2017年01月29日(日)

2017年1月29日(日)

CHhom プロフェッショナルホメオパス CH6・7期
「泌尿器・生殖器」
講師:増田先生

20170129_CH67_tokyo_01.jpg20170129_CH67_tokyo_02.jpg

(写真クリックで拡大します。)

本日は、CH6期、CH7期合同で、増田先生の解剖生理学「泌尿器・生殖器」の講義が行われました。

CHhomでは2年間で医療系の大学と同等の40コマの時間数を割いて、解剖生理学を しっかりと学ぶカリキュラムとなっています。プロフェッショナルホメオパスを目指す学生にとって、人体の構造(解剖学)と働き(生理学)を理解することはレメディーを選ぶ上で、とても重要な基盤となる学問のひとつでもあります。

増田先生は、医学的な専門用語を分かりやすく、ジェスチャーを交え丁寧に教えられました。組織図、写真を用いることで、複雑な人体臓器の構造も詳しく知る事ができました。

東京センター本部でホメオパスとして活躍されている増田先生は、実際の症例のケースの話を交え、テーマごとに、各拠点と対話しながらTBRを選び出し、とても実践的で、学生が緊張感の中にも楽しそうに学んでいる姿が印象的でした。

授業への理解が深まるほど、ホメオパスにとって必要不可欠な解剖生理学の大切さを実感する事ができたと思います。

増田先生ありがとうございました。
学生の皆さま お疲れ様でした。

20170129_CH67_sapporo_01.jpg20170129_CH67_nagoya_01.jpg20170129_CH67_osaka_01.jpg

講義の感想

●泌尿器系と生殖器系の授業、難しかったけれど、楽しく話を聞くことができました。どちらも生命力の源の臓器であり、ここが元気で健康であるということは、とても大切なことだと思いました。試験のポイントなど交えて解説してくださり、とてもよかったです。増田先生の授業では、いつもTBRを引くので練習になります。血圧の問題があるとき、心臓だけでなく腎もみる、月経の問題があるとき、子宮や卵巣だけでなくホルモンもみる、というように、問題があるところだけをみていくのではなく、元をたどっていくこと、他臓器との関係をみていくことがとても大切だとわかりました。増田先生おすすめのノートまとめのやり方、やってみます。どうもありがとうございました。

●今日で増田先生の授業が最後。今だに聞いていても?なことが多いですが、先生の熱心に教えてくださる姿にいつも感謝しております。人のからだとは何と色々な仕事をしてくれる臓器や血管があるのだな、改めて感心です。本日は喉が痛かったのですが、喉のヒリヒリにカンサリスが速攻で効きました。わからないけど、楽しい解剖の授業でした。TBRの使い方も教えていただきとても勉強になりました。3人無事出産しましたが、こんなプロセスを通って生まれたのだなと思うと体の仕組みは神秘的であり、偉大だなー。先生の出産の話、何回聞いても楽しいです。

●2年間お世話になりました。あっという間の2年で、増田先生の楽しい授業を受けられなくなるのは寂しいです。ホメオパシーを勉強していくにつれ、どんどん解剖学を知る事の重要性を強く感じていますが、今日も、漢字の名称が沢山並んでいるのを見ると覚えるのはなかなか難しいです。ただ、覚えようと頑張るより、自分の体や今後のケースの中で、沢山関連づけて楽しく学べていけたらいいなと思っています。また、今後もこの2年の資料を見直し、地道に復習していきます。本当にありがとうございました

●腎臓は肝臓同様、体毒を排泄するのに重要な臓器で、場所は何となくわかっていましたが、内部の働きを含めて以前よりイメージする事ができるようになりました。母が腎臓が悪く、最終的に透析になってしまったのですが、透析生活になっていると、もう全く腎臓は使い物にならないのか(ホメオパシーでも見込みはないのか)なと思いました(ネフロンが一度壊れると再生しないとあったので)

●肝臓の事がすごく気になっていたので増田先生に教えていただけてすごく良かったです。自分で病理とレメディーをまとめたノートを使っておくと良いというアドバイスが大変参考になりました。授業もそうですが増田先生の話はユーモアがあって面白いです。出産エピソードには笑ってしまいました!難しい解剖生理学の授業ですが、とても楽しい授業でした!ありがとうございました。

●重要な臓器の一つであるのに、何だかきちんと理解できずじまいでした。本を買ったので家に帰って復習します。この一年間初めて人体について、解剖生理学という学問について勉強しました。自分の体は奇跡ですね。まさに宇宙だと感じます。こんなに完全なものを手に入れているので、大切にしなくてはと改めて反省しました。一年間ありがとうございました。

●有難うございました。大変分かりやすくて納得、納得の内容でした。毎日、当たり前のように1日数回の排尿と排便に対して有難うー!!の気持ちになりました。私も息子の内ももをこちょこちょして実験してみたいと思います!TBRの使い方、リンクして他を復習できる先生の授業はとても好きです。また資料が大変細かいのでノートをとらなくても書き込むだけで講義を自分なりにまとめられるので、復習の際にも見やすいです。進級試験、頑張ります。有難うございました。

