2017年07月15日(土)

2017年7月15日(土)

CHhom プロフェッショナルホメオパス CH7・8期
「マヤズム」
講師:由井学長

20170715_CH78_tokyo_01.jpg20170715_CH78_tokyo_02.jpg

(写真クリックで拡大します。)

本日はCHhom1・2年生に初めてのマヤズムの授業が行われ、由井学長が教鞭をとりました。

現代医学と全く別の医学体系を持つホメオパシーの中で、最も深い理解が必要とされる部分が『マヤズム医学』に関する部分であり、 症状の裏に隠れた慢性マヤズムを見極め、適切なレメディーを選択する事が慢性病を治癒に導けるかどうかの分岐点になります。

ホメオパシーの創始者であるハーネマンは、細菌学の大家達が登場する以前から、病原体が感染し、潜伏期間を経た後に症状を出す事や、患部から症状を取り除くアロパシー的な対処療法によって、エネルギー化された病原体が親から子へ遺伝し変化する様子や、複数の病気が 融合して複雑化する病理を解明し『オーガノン』や『慢性病論』などの文献を通して後世に伝えました。

その内容は非常に難解であるがゆえ、後世のホメオパス達が誤解されたり、曲解されている部分でもあります。

本日の講義では、複数存在するマヤズムの中から丸一日かけて『淋病マヤズム』にスポットが当てられました。

ハーネマンの記した文献を読み解くだけでなく、由井学長の臨床ケースを映像で追う事で、淋病マヤズム治療によりチョコレート嚢胞が消滅したケースがとりあげられました。クライアントさんの気づき、感情の解放と共に症状が改善している様子が浮き彫りになり、学生達は自らケースを体感し、全身の感覚を使って学んでいるようでした。

また、由井学長の講義は現代医学の定義する淋病やハーネマンの定義した淋病マヤズムを学ぶにとどまらず、それらの引き起こす症状が、どのような考えや感情で起こるのか霊的視点からの解釈を交え、大変広く深淵な授業となりました。

由井学長、学生の皆様、お疲れさまでした。

20170715_CH78_sapporo_01.jpg20170715_CH78_nagoya_01.jpg20170715_CH78_osaka_01.jpg

講義の感想

●オーガノンや慢性病論を読んでもマヤズムがなかなか理解できなかったので、今日は、やっとマヤズムを教えて頂けてうれしかったです。夏の間にしっかり学習を進めようと思います!私は中指にイボがあって、幼い頃からこれは何の意味があるんだろう、何かのサインだとずーっと思っていました。“相手を助けられるのに助けられなかった、苦しんでいる人を救えるのに救わなかったカルマ”というイボの霊的見解がありましたが、やっぱりそうかと思いました。とらこ先生の体験談で山に登った時に言うべき時に言わなかったために一気に霊性が下がったというお話、心に刺さりました、私の課題はそういう所にありそうだと思いました。今日もありがとうございました。

●ホメオパシーを学んでから「マヤズム」という言葉を聞き、自分は? 家族は? と思ってきました。学べば学ぶほど自分はどうなのかな? と思いあたるところ、感じてきました。人類のマヤズム抑圧の歴史を知り、今に至ること、新マヤズム論では、「気づかせてくれるために」と学び、自分自身にいままで起こった出来事、体験してきたことに対して、ありがたかったと受け止めて…と思いました。ここ最近、自らのこだわりに意識を向けています。まずは、気づくことからと思っていますが、もっと深い部分の私にも出会っていけたらと思っています。本日もありがとうございました。

●今日の授業をすごく楽しみにしていました。楽しかったです!卵巣や子宮、いぼ、どれも詳しく掘り下げてくださりありがとうございます。勉強できてよかったです。どれも知りたいことでした。淋病の特徴、自分にもあります。なぜか?と思っていたことが今日よくわかりました。無責任な人に怒りを覚えるのも自分にあるからです。深い深い内容、よく理解してレメディーを使いこなせるようになりたいです。面白くて目がランラン、眠気吹き飛びました。

