2010年09月18日(土)

2010年9月18日(土)

ハイルクンスト(Hellkunst)の基本原理のまとめと応用

講師:ルディー・バースパー氏

ルディー &パティー・バースパー氏の講義が本日9月18日(土)から3日間に渡って行われます。

今回来日したカナダ在住のルディー・バースパー氏は、臨床経験を積むながら、ドイツ語で書かれたハーネマンの原書を長年に渡って、読み解きました。
ハーネマンの原点に立ち返り、学ぶCHhom,RAHにとって大きな影響を及ぼした海外講師ジョージ・ディミトリアディス氏、エワルト・ストットラー氏と並び、世界でも数少ないハーネマン研究者の一人です

20100918.jpg


CHhom東京校をライブ会場にし、全国RAH7拠点を同時中継で結んで約300人が方が参加しルディー・バースパー氏の講演会一日目が開催されました。会場全体は熱気と、時に笑いに溢れ、ライブ感のある白熱した講義となりました。

ホメオパシーを学ぶ者としては、ハーネマンの原点に立ち返り、その教えをしっかり身につけなればなりません。今回、その向かうべき『道』・『姿勢』をルディー氏に示して頂きました。

今日の講義で、今まで漠然と纏めていた知識が一度バラバラに打ち砕かれ、再度、構築されていくのを感じました。ハーネマンの教えに立脚した真に大切な事を一日目だけでも、とても多く教えていただきました。

「もののとらえ方」や、「病気の向き合い方」をしっかりと学べ、丁寧に教えてくださる先生の講義を受けられた事は、本当にありがたいく貴重な事だと感じます。

講義では、一区切りごとに由井先生とルディー氏による質疑応答がなされ、その度ごとにテーマがわかりやすく整理され、とても理解の助けになりました。

明日以降も深く本格的に進んでいく講義を前にして、また新しい発見があるかと思うと期待が膨らみます。

①病気を知り正しく識別する。
②各レメディーの作用を知る。
③正しい法則に従い、①と②を合わせる方法を知る。

この事をまず念頭に置き、初心を忘れずに今後も学んでいきたいと思いました。
今日という日がホメオパシーを学ぶ者として、新たな出発の第一歩になったと思います。

→9/19(日)ルディー・バースパー氏インタビューの様子

講義の感想

●本日はルディー先生の講義を聞けて本当にすばらしかったです。ストットラー先生で分からない部分が今日病気のカテゴリーがとてもよくわかりました。多少難しい事もありましたが、また残る2日間も楽しみです。今、必要な時に必要な勉強をさせていただけるのはとても有難いと同時にとても感謝しております。これからがとても楽しみです。ますますホメオパシーが楽しく、面白くなってきました。もっともっと深く勉強してゆきたいと思います。ありがとうございました。

●はじめの由井先生の言葉に涙が出ました。ホメオパシーをなくさないという思いが伝わりました。私も一緒に頑張ります。ルディー先生の授業は一つ 一つを分類して下さり、とてもわかりやすいです。エネルギーで引き起こされる病気はホメオパシーじゃないと治らないということをさらに実感しました。もっとコツコツ学んで素晴らしいホメオパシーをみんなに広めたいです。CureとHealingのところもう一度お願いします。

●ルディー先生、一日素晴らしい講義をありがとうございました。ハーネマンさんがホメオパシーだけでなく、もっとすごく広い意味で医学について研究され書物にしていらしたんだということを知り、自分が今学んでいることが、ものすごいこと何だと改めて感じました。ホメオパシーは自然の法則であると言うのはストットラー先生も講義でおっしゃっていて、アロパシーやケミカルなものとの大きな違いをますます感じました。生きとし生けるものには自然なものがいいに決まっていると思うし、ホメオパシーこそ本物なんだとしみじみ思いました。ストットラー先生がLMではホメオパシー的悪化は起こらないとおっしゃっていたのですが、今日の講義でルディー先生がCポーテンシーは早い時期に、LMポーテンシーは少し経ってからホメオパシー的悪化が起こると教えて下さり、自分の中でどっちなのか疑問だったことが腑に落ちてスッキリしました。明日も楽しみです。ありがとうございました。星野さん、一日ありがとうございました。

