2012年11月24日(土)

2012年11月24日(土)

CHhom プロフェッショナルホメオパス4年制コース RAH13期&CH1期
JPHMA認定ホメオパス強化学習
「ホメオパシー病理」
講師:由井学長

由井学長のホメオパシー病理の授業が行われ東京ライブ全校中継で300名以上の学生、卒業生が受講し教室は終始熱気に溢れました。

今年は由井学長の開発した「ZENメソッド」が国際カンファレンスでの発表を通して、世界から注目された年でもありました。
ZENメソッドが現代の難病に対して高い確率で、治癒に導ける一つの理由として、多くの難病が脳神経系の問題であるを深く理解しているところにあります。

本日は「ZENメソッド」の根幹となるホメオパシー病理を、短い時間ではありますが、深く凝縮した形で後輩たちに知恵が余すところなく伝えられました。

授業では、「神経」の語源が「神の通る道」という意味であることや古神道や信仰心との関係、「人間とは何か」を深く理解する事から始まりました。
宇宙電気、動物磁気、脳神経系のメカニズムの深い関連性に学生たちは大きく頷きながら、必死でペンを走らせていました。

ケース事例では多発性硬化症や重症筋無力症のケースが紹介され、難病の背後には抑圧された感情が密接に関連している事を学びました。

教室は受講生の驚きの声や笑い声で満たされ、終始、熱気溢れる授業が展開され、最後には大きな拍手とともに幕を閉じました。
由井学長、愛と知恵が凝縮された授業ありがとうございました。
受講生の皆様、本当にお疲れ様でした。

授業終了後には東京校においてホメオパスの集いが行われました。
一人一人のホメオパスからホメオパシ-の日頃の活動のことや今の心境、かかえている悩みなど、素直に分かち合いがなされました。
それぞれの方の言葉から思いや感情がストレートに伝わり、心の琴線にふれる場面も何度もありました。
由井学長からは、一人一人の話に共感し、これまでの人生の体験を通しての言葉や指針、物の考え方など適宜コメントされ
分かち合った方や聞いている方に気づきや癒しを与える場面も多くありました。本日、参加された方はお互いに分かち合いでき
つながりが深められ、とても満足した集いとなりました。

参加された卒業生の皆様ありがとうございました。
次回も続けていきたいと思います。

 

講義の感想

●脳・神経がお題とはいえ、多発性硬化症三昧な授業ありがとうございました。若い人に多いという事ですが、自分の親を見ていても如実に実感しますし、薬害なのも、また感情の問題なのも良く分かります。知り合いの弟さんでも車イスで生活してる方もいますし、本当に増加している事を実感します。これからの未来の病気というよりは、もう現在同時多発的に既に進行中なイメージです。その病理に対して大変参考になる症例と授業ありがとうございました。動けなくなる体も心も、というのは本人が気付かない限り、生きている意味も喜びも見出せなくなる魂レベルでもかなりキツイ状況と思うので、ホメオパスの導きによる気づきの促し、そして日本自体の教育?の問題など、広げると限りなく大きな問題ですけど今日参加したホメオパスの方々にも大変参考になったと思います。

●自分自身の問題で神経の病気にもとても興味があったので、今日の授業内容はとても役立ちました。ホメオパシーに出会ってなかったら、私は多発性硬化症になっていたか、精神薬の副作用でもっとひどいことになっていたかもしれない。ホメオパシーに出会えたことで、長年困っていた問題が解決してきただけでなく、生きる喜びや、生きる目的に出会えたとつくづく思えました。助けていただいた救いがあったことに感謝して、日々精進し、自分を許し、人生を楽しんで生きていこうと改めて思いました。ありがとうございました。

●電磁波の害を具体的に、どうして有害なのかが、神経の病理を通して良くわかりました。由井先生の授業、特にケースは自分にもよく当てはまり、自分自身に対して言ってもらっているようで、いつも心がふるえます。授業に来ると気持ちがひきしまります。ありがとうございました。

