2017年11月25日(土)

2017年11月25日(土)

CHhom プロフェッショナルホメオパス CH7・8期
「マテリアメディカ①ー1」
講師:菊田先生

20171125_CH78_tokyo_01.jpg20171125_CH78_tokyo_02.jpg

(写真クリックで拡大します。)

本日のCHhomでは、CH7期8期の合同で、菊田先生による「マテリアメディカ①ー1」の授業が行われました。

授業では「Acon.Arn.Ars.Aurip.」のレメディーが紹介され、それぞれ植物や鉱物などの解説を交えながら、詳しい説明がありました。

その後、自らの体験談を数多く話され、各レメディーの使い方や影響についてなどの分かりやすい説明があり、受講生の皆様も興味深く熱心に聞かれている様子が伺えました。

授業後半では、実際のケースを事例に処方したレメディーとその理由を説明するなど、より実践的な時間となりました。

休憩時間や授業後には、学生の皆様から多くの質問があり、菊田先生はその一つ一つに丁寧に答えていました。

菊田先生 本日はありがとうございました。
学生の皆様お疲れ様でした。

20171125_CH78_sapporo_01.jpg20171125_CH78_nagoya_01.jpg20171125_CH78_osaka_01.jpg20171125_CH78_fukuoka_01.jpg

講義の感想

●日頃、使うことの多いレメディーの学びでしたので、尚、奥深い部分を学ばせていただきました。精神だけでなく、肉体にも効くこと、まだまだ一面しかとらえていなかったことにも気づかせていただきました。“経験の医学”ということを日々実感しています。レメディーにより、気づきをいただき、インチャ、感情と向きあって…本来の自分への一歩一歩を歩んでいることを意識しています。つらい時(身体的、精神的にも)にも、レメディーの力をおかりして自分と向きあえていること、自分を置きざりにしないでと気づかせていただけていることは、本当に生き方が変えられること、感謝です。

●今日は電車が止まり、途中、心が折れそうになりましたが、頑張って来て良かったです。アーセニカムのケースを聞いて、治癒するのには、途中、再発もあったりして一筋縄ではいかないことがよくわかりました。それでも、クライアントさんの理解が得られ、最終的に症状の改善が見られれば良いのかなと思いました。シャーマ先生のスピリチュアル的視点からのレメディーの解説が、とても面白いと思いました。時間を見つけて本を読んでみたいと思います。介護の仕事をしていますが、褥瘡と気の滞りを今まで結びつけて考えていませんでした。癒着にもアーニカが良いのも知りませんでした。長時間の講義、ありがとうございました。

●今日は一番メジャーなレメディーと言っても過言ではない、Acon.、Arn.、Ars.をわかりやすく解説していただけてすごく良かったです。Ars.もAcon.も精神にすごく関係があるのがわかり、インチャのケースを通して、改めてインチャ癒しについて考えることができました。どのレメディーも奥が深くて勉強するのがすごく楽しかったです。授業中にプルービングする菊田先生が面白かったです(笑)ホメオパシーは経験の医学なので、自分でもいろいろ試してみたくなりました。ありがとうございました。

●久々の菊田先生の授業で、期待通りに興味あるものとなりました。今日のレメディ達もおなじみのものでしたが、仲々奥が深いものでした。Aconは最強のレメディなのかなと思います。主人が知人が飲酒のせいもあり電車の中で気を失ってしまったらしいです。その時にたまたま持っていたAconを入れたところ すぐに正気に戻ったとか、その知人もすごいと驚いていたそうです。授業内でAconのMTをからだをはって試して下さり有難うございました。

●よく使用するレメディなので興味深く聞きました。特にArs.はよくとります。寒さからの腹痛や体調不良の時に効くと感じています。が、私は完ぺき主義でもないしガチガチの真面目でもないのでそこは不思議だなあと思いながらとっています。という授業の内容もさることながら、私は今日の先生に"お疲れ"を感じました。アコナイトのチンクチャーでアドレナリン出さないで、どうかゆっくり休んで下さい。次回は元気100%の菊田先生の授業受けたいと思います。