●マヤズムのことが気になっていたのでライブに出てみました。久々の教室のムードが懐かしくほっとしました。今日の講義内容が今の自分の抱えている問題にヒントとなることが含まれていました。介入レメディー4種覚えました。『へっぴり腰(Hep)のサル(Sulph)はカバン(Carb-an)をかぶって(Carb-v)介入だ!』レメディーのドンドコのオーケストラについて新しいことにまた面白さをみました。症状にそれぞれの波動があって、それに合わせて和音がCだったりFだったりするのではないかと、合えば癒しが進むのかもと想像だけですが、レメディーの和音という考え方を知ってよかったです。悲しみのlgn.はラの音なのかなとか、現実には実践に向かないようなことでも、想像の世界ではいけそうです。新マヤズムのことがなるほどと思えました。“意識が備わった、生物化した”という説が新鮮で、もっと新しいことがまた出てくると思いました。ありがとうございました。

●今までマヤズムについては漠然としか理解していませんでしたが、今回より丁寧に解説いただき、少し深く理解できた気がします。淋病について、現代医学による定義や霊的見解、そしてホメオパシーの定義する淋病マヤズムについて、各それぞれの違いを理解できましたが、全体的に内容が難しかったです。マヤズムは病気の根底をなすので、クライアントの根治を目指す場合、しっかりマヤズムの治療までサポートできるようなホメオパスになりたいと思います。より深く学び理解を深める為に、ハーネマン「慢性病論」と「オルガノン」をしっかり読んでいきたいです。

●興味深い内容でしたが難しかったです。マヤズムと症状、それに合うレメディーがたくさんあり、追い切れませんでした。マヤズムが合併した時、どのように治療を進めていくのかも、実際の患者さんを見たときにわかるのか疑問です。オルガノン、慢性病論の内容も先生のように解釈できなかったので、読み込み、さらに深い理解が必要だと思いました。Syco治療のDVDと先生の解説はとても為になりました。自分と照らし合わせてもありがたい言葉がたくさんありました。こういう言葉を患者さんにかけられるようになりたいと思います。

●マヤズム各論、待ちに待っていた講義でした。奥深くて難しかったです。病気を簡単に考えていた所がありましたが、歴史、遺伝、考え方、生き方・・・全てに関係して発症していることが、本当に病気、症状はありがたいものなのだな・・・と。全てが良く出きていて、無意味なことは何ひとつないのだな・・・と、生きること自体の深さを考えさせられます。マヤズム難しいですが、これからの各論も楽しみです。

●3大マヤズムの違いや見極め方がとても面白かったですが、まだ頭が整理しきれていないので、もっと繰り返し覚えていきたいなと思いました。日常生活で当たり前と思っていることも実は当たり前ではないかもしれないという目で見ていくのは面白いなと思いました。少しずつ実際に治療を実践する前提のお話が増えてきて、やはり興味本位だけでなく、責任を持って治療する姿勢が必要だなと思うと同時に、使わないともったいない!と思ってきました。

●本日の講義でマヤズムの概要が本当によく理解できました。昨年一年の授業で何度もマヤズムの話は出ていましたが、何となくしかわかっておらず、インターネットや書籍で調べたりしていて、今日のような授業をまさに求めていました。マヤズムを体系的にとらえることができ、対応するレメディーも示唆いただいたので、これで実践で使っていける!と嬉しいです。

●初めての慢性マヤズムの授業でした。難しい内容もわかりやすくいろいろな話を交えて話していただき、わかりやすかったです。ケースの話も初めはマヤズムを気にせず話を聞いていたが、回数を経るごとによりマヤズムの症状があらわれてきて、また感情もすごく良くなって、治っているのがはっきり分かる内容でした。とらこ先生のすごさを改めて実感しました。

● 午後から集中力を維持するのが難しかった。自分や自分の家族を当てはめて、慢性マヤズムを考えながら聞いていました。そういう視点ではとても興味深くおもしろく思いましたが、膨大な量に圧倒されてしましました。慢性マヤズムを理解することは、ホメオパシーを活用して治療するためには絶対必要だと思いました。今ある病気はマヤズムが根源であることを深く理解するために、復習・整理します。

●すごく難しく感じました。まだ、Psor.Syco.Syph.が、名前すらよくわかってないので、何の話をしてるのかわからなくなったりしました。ただ、聞くうち、私はSyco.が強いんだなーと、わかりました。子供の頃からイボとか魚の目ができるし、円形脱毛もあるし、優秀でいたいけど勝ちには興味がないところも、すごくうなづけました。ホメオパシーは、ほんとにおもしろいです。

