2012年07月22日(日)

2012年7月22日(日)

CHhom プロフェッショナルホメオパス4年制コース CH1期&RAH13期合同
JPHMA認定ホメオパス強化学習
「ホメオパシー病理 肝臓・脾臓・消化器」
講師:由井学長

20120722_rah13ch1.jpg

由井学長によるホメオパシー病理の授業が行われ、東京校では在校生に混じり沢山の卒業生も参加し、満員となった教室は熱気に溢れました。

CHhomでは医師など現代医学の専門家による病理生理の授業もありますが、由井学長の伝えるホメオパシー病理は現代医学と異なった観点から捉えた生きた病理学。

例えば「肝臓は内なる目として体内に取り込まれるものをものを感じる臓器」「塞ぎ込む事を嫌い、派手に活躍する性質を好む」「幼少期に悩みを相談する相手がいなかった者は肝臓の気が滞りやすく、鬱になりやすい」など。臓器そのものが人間の感情と深く関係し、生き生きと体内で生理的な役割を果たす。血の通った病理の授業に、受講生たちは身を乗り出し目を輝かせながら受講する姿が印象的でした。

授業では、肝臓や脾臓、消化器の問題を持つクライアントさんが映像で紹介され、臓器サポートやレメディー選択の手法やコンビネーションなど、常に進化し続けるYUIメソッドのエッセンスが後輩たちへ引き継がれ、受講生達は一言も漏らすまいと必至でペンを走らせておりました。

それぞれの患者さん達が、レメディー投与後に生きる意欲を取り戻し、病んだ肉体に生命を取り戻していく姿にYUIメソッドの効果を実感させる内容となりました。

由井学長、本日も素晴らしい授業をありがとうございました。学生、卒業生の皆さん、お疲れ様でした。

講義の感想

●臓器の解剖生理だけでなく、やはり病理もすごい大切なのだと感じました。また、ホメオパシー病理はここでしか学べないのですばらしいと思います。さらに、TBR、CK、RAなど全てとり上げて下さっている教科書やソフトは世界の中でもこの学校だけなので本当に誇りに思います。私達ホメオパスは勉強し、技を身につけ、クライアントを治癒に導いていくことがミッションだと感じました。がんばります!

●食べ物の話を聞いて「気の入った食物」「光の入った食物」という説明を聞くと、ああやっぱり食物は大切なんだとどうして有機が良いのか、添加物が良くないのか、という理解に至って少々高くても結果的には高くないんだ…という結論になった。肝臓の役割の膨大さを改めて知りました。まだ全てを理解に至ったわけではないけどやっぱり肝臓か…という感想です。今その人がどの段階か、肝なのか、脾なのか、胆なのか、胃なのか、腎なのか…?の見極めが大事なのだと…これから時間をかけて消化吸収していきたいです。

●すごく良かったです。前回の強化学習から大きく処方の仕方が変わっていて、すごく学びになりました。セオリーにこだわらず、常に学び、自分の考えでいいと思ったやり方でやっていっていいんだな、と手ごたえを感じました。まだまだ未熟ですが、精進していきたいと思いました。ありがとうございます。

●寅子先生の授業に出ていないと、絶対ダメだと思います。パワフルな講義をありがとうございました。脾臓はないがしろにされやすい臓器ですが、無くてはならない臓器だと再確認できました。

●ホメオパシーの病理では、毎回目からウロコの内容で、とても色々なことを学ばせて頂いて、嬉しく思っています。今回は、ヤマイモを生で沢山食べて来たという話からも、日本人のカルマが透けて見えておもしろかったです。また、先輩の質問で、抗疥癬介入ミネラルと、抗疥癬ミネラルの違いをわかりやすく、まとめて話して頂き、自分の頭の中もさらにすっきり整理されてよかったです。どうもありがとうございました。

●病理(肝脾胃腸)について学べてよかったです。昨日、今日とケースに摂食障害の方が出てきて、その人その人に対してのアプローチの仕方が、はっきりしました。ありがとうございます。早速試していきたいです。強化学習は、かかせないなーと実感しています。

●脾臓の大切さ、精神状態がいかに影響するかがよくわかりました。特に便秘のメカニズム、便秘薬の負の連鎖について教えて頂いて、ありがたかったです。よく聞かれる便秘、そこに切り込む糸口をつかめたような気がします。今日の内容を反すうして、自分のものにしていきたいと思います。ありがとうございました。