●良く使う基本のレメディだけに奥が深いなあと思いました。Arn.とArs.はちょっと名前が似ていてすぐ混同してしまうので、この機会にしっかり違いを覚えようと思っていますが、よく考えればわかるのに、すぐ間違えそうになるので、この語もしっかり復習しなきゃなと思いました。元素同期表から見た物質の性質で似たグループがあるので、また詳しくお話を伺ったり、本があれば読んでみたいと思いました。

●久しぶりのMMの講義で面白かったです。Acon.もArs.もとても良く使うから、レメディーで自分の中に入ってきやすかったです。トリカブトは昔から実際に使われていたり、昔の知恵もすごいな、と思います。現代人が無くしてしまっている感覚だろうな、と思います。Ars.もいろんな効果や意味があって深いレメディーだろうなと思いました。特にスピリット的な意味、死と関連する・・・というあたりが興味深かったです。だんだんレメディーと心身のつながりがわかるようになってきて、MMの講義もいろんな視点で話して下さるのが分かりやすくてとても勉強になりました。

●よく知っているレメディーでしたが、深いところまで知ることができて、再び勉強して、しっかり使えるようにしたいと思いました。特に最後のケース(Arn.)のDVを受けていた人がArn.をとると、忘れていた体の痛みや心の痛みが好転反応として1週間も出て、その後立ち直っていけたケース。私もよくけがをしたり、尾てい骨を打ったりし、その後ミシミシと痛むこともあるので、Arn.とってエネルギーのと滞りを流せるようにしたいと思いました。春菊は去年栽培していて、種をとるために花をいっぱいさかせたのですが、花は本当に黄色でエネルギーの高さを感じました。この花も食べれたんですね。今度作ったら食べて、太陽のエネルギーをもらおうと思います。ありがとうございました。

●説明はとてもわかり易かったですが、一つのレメディーの全体像をとらえるのは難しいと感じました。同じような特徴を持つレメディーは多くあるし、精神的な状態の一致…というとその人に合うレメディーを選択するのは簡単ではないと思いました。とはいえ急性症状ならまず使って見る事も大事かと思いますので、この症状にはこれ、という大きな特徴も頭に入れつつ使って見ることも必要だと思います。自分や家族の症状にも合わせてどんどん試していきたいと思います。ケースの紹介の中で、ホメオパスとして患者さんとどう向き合って行くかというお話がとても為になりました。

●先生のパワーポイント作成内容が詳しく書かれており、学生にはとても助かります。先生の心遣いが伝わる資料でした。ありがとうございました。後になりましたが、ヨーロッパでは大変お世話になりました。4カ国の発表の準備と会場ではパワーポイント係をされ、どんなに緊張されたかと思います。今日の講義では映像を通してお会いして、帰国後もお忙しく無理されて、声がかれているのがわかりました。私も同状態です。(私は先週バレーボール大会に頑張り、優秀インチャに気付きました。)学生の私からで申し訳ありませんが、どうぞ”ご自分の心身を大切に”。講義中の犬の事例に通じるかもしれませんが、大阪から応援しています。いろいろとありがとうございました。

●いつも細かく丁寧に教えて頂けて1つ1つのレメディーがとても分かりやすく、知っているレメディーでしたが、更に深く知ることが出来て良かったです。菊田先生のレメディーの図がいつも分かりやすく、本日なかったのが残念でしたが、Aconのマザーチンクチャーの試飲をLiveでして頂け、とても心配でしたが効果を目の前で見ることが出来てありがたかったです。ハイになった菊田先生も見れましたし(笑)ありがとうございました。

●午前インチャの講義に行ってましたので、午後からの参加です。アコナイトMTを飲まれた菊田先生、なかなか興味深かったです。わずかな量でも効果がすごくあることを身をもって実演してくださって、ありがとうございました。Arsのケースの方のインチャ癒しの話は、まるで私のようだと思いましたが、まだ自分は悲しい心をしっかりと見つめて癒してないので、あわてず、でもしっかりとやらねばと思ってます。菊田先生の講義は、情報量が多いのでいつも楽しいです。