●まず、マヤズムの種類や特徴が理解できていないので、今日の授業はとても難しく感じました。マヤズムはどう見分けるのか?どう治療するのか?全くマヤズムは無くなる事はあるのか?根本が理解出来ていないので、どう理解するのかが、これからの課題になりました。

●マヤズムについて、とても知りたい分野でしたが、ものすごく難しかったです。これは何回も復習しながら自分の中に落とし込まないと、まだまだ理解できていない部分がたくさんあります。でも淋病マヤズムについて学べてとてもうれしかったです。家族に淋病マヤズムがいて、見よう見まねで治療中なので、とても勉強になりました。早速実践してみます。

●淋病マヤズムについて、今回1つだけに絞っての説明であったため理解できました。まだまだ幅広い特徴があるとは思いますが、憶えるのに何度も繰り返し聞き、自分でも調べる事をしてやっていっても憶えられるのか?今のところは少し心配しています。Sycosisの一次疾患、二次疾患の所、なんとなく理解したという程度で、内容多く難しかったです。ありがとうございました。

●最近、夫の言動で(ホメオパシーを全く信頼していませんが)、離婚する人がいるのもよくわかると思っていたら、ちょうど先生のお話があったので、なるほどと納得しました。他人の立場になって考えるのは簡単ではありませんが、経験を重ねることで人の相談にのれるような自分になりたいと思います。

●自分でレメディーを入れたい時にマヤズム治療を行うと、小さい時にかかっていたアトピーが浮き出てきたり、高熱が出たりと(etc)それ以降、恐怖心もありなかなかできず、サポートは摂っているのですが、好転反応をゆるやかに出したり、マヤズムに着手する前にやっておくべきことを知っておきたいです

●3大マヤズムの特徴がよくわかりました。淋病、梅毒というダイレクトな病気はあまり私の範囲で耳にしませんが、二次症状は身近にあるもので、マヤズムがいかに身近にあるんだと思い知らされました。オーガノンを自分で読み始めていますが、授業で学ぶとより分かりやすいです。早く読み終わり、次に慢性病論を読むのが楽しみです。

●難しくて全然ついていけませんでした。自宅でもう一回です。カイコの成虫はかわいいですね。黒目大きくて、うさみみですね。何を考えているかわからない虫たちの心は興味深いです。小さいからいいやーと思っていたイボも、今日のお話で焦りを感じます。今はTub.を飲んでいるので、終わったらSyco.とってみます。顔面にすごいできます。

●ありがとうございました。難しくも楽しい授業でした。これまでの経験を照らし合しながら、納得すること、腑に落ちることが多かったでした。まずは、自分と私の周りにいる半径3mの人達を助ける為に、勉強を深めていきたいと思います。

●以前から非常に気になっていた淋病マヤズムの事を非常にわかりやすく教えいて頂けて大変勉強になりました。病気の霊的見解と新マヤズム論というのが、すごく面白かったです。カビやウイルスの持っている感情というのが、とても興味深かったです。ありがとうございました。

●ちょうど最近イボが出来たのでとても勉強になりました。Thuj.やNit-ac.など使って治療してみようと思います。やはり、ミネラルは大事なんだとつくづく思いました。マヤズムは難しいですが、とても興味がある事なのでこれからまたちゃんと復習していきたいと思います。

●今日は、マヤズムの講義でしたが、マヤズムとはかかり易さかと思っておりましたが、改めて感染毒素という概念が少しわかったような気がします。各々のマヤズムの特質の説明は例えがとてもわかりやすくて良かったです。複数のマヤズムがくっついた場合の治療法も資料の図もとてもわかりやすかったです。

●昨年、マヤズムの授業があるから今、理解できなくても大丈夫、と言われていた授業が今日だと思い、楽しみにしていました。今日1日先生の話を聞いてもとても難しく、人に説明できる程理解できていません。人が病む、という事は奥が深く、表面的な事だけを見ていては分からないのだと思いました。マヤズムを理解できたらまた勉強が楽しくなるのだろうと思います。

●最初にマヤズムのことを聞いた時は疥癬が? と不思議に思いましたが大変おもしろかったです。特に今回のサイコーシスは自分にもあてはまるところが多くあり興味しんしんでした。(私は結核+淋病だと思います)霊的見解や新マヤズム論を知ると、ホメオパシーは深いなあと思い、ますます深く知りたいと思います。

