2010年07月17日(土)

2010年7月17日(土)

マヤズムについて   

講師:エワルト・ストットラー氏

7/17(土) 北海道から沖縄まで全国7拠点を中継で繋いで、エワルト・ストットラー氏来日講義が行われました。

20100717.jpg


東京は初夏の日差しが照りつけ、汗ばむ陽気になりました。日本からの熱烈なアンコールに応え、30年の経験を持つホメオパスであり、ハーネマン研究では世界の第一人者の1人であるエワルト・ストットラー氏に遥々オランダから来日していただく事ができました。今日から3日間、ハーネマンが確立し後世に残した『高い治癒率を誇る実践的なホメオパシー』をご教授しただく日程になっております。第一日目にあたる今日のテーマは「マヤズムについて」。 中継で繋いだ全国7校で合わせて約400名の学生・ホメオパスが参加し、ほぼ満席の状態となりました。東京校ではメインの教室では入りきれず、3フロアーの教室をモニターで繋ぎ、熱気あふれる中講義が行われました。ハーネマンの確立したホメオパシーは高い治癒率を誇ったにも関わらず、難解が故、後世の人々に理解されず、今や多くの国のホメオパスが、「オルガノン」「慢性病論」「レッサーライティング」などハーネマンの残した書籍を研究する事がなくなり、結果として、正しくハーネマンの正しいアプローチを理解しないホメオパスが増えることによって、慢性病におけるホメオパシー治癒率が下がったと言われています。

本日のエワルト・ストットラー氏の講義は、様々な書籍に断片的に書かれたハーネマンのメソッドを、壊れたパズルを繋ぎ合わせるように組み立て、ハーネマンのメソッドが体系化され、明確な指示を後世に残していた事を教えてくれました。つまり原点に戻り、ハーネマンのメソッドを応用することで現代の医原病や難治疾患でもホメオパシーが高い治癒率を可能にすることを教えてくれたのです。治療法に修正に修正を加え、ハーネマンが最後に残した「オーガノン第6版」で示された、好転反応をおだやかにする治療法としてLMポーテンシーの使用に行き着いた歴史と、その使用法についても詳しく教えていただけました。体系的で実践的な内容に、学生・ホメオパス共に終始集中した雰囲気の講義となりました。講義終了後、会場からエワルト・ストットラー氏とハーネマンに大きな拍手が贈られました。 CHhomでは、ホメオパシーの原点へ還り、世界でもまだ採用の少ないLMポーテンシーを採用していく方向となりました。世界的にも飛躍目覚ましい日本のホメオパシー界に、大きな可能性を秘めたホメオパシー治療法が新たに加わる事になりました。

→7/18(日)ストットラー氏インタビューの様子

講義の感想

●1月の沖縄に続けてストットラーさんの講義をとても楽しみにしていました。LMポーテンシーを始めてとしての処方の仕方とても面白いです。悩める患者さん達を治癒に導くのに、ストットラーさんが新しいアプローチをどんどん教えていただいて、とてもありがたいです。ホメオパシーがますます面白くなって仕方ありません。明日、明後日とこの3日間の講義でよりスキルアップしていきたいです。ストットラーさんからの知識をより深くマスターしていきます。ありがとうございます。

●新しいことが学べて本当にすばらしいです。これはRAH12期生にも必修でもいいのでは? 1月のストットラー先生の講義は、それを受けずしてホメオパスは成り立たないと思う程だったので、今回も期待してきました。有料でも、絶対受けるべきだと思います。明日も、明後日も、たのしみです!

●ストットラーさん、ものすごい濃い内容の講義をありがとうございました。課題をこなしての出席だったのですが、書く事聴く事フル稼働で、理解するところへいきつくまでにはまだまだ沢山の時間がかかりそうです。世界でナンバー1だと思っている寅子先生が学生と一緒に講義を受け、さらに質問している姿に、なんていうか・・すごく心打たれました。”一生学びなんだ”というのをすごく感じました。明日もよろしくお願いします。ありがとうございました。

●今回とても素晴らしい講義でした。とても興奮しました。聞くほどに新しい世界が開け、ずっと聞いていたいと思いました。明日も楽しみです。これから、LMを活かした処方が出来てくると思うとわくわくしました。ありがとうございました。

●素晴らしい講義でした。1月の沖縄以来すごく楽しみにしておりました。今回はガン、リウマチのアプローチを是非学習していきたいと思っております。ホメオパス全員にストットラー先生のすばらしい講義を聞いていただきたいと心から思います。あと2日間楽しみです。ありがとうございました。

●ストットラー先生の講義を聞くのは、2年前の英国スクーリングでの「花びら処方」以来でした。花びら処方を初めて聞いた時も素晴らしかったですが、今回はさらに、LMポーテンシーについて詳しく聞くことができ、とてもよかったです。介入レメディーの説明も素晴らしかった!!LMポーテンシーの三次元処方をすることで、慢性病を穏やかに、長引かせることなく治癒できる可能性を感じました。LMポーテンシーのレメディー、早速試してみたいです。明日の講義も楽しみです。ありがとうございました。

●よくぞ今年もう一度来て下さいましたストットラー先生!教えて頂きたい事が沢山あります。大切なことを今日もさっそくありがとうございました。由井先生。LMへいよいよ移行ですね。ますますレメディをしっかり選ばなくてはなりません。今日は買って帰れませんが、少しずつ使えるようになりたいです。明日も明後日もよろしく!

