2017年12月03日(日)

2017年12月3日(日)

CHhom プロフェッショナルホメオパス CH5・6期
「マテリアメディカ」
講師:菊田先生

20171203_CH56_tokyo_01.jpg20171203_CH56_tokyo_02.jpg

(写真クリックで拡大します。)

本日はCH5期6期の合同授業で、菊田先生によるマテリアメディカの講義が行われました。

講義のメインテーマとしてEuphr.Hell.Hyos.Mur-ac.Ph-ac.Spig.のマテリアメディカが紹介され、植物、鉱物等が取り上げられました。

それぞれのレメディーの性質を、菊田先生の実際の相談会や経験を交えて説明して頂き、とても実践的な講義となりました。先生自身の体験されたインナーチャイルドのエピソードをお話しされた際には、学生の皆様が熱心に聞き入っている様子が伺えました。

演習問題に取り組む時間では、クライアントからの訴えからどの症状を選択し、どのようなルーブリックを導き出していくか、皆さん苦労されていたようです。

最終学年の皆さんにとって、菊田先生の授業はこれで最後となります。授業の最後には、先生から学生の皆様に対してメッセージが送られました。学生の中には涙ぐむ方もいて、とても感動的で、有意義な授業となりました。

菊田先生ありがとうございました。そして学生の皆様、お疲れ様でした。

20171203_CH56_sapporo_01.jpg20171203_CH56_nagoya_01.jpg20171203_CH56_osaka_01.jpg20171203_CH56_fukuoka_01.jpg

講義の感想

●今日も盛りだくさんな情報のマテリア・メディカの授業をありがとうございました。実際のケースの話や体験談がレメディーの特徴をさらによく知る、考えることを深めてくれます。最後の「木を見て森を見ず、森を見て木を見ず、両方を見ること」。処方するだけでなく、いろんな事に意識していきたいと思います。

●Mur-ac.の方がNat-m.よりも合う場合が結構あるかも知れないと思いました。なかなかTBRでは上に出てきにくいレメディーも症状にピッタリの時に使ってみようと思います。Hyos.、Hell.とても面白いレメディーですね。どちらもいろいろ使ってみましたが、興味深い結果が出ました。菊田先生、4年間ありがとうございました。毎回、あたたかく楽しい授業を受けさせていただき、幸せな学生生活になりました。また、セミナー他での講義をよろしくお願いします。

●先生の体験談や症例も多く聞くことができて楽しく分かりやすかったです。2006年~2007年頃に買った Hell.(ヘリウム)200C が数粒残った状態で自宅にありました。記憶力の弱さだったでしょうか自覚は無いのですが、クリスマスも近いのでとってみようと思います。昨年の最後の講義の時も思ったのですが、先生の最後の言葉は心に残ります。全体図を見ること、共感について忘れないようにしたいと思います。ありがとうございました。

●本日は自分のテーマにあうレメディーを学べて本当に良かったです。自分が使っていた時には特徴的なところだけを覚えて使っていましたが、全体的に学べたし、今日は菊田先生の体験談が心に残ってます。先生の授業は本日で終わりになり、心残りですが、学んだ事を生かしていけるようにしたいです。4年間ありがとうございました。お疲れ様でした

●興味深いレメディーでとても楽しく聞けました。1年生の頃はマテリアメディカの時間が憂鬱でしたが、最近はとても楽しいと思えるようになりました。先生の優しい語り口に穏やかな気持ちで授業に参加できました。毎回、レメディーを習うと自分でも試したいと思いつつ忘れていまして、今夜こそはPh-ac飲んでみます。先生の学生時代の思い出、「わかる」って感じで聞けました。私にも嫉妬の感情があります。Hyos.もとらなくちゃ!!感動的な授業でした。

●本日も魂の授業ありがとうございました、生徒の目線まで下りて来てくださって、優しく辛抱強く教えてくださって、いつも頭が下がります。ホメオパスとしての経験に裏打ちされたレメディーの使い方はとても説得力があります、菊田先生はどんどんカッコ良く素敵になってきてますね~。来年も楽しみです!!Hell.ありがとうございました