●久々の講義、手が痛くなるのも久々で、充実した一日でした。やはり、とらこ先生のナマ講義は、迫力があって、すごいパワーを頂きました。ありがとうございました!欧州ツアーのご成功、おめでとうございます!!今日の「脳神経」のところは、最近みている子供のクライアント様にQX上で何人も「電磁波や悪性エネルギーの問題」がみられることがあり、気になっていたので、とても参考になりました。今の子供は、幼稚園のころからTVだけでなく、親のケイタイやDSなどのゲーム機にさらされて、とんでもなく電磁波を受けているようです。(QXで測定してみると)レメディーももちろんですが、子供にあまりよくゲームをやらせないなど、生活習慣の指導も必要なのかと思い、工夫している所ですが、麻薬のように楽しく、中毒性のあるゲームをやめさせることは、とても難しいです。どうしたものか・・・。今ゲーム漬けの小中学生が大人になった時、どんなことが起こるのでしょうか・・・。私達は実験されているのです!!こわいです。

●神経のことについて学んで、とてもタイムリーでした。祖父が認知症のようになり、うつ、自殺願望などがありますが、唯物的なところがあります。そして、小さい頃、母と死別していることもあり、後妻もきたりで、「もしかして自分のことを親から愛してもらえない。神なんていない」という気持ちにもなったのかな、と祖父の気持ちが感じられたような気がしました。そして、家を守ってきたところも、本当に自分のやりたかったことも我慢したり、周りの評価を気にしてきたところもあったのではと。キチッとした人なので、本来の魂は自由だったのではと、色々思いました。これも午前中の多発性硬化症の方のケースのおかげです。感謝です。

●脳、神経は、解剖生理がわかっていないので(自分に入っていない)理解が難しかったです。しかし、私の身の周りの人達の症状を見ていると、脳神経系からの影響が大きいという事も感じ、難しいけど治す為には勉強が必要と思いました。難しいけどやるしかない。4年生にもなって理解できていない自分にあせりも感じるが、卒業してからもずっと勉強の連続なんだ・・・と、卒業生の方達の多さも見て思いました。あと少ししか授業は残っていないので、がんばりたいと思いました。

●午前も午後もとても内容の濃い授業でした。今朝起きたときから、シリカの効能について考えていて、今日の授業では、純粋なものと不純物が入ってしまったシリカでは全く違うということがわかり、納得しました。その他、信仰についてや病理、CK、オーガノン、詳しい多発性硬化症についての説明、とても勉強になりました。本当にありがとうございます。

●本日はホメオパシー病理の脳神経の授業でした。ミクログリアの活性化に、アルミナや水銀が大きく影響している事、多発性硬化症や筋無力症に対する病理が良く理解できました。「私は無駄に生きなかった」とハーネマンが言ったように、私も日々の生活を十分に生き、一つ一つ真剣に生きるという事を心がけていきたいと思いました。

●強化学習は、いつもその時々の必要なことを由井先生がおっしゃるので、気が引き締まる思いだ。ちょうど癲癇のケースで困っていたことも
あり、銅のことを知れて良かった。神経の病が皮膚の抑圧によって生じてきたことを知り納得した。やはり排出は止めてはならないな~とつくづく。このところ保育園に呼ばれて子供の健康について話すことが増えてきていて、ちょうど明日も明後日もお話しする機会があるので、今日の由井先生から学んだことしっかりと伝えていきたい。今日学んだ3歳の筋無力症の女の子のケースでの由井先生の対応はとても参考になった。由井先生のように受けとめ、そして必要なことは伝えていきたい。

●信仰を持たせない教育、日本の礎を教えない教育、由井先生の仰る通りだと思いました。母たちの世代では、家庭でも学校でも古事記を読んでいる、 日本の神話を知っている。でも42歳の私は、ほとんど全く知りません。とても由々しきことだと思いました。脳・神経の問題は、臓器サポートの選択 に悩むことも多く、ぜひ、今日の続きの講義をお願い致します。