●終始、熱のこもったお話ぶりで、それなのに大変丁寧に講義していただき、ありがとうございました。記憶力もすごかった!わかりやすく通訳もしてもらって助かりました。最初は普段使わない脳を使っている感じで、頭が活性化していましたが、LMポーテンシーの話になってからは「混乱の極み」でした。全く理解できない部分もあったのですが、あせらずに解決していこうと思います。

●想像していたよりもわかりやすく楽しい講義でした。鼻で嗅ぐやり方や実際のケーススタディなど、おもしろくて、驚くような内容もあり、心に深く残りました。明日も楽しみです。オーガノン、CKをほとんど暗記されている様子にびっくりさせられたり、長い長いお話を暗記して通訳される様子が素敵で憧れさせられたりしました。楽しかったです。

●今のところまでの授業では、レメディーを植物、動物、鉱物で分けて急性には動植物、マヤズムは鉱物って感じではきいてなかったのでとても新鮮でした。薬は良くない!というてんでもそうなんだぁ、まそうだよなくらいだったのが体の自然の法則に乗っとった、とてもナチュラルな作用として当然良くないほうに動くというのもなんだが新たな響きでしたし、慢性病に関しては本来講演反応は激しくなく緩やかにゆっくり時間をかけてなおっていくべきというのも、好転反応は仕方ないのだと思い込んでいた頭に新たな新たな光がさした感じです。きっとずっとたってる人にはLMポーテンシーも衝撃なのでしょうが、そこまで学んでいない身としては、とてもニュートラル気持ちでもっとジャンジャンLMについて知っていきたいと思います。まだ、つい使い方は、良く分からないですが(笑) うんとにかく授業でまたやってくださいませ。 

●このような授業に参加することができて、本当に素晴らしく、感謝しております。ありがとうございました。ストットラー先生「人を治すのではなく、病気を治す」それがハーネマンの教えである。人の意見は変わる。自然の法則は変わらない。永遠の法則というお話しにとても感銘しました。今、時々心臓に差し込むような痛みがあるので、LM1とLM3でどう違うかとってみようと思いました。

●ストットラー先生の講義は今年2回目でしたが、さすがどんどん深くなって、わくわくする内容でした。質問したいことがあるのですが明日は来れません。最初に介入は低くと聞いたような気がするけれど、聞き間違いだったのでしょうか?Hep.は花火のようだから上だけで作用するのではなく、下で作用するために低くというのがよくわからなかったです。でもわからなくても楽しいで

●どんな質問をなげかけても全て出典を明らかにし論理的に説明していただけるストットラー先生は素晴らしいと思います。明日、明後日とても楽しみです。予習の提示があったおかげで理解がしやすかったです。

●高度な内容で全体には難しかったのですが、ストットラー先生の説明は親切でとてもわかりやすいと思いました。今までにない新しいことも知れて、これからホメオパスの勉強をさらに頑張ろうと意欲がわきました。

●難しかったですが、一人で読んでいる時には、まったく分からなかったところも、分かりやすい言葉で説明して頂けて良かったです。英語と日本語と2回聞けたので、頭の中を少し整理しながら聞く事が出来ました。講義をして下さったストットラー先生、通訳をして下さったスタッフの方に感謝します。あと2日、とても楽しみです。

●どれだけ難しいのかと心配して来ましたが、今日の所は何とかついていけました。(通訳なので時間的に余裕があったせいもありますが・・)これからLMポーテンシーの効果がどのようになってくるのかが楽しみです。もっともっと知りたいと思いました。悪化が出た場合の話が沢山あったので、そんなに悪化がでるものなのかという気持ちにもなりました。

●授業ありがとうございました。英語ができれば良かったです。とりあえず通訳の方が言ったのを書き留めましたが、英語がわかれば何十倍もの理解ができたのかなと思います。由井先生の通訳がすごいわかりやすかったです。ありがとうございました。

●慢性病論、オーガノンの理解が深まりました。ありがとうございます。LMの作り方が少しわかりました。2日目3日目の授業が楽しみです。ありがとうございます。

●LMポーテンシー新鮮でした。まだまだ難しいですが、Cポーテンシーに比べはるかに便利(においをかぐ方法ならば)に使えそうですね。ひとりでハーネマンの本を読んでいても???なことがそういう意味だったのかと咀嚼して聞くことが出来ました。英語が理解できたらきっと2倍ためになるのだろうな、と思いながら通訳の方と由井先生の補佐付き通訳は助かりました。後2日楽しみにしています。