●相変わらずボリューミーなホメオパシー病理でした。ケーステイクはケーステイクの授業の方が身になる感じがしています。病理は深くてメモが大変ですけど、現代医学の病理より役立ちます(笑)。先輩ホメオパスの方たちは、どんどん進化してゆく先生のメソッドに色々大変かと思いますが、その姿を見て卒業後も学び続ける姿勢が大事だなというのを実感しています。

●今回、肝臓と脾臓についてまとめ、その間にケースをはさみ、選択したレメディーに対して、詳しい解説をして下さり非常に勉強になりました。寅子先生の最新の考え方、最新の処方を知ることができる強化学習がこうして行われることは非常にありがたいです。これからも授業に出て勉強を続けて行きます。宜しく御願いします。

●肝臓、脾臓という解毒のための臓器についてすごく大切だと思いました。この臓器が弱っていくことで病気が複雑に大変になっていくことがわかりました。本当に良いものをとること、いかに悪いものを体にいれないか、今の状況ではすごく難しいことだということがすごく悲しいです。どうしてこうなったのか、考えないといけないと思います。先生がいろんなことを頑張ってされることは本当にすごいです。

●肝臓、脾臓のつながりがよくわかり他の臓器との関係もよくわかりました。ケースはとても深くついてゆけないところもありましたが、心と体がつながっていくことがとてもよくわかりました。解剖生理とMMをより一層勉強したいと思います。

●最近の処方が聞けて良かったです。常に進化続けている先生に時々お会いすることで、ホメオパシーのすばらしさを再確認できました。ありがとうございました。

●病理とレメディーの関係がよくわかりとてもよかった。気をたくさん取り入れられる食事を心掛けたいと思います。が、気がたくさんある食べ物は豊受自然農の野菜だけですね。大根の葉っぱご飯はとても美味しいです。これからも楽しみにしています。皆さんの汗の結晶に感謝です。由井先生何から何まで本当にありがとうございます。

●やはりいつも病理は感動します。レメディー、病気、臓器、精神、魂のつながりは深く、いつも発見ばかりで感動です。病理を深く知ることは治癒に導くこと、精神、魂の救いは大きく役立つことだと思いました。

●2日間由井先生のパワフルパワーの授業に参加出来てとてもよかったです。自分と自分の家族に肝臓に良いレメディーをとってみたいと思います。

●今回強化学習に初めて参加しましたが、CHhom・ホメオパスの方それに私のように卒業はしたけれど次の認定試験に向けて努力しようとしている者など一緒になって勉強出来て活力があふれるような感じです。これからも出来るだけ多くの人と交わって進んでいくのがとてもよいなと思いました。山が高くても一歩一歩進みたいです。

●難病のケースでは、病理・解剖・レメディーの深い知識が必要だと痛感しました。由井先生のケースでは、こんな大変な症状の方が治るのだろうかと思っていた方が、皆さんどんどん回復されていくのでいつも驚きます。「自己治癒力を引き出すホメオパシーは素晴らしい!」と感じます。自信を持ってホメオパシーを学び続けたいと思います。ありがとうございました。

●病理学は本当に難しく授業のテンポが早かったのでついてゆくのが大変でした。病理を知らねばクライアントさんの発する言葉から、レメディーを正しく選ぶ事が出来ない事を実感しました。今日も貴重な授業をありがとうございました。

●病理がとても重要であるのが分かり、授業で色々教えて頂いてありがとうございます。ノートを取る事に一生懸命で覚えていくことはまではまだまだ出来ない状態でリピートする事が大事だと思いました。

●3月に卒業したばかりでしたが、前にも肝臓・脾臓についての講義は受講しました。しかし、前より更にパワーアップした感じがします。以前よりも自分の理解が上がっているというのもあるとは思いますが、由井先生の進化は止まっていないのですね。積極的に強化学習に参加するのは大切だなぁと痛感しました。

●素晴らしい授業でした。臓器への深い理解が必要だと思います。臓器、マヤズム、ミネラルなど再度受講したい講義がたくさんあります。先生のご活躍を応援しています。

●久しぶりのとらこ先生の授業でした。臓器に関連した情報が多かったので、とても参考になりました。いつもレメディーを絞り込むのに悩んでいますが、今回のケースを見て必要なレメディーは思い切って出そうという気持ちになりました。靴下、重ねばきをしていましたが、この夏ははだしで過ごしてみようと思いました。