●今日で菊田先生の授業も最後・・・と思って学校に来ました。当初DVDだったのがライブになったのは本当に良かったです。ケースも沢山ちりばめて頂き、レメディーの具体的な使用例がわかる菊田先生のMMはそれだけではなく、印象に深いエピソードを入れて下さるので入ってきやすいんだなあ~と、4年生になってようやく気付いたような感じがします。Hyos.のエピソードとてもよかったです。(すごく頭の中に入ってきました)そして、「誰より好きなのに」という曲が脳内再生されてHyos.=嫉妬=自信のなさというパートもつながり、いまひとつナス科の中でも使いどころに悩むところがあったのですが、ポイントが分かったような気がします。今、ケースを実施していますが、最後に先生がD判定で突き返されたというお話があり、びっくりもしましたが、それでも地道にやれば何とかなるよ、というのをまさに体現されていることに非常に勇気づけられました。4年間はもう少しで終わってしまいますが、地道にやっていきたいと思います。余りお話をする機会はありませんでしたが、印象深い授業ばかりでした。ありがとうございます。

●菊田先生、今日は楽しい授業をありがとうございました!昨日から白目の出血がおき、私物のレメディーやマザーチンクチャーを提供して下さりありがとうございました。一人一人に語りかけるような菊田先生の授業、最高です!今学生相談でHyos.Ign.Ph-ac.を出している人がいるので、とても興味深々で聞いていました。MMが楽しくなってきたのは菊田先生のお蔭です!でもすぐ忘れてしまうので繰り返し学習していきます。楽しく学ぶ、これができるようになって、これからますますMMの授業が楽しくなりそうです。本日もありがとうございました!

●菊田先生の最後の授業でした。4年間ありがとうございました。Ph-ac.はホメオパスの資格を持つ姉がいつもいいレメディだと絶賛してました。自分でもよく使いますが、いまいち姉の言っている意味が解らなかったんです。実にすばらしいレメディだったのですね。疲れ以外でもとても幅広く利用できることを学べました。Hyos.は高熱が出た時によく使います。よくヒットします。Mur-ac.は学生ケースで見ている小学生の子がお母さんが死んでしまう恐怖を持っています。今度処方してみたいと思います。私も時々、自分が不幸に感じることがあるので、Hell.もとってみようかと思いました。

●今年は春から体調が本当によくなく、授業も前半はほとんど欠席。学生ケースも取れず(それ以前に自分の治療を)一歩も動きだせない。Facebook等で、活躍する先輩や同期の記事を見ることも辛い状況だったのですが、その時Hell.とったらよかったかしら?と思いました。その時はそう感じながらも「イヤイヤ、私は他人のことなどうらやんでいない」と意地を張ってましたけど。ようやっと症状が落ち着いてきた今なら、素直になれそうです。状況的に後れをとっている事には変わらないので、またHell.的にならないとも限らず、むしろそうならないかなあとすら思ってますけど。そういうわけで、今日の菊田先生の講義はもともとの予定がDVDでしたので、「本年度は先生に直接講義を受ける機会がないのか、残念だなあ」と思っていました。無理を押しての講義でいらしたようですが、私にとってはとても救いになりました。ありがとうございました。

●菊田先生の授業、体験談を合わせて話してくださるのでとてもわかり易かったです。学生ケースの提出方法も実際に見せていただくとわかり易いです。学生の困っていることや体験談からも学ぶことが多くありがたいです。授業でよく出てくるレメディーを学べたので、今後また使って見たいと思います。菊田先生は過去に辛いことも経験されているからこそ多くの事に細やかな気遣いができ、素敵な先生に学ばせていただいていることに改めて感謝する授業でした。ありがとうございました。

●今日はお忙しいなか、ライブの授業にしてくださってありがとうございます。わかりやすい解説、たくさんのケースの紹介、そして先生自身の体験談…本当にありがとうございました。試験どうなるか全く自信がありませんが、何度でも受けるつもりで、卒業できても、まだ必要と感じる授業はまた受けに行きます。ありがとうございました。

●三年間ありがとうございました。様々な試行錯誤でわかりやすく伝えようとしてくれたこと、ありがたかったです。そろそろTBRで自分の処方をする時期で、Spig.が昨日TBRで出たところでした。8位ぐらい?もうちょっと深めてみて選ぶかどうか検討してみようと思います。後は自分で自分で自分で…と積み上げていこうと思います。一番底の部分を作ること手伝っていただきありがとうございました。

