2017年10月15日(日)

2017年10月15日(日)

CHhom プロフェッショナルホメオパス CH5・6期
「マテリアメディカ」
講師:菊田先生

20171015_CH56_tokyo_01.jpg20171015_CH56_tokyo_02.jpg

(写真クリックで拡大します。)

本日のCH5.6期では、菊田先生による「マテリアメディカ」授業が、「Agar.Anac.Aur.Aur-.Con.Samb」をテーマに行われました。

授業では、それぞれの名前の由来や特徴などの細かい説明があり、その後、実際の相談会ケースや菊田先生の体験談を交えながら、様々なシチュエーションでの使用方法について学ぶ、とても実践的な内容となりました。

授業の合間では、各拠点の学生達が実際にこれらのレメディーを使用した際の状態や、効果についてシェアする時間もあり、より理解が深まった事と思います。

菊田先生のユーモアを交えた体験談で、教室は終始温かい雰囲気となりました。

菊田先生ありがとうございました。学生の皆様、お疲れさまでした。

20171015_CH56_sapporo_01.jpg20171015_CH56_nagoya_01.jpg20171015_CH56_osaka_01.jpg20171015_CH56_fukuoka_01.jpg

講義の感想

●クライアントさんにレメディを選択する際、自分の中にMMがしっかりと像として捉えられていないことを多々実感しています。今日学んだレメディをしっかり身に着けたいと思いました。自分にしっかり落とし込みます。菊田先生、先生としてホメオパスとして、大変お世話になっています。今回が最後だと思っていたので涙しました。ホメオパスとしての先生は私の目標です・・・。先生にみてもらってとっても幸せだったなって・・・。私の今があるのは、先生のおかげです。感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

●とても丁寧な、わかりやすいMMの解説で、とても楽しくより興味を持って授業が進みました。菌についての説明も細かく、とてもありがたかったです。クライアントさんが"感謝"に気づかれると嬉しいですよネ。この世界、仕組み的に感謝が足りている人は1人もいませんが、自分を含めて、感謝に広く深く毎日少しずつでも広く深く気づけるようにと思います。心からの感謝が広く、深くなるほど、この世界は特に人間関係は変化しますよネ。親しい人はもちろん、電車で一緒に乗る知らない人まで・・・。次回の授業も楽しみにしています。ありがとうございました。

●Aur.出したいけれど、いつ、どんなタイミングで出したら・・・とずっと気になりつつも、おっかなくて他のレメディーで対応していましたが、、今日のAur.+Syph.+Ing.というレメディー選択の組み合わせとその根拠を説明いただけ、また疥癬の前に梅毒マヤズムは、もっとやっておく必要が!確認できてよかったです。いつかいつか・・・で伸ばしていましたが、今後はその時の状況と症状からAur.がでるようであればレメディー選択に入れていこう!と心から思いました。Agar.は余り馴染みがない(癌によさそう)印象でしたが、冷え、低体温によいと聞き免疫とようやくここで結びつきました。これも体力が無い人、衰弱している時に使うとよいのですね。そして菊田先生のMM、個人的には1年生の時に聞いたMMがすごく印象に残っていたのですが、今日の渾身の授業を聞いて思ったことが、いろいろ関連事項や実際の使用例、エピソードなどを多く盛り込んで下さり、しかもそれがとてもわかりやすくきめ細やかさにも圧倒されたというか。確実に何かを受け取れたような感触を得られました。ありがとうございました。各地のホメオパスのケースを紹介して下さるのもすごく為になります!!