●ルディ先生ありがとうございました。ルディ用語についていけなくて理解できないところも多くありますが、エントオブアグリベーションがLMの特徴ということばに衝撃を受けました。またコンビネーションをフォーミュラという考え方の区切りにもすっきりしました。誰かが100%正しい認識をしているのはありえないだろうなと。ストットラー氏、ルディ氏、ディミトリアディス氏の授業を受けると思います。自分自身で理解を深めていきたいと思います。由井先生、ポイント解説ありがとうございます。とても助かりました。明日も楽しみです。マザーテレサは平和運動には参加し、反戦運動には参加しなかったそうです。否定的は言葉ではなく、肯定的な言葉を用いたと聞いたそうです。予防接種には反対だが、予防接種反対という響きには、ちょっと戸惑っていました。きっと今回の決断も今までとは違う大きな流れを生み出すと信じています。肯定的なものを引き寄せていけたらなと思います。

●病気について新たに教えていただきました。ハーネマンの教えはまだまだ深いのだと思いました。そして、ホメオパシーは世界中で伝えられていってるのだと実感しました。明日がまた楽しみです。ありがとうございました。

●ストットラー先生と違った方向からの講義ありがとうございました。いろいろな知識をふやして自分なりの考えのまとまりを作っていくことが大切と感じる内容でした。おもしろかったです。今後も講義よろしくお願い致します。

●大変重要な内容の連続で息をつく暇がありませんでした。スピーディーな授業はそれそのものがエンターテイメントで、内容もさることながらホメオパシー、ひいてはハーネマンの奥深さに触れることが出来たと思います。ありがとうございました。

●バースパー先生、とても素敵な講義をありがとうございました。楽しくて興奮してしまいました。映像や音楽も、とても良かったです。病気の分類は、まだ、複雑で消化できてませんが、明日以降も楽しみにしています。

●全体的には理解できたのですが、細かい説明がピンと来ず、かえって混乱した点もありました。

●ハーネマンの著作を全て読んで理解したうえで重要な部分を説明して下さったので、ありがたいと思いました。特に”auf einmal”の部分などは、聞かないとわからない部分でした。ありがとうございました。

●病気の分類が治療の上でもっとも大切であると気付かされました。蜂に刺されるというハプニングに対しても3つの病気が存在するという具体的な説明でハーネマンが伝えている病気とはが、より深く理解できました。慢性病、オルガノン記載の1つ1つの言葉が意味を真に理解することに治療の扉が開くことを感じました。明日も楽しみです。

●病気を理解するのにとても良い講義でした。しかし、とても複雑で難しく感じた部分もありました。病気と症状と状態など、もう少し深く理解できるよう、まだまだ学ばなければならないと感じました。

●病気の分類が難しく感じる。分類しないと治療できないので、複雑な病態を治すのは難しいと思う。

●病気のダンナを見て苦しむ妻というのはおもしろかった。まるで我が家のようです。気にしない人を見るとなんとかしろよと気になるわたしです。(笑)「病気」という概念はなかなか難しいですが興味津々です。病気ではなく「状況」「状態」と区別する考え方は大切だと思います。犬に針を出さすだけで病気になるとはぞっとしました。

●今まで授業で習ってきたが、より理解しやすくわかりやすかった。

●8割理解できていない気がします。言葉の問題もあると思いますが混乱しています。もう一度プリント見直します。

●深い内容でした。

●とらこ先生のサマリーがいつもわかりやすく感謝しています。今日も丁寧な通訳で聞きやすかったです。ありがとうございました。

●病気の分類の仕方とても理路整然としていて、頭がとてもクリアになりました。ありがとうございました。

●難しかったけど、貴重な話が聞けて良かったです。

●ありがとうございました。今日一日の参加ですが、今日聞いたこと、いただいた資料をよく読んで理解を深めたいと思います。

●とても分かりやすい講義でした。出席してよかったです。

●病気についての考え方や分類の仕方などとても深い解釈を教えてもらえてよかったです。何度もなるほど!!と思いました。ありがとうございました。

●まだまだ理解できませんが、ルディ先生がつくって下さった資料をよんで身につけていきたいです。ありがとうございました。

●ホメオパシー的悪化とヒーリング的悪化その他諸々のことが明らかになったことはとてもよかった。ありがとうございました。明日、明後日もとても 楽しみです。

●授業ありがとうございました。今日はすごく難しかったです。どのように分類をしていけばいいかが解らなかったので、これから少しづつ学んでいきたいです。

●内容はとても難しい、それでも聞いているのが楽しくて楽しくてたまらない。ホメオパシーのちょっと難しいかな?と思う講義を受けた時のいつもの 気持ちの良い疲れた脳に今日もなりました。後2日もがんばります。ありがとうございました。