●ケースの方の思い、嘘がとても分かりやすかったです。もっと自分を許し、まわりの期待に答えようとしなければ良いのに、と客観的に見る事がで きました。私も彼女にとっては「周りの期待に沿う」ことが自分の生きる価値の様に感じていたのかな、とも思う。それは自分を生きる事とは違うので すね。今日は彼女の例を通して自分の癖も同様に理解できた様に思います。クライアントさんは本当に鏡。出会う人も同様。彼女が気付きを得、自分自 身を生きるチャンスがあったのに…と思うと残念でなりません。交感神経の霊的側面も次回お話し訊きたいです。今日も一日ありがとうございました。

●脳、神経系は奥も深く範囲も広くてついていくのが大変でした。多発性硬化症の要因が様々なことがあり、抑圧されることからの硬化は体内の血液や内蔵にまで強く影響し、それに気づくまで心にも体にも影響し続けることはとてもよくわかりました。特に本日のケースは私自身とても共感できるところが有りいろいろなことに気づかせていただきました。これからのセッションや自分自身の勉強にとてもなりました。感謝します。

●水銀、アルミナによって脳のミクログリアが異常活性して暴走してしまうということ、多発性硬化症は電磁波や考え方、カルマ的な問題などたくさんの要因が絡んで出てくる病気ということがわかりました。ケースを見ながら思い当たる節がいくつかありました。愛情面において依存的というところが。いやでやめたいとおもっていたので。その場で怒りを出さないと恨みや憎しみになって体を蝕んでいってしまうのだと思いました。

●講義お疲れ様です。今日もパワフルな授業であっという間の1日でした。由井先生の学生への愛情を感じられる授業でした。毎日一生懸命生きるという事の大切さがケースや授業の内容からよく理解できました。ホメオパシーを学ぶ事は、自分とも向き合う事なのだと思います。そのような機会があること、ホメオパシーと縁があった事はとてもありがたい事です。どうもありがとうございました。 

●「神経は神が通る道」を学ぶためのケースを見せて頂いたことに感謝します。多発性硬化症の症例は生きる事の意味を考えさせられました。神経の病気は大いなる存在からのメッセージである事に気付き、自分を知り、自分を生きることの大切さを教わりました。神経の病気の病理の深さに対応できるようになるにはしっかりと解剖を学ぶ必要も感じました。

●多発性硬化症のケースは、全てに敏感に反応して、我を忘れている。何とも激しいケースだと思いました。過敏になると心を失うという怖さのわかるケースと思いました。これからどんどん増加するケースだと思います。とてもわかりやすいケースを勉強させていただきました。心を柔軟に、こだわりなく生きていける楽しさ、踏み出せそうに思っていた事を思いました。このケースに感謝。

●ヨーロッパ旅行のDVD見せていただいて嬉しかったです。同級生からおみやげいただいて感動的な話聞いたばかりだったので、とてもインパクトがありました。ありがとうございました。そして由井先生の大きな拍手です。先生とお会いできたことをとても幸せだと感じています。ケースは、私と娘の関係にてらして聞きました。娘とあまりに似すぎていると思い、それは私自身のことでもあり、と涙が出て仕方がありませんでした。娘の紹介でホメオパシーの相談会を始めて5年、この涙も排出なのだとなかなか変われないでもここまでこれたのだと強く感じました。まだまだ修行が足りないなあと強く感じました。ありがとうございました。

●久しぶりの由井先生の気合の入った授業、大変刺激になりました。今日より明日、明日より明後日真剣に生きる!この言葉に活を入れられました。自分を高めていく、私も常々思っています。日々の生活に流されがちですが、先生のように日々の真剣に生きていけるよう努力していきたいと思います。ありがとうございました。

●ふだんあまり気をつかっていなかったですが、生活の中に普通にある電波がこんなにも体に影響を及ぼしていると思うと本当に大変だと思いました。病理の授業は自分の普段の生活もいろいろと考えさせられる事もあるし、本当に勉強になります。ありがとうございました。