●Acon.Ars.と丁寧に説明していただき、とてもわかり易かったです。菊田先生がお疲れであったみたいですが、声のトーンは元気そうでよかったです。今回は特にファーストエイドのレメディーであり、ポリクレストレメディーであったので、何度か使ったことのあるレメディーであったが、今回の講義でまだまだ奥深さを感じました。Arn.含め今回は精神的な面も含めとても重要なものだと思いました。

●Acon.はおなじみのレメディーですが、粟粒疹など、頭に入っていなかった症状もあり、勉強になりました。個人的には感情面より肉体面の方がレメディーの特徴をつかみ難いというか、覚えにくいので、授業で肉体的症状をたくさん取り上げていただけると嬉しいです。Ars.のケースは鉱物だけれど植物のようにも使えるArs.の使い方がよくわかりました。

●Aco.Ars.Arn.Aurip.アコナイトに怒りもあるということ、意外でした。久しぶりのマテリアメディカの授業で改めてRA、CKをちゃんと読みこもう、と気合いが入りました。MTのプルービングをして下さり、ありがとうございました。すごく強く印象に残りました。今日は色々な質問に答えて下さり、ありがとうございました。普段の疑問がクリアになりました。

●アコナイトで風邪を引かずに済んだことが何度かあります。狂言はおもしろかったです。アコナイトとは意外でした。パニックを起こさない為、何度かとったことがあります、例えば転ぶ。夫にアーニカを持たせていますが、アコナイトも追加したいと思いました。午前中の講義中程、息がしにくくなったのでArs.を摂ると落ち着きました。

●現在自分のまわり(家族)で必要としているAcon.とArs.について、詳しく学ぶ事ができてとても勉強になりました。ケースのレメディー処方はとても参考になりました。さっそく実践していきたいと思いました。ありがとうございました。

●Acon.Arn.Ars.は代表的な使い方ばかりしていたので、今日学んだような使い方を色々してみたいと思いました。最近、癒しが進んだことがありましたが、胃も痛くなることもあるので、今の私にも合うような気がします。ありがとうございました。

●菊田先生 ありがとうございました。Acon.Ars.Arn. いずれもポリクレストで大きいレメディでしたが、深く考えさせられました。特にAcon.の特徴は、内に響くものがあって、聞いているだけで強烈でした。家に帰ったらとってみたいです。

●どれも馴染みのあるレメディーですが、奥が深くて素晴らしいと感じながら聞いていました。Ars.は癌にも抗疥癬にも使えると知って、守備範囲が広いんだなーと驚きました。私自身はArn.をとって歯肉の出血が少しおさまった事がありました

●今ずっとイボの治療をしているのですが、ちょうど今日、寅子先生にArsを指示されました。私には、そんなに不安や恐怖があったのかな?と考えさられました。インチャ癒しをまた1つしてみようと思いました。レメディーだけでは、また戻ってしまうのですよね。両方とも同時にやってみます。

●有難うございました。基本のレメディA・A・Aについて詳しく知り学ぶことができました。使いやすいことから、何故かこれまで使わずにいましたが、使う機会が多いものなので、とにかく使って実感してみようと思います。

●1年時より多種のレメディー、フラワーエッセンスを摂ってきたので、以前より理解が出来るようになってきました。以前は、読むことが困難でした。ヨーロッパツアーの様子を拝見して、ヨーロッパでは身近に、自分の選択できる範囲に自然療法があってとてもうらやましいです。

●今日は遅延で遅れてしまい1時間ロスしてしまい午前中は落ち着かなかったです。午後からArs.のマテリアメディカで感覚や症状が沢山あり、焦ります。ケースも細かくわかりやすかったです。ルーブリックの引き方が難しいです。Ars.とArn.はよく使うレメディーで深く学べてよかったです

