2012年04月14日(土)

2012年4月14日(土)

CHhom ホメオパシー統合医療コース 1期
RAH パートタイムコース 13期 合同授業
「マヤズム」
講師:由井学長
20120414.jpg
新学期が始まりました。
久しぶりの授業が待ち遠しいようで大勢の学生さんが朝早くから列を作って
盛り上がっていました。

本日は由井学長によるマヤズムの講義です。
まず、画期的だったのは、ハーネマンのマテリアメディカ「RA」「CK」から
由井学長が分析した抗マヤズムレメディー・根本レメディー・マヤズムから
立ち上がった急性レメディーをそれぞれ分類した一覧表が素晴らしく、
これは後にホメオパスとして活動する際、ホメオパシー診断で実践的に
活用できる貴重な資料となることと思いました。

本日は高学年対象に、とても取り扱いの難しい、慎重なレメディー選択が
問われるケースが上映されました。
由井学長による根本体質治療・抗疥癬治療を含めた三次元処方に関して
本日は各ケースのマヤズムとミネラル、臓器との関連に焦点を当てて
解説していただきました。
深い洞察と知識に裏打ちされた学長の練られたレメディー選択を
聞き逃すまいと学生の皆さんは真剣にペンを走らせていました。

三次元処方における霊的治療とインナーチャイルド治療についての
解説では、学長から発せられる言葉を心で聴き、娘さんとの愛情溢れる
エピソードには教室中が拍手で包まれ、とても温かい気持ちになりました。

新学期第一回目の講義から充実した講義をありがとうございました。

講義の感想

●3年生になれて嬉しいです!とても大切な授業でした。病気全体を網羅しており、複雑なところもあるけれど、1本筋が通っていると思いました。マヤズム治療も、抗疥癬根本体質治療も、とても大切だと思います。ハーネマンの意志を引き継いで、発展させ、教えてくださり、ありがとうございました。

●すごい迫力の講義で圧倒されそうでした。マヤズムのことまだよくわからないと思っていましたが少し理解出来るような気がしてました。特に物体が冷たいということに対する考え方、方法を教えていただけてうれしいです。私も4年間相談会にかかっていますがなかなか自分には難しいです。先生のケースを聴くたびとてもはげまされます。ありがとうございました。身体冷えにアクティブプラントを使うことやってみようと思います。

●3年生になって初めての授業、とても楽しかったです。一瞬でも聞き逃すと分からなくなりそうで必死でしたが、その緊張感も楽しかったです。1年、2年とすごしてきた中でいろいろ学びましたが、更に自分がどう成長できるか楽しみにしながら1年間を過ごしていきたいと思います。

●マヤズムについて、とても詳しく教えてくださって、大変勉強になりました。新しい学年になって初めての授業に、気合が入りました。とらこせんせいのもとでホメオパシーを学ぶことができて、本当にうれしいです!!今年度もよろしくお願い致します。

●マヤズムまとめということで、改めて整理して学ぶことが出来ました。先生がケースの中で役に立った方法やレメディーなど今まで知らなかったことも学ぶことが出来ました。マヤズムを見極めること、ノゾースだけでなく、それぞれのマヤズムをカバーするレメディーなど、今日の資料と内容は、今後ホメオパスを目指す上でとても役にたつと思います。新学年、気持ちを切り替え、がんばっていこうと思います。

●レメディーの表がすごくわかりやすくて、参考にしながらレメディーをえらびたいと思います。私自身は早めに抗疥癬もとりはじめましたが、母は Syph. とTub. ばかりやって、乳ガンの疑い有とでてしまったので、抗疥癬をやりたいと思います。先生のお嬢さんのお話をきいたら涙がでてきました。やっぱり子どもは親をえらんで産まれてくるんだなあと思いました。今回も素敵な授業ありがとうございました。

●難しかったけど、とてもおもしろかったです。抗○○レメディーなどを書いた表、とてもうれしいです。特に、根本レメディーは、よくわからなかったので、使えそうです。癌と真菌の関係もおどろきでした。以前より、癌の人はカンジダが出ることが多いとおっしゃっていた意味、やっと分かりました。何より、3年生になれて、また一年、ここで学べるのがうれしいです。よろしくお願いします。

