2012年10月28日(日)

2012年10月28日(日)

CHhom プロフェッショナルホメオパス4年制コース RAH13期&CH1期
「マヤズム」
講師:由井学長

20121028.jpg

昨日に引き続きCHhomでは由井学長の3・4年生向けの授業が行われました。
本日のテーマは『マヤズム』。

抑圧により形成される『慢性マヤズム』が『遺伝マヤズム』となって引き継がれているされる事や、様々な慢性マヤズムが合体し複雑化した現代人の状況をオーガノンや慢性病論で紐解きながら具体例を出した解説が付け加えられました。
また、授業では由井学長の実際のケースが映像で紹介され、難病奇病を抱える 3人の子供の治癒経過の記録を通して深くマヤズムを理解する事ができました。
由井学長の開発したZENメソッドによって、治癒していく子供達の様子に、時折学生達から驚きの歓声があがりました。

由井学長のケースを通して クラインアントの方が恥に思う気持ちや、人からどう思われているだろうという気持ちまでも、慢性マヤズムを治療する事により大きく改善してく事が証明されました。
本日の授業では、由井学長がこれまでの経験、体験を通して学び得た深いマヤズムに対する理解、知恵が学生たちに惜しげもなく伝授されました。
授業終了時には、感謝とともに学生達から大きな拍手が贈られ、幕をとじました。

由井学長、連日の授業のお疲れの中、本日も素晴らしい授業をありがとうございました。
学生の皆さん、お疲れ様でした 。

講義の感想

●マヤズムについては本当にわかりやすく面白く興味深い授業でした。たくさんのヒントがありました。やはりマヤズム、抗疥癬レメディを学ぶ事はとても大切ですね。ケースでは、先生が良くなったクライアントの自己治癒力をねぎらうだけでなく、お母さんにも感謝の言葉を伝えているのが印象的でした。まわりのサポートあってのホメオパシー。続けてこそのホメオパシー。先生のクライアントを想う気持ちが感謝となってあらわれたんだなと感じました。先生ありがとう。

●ありがとうございました。マヤズム5つと思っていたのは、結局3つと傾向2種。1年生から今年(4年生)までに色々なことが授けられ、様々な方針転換や、先生の中でも”実験”があったのを実感しました。初日に「今日教わったことは忘れなさい」と説かれたお陰で、昨日習ったことに固執することなく、新しいことを新鮮なうちに受けることができる”免疫ある”体質(態勢)にして頂きました。これからも教わったことが変わっていたりすることが沢山ある気が致しますが、何ともなく受け入れられる気がしますし、それを周りに少しずつでも振れていくことができると思います。今後もPostハーネマンの実態をご教示ください。よろしくお願いいたします。

●過去の先生のケースの処方を見ても、すごいなーと感心しますが、Zenメソッドはさらにすごい。学べることをとてもありがたく思います。あんなに短い期間で側湾症が改善するZenメソッド。すごいなと思います。バイタルフォースとお母さんの愛情と的確なレメディは本当に素晴らしい働きを促すんですね。オーガノンの版表記とても大切と思いました。ありがとうございます。

●マヤズム最新版という感じで、実践に役立つ授業でとてもためになりました。1年生の頃からマヤズム論は学んでいましたが、由井先生が試行錯誤の中でたどりついた、現時点でのベストマヤズム論といった形で、難病といわれる症状でも病理をしっかり押さえた上で、症状に合わせることで改善に導くことが出来るということがよくわかりました。

●水頭症がよくなっていくのを見てびっくりしました。抗疥癬を早いうちから徹底していくことが大切だと思いました。早い時期に改善しているのを見てびっくりしたのと大切さを感じました。

●マヤズムのまとめをしていただいてありがとうございました。レメディーのはばが広がって、各々のレメディーをよく知ることが必要であるかを実感しました。改めて由井先生のZenMethodのすごさを痛感しました。水頭症がなおっていくなんて信じられません!アロパシーの医者は皆そういうだろうなあと思いました。よくなっていく子供の写真みせていただいて胸がいっぱいになりました。ありがとうございました。

●水頭症の男児、とても良くなり、よかったと素人の私はあっさり思うわけです。学長のケースを見ると楽々(そうに)よくなってしまうので、ダメです。勘違いしてしまいます。病気のわかる人は、水頭症が良くなるのは本当にミラクルだと。最近スッキリしない状態でしたが、昨日あたりからホメオパスをやってみてもいいなと思う自分がいてちょっとおどろきました。マヤズムも難しいですが、ある意味「大丈夫、結果をだせる(かも)」と思えるようになりました。ありがとうございました。