●アコナイト、アーセニカムに時間がたっぷりとってあって、イメージが作りやすかったです。AconのMTを飲んですぐに症状が出たので、よりAconのインパクトが強く残りました。こんなにすぐに反応がでるんだなと驚きました。

●菊田先生の授業は、優しいしゃべりと情報の多さで分かりやすいです。前回の時の方が資料も分かりやすくて良かったですが、今回はしかたないですね。でも、しゃべりの方で、内容は伝わりました。ありがとうございました。

●各レメディーのケースがまるで自分のことのようでした。特に犬の飼い主さんのケースで、昔よりは癖を自覚して少しマシになってきたと思っていましたが、話を聞いていて涙が出るということは、まだまだ癖があるなと。(ペットが病気になった時の心情がそっくりでした)今日ショップでインナーチャイルドの本も購入したので、ゆっくりやっていきたいと思います。

●講義はわかりやすかったです。ヨーロッパの映像はとてもすばらしく作られていて、音楽もピッタリで、ガウンの人で笑いが起きたり、素晴らしかった。菊田先生のヨーロッパの話で、最後号泣したという話で、私もその時のことを思い出して、とても楽しく感謝いっぱいの旅だったなと‥つくづく思いました。ケース聞いて、インチャ、トラウマ、自分の内面の大切さあらためて実感しました。

●大きなレメディーだったので、イメージがなんとなくぼんやりした感じでつかみにくいような印象を受けました。よくつかわれる大切なレメディーなので、自分でイメージを持てるようになりたいと思いました。

●Acon.はよく使いますが、パニックや初期症状だけでなく、強直的な特徴や月経中の不調にもいいなど、授業で新しい発見がたくさんありました。Ars.も自分にとてもあうとも思いました。今まで使わなかった場面でも使って見ようと思います。ありがとうございました。

●本日の講義は基本的かつ最も一般的によくつかわれるレメディー、AAAの解説でした。菊田先生の優しくわかり易い講義は頭に入ってきやすく、理解が進みました。

●今日は午後からの出席です。先生、Acon.の影響でしょうか、ずっと顔が赤くてフワフワでした(笑)。打撲に対して、黄色くなったエリアのことを腐っているのだと勘違いしていました。

●日頃なじみのあるレメディーでしたが、より深く知る事が出来ました。ケースでは、自分や家族のことなどに重ねあわせて考えることで、気付きがあったりもしました。

●午前中の犬の症例がよく分かりませんでしたが、10月の海外スクーリングを終えて後期の学習となり、身を引き締めて初心に帰ろうと思いました。

●Ars.のケースの話の時、1時間ほど説明があったので、まとめた配布資料などがあっても良いと思った。

●レメディの特徴をおしみなく教えていただきありがとうございました。貴重な経験をふまえたお話、勉強になりました。

●今まで何度か習ったレメディを掘り下げて勉強できて、大変有益な授業でした。

●とても分かりやすかったです。途中でヨーロッパのビデオも見られ、興味深かったです。

●Acon.は恐怖や炎症のはじめにというくらいの認識しかなかったので勉強になりました

●Acon.Ars.について詳しく話してもらってよく理解できた気がする。

●よく使うレメディーだったので、わかり易かったです。本日もありがとうございました。

●使われることがないようなレメディーもある事を知りました。

<< 1つ前の記事へ | 記事一覧へ | 次の記事へ >>

最新の講義の様子

2017/11/26CHhom プロフェッショナルホメオパス CH7・8期「解剖生理④ 神経系」講...
2017/11/25CHhom プロフェッショナルホメオパス CH7・8期「マテリアメディカ①ー1...
2017/11/19CHhom プロフェッショナルホメオパス CH5・6期「マテリアメディカ」講師...
2017/11/18CHhom プロフェッショナルホメオパス CH5・6期「ホメオパシー心理学」講...
2017/10/15CHhom プロフェッショナルホメオパス CH5・6期「マテリアメディカ」講師...

講義を月別に表示する