●ケースで、いつ抗疥癬治療に入るべきか、迷うことが多かったのですが、今日のケースはとても参考になりました。難しいところも多かったですが、Point をさいごに言って下さるので、その点、注目すべきポイントがはっきりして、わかりやすかったです。ありがとうございました。

●1年から、わからないまでも聞きつづけ(先生からすれば言いつづけ・・・)てきたマヤズムだが、2年の後半から、いろいろなことが、合致していく感じがする。授業の中で、先生の問いもスムーズに出てくるようになってきた。今日のマヤズムに関係するレメディーのまとめられたものは、すごくわかりやすい。あと半分になってしまったが、1年1年すすんでいこう。よろしくお願いします。

●3年生になってやっとホメオパシーの難しいところの話が聞こえるようになりました。先生が解るように教えてくれるおかげです。まだまだ初期の理解しか出来ませんが、大分言葉になれました。これからどんどん使いこなせる様になっていいきたいです。

●復習になる部分が多く、マヤズムについての理解が深まりました。ケースを見ていても実際の応用となると難しくて悩みどころもたくさんだと感じますが、さらにじっくりと勉強したくなりました。本日も面白い授業をありがとうございました。

●今日もありがとうございました。マヤズムについて、過去3年の授業での不明点やスキマを埋めるような内容だったと思います。特にレメディーの表はすぐに実践に役立てられそうです。またレメディーの勉強をする上で役に立つ指針ともなりそうです。ありがとうございました。

●ありがとうございました。今年でいよいよラストの年になってしまいました。今日の授業はとってもわかりやすかったのと、ガン細胞がなぜこの世に存在するのか知ることができました。とても納得できたので、今日はそれだけで満足!本年度もよろしくお願い致します。

●今まで良くわからなかった、抗疥癬マヤズム、介入レメディーについて知ることができました。今年最初の授業ではかなり重いものでした。これから1年よろしくお願いします。

●最近発表されたイタリア医師の癌と真菌のお話を聞いて、現在のように化学製品があふれ、危険すぎる食品だらけの世の中においてはもはや人体は癌と真菌の世界であるので、敵視せずなだめながら鎮めていくのが得策だと思いました。癌細胞をアポトーシスに導く物質(天然、自然の物)の研究もおこなわれているようですし、午後の乳がんのケースでは患者さんも明るく、治療を信じて徐々に改善していく過程を拝見し、ホメオパシーは癌だけではなく現在難病とされている病気を治療に導く素晴らしい療法であることを改めて感じています。豊桶自然農のよい食材をとり、これ以上危険なものを体に取り込まないよう注意しながら生活していきたいと思います。

●3年休学をしていたため、かなり戸惑いもありましたが、資料も配布されるので話に集中でき理解しやすかった。ケースをまとめて時系列でみることができるので治っていく過程も分かりやすくよかった。

●マヤズムは今までのイメージでは"個別”というか、独立したイメージが私の頭の中にありましたが、今日の説明で傾向レメディーもよくわかり、今までのマヤズムの話をより理解できる内容でした。試験前はあまりよくわからなかったケースも今日のケースはよくわかりました。ケース内容は難しかったですが、これから勉強しようという話でした。ありがとうございました。

●レメディー像を多面的に包括的にとらえることがとても大事だと思いました。(マヤズムの理解のためには)。また身体あたためることの大切さも実感しました。この冬、朝晩ともに湯船をはって入ってみました。免疫を下げないために個人が出来る手軽な方法の一つとしても良かったです。陰陽のバランスを考えて食べ物から身体を冷やさない工夫も必要かなと思いました。

●マヤズムの“横・たて"の説明が初めてでよく判りました!全体に理解が深まりました。それぞれのマヤズムの関係もスッキリしはじめてきました。ただ、合同のせいかレベルが違う気がしてムズカシイ気がしました。ありがとうございました。