●肝臓、脾臓は改めて勉強したいところだったので、非常にためになりました。また、由井先生は学び続け、進化し続けていることが授業内容から良くわかり、卒業しても「今の由井先生」から教わることがやっぱり大切だと痛感しました。抗疥癬ミネラルRXSの私用の必要性、現場でうっすら感じ始めていたところでした。なので、今回のケースの処方はとても納得だしすぐにも実践してみたいと思います。新しいサポートチンキもぜひ試したいです。

●臓器サポートのマザーチンキ・レメディー・ミネラルとても学び深かったです。ホメオパシー的病理の授業は素晴らしいと思います。今後も継続的に学んで行こうと思います。

●現代人がいかに臓器を病んでいるのか、臓器サポートの必要性を強く感じました。おのおのの臓器と感情との深い関係も改めて勉強になりました。ありがとうございました。

●まだ入っていないな~と思いながらもこむずかしい話でなく、身近な(自分の体の)ことだと感じられる講義でまたがんばれそうな感じがします!今日は病理自体だけでなく、“相談会”についても考えさせられることがあり、ありがたかったです。子供さんへの配慮などとても素晴らしいと思いました。ありがとうございました。

●農業は日本人の信念の基礎だと考えられます。本当にクライアント様を理解するには農業の体験を発信することはとても大切なことだと思います。「生きる」という事を本来ならば子供に伝えて行ってほしいと考えています。病理については自分が10年ほど前肝硬変と診断され、死を覚悟した事があるので他人事ではなくお話しを伺うことができました。肝臓様に愛と感謝の気を送っていたことはありますが、謝罪した事はありませんでしたので新鮮でした。確かに反原発運動していて自分の生まれたてのBabyも抱けないくらい足も痛かったです。今は無いですケド…。色々寅子先生(ホメオパシー)のお陰です。ありがとうございます。

●子供に接する時に「(大人にとって)よいこ」にしてはいないか、という観点で当たらないと、抑圧によって取り返しのつかないことになることを改めて学びました。「おとなしい」からといって、その人が感情も感動も全てなくして「無」であるとしたら恐ろしい。肝臓、脾臓をいたわって、感謝して負担をかけない生活を心がけます。

●すごく処方が変わって、たくさんコンビネーションされ、また、LMもたくさんコンビネーションされていて驚いた。来てよかったと思う。なかなか、これないのですが、まだまだレメディーの勉強をしないといけないと常々思っているのですが、日々に追い付かずにいます。

●いつも内容の濃いボリュームのある授業をありがとうございます。霊障、信念、内臓、ミネラル、マヤズム、食養生など、外角的な視点で、クライアントにかかわることがホメオパスに求められるんですね。膨大な知識が必要ですが、少しずつ学んでいきたいと思います。

●今日はホメオパシー病理の脾臓で、やはり私も脾臓が悪かったと知ることができました。特に、急にケラケラと笑う、笑うことで様々な心配や不安を笑い飛ばしているということ、同じく鼻歌を歌うこと、まさに私がよくやっていることでした。このようにして、少しでも、それ以上悪い方向に行かないようにVFは何気ない動作としてバランスを取ろうとしていたんだと思うと、驚きと共に自分の体に感謝の思いでした。とても深い授業でした。

●とても勉強になりました。肝・脾をあらためて新しいアプローチでとり上げて頂き、ありがたかったです。肝・脾の大切さがよく分かりました。

●4か月ぶりのCHhom(RAH)の授業、久しぶりの由井先生ですが、以前にもまして元気で、はりのあるお肌、お声の由井先生に驚き、元気になりました。また来ます!

●ありがとうございました。肝・脾は自身・立腹、我慢等々のストレス的感情上、相当関連があると思う臓器でしたので、勉強になりましたが、カバーできる範囲が広すぎるせいか、今ひとつ自分の中(腹)に落ちませんでした。新サポ9種MTの内容を分析する特別講義があったら嬉しいです。今回もありがとうございました。

●2日間お疲れ様でした。抗疥癬ミネラルレメディー、介入レメディーのしるし、なるほどと思いました。臓器の関係の話も、もっと知りたいと思います。ありがとうございました。

●今日も参加してよかったです。サポートチンクチャーも種類が増えて、よりクライアントさんに必要なものを選んでいけるようになると思います。ありがとうございました。

●ケースは、広い角度から考えて選択していくことが大切だと感じましたが難しかったです。肝臓や脾臓の働きなどについては、わかり易く整理されました。どんどん新しい知識が出ているので、どんどん出席できたら良いと思いました。

●自分を責める傾向のある自分にHizはとても大切なものだと思いました。平気なフリしてたけど、自分はとても悲しかったんだなあとあらためて気付けて良かったです。今日もパワフルな授業をありがとうございました!