●菊田先生ありがとうございました。今日は偶然にもベニテングダケが教室にあって「Agar」のレメディの勉強で、しかも自分は赤に白ドットのセーターを着ていて、自分がベニテングダケになってような気分でした(笑)しかも胃が冷えた感じは常にあるのでAgarをとってみなきゃですね。今日は眠気が全くなく、授業に集中できました。菊田先生のエネルギーですかね。ありがとうございました。

●菊田先生のマテリアメディカが今日で最後かと思いきや、最後のDVDのMMもライブ授業になったということで、よっしゃー!やったー!と思いました。やっっぱりMMは質問したいことも色々あるし、DVD授業じゃ聞けないので、ライブがいいですよ!Con.Agar.すごく知りたかったので、今日がっつり知れてよかったです。

●毎回の事ですが、馴じみのないレメディが多かったです。私自身、風邪の後、1年半以上頑固な咳が続いたこともあり、Samb.を機会があれば試してみたいと思いました。自分自身Aur.もとったことがあるのですが、今まで好転反応が出たことがなく、過敏な人の反応というものがわからないのですが、気をつけたいと思いました。次回のMMがライブになり良かったです。ありがとうございます。細く長くやっていきたいと思います。

●とてもわかりやすい授業をありがとうございました。授業中にTBRを使ってMMを確認するのはとても良いです。なるほど!と思わされレメディのポイントが頭に入ります。Aur.が難しいレメディである事は知っていましたが、それについて丁寧に説明していただき、とてもよく理解できました。菊田先生は処方の根拠を解説して下さるので、分かりわかりやすいです。

●今日の授業も情報満載!いろいろな関連すること、身体的なケースなど、たくさん話して説明していただき、とても楽しい1日でした。昨日、今日と学ぶことが本当に楽しい。こうしたことをやりたかったのだという思いで勉強できました。次回、ライブ授業にしてくださるとのこと、とっても嬉しいです。楽しみにしています。今日もありがとうございました。

●今日も菊田先生の愛をいっぱい感じました!!Conのレメディーは今の時代に必要なレメディーだと思います。私自身も使ってみたいです。菊田先生の健康相談のおかげで、私すっごく体調良くなりましたよ!!半年ほぼ寝たきりだったのにー!精神もあまりにいろいろな事が起こりまくったのに、元気ですよ!!もー、今までのレメディーなんだったの?!って感じです。先生、もっとケース発表とかしてガンガンいっちゃって下さいよ。

●久しぶりに菊田先生の授業でした。いつもながら誠意あふれる講義でした。わかりやすく、ていねいに解説して下さったので、とても良かったです。余裕も感じられましたヨ! 生徒の目線に立って説明して下さるので、ありがたいです。まとめの図(マインドマップのようなやつ)はとても良いです。また12月の授業を楽しみにしています。

●なんとなく咳が出ていたので、Samb.のチンクチャー飲んだからか、顔や体がほてったような感じがしてきました。次のライブの授業は、来られるのか分からない状況なので、ひとまず4年間、ありがとうございました!! いつも赤裸々で、レメディーが身近に感じられる講義ばかりで、とても楽しかったです。

●Con.―とても気になるレメディーです。特に、この日本の女性には、とても使えるものだと思います。Aur.―使うのに少々ためらいますが、よく考えて使ってみます。MMで習っていながら使ってないレメディーがたくさんありますが、なるべく機会をみつけてやってみます。1つ1つのレメディーだけでなく、レメディーと他のレメディーとの相性、マヤズムとの関係も、とても大切だと思いました。

●菊田先生わかりやすい授業ありがとうございました!咳で苦しい大変だったと思いますが…私以前から生きていても苦しいので、いつか尼さんになると思っていました。まさにCon.です。しかしMMも他の授業も聞いている時は「それそれ!」と思うのにすぐに充てれるという自分の記憶力は一体何なのだろうと思う日々です。

●菊田先生のMM。Anac.Aur.Con.といった重要なレメディーを学ぶことができました。その中でも特にうつのクライアントにAur.を出すときの留意点、方法について詳しく学ぶことができて良かったです。菊田先生、病み上がりの中、ヨーロッパ遠征の準備等大変でしょうが頑張ってください。4年間貴重な学びをどうもありがとうございました。

●実際のケースを丁寧に教えていただき、わかり易かったです。今、私がとっているレメディーもあり、興味深く聞かせていただきました。資料の関連図のようなものもわかりやすいと思いました。ありがとうございました。