●3年生の新学期ですが、久しぶりの授業で集中できなかった。復習します。マヤズムと重要なパートの授業でレメディーの区分、抗Psorレメディー等を少し理解できたと思う。

●由井先生が日々困難なケースに向かい合っておられることに改めて敬意を表したいと思います。3年次になると格段に内容が高度になった気がしています。

●各マヤズムの急性レメディーを教えて頂き、このマヤズムにはこのレメディーが使え根本はこれだ・・・みたいな大体の使い分けがしやすくまりました。ありがとうございます。先生の娘さんの話を聞いて、たとえ本人が耳をふさいで聞こうとしなくても
細胞がちゃんときいて身にしみているのですね。諦めないで、言葉で言っていると何かしら相手に伝わるのだと思いました。
娘さんの話をする寅子先生はとても嬉しそうに見えました。

●マヤズムの復習と抗疥癬治療と抗疥癬介入レメディーの整理が出来ました。早めに抗疥癬治療をした方がいいというのもマヤズムをまとめることで今日は納得できました。真菌とガンのパートはとても興味深かったです。人の身体の仕組みは本当に驚くことばかりだと思いました。レメディーの配分表(マヤズム)もとても参考になります。今日から3年生、卒業までしっかりと学びたいと思います。

●改めてマヤズムごとのレメディーが整理された表とともに、ケースが提示されて、治療の実践に入る際、今後の大きな参考になると思いました。また自分自身が今まで取ってきたレメディーがどういう意図で処方していただいてきたものなのかもよくりかいできるようになるなぁと思います。3年生となり、いよいよ実戦的に自分はホメオパスとして、活動できるかどうかという意識が、少しずつですが、表層に出てきたように思います。そんな時にちょうど、自分自身もなんだかこんがらがった体調になっていて、がっつり治療に取り組んでいることは、偶然ではないと思いました。人ごとだと、私は全く頭に入らないし、血となり、肉となることもないと思うので、ある意味ちょっとハードですが、自分が実験台となって、あーだ、こーだと日々いやでも体と心に直面せざるを得ない状況が本当の勉強につながっていると思います。本当にどうもありがとうございます。

●マヤズムの基本形は何となく理解できたが、ケース①、ケース②共に非常に難しかった。抑圧のフタ、好転反応の出方など、自分にはまだ程遠い患者と感じる。その中でも患者の感情面の変化はやっぱり、ホメオパシーのなせる業だと思う。そこに希望を感じる。

●わかり易い表を有難うございました。病気の分類(マヤズムの)は、まだまだ出来ませんが、表が役立つと思います。

●3年生になって、急に難しくなった感じで、大変です。理解できたところだけ残して、あとは忘れていいというお話がなければ、結構、混乱したまま終わったと思います。少しずつでも理解していこうと思います。

●(初)3年生になりました。また1年間よろしくお願いします。レメディーの表、画期的で、とてもありがたいです。乗り越えられるから来るものを、受け取っていこうと、あらためて勇気をもらいました。無気力無関心こそおそれ、向き合っていきます。ワード検索機能、素敵です。

●3年に上って最初の講義で、マヤズムについては難しかった。Tub. なのか、Carc. なのか、Syco. なのかの見極めは、人の為にレメディーを選び出すと、本当にまよう。試しながら、見極めていくらしい、ということは分かったが、AならB、のようにはいかなさそうで、経験が要る。由井先生の8項目(3次元 BeyondHarnemann)は、とても理解、納得のできる、又、人の為にレメディーを考えるのに、助けになるフレームワークだと思った。ありがとうございました。

●レメディーの選択は難しいなーと感じました。本当に4年生1回目の授業ですが、もう1年しかないので、今年1年は本当に真剣に学んでいかないと、と気が引き締まりました。ありがとうございます。

●授業ありがとうございました。マヤズムについての授業でしたが、難しかったです。早めの抗疥癬治療を実践してみたいと思います。

●病理の深い2つのケース、とても難しかったです。Scillの知らない側面を実際のケースで学べてよかったです。抗疥癬治療を実際いつ始めればよいのか、難しいと思いました。どうもありがとうございました。