●授業ありがとうございました。臓器のつながりが学べてとても勉強になりました。自分にやさしい生き方をしていきたいです。

●摂食障害のこと、昨日今日と触れていただいてとても勉強になりました。ミネラルをしっかりすること、そして脾臓→肝臓をする必要があること、一つ一つ納得しながら聞けました。ありがとうございました。

●やはり臓器のサポートが大切だと改めて思いました。ホメオパスの方と一緒に講義をうけることで質問の内容など、勉強になることがたくさんあるので良かった。

●難しかったがシュチュエーションにより合うミネラルや補助的レメディを選ぶべき。レメディ1個1個の性質をよく把握するべきと思いました。なるべく強化学習にくるので今後ともよろしくお願いします。

●大変勉強になりました。eランニングも受講しているのですが、何とかフルモデルチェンジついていきたいと思います。(ついていかない方は何故いるんでしょう?)強化学習や色々なミニ講演会などもeランニングしていただけると、とてもとても嬉しいです。福井は在中ホメオパスは私1人となりました。手がたりません。しくしく。もっと強化学習していただけると嬉しいです。

●嘘の食べ物、生命のない食べ物、そして薬剤で、現代人の肝臓は弱り切っているというお話が、まず最初にありました。私の子供の頃は戦後間もない時期で粗食でしたが、嘘の食べ物は少なかったと思います。高校生の頃から、そろそろ変なものが出回るようになりました。まずコカコーラ。そしてケンタッキーフライドチキン、マクドナルドハンバーガー、ミスタードーナツと続々開店し、私たちは物珍しさもあって、ひたすら食べ続けました。一方、学校給食でも外国の過剰生産した変な食べ物を食べさせられてきました。今から思えば、長期間こんな危険なものを食べ続けてよくぞ無事に生きてこられたものだと驚嘆します。4年前に家族の体調不良がきっかけになってホメオパシーと出会いまいたが、この事がなければ、私は今頃どこかの病院に入院して薬漬けになっていたことでしょう。今日は「肝臓様」に手を当てて、本心から感謝の気持ちを伝えました。ありがとうございました。

●どんどん改革していく由井先生の姿はとても素晴らしいと思います。全ての治癒等に言えるものとして自分の治癒でも勇気づけられます。

●脾臓、肝臓の重要性をケースを通して深く学ぶことができました。先輩たちと一緒の授業は色々刺激になります。心の持ちようで、身体に影響が出ることは身をもって感じているので、とても参考になりました。

●自分で自分を責める傾向のある人はとても多いので今回の授業はとても勉強になりました。中身の濃いたべものを小食にする生活に進んでいけたらいいなと思っています。

●脾臓は消化吸収と関わりがあり、免疫をつかさどるというところが印象に残りました。それから、肝臓のところで過食、拒食と便秘をした場合、統合失調症の傾向になること。怒りや不条理、理不尽を持ったままでは体を壊してしまい、内にも外にも軋轢を作ってしまうということが印象に残りました。

●今日も深い内容のお話をありがとうございました。それぞれの臓器の働きと病気が起こっていく仕組み・感情との関係がよく分かりました。とても大事なところで分量も多いので、出来ればもっとゆっくりじっくり学びたいなぁと思います。

●新しいサポートチンキの内容を示していただいたので、今後の処方に役立てていけるのでありがたかった。できれば全てのサポートチンキについて内容を知りたいです。サポートチンキで何でこのレメディーが入ってるのかという解説の授業があっても良いですね。

●知りたいことを少しずつ一つ一つ学ぶことができ、とても充実した一日でした。自分の中で繋げて捉える事ができるようにしっかり振り返って取り入れていきたいと思います。ありがとうございました。

●夏が苦手だったのが脾臓のチンクチャーをとるようになってから大丈夫になりました。次は肝臓をとっていこうと思います。抗疥癬ミネラルレメディーはまずは自分からためして取っていきます。

●今日の一番の収穫は、先生の3次元メソッドのうち、介入の選択の仕方が変わったことです。できるだけ、出来る限り学校で勉強するようにと思いました。

●とても勉強になりました。肝臓は何となくわかっていましたが、脾臓はあまりイメージがなかったので病理がわかってよかったです。

●真菌感染の爪もきれいに治っていって驚きました。抗生剤とりすぎ、薬剤を塗ること、心の持ち方、自分を責める、が臓器に与える影響、勉強になりました.

