2012年06月03日(日)

2012年6月3日(日)

CHhom プロフェッショナルホメオパス4年制コース CH1期&RAH13期合同
「ケーステイクと分析」
講師:由井学長

20120602_rah13_ch2.jpg

6月に入り初夏を感じさせる日が多くなってきました。

本日は午前中に由井学長によるライブのケーステイクが行われ、午後は由井学長指導の元、学生主体でケース毎の分析が行われ、活発な意見が飛び交う授業になりました。

午前

実際の由井学長ケーステイクの様子を学生達は映像で見ながらレメディーを導き出す参加型の授業だけに必死でノートをとる様子が印象的でした。

また、患者さんの苦しみを温かく包みこむ言葉や、症状への的確な問診など高度なケーステイクの様子を食い入るように見る学生達は五感を使って体全身で学んでいるようでした。

午後

初めに、学生がそれぞれのケースに対して感じた事、着目した症状などを積極的にのべる形式で授業が進められ、中継で繋いだ日本全国の学生達から活発な意見が飛び交いました。そして由井学長の思考プロセスを追うようにゆっくりとレメディー選択の手順が解説され、様々な角度から検証された揺るぎのない1つのレメディー。また、そのレメディーを補完するコンビネーションの選択方法など、三次元処方の高度な技術を学ぶ最高の時間になりました。

時折学生達は心・体・魂を三位一体で見る由井学長のレメディー選択の技術に、「はー」「奥が深すぎる」などの声があがりました。

ライブ感溢れる白熱した授業の内容に大きな拍手で幕を閉じました。

由井学長、本日も素晴らしい授業をありがとうございました。

学生の皆さんお疲れ様でした。

講義の感想

●初めてのケース、圧倒されました。着眼点とマテリアメディカの知識、そして何より「愛」が大切だとあらためて感 じました。子どもたちに接する特にお母さんが、道徳や価値観や常識にとらわれず、「子ども自信のために」話が聞けるといいなと切に思いました。

●限られた時間の中で病理を見極め3次元処方に導くのは本当に難しいと思った。中にはどこから、そのレメディ、その質問が出てくるのか!と思わされる瞬間もあったが、マテリアメディカを学ぶことの重要さを再認識させられた。学生のためにビデオにおさまって下さる患者さん皆様には本当に有り難いと思った。今日もありがとうございました。

●ケーステイクと分析、すごい授業でした。ホメオパシーのこの学校はすごいと思いましたし、ホメオパスの仕事って忍耐と言われていた本当の意味がわかりました。一人のクライアントさんの話を1時間しっかり聞くという作業は本当に大変でした。3ケースもやってすでにへとへとでした。これを本番でたとえば8人もこなす先生のパワフルさに改めて脱帽でした。すごすぎです。資料がしっかりあったのでわかりやすかったですが、これをクライアントさんだけの資料と自分のまとめたもので導けるか……頑張りたいと思いました。

●初めてのケースで全部の流れが良くわかった。対応のやり方、話の引き出し方など今までのスクーリングで見えなかった部分がとても良く見えた。またどの部分をPickupするのかのフォローアップとして午後の授業で分析を出来たのでとても勉強になった。動物ではこのような形ではなかったのでケースの見方をどうすれば良いかとても理解できた。

●はじめてのことだったので色々大変でしたがとても面白かったです。先生と一緒に考えられるのでただケースを聞き続けるよりもよいと思いました。次はもっとコツがわかると思うので次回以降も楽しみにしています。先生の慧眼にはいつも驚きです・・・。すごいの一言につきました。なぜそういう質問したかあとでわかって興味深かったです。

●相談会の様子をリアルタイムに見ることができて、相談者の気持ちになったりしながら、次に誰が何を言うのか、先生がどんな風に切り返すのか、とても興味深く見ました。難しかったけど、するするとみんなでTBRしたり、楽しかったです。ありがとうございました。

●初めての生ケーステイクでした。とっても勉強になりました。自分が想像したレメディーとは全然違うものが出てきたりして、実践の難しさを 感じました。また、由井先生の、相談会中の言葉かけや雰囲気も、とっても勉強になりました。まだまだ学ぶことがたくさんあると実感しました。むずかしいけど、おもしろい。これからのチャレンジが楽しみです。ありがとうございました。

●レメディーを選ぶ根拠を説明していただき、そういうことなのかぁと聞いているときには思うのですが、自分がそこまで深く分析できず、レパートリー選びを一つ間違うとまったく別のレメディーになってしまうので、クライアントさんの特徴をよーく観察してポイントをつかむのがとても大事なのを再認識しました。DVDのケーステイクでもいつも思いますが、由井先生の言葉のレメディーもすごくて感動です。