●思えば1年生の時は名前も分からないレメディが多く、イメージもわかなかったのに、今は「あれ?まだ習ってなかったんだ」と思うレメディも多く、あんなにおもしろくないと思っていたMMの授業が今はとても楽しく終わることが残念です。4年間、ありがとうございました。菊ちゃん、これからもがんばってください。

●いつもご自身の体験をさらけ出してマテリア・メディカを教えて頂くという献身的教授、しかもパフォーマンス付き!そこまでして教えて頂いたのにマテリア・メディカは、私の中の潜在意識へと潜ったのか顕在意識として昇ってきません。どうしましょう。ケース提出にも手をつけていません。どうしましょう。何はともあれ4年間お世話になりありがとうございました。毎回楽しい授業でした。

●菊田先生、ライブ授業をありがとうございました。いつも違いが分からず迷っていたPhosとPh-acが理解できました。レメディーの全体像をとらえやすく講義していただき、ありがとうございました。菊田先生の初めての講義は、インチャコースMM Lach…でした。Lachのレメディーを取って体調崩した菊田先生を見ました。それ以来、菊田先生のMM、大丈夫か?!と思っていましたが、安定の菊田先生に変容されて、うれしく思います。笑。あまり直接お話しする機会は少なかったですが、お世話になりました。名古屋のひとり五期生より。

●Ph-acに「歯がすり減る、腐食性の酸によるもののよう」というルーブリックがあったのは、発見でした。ホワイトニングして、歯のエナメル質が溶けて、黒くなってしまった人に、今後使ってみようと思いました。菊田先生のインチャ癒しの体験談は、すごく共感できました。今だから笑って話せるけど、高校生の頃は本当に私も恥ずかしいことばっかりで、嫌になります。そのころのインチャ癒しもやっていく必要があると思いました。

●菊田先生のMMの授業、これで終わりかと思うとちょっとさびしい気もします。脂ののってきた旬にきたかな、という菊ちゃんの進化に感心しております。ビリケツでもよいので、認定試験を早くパスして世の中の人の役に立ちたいと思います。菊田先生4年間どうもありがとうございました。

●菊田先生の体験でたくさん聞かせいただいてとても楽しかったです。人にホメオパシーの事を伝えるときに自分の体験と絡めて話しをするのは分かりやすいですし大切ですね。日々それを意識して過ごしていきたいなあと思います。

●菊田先生、ありがとうございました。先生のマテリアメディカの授業は、とても分かりやすく、勉強するのが楽しくなりました。先生に出会えてなかったら、4年間こんなに楽しく勉強できなかったと思います。感謝でいっぱいです。ありがとうございました。

●菊田先生の話を聞いていたら、菊田先生の今回の人生は、繊細な人の感情を学びつくそうとして、生まれてきたのではと思いました。自分でひとつひとつの事柄を分析して、すばらしいです。とてもわかりやすくて楽しい授業でした。

●菊田先生の授業が4年生が最後だったということで、本来DVDだったところを、忙しいところ生授業にしてくれて、菊田先生の男気を感じました。ありがとうございました。レメディーはPh-ac.かMur-c.など酸系のレメディーが気になりました。

●菊田先生の最後の授業を生でうけることができ感謝です。ほんとに生きた授業でした。たくさんのケース、体験を通して話して下さり、レメディ像がより明確になりました。

●本日も有意義な講義をありがとうございました。やっとMMのつかみ方を体得できました。菊田先生、ありがとうございました。

●マテリアメディカの授業、たのしいです。菊田先生の体験とかも面白くて、一日退屈しないで聞いてられます。

●Ph-acは疲れた時にとってみようと思った。Hellは自分にぴったりだと思ってびっくりした。

●ありがとうございました。いつも丁寧な授業でわかりやすいです。

●1つ1つのレメディーを大切に教えていただきありがとうございました。

<< 1つ前の記事へ | 記事一覧へ |

最新の講義の様子

2017/12/03CHhom プロフェッショナルホメオパス CH5・6期「マテリアメディカ」講師...
2017/12/02CHhom プロフェッショナルホメオパス CH5・6期「ケーステイクと分析」講...
2017/11/26CHhom プロフェッショナルホメオパス CH7・8期「解剖生理④ 神経系」講...
2017/11/25CHhom プロフェッショナルホメオパス CH7・8期「マテリアメディカ①ー1...
2017/11/19CHhom プロフェッショナルホメオパス CH5・6期「マテリアメディカ」講師...

講義を月別に表示する