●LMポーテンシーを上手に使えるようになるととても穏やかに治癒に導けるというのはとてもよいと思います。アグラベーションに対する対処も色々と教えていただいてとても参考になりました。もっとオーガノン、慢性病論を読まなくては。。と思いました。

●悪化させない本当の投与法としてLMポーテンシーの使用法はとても期待できる方法で引き込まれました。具体的な投与法をもっと知りたいので明日からの講義も楽しみです。

●わかりやすく丁寧な講義をありがとうございました。LMなど新しい知識を教えて頂き、これはけっこう頭がこんがらがりましたが、これからの課題として、学んでいけたらと思います。

●予習で慢性病論を読んでいた時、相当な手ごたえについていけるかと心配でした。なるほど、こういった事だったのかとうなずく事もありましたが、余りにレベルが高い内容で脳がヘロヘロです。でもさすがに300回もオーガノンを読み込まれたストットラー先生は凄い!直接、学べる機会を本当にありがとうございます。今日はゆっくり休んであと2日間に備えたいと思います

●とてもとても難しかったです。(涙)私にとっては初めての海外講師の先生でしたが、話の内容は寅子先生にも通じる情熱で、ホメは本当に世界とつながっているんだな、と改めて思いました。今、わけも分からず書き留めていることが、あとになって分かる日がくるのでしょうか。早くそうなりたいと思います。

●LMの使い方にびっくりしました。早速購入してみようと思います。英語ができたらもっとわかるのにと思いました。嗅ぐというのは、そんなので、効くのかと初めは思っていましたが、神経にも直ぐに作用できるとわかるとアルポやマザーチンキは嗅ぐようにしたいと思いました。

●とても内容の濃い素晴らしい授業でした。前の授業のサマリーが入ったので分かりやすかったです。

●とてもわかりやすい部分もありましたが、途中でLMポーテンシーの所では理解できないところもあり、残念です。もっと実践・知識が多ければ理解出来る内容なのだと思いますが・・・。内容については、一番知りたい部分でもあるので、とても興味深く聞く事が出来ました。ありがとうございました。

●ストットラー氏の話、解り易く、一年生の時の授業より、わかりやすかったです。LMに関しては、再度、教えて頂きたい。

●ハーネマンが晩年に到達した処方の原理をストットラー先生から学ぶことができるとはありがたいことです。しかし学習する方の器が不十分なため、途中からはホメオパシーの授業なのか、英語のヒアリングの訓練なのかわからなくなりました。(少なくともコングレス参加の前準備にはなったかと思われますが。)聞きもらした内容や理解ができなかった点などをたくさん抱えています。先々とらこ先生による総括的な補足説明がいただけるよう希望します。

●難しい内容でしたが、慢性マヤズムについてはとても関心があるので興味深い授業でした。海外からの先生の授業は初めてだったので、受講出来て良かったです。LMの使い方が非常に難しかったです。

●非常に難しかった。内容を聞きながら、ノートをとるのが精一杯でした。いつか理解できる自分が来る日を楽しみにがんばります。

●ストットラー先生の講義はとても細かく説明して下さり、素晴らしかったです。LMの説明もまだよく理解は出来ていませんが、大切だという事がわかりました。あと2日間、よろしくお願いいたします。

●非常にポイントが分かりやすくまとめて頂きとても勉強になりました。どうもありがとうございました。

●ところどころ分かったような、わからないような…。レメディの変え時とポーテンシー(与え方の判断)が特に難しかったです。帰ってまたCK、オルガノンを読み返してみたいと思います…。どうも有難うございました。

●難しながら、夢うつつになる時間帯もありながら、それがなぜか心地よく授業を受けました。もう”わからない”ことに慣れて来ていて、理解しようとする気持ちをすてて耳に入ってきたことを書くということが、ここでの学び方かなとある種悟ってきました。入学の時からわからなくても、いつかわかる時が来るから質問もしないようにと言われましたね。明日、明後日も楽しみです。

●とても難しかったです。頭が混乱しています。でも、あと2日とても楽しみです。それにしても、オーガノンを本当に読み込まれていることに驚きました。見習らわなくてはと思います。

●一生懸命話してくれるストットラー先生の言葉をそのまま理解できない私が残念。無念。LMポーテンシー楽しみです。LMセンセーションかも~!!あと2日間ともがんばりまーす。

●難しいけれどなんとなくそうなんだと思うことが多いです。

<< 1つ前の記事へ | 記事一覧へ | 次の記事へ >>

最新の講義の様子

2017/07/15CHhom プロフェッショナルホメオパス CH7・8期「マヤズム」講師:由井学...
2017/07/09CHhom プロフェッショナルホメオパス CH6期「TBR演習」DVD上映講師...
2017/07/09CHhom プロフェッショナルホメオパス CH5期ホメオパシー病理 『脳・神経...
2017/07/08CHhom プロフェッショナルホメオパス CH5・6期「オルガノン講読」DVD...
2017/07/02CHhom プロフェッショナルホメオパス CH8期「オルガノン講読」講師:由井...

講義を月別に表示する