●今日は午後からの登校でしたが、久しぶりの授業参加、良かったです。どこで根本ミネラルを入れるかというのは本当に難しい部分があるとは思いますが、確かに良いレメディーを入れ続けてるのに、なかなかこれ以上良くならないってのは、踏み切る理由になるように思います。それに12Xから始めたり、LMポーテンシーでしたら、30Cとかより思い切れるかもしれません。どのポイントが適切なのかってのは、大きなテーマだと思います。私も自分になら、まず恐れず、入れてってみようと思います。

●4年生最初の授業、難しい授業でしたが、最終学年ということでしっかり聴かなければという気持ちでのぞみました。マヤズムということでわかったような、わかるような状態です。復習します。乳ガンのケース参考なりました。

●難しかったです。理解できないことは忘れ理解出来たことを使うに少し安心しました。自分に心配になりました。今日も深い授業ありがとうございました。

●大阪校に転校して初めての授業。昨年思ったように通学できず、イライラや焦り、たくさんの感情が湧きあがり処理しきれなかった1年。今日の授業は復習ということで、以前良くわからなかったことが少し明確になりました。いろいろな思いを抱えてこちらへ引越をして、今日は学べる喜びというものを大きく感じました。本当にうれしいです。無理せず勉強したいと思っています。

●レメディーの表ありがたったです。4年生になりどんどん実践して経験を積んでいきたいです。

●マヤズムは本当に難しかったです。消化できるところは使ったらいいということなので、消化できた部分だけやってみたいと思います。娘さんの話、感動しました。

●抗疥癬レメディーについて良くわからなかった部分が少しわかってよかったです。癌と真菌についての話が、とても納得しました。私も冷え改善でアクティブプラントしようと思います。

●無事3年生になることができ、最初の授業でした。楽しみにしてきましたが、学年が上がったから?内容が更に難しく感じました。でも難しかったけど、面白かったです。ありがとうございました。

●抗疥癬介入レメディーが揮発剤でありVFを高め抗疥癬治療を助けるレメディーということは分かりました。講義を聞いているときは分かっている感じがするのですが…復習が必要だと感じました。癌と真菌の関係でカンジタによる組織破壊を癌細胞が防御壁となって食い止めていて、その結果が癌ということは意外でした。

●マヤズムはやっぱり難しいです。それでも講義毎に少しずつ一歩ずつ理解は深まっていると感じます。今日はSycoが横方向、Syphが縦方向へ加速しその2つがあるときに3次元に広がりを見せるというのがすごくわかりやすかったです。そしてもう一つ、真菌と癌の関係を聞いて本当に目からうろこでした。免疫を上げることの大切さ、日々の食事の、生活習慣の大切さが身にしみました。3年生の初授業、今年も頭がパンパンになるまで頑張ります。

●ケーステークのモニターになってくれているクライアントさんの症状を思い浮かべながらマヤズムの選択の仕方も学ばせていただきました。まだまだ難しいですが、1人1人のケースについて今日の学習を参考に考えていきたいと思います。ありがとうございました。

●淋病の話の時、銀行に爆弾を仕掛けたら現金まで粉々に吹っ飛んだ、映画「明日に向かって撃て」のシーンそのままですね。人の性格や国民性もマヤズム的観点でみると面白いですね。

●今日はむずかしい・・・・。パワーポイントの資料作っていただいてようやくついていけてる!?まだ頭の中で整理がついていないので、資料も何度か読み返してみたいと思いました。急性レメディーの分類、整理をしたり、頭に叩き込むこともやりたいですが、レメディーをとったりして、特に急性症状が出てきた時、この表のレメディーを照らしてみながら実践してみたいです。卒業までの2年間、楽しいホメオパシーの勉強も大切ですが、自分の体、心をとことん見つめてみようと思いました。自分のことができていないと人をみることはとてもできないと、とてもわかってきたと思います。