●今日は内ぞりについての知識はもちろん大事ですが、食べ物として生きたもの、光を吸収することの大切さを知りました。サポートについても数が増えたので、より積極的に取り入れたいと思いました。

●感情とすごく関係する肝臓と脾臓の病理。とても面白かったです。自分によく当てはまる部分は授業がレメディーになりました。

●今日もまた人間にとってエッセンシャルな臓器について深く学びました。質問の時間に卒業生が手をあげて下さった事により、メソッドも刻々と進化しており、このスピードについていく事を求められているのだと再認識しました。

●信念の病気・感情からの臓器障害について改めて考えさせられました。自分も色んな感情をため込んでいるのでお酒を飲まなくても肝臓が悪くなっているのかなと思いました。「肝臓さんごめんなさい。」と大切にしていきたいと思います。

●臓器は難しい。臓器は大切。臓器へ届くようにレメディーを出していくことで症状が改善していく様をDVDで見て感銘を受けます。レメディーの取りあわせがとても難しいと感じました。

●肝・脾・胆のうの考え方、症例を見せていただけて深い精神に病理がある事がよく分かりました。沢山の画像の説得力にいつもの事ながら感動しました。ありがとうございました。

●今日も内容盛りだくさんでしたがまだまだ理解できていません。LMについてもまだまだ勉強不足です。もっと先生の講義を受けたいと思います。

●今日も充実した授業をありがとうございました。脾臓は私にぴったりの症状でした。処方RXSも参考にさせていただきます。

●臓器の役割とその臓器に対するレメディーをケース分析を通して学べたのは意義深かった。

●とらこ先生のエネルギーを感じるためにもやはり強化学習は必要だなと感じたありがとうございました。

●今日も内容の濃い講義でとてもためになりました。ありがとうございました。

●いろいろと変化してますね。極まればどうなるのか今後が楽しみです。

●人体にとって最も大切なのは肝、膵臓について詳しく学べて大変ありがたかったです。

●書いていながらも理解できているのか本当に不安です。

●消化に関してもすべての臓器を知ることはとても大切なのだとわかりました。

●臓器の大切さを学んだ。臓器サポートの選び方が少しわかったような気がする。復習して引き続き勉強していきたい。

●最近では抗疥癬治療を早めにすることが多く、マヤズム治療がまたよくわからなくなってきています。

●有難うございました。

●すごく濃い授業で頭がパンパンです。ふりおとされないようついていきます。ありがとうございました。

●肝臓・脾臓の大切さがよく分かりました。ですが難しい!解剖の教科書を見直しながら復習したいと思います。

●ありがとうございました。

●「鼻歌を歌う子は肝臓が悪い」の答えを教えていただきありがとうございました。

●新しいチンクチャーをぜひ使ってみたいです。

●肝臓・脾臓のパート大事ですね。脾臓は自分に良く当てはまり、勉強になりました。

●病理の講義、大好きです。何回もやってほしい。

●難しかったです。でも面白かったです。もっと勉強頑張ります。

●しっかり復習をしていきたいと思います。ありがとうございました。

●脾臓をサポートする大切さが分かりました。

●肝臓、胆嚢、それぞれの違い、関係がいま一つ理解できていないと思います。難しかったです。

●肝・腎・脾の大切さを再認識しました。臓器サポートもっと使っていこうと思います。

●大切な病理のパートでしたので、しっかり復習したいと思います。

●ありがとうございました。これから心新たに原点にかえり、頑張っていきます。

●少なからず、多くの人に共通する項目のあるケースだったように思える。

●肝臓、脾臓の大切さがよくわかりました。

●とても重要な臓器を深く学ぶことができた。日々大切にしなければと思った。

●コレステロールの話はおもしろかったです。

●とても勉強になりました。面白くて楽しかったです。また来たいと思います。ありがとうございました。

●脾臓サポートの大切さを改めて感じました。

<< 1つ前の記事へ | 記事一覧へ | 次の記事へ >>

最新の講義の様子

2017/10/08CHhom プロフェッショナルホメオパス CH7・8期「解剖生理学③ 筋系」講...
2017/10/07CHhom プロフェッショナルホメオパス CH7・8期「臨床病理学7」講師:酒...
2017/10/01CHhom プロフェッショナルホメオパス CH5・6期「日本のフラワーエッセン...
2017/09/30CHhom プロフェッショナルホメオパス CH5・6期「日本薬草学4」講師:小...
2017/09/24CHhom プロフェッショナルホメオパス CH8期「ホメオパシー方法論① レパ...

講義を月別に表示する