●久しぶりに先生の講義が受けれて嬉しかったです。集中力が持つかなと心配だったのですがあっという間の1日でした。今日のメッセージ"真剣に生きろ"をしっかり受け止めたいです。

●ありがとうございました。朝のDVDやいつも映像を見て思いますが、とても素晴らしい編集者がいらっしゃるのだなーと感動しています。スタッフに拍手~学長を見ててよく思うのが“医者の不養生”…トイレは行ってください。確かにエネルギー補給も大切だと思いますが、排泄も大事じゃないですか!(笑)今日のケースは、残念な結果でしたが、やはりPSORAを出さないとならないのかなーとも思いました。迷走神経についてもう少し知りたいと思いましたし、交感神経、交感神経についてはまだままだ習いたいと思いました。もう卒業なんですけど…やっぱりもっともっと知りたい没頭したい!!ありがとうございました。

●今日も楽しみにして来ました。いつもながら、まさに今、聞きたかったことが聞けて、大変参考になりました。ありがとうございました。今日の続きはぜひ強化学習か、推奨授業として卒業生にもご案内いただけたらと思います。よろしくお願い致します。

●確かに最近、筋無力症、膠原病などの話をよく聞く気がします。電気、神経の話なるほどなあと思いました。自然の法則と力はすごいですね。ありがとうございました。

●今日はありがとうございました。無駄に生きない。自分らしく自分は生きているか考えながら聞かせて頂きました。とても深い授業で今日もいっぱい感銘しました。ありがとうございました。

●遠慮ばかりして本当で生きないと命を取られる事を「多発性硬化症」のケースで改めて考えさせられました。人の目を気にして他人に受け入れられる事ばかりにエネルギーを使う事がどれほど自分自身を消費させてしまうのかが分かったケースでした。この方が身を持って教えて下さった事を無駄にしないようにしていく必要があるとつくづく思いました。ありがとうございました。

●今日も大変深い内容の病理を教えていただき非常に興味深くて面白く勉強になりました。ケースも考えさせられる症例で難しい部分もありましたが、これから理解していかねばならないパートだと思います。

●今日も難しい授業でした。脳神経という精神にも肉体にも広く関係性のあるものだったので、病理・解剖をあらためて復習する事が必要と感じました。ありがとうございました。

●脳神経は、病理がとても深く、難しいケースが多い。脳に影響を与えるものも多く、現代社会ですべてをはいじょするのはむずかしく、実際に症状が出てもその与えたものをとくていできないことも多いんだと感じた。これから多くなっていく病であるだけに、しっかりとみなおして身につけなければと思った。

●てんかんや眼瞼下垂のクライアントさんがいらっしゃるので、脳神経についての病理はとても勉強になりました。今後の勉強会で役立てるように、しっかり学び返していきたいと思います。

●Sulph.の怖さを改めて思い知りました。Syph.はスルっと逃げるという話はなるほど!と思えました。思いあたるSyph.がゴロゴロいます。明日もよろしくお願いします。

●授業ありがとうございました。何事も本音で勝負!今まで生きてきてどれだけの事を本音で勝負してきたのか。自分の本音を認めてあげたい。

●人の体に触れる時に心からその人を癒してあげようと思っていないと、逆に悪いエネルギーが入ってしまうという言葉、忘れないようにします。

●やはりとらこ先生の講義は刺激的です。最近、神経を病んでいる人が本当に多いと思うので(私も含めて)今日は楽しみに受講しました。大変勉強になりました。

●在校中に学べなかった内容だったので受講いたしました。久しぶりに由井先生の生講義を受けてパワーを頂きました。ケースから、Syph.はやはり徹底してやるべきだなと再確認しました。
●脳神経にダメージを与えるものとして、ワクチン、電磁波、水ぼうそうとの関係等様々な観点から勉強になりました。ミクログリアとワクチンの関係も興味深く勉強になりました。多発性硬化症のケースンい対しても心の問題の大きさが自身にまで影響を与えることを知りました。自己を見つめていく事がいかに大切か、知りました。