●ヒントいっぱいの授業でした。むずかしいですが、ついていきたいと思います。今年度もよろしくお願いします。ありがとうございました。ミネラルのこと、もっと勉強したいと思います。

●久しぶりの授業でしたが、いきなり難しかったです。今まで学んだことの記憶をひっぱり出しながらでしたので、考えたり思いだそうとしたり書いたり、忙しくて!マヤズムは深いですね。まだまだわからないことだらけです。また1年がんばります。

●抗○○レメディー、急性病に対するレメディー、○○マヤズムの根本レメディーの表がありがたかったです。3年生でもまたよろしくお願いします。

●今日の授業はとても難しかったですが、とても充実していました。マヤズムごとのレメディー表はとても助かります。根本治療のタイミングというのが今の悩みです。同時に行うとしての、好転反応に耐えられるのかが不安に思います。配布資料は本当に助かります。先生のお話しに集中できます。

●マヤズムはやはり難しい。でも復習で傾向を知れたのと、急性レメディー一覧表をいただいたので、とっているケースで自分でも試してみようと思います。ミネラルはやはり大切なんですね。

●講義お疲れさまでした。抗マヤズムレメディー・介入レメディー・抗疥癬レメディーについてまだまだ勉強しないといけないと思いました。難しい内容でしたが、マヤズム治療の大切さを再認識しました。また、医原病の怖さも改めて感じました。「声を大にしてみんなに知らせないと!」という気持ちです。今年も楽しみです。また1年間よろしくお願いします。

●レメディーの分類について教えて頂き、ありがとうございました。まだ理解できませんが、一年かけて少しでも理解できるよう楽しみながら学びたいと思います。よろしくお願いします。

●マヤズムのまとめから入ったので、今まで漠然と何となく頭にあったものが、すごくよく整理されてよく分かりました。

●今日もそうですが、いつも由井先生の授業を聞くと深く考えさせられます。私も子育ての事、今自分に起こっている好転反応の事が色々と頭をよぎりました。

●マヤズムが分かるようになればとても楽しく自信を持ってやっていけるように思います。

●難しいケースでした。でもきちんと患者に向き合い治癒出来るようにサポート出来るホメオパスになりたいと思いました。

●抗疥癬治療は長く時間がかかるし大変だと思いました。Psor.の治療をいつから始めるのかはとても重要なのでその見極めが大事なのだと思いますが、これからまたしっかり勉強しなければと感じました。

●パワポの資料があって助かります。授業内容のレベルが上がってきているのを感じました。

●マヤズムの新しい見方、興味深かったです。午前中仕事で、午後のみでしたが、雨の中来てよかったです。

●マヤズムは今後の治療に際して重要なものなので、問題意識を持って授業に臨めました。

●今日から新しい年度の始まりです。講義ありがとうございました。

●マヤズム、頑張って覚えます。ありがとうございました。

●とても難しかったです。ケースでいいろいろ勉強したいです。

●内容の濃い講義でした。ありがとうございました。

●今回の講義の内容は娘の皮膚症状のヒントになりました。帰ってからさっそく試してみます。ありがとうございました。

●ありがとうございます。また1年頑張ろうと思います!

●ケースはとても難しいケースでした。マヤズムも1~3年でいろいろ聞きましたが繰り返し繰り返しやって頂けると嬉しいです。

●ありがとうございました。

<< 1つ前の記事へ | 記事一覧へ | 次の記事へ >>

最新の講義の様子

2017/10/08CHhom プロフェッショナルホメオパス CH7・8期「解剖生理学③ 筋系」講...
2017/10/07CHhom プロフェッショナルホメオパス CH7・8期「臨床病理学7」講師:酒...
2017/10/01CHhom プロフェッショナルホメオパス CH5・6期「日本のフラワーエッセン...
2017/09/30CHhom プロフェッショナルホメオパス CH5・6期「日本薬草学4」講師:小...
2017/09/24CHhom プロフェッショナルホメオパス CH8期「ホメオパシー方法論① レパ...

講義を月別に表示する