしょう。

オルガノンを手にしたばかりの1年生の皆様、ハーネマンの教えをコツコツと学びホメオパスとしての大事な基礎を築いて行くことを願っております。

20170702_CH8_sapporo_01.jpg20170702_CH8_nagoya_01.jpg20170702_CH8_osaka_01.jpg

講義の感想

●授業の中で「人生は同種療法」の例で夫を親友にうばわれ、色のない世界を生きている女性が治癒してくお話を聞いているとき、初めてとらこ先生の本を読んだ時の衝撃を思い出しました。私だったら決して人には話さない、まして本に書いて出版するなんて・・・子ども時代の壮絶な体験を赤裸々に綴られているとらこ先生に尊敬、いや言葉では表現できない「すごい!!」衝撃でした。世の中にこんな方がいるなんて!!と。すぐさま目の前にあったインナーチャイルドセラピストコースに通うことを決めました。人生は同種療法なんですね。今日も講義をありがとうございました。

●オルガノンは第3版までは原物質を使っていて、いまだこの時のやり方をケントの方々が行っているという事は、せっかくのホメオパシーをしているのに何て勿体ないんだろうと思います。私たちは第6版まで学ぶ事が出来、寅子先生によって更に進化したホメオパシーを学ぶ事が出来る事に感謝します。レメディーは病気の気に作用しているというのは、とても納得できました。ありがとうございました。

●オルガノン等、今はわからなくても読み始めるようにします。まだわからない用語とか話も多々ありますが、少しずつ理解できるようになってきたので嬉しいです。トラコ先生の話はおもしろいです。動物(ワンコ)や野菜にホメオパシー与えた後の変化すごいです、素晴らしい。昔「水は答えを知っている」という本を読んで感動したのを思い出しました。

●バイタルフォースのお話の中で、手を組んで離れなかったものがレメディーが入ることによって手を離すようになり、追い立てることで追い出せるという例えがわかりやすかったです。少しずつイメージしていけそうです。では、その症状に合わないレメディーが入った場合、身体への負担がないのが、逆に不思議な気もします。さぞかしかまえていたのが、空振りになることは、身体には負担にならないのでしょうか、たぶんならないからここまで来れているのでしょうが。

●オルガノンの難しさと、先生のテンポの早さについていくのが必死で、しっかり復習しないと感想も書けない・・・という感じでした。霊性のお話、人間とは何かについては、とてもおもしろく興味をもって聞くことができました。ありがとうございまいした。

●以前から度々オルガノンの読み方については教えて頂いていたので自分でオルガノンを読んで理解したことはほぼまちがってはいないと確認できました。まだ慢性病論の方は読んでいないので、早くそちらも読んでみたいなと思いました。

●オルガノンでは初期のレメディー処方から現在の物質のないレメディーの歴史を、今日2回目だったので理解できました。ホメオパスになるために必要な事、バイタルフォースとは少しは理解できました。難しかったです。

●今日ははじめてのオルガノン購読の授業でした。版の違い、歴史的な流れをはじめ、実際にオルガノンを読んでの講義でした。家に帰ってもう1度読み直してみたい。高邁な目的を持てるようになりたいと思いました。創造性:高周波、神:中周波と資料にありました。創造主と神は同じと思っていましたが、違うんですね。

●バイタルフォース、慢性病の関係がだいぶ理解できた気がします。オルガノンは、回りくどくて面倒に思ってましたが、これを勉強することは、しっかりした理解のためには必要と分かりました。これからがんばります。

●体調が良くなかったので、お休みすることも考えましたが、途中少し睡魔にやられてしましましたが、今日参加出来てよかったです。まだまだ勉強不足で難しい所もありますが、4年間かけて学んでいこうと思いました。

●膨大な量でした。由井先生のお話は、多くの例があり、大変面白いです。しかし、レメディーやマヤズムの短縮記号の読み方がまだ分からないため、ついていけないことがありました。ともかく、復習が必要であると思った次第です。

●パラソーサスや古神道など命や医療に関する興味深い話がたくさんでした。ホメオパシーはとても深い知識でがんばって勉強しようと思いました。

●§7の「病気の内的な本質(VF)を像として外部にうつしだしたもの」という事に対して、かなり府に落ちました。

●わかりづらいオーガノンがかみくだかれて、よくわかりました。ケースが入るとさらにわかりやすく興味深く聞くことができました。

●今日は体調がよくなく、集中できませんでした。6時間長かったです。次回は体調を整えてきます。

●オルガノンは難しいと思いました。

<< 1つ前の記事へ | 記事一覧へ | 次の記事へ >>

最新の講義の様子

2017/07/15CHhom プロフェッショナルホメオパス CH7・8期「マヤズム」講師:由井学...
2017/07/09CHhom プロフェッショナルホメオパス CH6期「TBR演習」DVD上映講師...
2017/07/09CHhom プロフェッショナルホメオパス CH5期ホメオパシー病理 『脳・神経...
2017/07/08CHhom プロフェッショナルホメオパス CH5・6期「オルガノン講読」DVD...
2017/07/02CHhom プロフェッショナルホメオパス CH8期「オルガノン講読」講師:由井...

講義を月別に表示する