●ソーラの二次症状のおおさにびっくりします。抗疥癬治療がいかに大切か、人類がいかに長い年月をかけてソーラを抑圧してきたのかがそれが病のおお元だということが腑に落ちました。それにしても、水頭症や側腕症が改善していく過程は本当に素晴らしいです。

●今日もありがとうございました。今日のケースの中で水頭症が治っていったのは驚きでした。複雑化したマヤズム、根本治療、親の問題が多く子供に移行していくんですね。子供の病気を出し切る、かかり切る。お母さんの頑張り、子供への愛情をすごく感じました。今日も治療も素晴らしかったです。ホメオパシーはすごいと思いました。

●前回のマヤズムの講義で根本治療はPsor.からと教えてもらい、今回はよりPsor.について詳しく説明していただき、わかりやすかったです。実際にレメディー選択するとなると、これは悩むところですが、先生がおっしゃるように一つのレメディーにこだわらず、レメディーをどんどん使っていきたいと思います。

●いつもながら由井先生のレメディー選択ってすごいですね。水頭症の子どもが相談会DVDのたびに変わっていくのに驚きました。なにか数学の問題を解くように病気を治癒に導いているように見えました。どれだけの知識を身につけるとこのようなレメディー選びができるのか……。

●先生が授業の最初におっしゃっていたこと、本当に大切だと痛感しております。全てのことに心からありがたいと思えるようになり始めたころから、心も体もとても楽になりました。先生がおっしゃっていること(感情を見つめるなど)は本当に大切だと思います。大切な授業でしたので、しっかり復習したいと思います。

●マヤズム、ソーラの病気がどれほど多く大変か、ケースを見ていて思いました。水頭症が、アトピーが、何度もくり返す水ぼうそうが、側彎症が、どんどんよくなっていくケースを見て思い知らされました。日本人の病気の深さを感じましたが、果敢にそれらに挑む由井学長は本当にすごいなと思いました。面白いくらい改善していくさまは本当に素晴らしいです。胚葉とマヤズムの関係も面白かったです。

●講義お疲れ様でした。マヤズムを理解する事は難しいと思いますが、今日は改めてPsor.の治療の必要性を学ぶ事が出来ました。特に、これから母親になりたい人、妊婦さんにとってPsor.の治療をしていくことはこれからの社会にとっても、とても重要だと思います。1歳の頃に首すわりも出来ていない小さな赤ちゃんがレメディーを入れた途端に、発育・成長していく様子を見て、素晴らしいと思いました。お母さん達も笑顔になれるので、ホメオパシーはやっぱりすごいと思いました。今日も素晴らしい授業をありがとうございました。

●ケースを見る度に、初回はあまり元気のないように見えた子供たちが、適切な疥癬治療を行っていくことで心も体も元気になり、子供らしい笑顔になっていくので、やはりホメオパシーは素晴らしい!と毎回思ってしまいます。そして、小さいうちにホメオパシーに出会えたこの子たちは幸せだなぁ。と思います。我が子はもう大きくなってしまいましたが、小さい頃の水ぼうそうの抑圧・とびひの抑圧・じんましんの抑圧・・・。現在も湿疹や鼻炎と今日の話の流れは思い当たる事ばかりで、よく理解出来ました。

●水頭症・アトピーの事例では、お母さんの愛情の深さをとても感じました。家族の理解がないと母親も辛い状況になると思いますが、すごいなと思いました。ノゾーズをとる事で体力が上昇するという話がありましたので、意識してとっていきたいです。 

●Tub.やCarc.は傾向と教えてもらえてよかったです。もやもやしてたのがはっきりしてきた気がします。経験やハーネマンの文章から今のようなレメディーの出し方にいたった先生は本当にすごいと思います。ありがとうございました。

●マヤズム論はやはり難しいと感じました。ホメオパスもクライアントさんも観察がとても大事だと感じました。由井先生は子供の事で来談した親御さんの体の変化などもよく観察しているなぁと思いました。親御さんも子供の事をよく観察されていて答えていると思いました。

●マヤズムについて詳しく教えて頂きありがとうございました。難しいケースが改善していく様子を見ると、バイタルフォースの素晴らしさ、Psor.治療の重要性が分かりました。どのお母様も熱心に子供と向き合われ治って欲しいという思いが強いですね。その思いに応えられるようにCHhomで由井先生や皆さんと共に勉強を続けようと思いました。ありがとうございました。