●増田先生2年間ありがとうございました。やっと授業の聞き方を理解したところなのに今日で終わりだなんて!!もっと最初から気合い入れておけば!と思いますが、多分、自分が相談会をやるようになった時に、「あの時増田先生が、こう言ってたなぁ」と思い出すと、信じています。点が線になってつながっていくことを信じてがんばりまーす 増田先生本当にありがとうございました

●今日はテストに関しても少し教えていただき安心しました。ルーブリックの引き方も少しわかってきた気がします。1回授業でひいたものをP95の目次の前のページに白紙のページがあるので、そこに書いておくと次に同じような症例の時に、引きやすいかもと思いました。いつも増田先生の授業はわかりやすいので楽しみです

●増田先生の泌尿器と生殖器の授業でした。普段、当たり前に行われてきた畜尿や排尿のシステムを詳しく知ることにより、人体の精密さ、不思議さを感じました。生殖器はデリケートな部位ですが、先生は淡々と医学的に解説されてましたので、何の恥ずかしい事なく、学ぶ事ができました。増田先生自身の自宅水中出産の話は、感動的でした。出産に関して、まさにこうあるべきが自然体であると思いました。

●腎臓の仕組みを勉強し、母の高血圧の原因が、先生がおっしゃった様に「心臓サポートをしていても改善されないようなら腎臓の要因を考えてみる」事がわかり、大変良かったです。毎回、難しいですが、勉強できる事は喜びです。来年度もよろしくお願いします。何回も何回も私たちにわかるように教えてくださり、ありがとうございました。

●血液の流れと泌尿器は結びつきが大事かなと思いますが、資料が白黒で(パワーポイントはカラー)後でわかるかなと思っていますが、また忘れないうちに必要なところは見直しておこうと思います。また腎は自分で弱っているのがわかっていて、再生しない臓器として重要とのことでしたので、今後も大事にしていきたいと思います。また今回は、言葉がとても多く、また聞きなれた言葉も多くなかったので、少し心配しています。(授業の内容覚えているか)解剖学は知れば知るほど神秘さを感じています。

●泌尿器、男性生殖器、女性生殖器など、とても大切な臓器を学べてとてもよかったです。ネイチャー雑誌の2010年版、シュスラーの花びら理論はとても興味深く聞かせていただきました。増田先生ありがとうございました。

●増田先生の授業が今日で最後だという事をすっかり忘れていました。2年間とても楽しい授業をありがとうございました。自宅分娩素晴らしいです。テストに向けて頑張って覚えたいと思います。ありがとうございました。

●簡単には覚えられそうにありませんが、とても分かりやすかったです。いつも思うのですが、私たちの身体は知らないうちにとても多くの働きを黙々としてくれている事に感動します。増田先生の体験談やクライアントさんのお話し、いつも面白くて楽しみです。授業も難しいですが、解りやすく解説してくださりありがとうございます。

●腎臓について、今回の授業では、血液、尿の流れを十分な時間を使って説明していただいたので、よく理解することができました。カレンデュラ蒸しとかも膀胱から上につながっている腎臓が温められて、体を直接温めることができると、なんとなく体の構造が理解できてうれしかったです。

●TBRを使っての学び、泌尿器系では、始めて知る事も多く、あらためて身体の精密さ、機能の素晴らしさを実感しました。尿の色など、日常の生活の中で気に掛ける事はあるものの〇は薄いな・・・と、もっと体の声も聞く事や、寄り添う事を・・・と思いをあらためました。ありがとうございます

●毎回、大変な解剖生理学の勉強ですが、今期は今日で最後の授業ですね。とりあえず進学試験に向けて準備します。新学期からは解剖生理学を楽しく勉強できるように基礎知識を自分でつけたいと思います。ありがとうございます。

●ものすごい情報量で短期間で全部覚えるのは厳しいです…ようやく午後の眠気が起きなくなってきましたが肝心な内容についていけず困ってしまいました。随時サポートのメモまとめてみます!

●腎臓の仕組みはなかなか難しかったです。腎臓の機能の何をサポートしているのか理解できた気がします。生殖器は増田先生の話術で楽しく受講できました。増田先生の授業は解剖の解説も工夫されていてさぞや準備が大変だったことでしょう。レメディーの実践的な知識も織り込まれ大好きな授業でした。ありがとうございました。

●たぶん時間をかければ理解ができると思いますが一度の授業ではなかなかすんなり入ってきませんでした。解剖学を学ぶことで今まで知らなかった人体機能を知れば知るほど本当によくできているなと思い生かされている感覚が日々増してきました。体に感謝したくなります。