●次回12月3日、MM①-13 DVD改め、生菊田先生授業、アンコールにこたえてくださり、ありがとうございます。病み上がりでの授業、ありがとうございます。同じ咳をしながら、たくさんメモを取りました。早速、Samb.を取り寄せてみます。今日がラスト生菊田先生と覚悟を決めて来ましたけど、名残りおしくて…。

●子どもも私も毎年しもやけになるので、Agar.を飲んでみようと思った。混乱している親像がまさしく自分だったので、ショックだった。やっと授業が理解できるようになってきた。菊田先生も、自信がない中で頑張っているんだーと知って、励みになった。

●菊田先生のクライアントさんへの言葉がけが、とても背中をおしたり、支えられたり、私も元気を頂けました。とても温かさを感じます。菊田先生のケーススタディを本当に楽しみにしています。今日もありがとうございました。

●菊田先生の熱(思い)のこもった授業ありがとうございます。レメディーの一つ一つ大切さを改めて感じました。Aur.についても処方のポイントを改めて確認できてよかったです。たくさんの気づきを得ているクライアントさんの様子に感動しました。

●準備できなかったとは思えないしっかりした内容を教えて頂きありがとうございました。おかげさまで、少しずつ、レメディーというものに慣れてきたのか、「頭に入るかな…」と思えるような感覚もでてきました。ちょっとずつギアを上げていきます。

●とてもわかりやすかったです。重要な所だけ強調してくれるので、菊田先生の授業はとても記憶に残ります。ケースの例(最後の人)の症例も、気づきがとても素晴らしかったです。全ての事に通じる事だと思いますが、自分で気づくことが大切なのだと思います。

●今日もとても楽しい授業でした。Agar.が菌数のレメディーという事で、症状の治癒の可能性を感じました。菊田先生の体験からレメディー像のイメージを分かりやすく理解できました。今後の学生相談に活かしていきたいです。

●今日で最後の授業かと思っていましたので、12月にまたライブで授業を受けられるのは、たいへん嬉しいです。資料を全て読んでいくのではなくポイントを分かりやすく解説されていたことと、ケースを詳細に解説していただけて良かったです。

●体調のすぐれない中、ありがとうございました。菊田先生のマテリアメディカの授業はわかりやすくて勉強になります。Aur.、Con.は聞いた事がありましたが、詳しくわかっていなかったので良かったです。

●わかりやすく説明していただきまして、ありがとうございました。先生とクライアントさんへの対応にやさしさを感じました。先生の等身大の姿に感動しました。次の授業も楽しみです。

●菊田先生の最後の授業だと息ごんで来ましたが、12月のDVDがライブとなったことが非常にうれしいです。Agar.とても興味がわきました。低体温の娘にとらせてみようと思います。ありがとうございました。

●ご自身の過去の体験も隠すことなくさらけ出して、私達に教授される姿勢は、いつもありがたく、又勇気付けられました。優しいお人柄がにじみ出る菊田先生の授業が大好きです。ありがとうございました。

●ありがとうございました。金貨はほしくなりました。立ち上がる際、好転はむしろ反対なので、Aur.は合わないかなぁと思いました。

●菊田先生のクライアントさんへの導きがすばらしいなと思いました。ありがとうございました。

●Aur.注意点とかの処方法などとても勉強になりました。

●とてもわかりやすかったです。ありがとうございました。

●4年間ありがとうございました。


<< 1つ前の記事へ | 記事一覧へ |

最新の講義の様子

2017/10/15CHhom プロフェッショナルホメオパス CH5・6期「マテリアメディカ」講師...
2017/10/14CHhom プロフェッショナルホメオパス CH5・6期「ケーステイクと分析」講...
2017/10/08CHhom プロフェッショナルホメオパス CH7・8期「解剖生理学③ 筋系」講...
2017/10/07CHhom プロフェッショナルホメオパス CH7・8期「臨床病理学7」講師:酒...
2017/10/01CHhom プロフェッショナルホメオパス CH5・6期「日本のフラワーエッセン...

講義を月別に表示する