●すばらしい授業でした。ケースはすごく難しいと感じました。勉強すること、クライアントに伝えること、どちらも大切ですね。先生の臓器、病理の授業と一緒に出されているケースはどれも奥が深く心に染みます。又、ドイツスクーリングも楽しかったです。先生お身体に気をつけて下さい。

●今後精神の病気が増えて行くが、難病でも病名にとらわれず症状と向き合ってレメディーを選び、信仰心とインチャもすべて同時にやっていける由井先生はすごいです。先輩たちも最近のホメ病理はすごい、CHhomでよかったねと言ってくれました。

●強化学習に設定されている講義は先生の気合がいつもと違うのでついていくのが大変ですが、内容が濃くこちらも気合が入ります。くものレメディーを飲んで嗅覚が敏感になったような気がしました。くもって匂いに敏感なのでしょうか。

●神経の病理はすごく興味があり早くやってほしかった講義の一つでした。多発性硬化症を症例に取り上げすごくわかりやすく教えていただきました。周りの人に神経系の疾患がある人が多いので今日できなかった分もまた詳しく教えてください。よろしくお願いします。

●ワクチン、医原病と多発性硬化症の関係、これからの電磁波の問題提起、クモのレメディー、脳、神経系はこれからいろいろ出てくるのを先取りした講義でした。

●現代人は自律神経の問題から起きるめまいやふらつき、硬直、緊張症状。神からのメッセージと受け止めホメオパシー的にサポートしていきたいとおもいます。

●自分が銅不足であることを今年の喘息から感じていましたが、今日の講義で納得できました。鉄剤を山ほど摂ったつけが回ってきたことをやっと理解でき、自分の体に対して本当に申し訳ないことをしたと感じます。Cuprをとっていきます。

●周りにも精神神経を病んでいる人が多く、大変参考になりました。特に電磁波が神経に与える影響に関しては、原理から対処まで納得ができました。第2次世界大戦時に通信長にガンが多いというのも頷けます。体が帯電しているとミネラルが溶けだし、神経系が弱くなり、少しのことでもイライラし悪循環にはまります。しっかりとケアしていきたいと思います。

●ヘルペスをした母の事を思いながら講義を受けました。顔面のまひもあり、未だに病院にも行って塗り薬を塗っているのを見て、すぐにでも「やめてー!」と叫びたいくらいでした。神経の病気はとても怖いです。

●難しい分野でした。由井先生が一生懸命に授業していただいたのに私は、追いつけませんでした。ありがとうございました。帰ってから、見直してみます。

●ありがとうございました。今日もたくさんの知恵・知識をありがとうございます。神社のしめ縄の意味にすごく納得しました。どれくらいの日本人が意味分かってるのだろうか?と思い....学校(小、中学校)の社会などで教えてくれたらいいのになあと思いました。自分もクルクルくせ毛なのでCupr.かCic.かAlum.を取ってみます!

●多発性硬化症のDVDケースとても勉強になりました。衝撃を受けました。本当の自分を生きることの大切さを思い知らされました。今日も貴重な授業をありがとうございました。

●書きすぎて手がしびれましたが、すばらしい講義でした。学長から教えてもらうことのありがたさを改めて感じました。多発性硬化症のクライアントさんのケースでは多くの気づきがありました。

●Cupr.の不足が考えられるので、早速とってみたいと思います。神経での病気が現在多いので、この領域はしっかり勉強していく事が大事だと感じました。

●本日もありがとうございました。プルービングは、右側頭に軽い痛み→首の付け根に移動。甲状腺あたりの軽いつまり感とたんがからむような咳を出したいような感じ。普段ある症状ですが、短時間このような症状がありました。

●本日も普通では知ることのできないことをたくさん教えて頂きありがとうございました。一番最初のケースは治りも遅々としていたし、感情的な問題もあまり改善されてなかったように感じました。やはり心と体の繋がりというのが重要なんだなぁと感じました。