●私は母斑がたくさんあるのですが、ホクロや母斑はイボに含まれるのでしょうか? 自分は淋病マヤズムがあるのですが…。ホクロや母斑が増えていっている気がするのは、マヤズムが立ち上がってきているためなのかなと勝手に考えていました。

●今日はとても興味深かったです。内容は分かりやすく説明願えましたが、初めて聞いた事なので、これから勉強必要です。由井先生の"新マヤズム論"はとても画期的だと興味津々です。なんとなく共感できました。(直感的に)DNAも変化するらしいですから。

●とても難しかったけど面白かったです。レメディーを処方したことがないので、リアリティがなかったですが、マヤズムをかんがみたレメディーの処方の仕方とか、介入レメディーの入れ方とか、興味深かったです。

●内容は難しかったですが、症状を理解する上で重要な部分だったので、面白かったです。精神的、霊的な話はとても参考になりました。相手に言っていることは、常に自分に向って言っているんだなぁと思いました。

●ネガティブな考え方もマヤズムからきていると知ってよかった。マヤズムは難しいところが多いですが、貴重な内容であったと大まかにわかりました。ありがとうございました。

●オルガノンなどドイツ語の原書から日本語に直接訳すのは大変な手間だったと思います。これは素晴らしい事だと思いました。

●淋病の特徴に、自分がピッタリだと思い、興味深く授業を聞きました。オルガノン§205と、§206をもう一度勉強しようと思います。

●今日のマヤズムは、とても難しかったです。マヤズムの基本がよくわかりません。専門用語がたくさん出てきて、授業についていくのが大変でした。

●今日の内容は難しすぎて、半分も理解できなかったと思います。ここが理解できるとおもしろくなるんだろうな、と思いました。

●マヤズムについて、やっと少しだけ理解することが出来ました。難しい部分もたくさんありましたが、詳しく説明して下さったので、とても有難かったです。ありがとうございました。

●今日の勉強は難しくて、なかなか理解できなかったです。家で復習をしたいと思います。ありがとうございます。

●慢性マヤズム論は大変深い内容で最初の病気が抑圧され複雑化していくものであることがわかりました。これらをどの様に治療していくか学ぶのが楽しみです

●初めてのライブ受講で、ドキドキしましたが、思っていたより先生がおだやかでゆったりした進行(ついていけない所も自分にはありましたが)でリラックスして集中できました。

●貴重なお話ありがとうございました。なかなか難しい世界で理解が困難な面も多々ありましたが、もう一度復習してみたいと思いました。先生の講義は深く楽しいです。

●名古屋校から初めて参加しましたが、生の授業はとても素晴らしかったです。ありがとうございました。

●マヤズムはやはり難しいと思いました。身体を見るとマヤズムが分かるようになるのではないかと思って楽しく勉強しています。ありがとうございました。

●マヤズムの講義はとても楽しみにしていましたが、ケースでのレメディーの選び方を見て、難しさも感じました。改めてこの学校だからこそ学ぶ事のできているものに感謝しています。

●難しかったけど、図などでの解説が多かったので、イメージしやすかったです。

●マヤズムは授業を聞いただけでは理解できないです。時間をかけてゆっくり理解していこうと思います。

●今日の授業の内容はとても難しかったです。復習等して少しずつ理解を深めていきたいと思います。

●難しかったけど面白かったです。次回のマヤズムの授業が楽しみです。ありがとうございました。

●あせらずやっていきます。わからなくてもトラコ先生の話は楽しいです。

●講義、ありがとうございました。難しかったです。

<< 1つ前の記事へ | 記事一覧へ |

最新の講義の様子

2017/07/15CHhom プロフェッショナルホメオパス CH7・8期「マヤズム」講師:由井学...
2017/07/09CHhom プロフェッショナルホメオパス CH6期「TBR演習」DVD上映講師...
2017/07/09CHhom プロフェッショナルホメオパス CH5期ホメオパシー病理 『脳・神経...
2017/07/08CHhom プロフェッショナルホメオパス CH5・6期「オルガノン講読」DVD...
2017/07/02CHhom プロフェッショナルホメオパス CH8期「オルガノン講読」講師:由井...

講義を月別に表示する