●今日も貴重な授業をありがとうございました。ケーステイクは、とにかく一生懸命クライアントさんのお話を聞かせていただくのが精一杯でした。先生のかける言葉のレメディーは、本当に心にしみるものばかりでした。私の心も救われました。

●初めての生のケーステイクで、先生が、それぞれのクライアントに合わせて話をしながら、レメディーを選び、確認されていくのを見て、大変な作業だなぁと改めて思いました。由井先生も考え、迷いながらレメディーを考えていらっしゃるということを聞いて少し安心しつつも、もっとルーブリックを的確に選べるようになりたいし、マテリアメディカも勉強しなければ...と思いました。 

●初めてのケーステイクでしたが、クライアントの話をよく聞くことが大切だと思いました。由井学長のレメディーに至る過程を考えながら行うことで根拠づけが示唆されてとても勉強になりました。時々、何を選択するのか、自分の考えとつながっていると嬉しくなり、また勉強したいという思いが増しました。 

●午前中3ケース見学するだけでとても疲れました。その中でルーブリックをピックアップしてコンピュータに入力して、レメディーを探しながらクライアントさんの話を聞く。そんなことを果たして自分はできるのだろうか〜と考えてしまいます。午後から解説をしていただきましたが、特に3番目のクライアントさんのレメディーの探し方には、とても私には考えもつかない過程で、由井先生の偉大さをしみじみ感じました。


●難しかったですが、大変勉強になりました。どのようにレメディーを導き出していくのかが明確につかめました。午前中立て続けに3ケースをこなし、午後は講義と先生がこのような内容をなんなくこなしておられたこと、レメディーに選択についての考えの壮大さにただた だ驚きです。


●初ケーステイク、ホメオパスは忍耐が必要なのだと思いました。分析力をつけるためには、MMをしっかり読みこんで、レメディー像をしっかり持っておくことが大切なのだと思いました。相談会中の先生の話し方や言葉など、レメディーの選び以外にもとても参考になりました。より、ホメオパスとしての心構えをしっかり持っていこうと思いました。

●ケーステイクにおいての難しさともどかしさがイヤというほど感じられて、少々疲れてしましました。昨日の授業と関連するような部分も多く大変勉強になりましたが、アドバイスの仕方や、症状や訴えのどの部分に着目するかは本当に難しいなぁ、と思います。
●帝王切開で2回出産しているので、今日のケースは参考になりました。むずかしかったですねぇ……。アロマも抑圧になるんだなーとよくわかりました。カンジダは妊娠中ありましたので(自覚症状はなかったけど)砂糖断ちして今では砂糖なしでも大丈夫になりました。パンはいまだにおいしいけど……。

●相談会って修行だなと思いました(笑)。聞いているだけなのに疲れます(汗)。寅子先生のスタミナに脱帽です。1日6人とか、そういう人数を診たら私はブッ倒れそうです。ケーステイクができた・できないというより、そういう点でちょっとムリかも・・・・と思ってしまいました。慣れるといいんですケド、頑張ってみます。

●具体的な方法についてやりとりができて楽しかったです。先生に対してクライアントが生徒がいないからか、たいへん open なので、熱く語って頂けるのが拝見出来、良い機会でした。いろいろとご配慮頂き有難うございます。

●クライアントさんの、どの情報を重要なものとしてピックアップするのかにより、選ぶレメディーが違ってきてしまう恐さ(?)を感じました。3番目のケースでレメディーを選ばれた理由を教えて頂くと、このクライアントの特徴的なところと細部までつながっていて、すばらしかったです。食事からの生活見直しも重要だと思いました。次回はもう少し自分の考えが処方レメディーと多く一致するようがんばりたいと思います。どうもありがとうございました。

●時間内でケーステイクすることの難しさ、よくわかりました。あの中でRXS選ぶ の大変だと思います。なかなか意見言うの難しいですね。言いたくても、つい緊張してしまいます。でも楽しかったです。

●マヤズムのレメディーや臓器サポートは比較的選択しやすいと思いましたが、 メインのレメディーを決めることは非常に難しいと感じました。

●初の生ケース、いつもは短く編集されたものをみていたので長いとどこが大事かピックアップするのも大変だと思いました。大変参考になりました。ありがとうございます。

●6歳のケースはまるで私の息子のようでした。よくわかるなーと思います。私自身の家族のためにとってもヒントになることがたくさんありました。このために今日、5時間かけて来たんだなーと思いました。ありがとうございました。

●すごく勉強になりました。思いもよらないレメディーが選択されていて、あせりました。あきらめずに授業うけていきます。感じたこと、言えないので、表現する練習します。今日もありがとうございました。