●腎臓は、いろいろな症状の元となる大事な臓器なんですね。深く知らないといけないと思いました。先生、2年間ありがとうございました。先生の授業は大好きなので、終わってしまうのがとてもさびしく思います。劣等生ですが、少しずつ自分でも勉強していこうと思います。資料のパワポ大事にします!インドでの干納豆柔らかくてとてもおいしかったです。ごちそうさまでした。

●増田先生、2年間ありがとうございました!増田先生は大好きですが、解剖生理は苦手で・・・。2年次はぜんぜん授業も出られず申し訳ありませんでした。まだ全然理解できないのですが、ようやくほんの少し楽しいところを見つけられてきました。これからもホメオパスになっても、日々勉強ですね。がんばります。先生、これからもよろしくお願いします。

●増田先生の最後の授業、今日は1回も寝ませんでした!(笑)泌尿器は自分も弱いので、ますます腎をサポートしていこうと思いました。ユーモアたっぷりで色々工夫してくださっているのが伝わってきて、2年間なんとかついてこれたのも増田先生のおかげです。2年間お世話になりました。またお会いできると思うので、その時はよろしくお願いいします。

●先生の授業とお話は毎回面白くて大好きなのですが、解剖学は全編通してとっつきにくくて大変難しく、来月の試験が心配です。卒業までに人体の仕組みを完全に理解できるように、自習していきたいと思います。来年度もよろしくお願いします。

●今日もなかなか難しかったです。腎臓のことが少し分かりました。泌尿器系の流れは分かりやすかったです。3年になったら解剖の授業がないのは少し寂しいですがこれからもずっと使うことなのでがんばって勉強しないとですね。

●泌尿器のしくみや生殖器のしくみを聞いて、本当に人の身体は良くできていると思いました。又、高齢の父と同居しているので、前立腺のことがよく分かり、参考になります。ありがとうございました。

●泌尿器系の講義をとても丁寧にしていただき改めて腎臓の役割の重要さを学びました。腎臓の機能に加えて、内分泌系も重要になってくるので、また復習したいと思います。

●いつも楽しい授業でわかりやすいです。内容が多いため、記憶するのが大変ですが、少しずつ興味を持ちたいと思います。ありがとうございました。

●先生の説明はとても分かりやすく、面白く話して下さいました。内容が難しかったけど、寝ないですんだのは先生のおかげです。またよろしくお願い致します。ありがとうございました。

●難しさは変わらず、覚えるのは大変ではありますが、講義の内容は頭に入り、理解もできるようになってきたように思います。大事なところ、要点なども、おっしゃって頂けたので、勉強する上で、とても助かります。

●あまりなじみがなく、良く知らない臓器でしたので、授業について行くのが大変でした。特に男性生殖器は複雑なので自宅でよく復習したいと思います。

●腎臓の部分は、難しかったです。図が小さいので、読めないので、理解するのが大変です。生殖器の方がわかりやすかったです。2年間、ありがとうございました。

●増田先生の授業はわかりやすくて面白いです。尿検査のたん白や糖がなんであるのかがわかってよかったです。

●おおまかに理解できるように、あらかじめ教えていただきながら細部の説明をしていただいたので、わかりやすかったです。ご自分の体験談、ホメオパスになるための準備等、具体的に説明していただき、大変参考になりました。ありがとうございました。

●以前、医療系の学校で解剖生理の講義はあったのですが、それに比べると増田先生の授業はとてもわかりやすく、理解することができました。2年間ありがとうございました。

●増田先生ありがとうございました。難しい内容でしたが分かりやすく説明していただけてイメージを湧かせながら考えることができました。

●内もものくちゅくちゅは、息子にやらさせてもらおうと思ったが、小5なので変態ママになってしまうかもしれないので悩ましいー。受精後7週までに男か女か決まるなんてすごい神秘的だと思った。

●良くまとめられていてポイントがわかりやすかったです。2年間ありがとうございました。

●増田先生、ありがとうございました。楽しい2年間でした。解剖、好きになりました!やっと!!

●先生の実体験シリーズが面白かったです。ありがとうございました

●タンパク尿や血尿が何故いけないのか意味原因がよくわかりました。

●楽しい講義でした。2年間ありがとうございました。

●いつも丁寧に解説してくださりありがとうございます。

●とても勉強になりました。ありがとうございました。

<< 1つ前の記事へ | 記事一覧へ | 次の記事へ >>

最新の講義の様子

2017/10/08CHhom プロフェッショナルホメオパス CH7・8期「解剖生理学③ 筋系」講...
2017/10/07CHhom プロフェッショナルホメオパス CH7・8期「臨床病理学7」講師:酒...
2017/10/01CHhom プロフェッショナルホメオパス CH5・6期「日本のフラワーエッセン...
2017/09/30CHhom プロフェッショナルホメオパス CH5・6期「日本薬草学4」講師:小...
2017/09/24CHhom プロフェッショナルホメオパス CH8期「ホメオパシー方法論① レパ...

講義を月別に表示する