●ルディ先生、また教えに来て下さい。本当にありがとうございます。これまでの講義内容のエッセンスを凝縮した形で聞く事ができ、とても分かりやすく有意義な時間でした。明日以降も楽しみにしています。ずっと立ちっぱなしでお話しして下さり、いいエネルギーを沢山頂きました。

●病気のカテゴリーやレメディーの定義などがややこしかったです。ANSコンビネーション、覚えておきたいです。

●有意義な講義でした。ありがとうございます。

●難しかったがもっと知りたいと思わせる内容でした。2日目、3日目も楽しみです。

●ホメオパシーバッシングの中で、ルディ先生のハーネマンに戻る講義は力強くうれしかったです。ハーネマンの医学の深さを教えて貰えました。

●ありがとうございました。明日、明後日も楽しみです。

●とてもおもしろかったです。さらっと教えていただいた感じなので、もっといろいろ聞きたいです。

●由井学長の苦渋の選択に、これまで真実とは何かをつきつめてこられた由井先生の道のりを思うと涙が出てきました。しかし、本当に今、変革しなければいけない時であり、今やるべき事は「ホメオパシーが潰されないこと、生き残っていく事」なのですね。今の現状では、まだ周囲はホメオパシー側が望むようには変化してはくれないのだから、私たちがまず、そのやり方を変えていかなくてはいけないのですね。ルディー先生ごめんなさい。今日の講義は少し上の空になってしまいましたが。霊的な病気は最高位の病気であり、つまり無知の病気である。治療は困難であるが、真実という科学が必要だと話して頂き、「今まさにこれだ!」と目が覚めました。ホメオパシーを信じ、その時その時にしてきた選択によって。いつか誰かの我慢によって成立するものではなく、ホメオパシーをとりまく皆が幸せになれるようエネルギーが流れていくと信じています。

●いや~難しかったです。(内容というよりは持って行き方がちょっと・・内容飛ぶし。)でも最後の最後の鉢に刺された時や手術の時に処方すべきレメディーの紹介はとてもとても役立ちます。ありがとうございました。その辺りで終わったので、明日のその実践的内容の続きが聞けたらいいなと思います。

●以前の講義でtonicとpathicの話をされた時よりはわかりやすかった。ただ解決していない悲しみがtonicな病気の場合、これを治療するのはNat-m.になるけれど、ストットラー先生の講義では鉱物のレメディーは根本体質、抗疥癬治療として最後に行うと言っていたことと矛盾するように思った。後半の病気の分類が細かくて、各々をどうとらえて処方に生かすのか疑問に思った。

●2006年来日の際とほぼ同じ内容のテキストでしたが、前回分からない部分も多かったので、勉強になりました。

●理解力不足です。由井学長のまとめがわかりやすかったです。

●かなり難しい!プリントをよく読んで明日に備えます。

●後半少し難しくなってきたけど楽しかった。

●難しかったです(特に”病気”の定義が)。相当混乱しましたが、少しでも理解したいと思いました。日本にいながらにして、このような講義を聴けるのは、とても有難いことだと思います。2日目、3日目に参加できないので残念です。Terminator2 見ようかな、と思いました。

<< 1つ前の記事へ | 記事一覧へ | 次の記事へ >>

最新の講義の様子

2017/10/08CHhom プロフェッショナルホメオパス CH7・8期「解剖生理学③ 筋系」講...
2017/10/07CHhom プロフェッショナルホメオパス CH7・8期「臨床病理学7」講師:酒...
2017/10/01CHhom プロフェッショナルホメオパス CH5・6期「日本のフラワーエッセン...
2017/09/30CHhom プロフェッショナルホメオパス CH5・6期「日本薬草学4」講師:小...
2017/09/24CHhom プロフェッショナルホメオパス CH8期「ホメオパシー方法論① レパ...

講義を月別に表示する