●Psor.の二次的症状は、ほとんどの病気を網羅しているので病気の治療に大事である事を痛感しました。病理を理解していかないとレメディーを選択する為にもいけないと思います。

●マヤズムの授業は理解するのに難しいですが、マヤズム論をきくたびに、少しづつ点と点が線になっていくような感覚です。「場面緘黙」という病気を知り、まさにうちの娘はそうだったんだ!と思いました。でも、又、先生に処方していただいたレメディーで少しづつですが良くなっていっているのを日々感じています。

●マヤズムについては繰り返し教えていただいているので最初のころに比べると、かなり理解できるようになっている気がしますが、まだ難しく感じる部分もあります。しかし知識が深まる感覚が楽しいです。何胚葉由来の臓器とマヤズムが関係するという話も大変興味深かったです。本日も面白い授業をありがとうございました。

●出生体重でCalc.(カルカーブ)か分からないと思っていたのですが、予定日より3~4日前に生まれたことを考えるとCalc.で間違いないかもと思いました。Calc.のRXSを知ってからずっと疑問に思っていたので分かって嬉しかったです。ありがとうございました。

●自分も又妊娠したいなと思うので、妊婦さんや胎児に必要な疥癬治療について、とてもわかりやすく良かったです。先週のケースのホメオパシー処方やってみます。

●現在の仕事で会う若者たちがまさに厳しい生活によって慢性病が出ているのを見ています。そうすると親御さんは理できないことが多いです。それは「身内や知り合いの目には、完全に健康であるかのようにみえるから」だったのですね。

●マヤズムがソーラ、syph、sycoの3つになりすっきりしたので、よくわかるようになりました。すべての病気は、ソーラから出ているのも納得です。ありがとうございました。

●とら子先生の処方は、シンプルに力強く効果的で洗練されたものだと思います。処方の仕方は、これからも変わっていくかもしれませんが、今の処方はとてもわかりやすいです。

●根本体質の種類と特徴についてもう1度まとめてお話して頂けたらと思います。大変な中、毎回愛のある授業をありがとうございます。

●授業ありがとうございました。結局のところ全て疥癬からきてるので、早い段階から抗疥癬治療が大事というのがわかりました。

●全てPsor!コレが2012年のテーマですね。自分の症状にPsorを入れて良くなった感があるので、近々自分の親にも勇気を持って使うべきかと思ってます。子供とは少し勝手が違うかもしれませんが参考になります。

●カンジダのレメディ選択ありがたかったです。今度、試してみようと思います。ちなみに、私は先端恐怖症でとがっているものが怖い人間です。目の前に指を出されると恐怖心がものすごいですが、これもレメディで治るのでしょうか?まだこわくてレメディを飲めませんが、試したらご報告します。

●ありがとうございました!マヤズムに関しては以前と比べてどんどん分かりやすくなってきたので、うれしいです。直接役に立つので!!

●今日の妊婦さんへの処方をきけてよかったです。不妊傾向の方は多いので役にたつと思います。いつも深い内容の授業ありがとうございます。

●マヤズムの授業は何度も受けていますが、毎回新しい発見と理解があります。今日もありがとうございました。

●Psor.の二次的症状については、もっと勉強していきたいと思いました。各ケースとも参考になる様なケースで良かったです。

●マヤズムがよくわからなかったのですが、少しはわかりました。

●水頭症の男の子があれほど改善されたことにびっくりでした。とらこ先生の凄さに改めて驚いています。

●すごさに驚きです。


●レメディーでの対処の大切さがよくわかった。他の説明もわかりやすかった。

●Calc.の根本体質対応がいかに大切かがわかりました。

●昨日にひき続き大変勉強になりました。ありがとうございました。

●ありがとうございました。

●ノゾーズをとりたい!と思いました。

●マヤズム…難しいです。マヤズムを常に意識していきます。

<< 1つ前の記事へ | 記事一覧へ | 次の記事へ >>

最新の講義の様子

2017/10/08CHhom プロフェッショナルホメオパス CH7・8期「解剖生理学③ 筋系」講...
2017/10/07CHhom プロフェッショナルホメオパス CH7・8期「臨床病理学7」講師:酒...
2017/10/01CHhom プロフェッショナルホメオパス CH5・6期「日本のフラワーエッセン...
2017/09/30CHhom プロフェッショナルホメオパス CH5・6期「日本薬草学4」講師:小...
2017/09/24CHhom プロフェッショナルホメオパス CH8期「ホメオパシー方法論① レパ...

講義を月別に表示する