●ポイントとなる症状を見つけ、拾い出すのが難しかったです。もっと各レメディーの特徴をきちんと覚え、整理しなければいけないと思いました。

●ケースは、見ているだけでもとても疲れました。短い時間で話を聞きながらレメディーを考える大変さが……。でも貴重な時間でした。

●簡単なルービックの選択をするのも困難でした。クライアントさんの話の聴きとりのポイントを見つけるのも難しい。レメディーの勉強もっとしなければと思いました。ありがとうございました。とても素晴らしい授業でした。次回はもっと発言したいです。

●編集なしの“Whole"相談会を初めて体験させていただきました。思いのほか「対応する時間」があることが判り安心しました。とても緊張していましたが少し楽になりました。ありがとうございました。

●具体的なケースで時間をしっかりかけて事がらもいろいろで質問をして答えもあってのやり取りを私としてははじめてみせていただきました。ありがとうございました。

●昨日欠席したので、今日の最初の処方が少しわかりづらかったです。でもケーステークを詳しく説明して考えていくという授業はよかったです。ありがとうございました。

●初めてのケーステーク、しかも生ライブでいろいろなことを感ずることができた。分析を説明してもらって理解を深めることができた。レメディー&RA、特徴をしっかり学んでいかなければいけないと感じた。

●おもしろかった?実践に勝るものはありませんね。久しぶりにわくわくしました。

●とても勉強になりましたが自分では思いつかないことが多く自信がなくなりました。もっと勉強します。

●今日は集中力がすごく必要で疲れました。由井先生もお疲れ様でした。

●ルーブリックはひけたとしても、とらこ先生が選んだレメディーは到底私には選択できないと思いました。あらためて奥の深さを突き付けられた2日 間でした。ありがとうございました。

●ケーステイクをとても丁寧にやって頂き、ありがとうございました。このような時間を作っていただき、とても勉強になります。自分でTBRをひけ るようになりたいです。

●授業ありがとうございました。初めてのケーステイクでいろいろと戸惑いましたが、いい勉強になりました。次のケーステイクの授業が楽しみです。

●ケースの授業を受けると、やはりパソコン版のTBRがあったほうが、時間的にも情報的にもいいと思いました。点数順で表示されるのも、本だけだとなかなかできません。本気でレメディーを探すのなら購入しなければと思います。

●レメディーをクライアントさんの言葉から探し出す作業とそのやりとりは本当に大変だし、実力がないと難しいことがよく分かりました。短時間で3次元処方できる先生はすごいです。感動しました。

●いや〜難しいです。まだまだ勉強の初期が終わりません。

●ケースの分析を丁寧に説明していただき、わかりやすかったです。

●由井先生のクライアントとの会話や、やりとり術を学びました。

●初めて一連のケーステイクを拝見し、由井先生の集中力・洞察力に感銘を受けました。

●難しいケースを3人連続、処方まで短時間でこなす由井先生はすごいなぁと思いました。

●一つひとつのケースを詳しく学べるのがとてもよかったです。マテリアメディカをきちんと学ぶことも大切なのが改めて分かりました。

●相談会が大変な仕事である事がよく伝わりました。1つずつ理解出来るよう勉強します。

●演習をすることで、TBR・処方がゆっくり確実に理解できました。これからも演習を授業に取り入れて下さい。

●ケースを見るだけでなく、解説とレメディーの説明を聞ける授業がありがたいです。

●初ケーステイクでしたが、改めて由井先生はすごいと思いました。

●クライアントに対して一人一人応対を変えてされているのは、大変参考になりました。

●今日の講義もとても良かったです。難しかったけど、良かったです。

●今まで習ってきたレメディー選択とは違っていて難しかった。

●初めてのケーステイク、疲れたけど充実感があり面白かったです。

●インチャの話には、いつも涙が出てきます。ケース分析、とても良かったです。

●今日もありがとうございます。難しいケースでした。めげずに頑張ります。

●ケーステイクは楽しかったです。

●あまりの難しさにショックです。次、頑張ります。

●とらこ先生の方法はすごいです。

<< 1つ前の記事へ | 記事一覧へ | 次の記事へ >>

最新の講義の様子

2017/03/19CHhom プロフェッショナルホメオパス CH4期「CH4期 卒業式」 (写真ク...
2017/02/19CHhom プロフェッショナルホメオパス CH4期「卒業試験」 講師:由井学長 ...
2017/02/18CHhom プロフェッショナルホメオパス CH4・5期「ホメオパシー心理学」講師...
2017/02/04CHhom プロフェッショナルホメオパス CH4・5期「ケーステイクと分析」講師...
2017/01/29CHhom プロフェッショナルホメオパス CH6・7期「泌尿器・生殖器」講師:増...

講義を月別に表示する