●周りに頭痛持ちで鎮痛剤を手放せない人がちらほらおり、多発性硬化症予備軍であることがわかりドッキリ。親も関節痛もち、私自身も神経が弱いと感じたので、今日のチンクチャーはとってみたいです。薬だけじゃなくアスパルテームも神経毒として作用するようなことも聞いており、知らないうちに緩やかに毒を盛られている現状にみんな気付いてほしいなぁ。どんどん複雑になっている病気に対処できるホメオパシー。まだまだ偏見も強いけどめげずに勉強していきます。

●今日はありがとうございました。神社にある(火柱・雲柱)しめ縄、神様が降りられる雷の意味の鈴の音初めて聞いて全て意味がある事に感動しました。信仰心を持つことの大切さ、神経の病気はそれととても関係すること、勉強になりました。

●本日のケースのクライアントさんの心情に関して、私は「罪悪感」に注目されていましたが、私はそういう一面「他者への転嫁」している感じを強く受けました。苦しい中でそうせずにはいられなかったとも思います。このあたりの「心理」をもっと勉強する必要を再確認しました。e-learningの心理学、これからですので楽しみにやって行こうと思いを新たにしました。ありがとうございました。

●今日は多発性硬化症が中心の勉強しました。これは神経の破壊の病気だということ、様々なレメディーの大切さ勉強になりました。昔のケースだったので、今だったらどういうレメディーになるのか考えてみます。

●まわりに天気悪くなる前に悪化する人多いので、神経の病気は案外身近にいるなと思いました。学校で勉強しているとワクチンや薬害、抑圧の怖さを身にしみて感じるのですが、まわりの人にそれがうまく伝えられないのがもどかしいです。ありがとうございました。

●「他人を憎まば穴二つ」とよく母に言われて育ってきましたが、久々に思い出しました。「生きた覚えのある人はどこにでも居る」とも言っていつもタイムリーに人々に接してきた母が今日は思い出して欲しいということなのでしょうね。いつもありがとうございます。電信柱や郵便ポストの横に頭を下げて歩く祖母の事も懐かしいと感じられました。娘の変な才能も受け入れているつもりでしたがもう一度確認するタイミングをいただく事が出来て助かりました。神といわれる物に、とら子先生に感謝しつつ皆様の幸いをお祈りしています。

●知りたいことが色々わかって、とても勉強になりました。身につけていけるよう復習したいと思います。大豆の収穫期に雷が落ちるのは土中の窒素が動くからなのでしょうか。

●サポートチンクチャーをとってみたところ、胸、みぞおちの締め付け感がありました。せっかく、プルービングしたので、くもについても詳しく知りたいです。

●分析の難しいケース2件だったと思います。神経系のダメージは、難病に直結している事がよく分かりました。

●すごくおもしろかったです。天然パーマ、親子3代なので、銅のRXSをみんなでとります。

●サポート神経をとってこめかみに重い痛み、眠気。すごく情報量が多くてノートに書ききれませんでした。

●今日も頭の中がいっぱいいっぱいになりました。でも面白かったです。ありがとうございました。

●いつも大変勉強になる講義ありがとうございます。これからも講義楽しみにしています。

●すごく内容が重くて、肩が痛くなりました。

●どうもありがとうございました。

●とても興味深かったです。ありがとうございました。

●いつもながらとても興味深い講義をありがとうございました。無駄に生きない反省です。

●難しかったです。ゆっくりと復習します。ありがとうございました。

●食事の話もとても参考になりました。


<< 1つ前の記事へ | 記事一覧へ | 次の記事へ >>

最新の講義の様子

2017/10/08CHhom プロフェッショナルホメオパス CH7・8期「解剖生理学③ 筋系」講...
2017/10/07CHhom プロフェッショナルホメオパス CH7・8期「臨床病理学7」講師:酒...
2017/10/01CHhom プロフェッショナルホメオパス CH5・6期「日本のフラワーエッセン...
2017/09/30CHhom プロフェッショナルホメオパス CH5・6期「日本薬草学4」講師:小...
2017/09/24CHhom プロフェッショナルホメオパス CH8期「ホメオパシー方法論① レパ...

講義を月別に表示する