2019年04月06日(土)

2019年4月6日(土)

インナーチャイルドセラピスト養成コース
講師:麻野先生

20190406_incha_osaka_01.jpg20190406_incha_osaka_02.jpg

(写真クリックで拡大します。)

本日はCHhom大阪校より、インナーチャイルドセラピスト養成コース7期の「笑い、泣き、触れるのレメディー」の講義の中継発信が行われました。

講師は日本ホメオパシーセンター大阪本部でセンター長を務める麻野輝恵先生。冒頭ではご自身の生い立ちや抱えているインナーチャイルドのお話もあり、真摯で温かみのある人柄が伝わる、麻野先生らしい温かな空気の流れる授業となりました。

今回のテーマである「笑い、泣き、触れる」とつながりのあるレメディーの特徴を1つ1つ丁寧にわかりやすく説明していただきましたが、各レメディーを擬人化され話されるので、まるで友達を紹介されているような不思議な感覚で、常に興味を持って学ぶことができました。

ホメオパシー健康相談会を通した経験や、ご自身の経験談などを交えお話を進められ、より具体的に身近なものとして、レメディーのイメージが広がりました。

いよいよ終盤にせまってきたインナーチャイルドセラピスト養成コース7期ですが、最後に麻野先生から、セラピストになるためには自分のインチャ癒しと向き合い、それをシェアすることや、レメディーを摂り、体感・実践していくことが重要なことだとメッセージが送られました。

麻野先生、本日は貴重なお話ありがとうございました。学生の皆様お疲れ様でした。

20190406_incha_sapporo_01.jpg20190406_incha_tokyo_01.jpg20190406_incha_nagoya_01.jpg20190406_incha_fukuoka_01.jpg

講義の感想

●ホメオパシーについての知識がなくてインチャコースに入学して授業でも学んできましたが、少しづつ理解してきて本当に興味深いなぁと思っています。自分なりに学んで試してみようと思います。また宿題についてのお話がありましたが、自分自身でも「宿題を期限までに正しい内容でかっこいいものを提出しなければならない」という思いが強くなっていて、まったくできなくなっていましたが、ようやく「ねばならない」じゃなくて自分で興味があってやってみようと思ったんじゃないの?と思い始め少しづつ気持ちを改めて取り組み始めたところだったので、後押ししていただくような先生からのお話、どうもありがとうございました後残り少ない授業ですが、どうぞよろしくお願いいたします。最近たくさんの気付きがあります。

●様々なレメディーを例えや症例などでの説明がとても分かりやすかったです。ですが今は感覚でとらえた状態なので復習しなきゃないのですが、いつもそれができていません。先生ご自身の話はとても衝撃でしたが自らの体験がホメオパスとしての確かな裏付けとなっていて引き込まれました。インチャの宿題のことも「しなきゃ」と苦痛になっていますが日々の生活の中で気づき、体の症状に目を向けてこの意味を自分で探る癖を持っているだけでいいんじゃないかと思えました。

●数年前に自分はシクラメンだと思い、しばらく摂っていました。その時にエメラルドも一緒に摂っていました。最近はインチャ癒しもあり、以前はシクラメン自分にぴったりだと思っていたのが、今日久しぶりに見てみるとかなり癒しが進行しているとレメディの特徴からみても適合していませんでした。自分の変化など数値に出るわけでなく、わかりづらい事もありますが、こうやって過去を癒したということがはっきりわかることもあるものだと一人感動していました。

●「なぜこんな気持ちになるのかを考える」と先生が仰っていたことに気付きがありました。それは私は頑張りすぎるということです。先日札幌で行われたとらこ先生の講演に仕事の都合で行けなかったので、今日ライブで聴けるならと思い、朝から早起き(5:00)して愛犬の散歩を45分、バスに揺られて2時間、自分と向き合いたくて駅のカフェで1,5時間、宿題も溜まっています。少しずつやりたいと思って宿題と向き合い、毎回出てくるワードは「自信のなさ」。タイトなスケジュールでした。午後からの授業ではとうとう眠くなりウトウトしていました。全然起きられないのです。(先生ごめんなさい)。そして、授業の最後のほうに「なぜこんな症状になるのか考えてみて!」という言葉がぐっと刺さり、気付いたことは、「頑張らなきゃ、認められたい、優秀でいたい」という沢山のインチャでした。気づきを与えて下さりありがとうございました。

●現在、相談会の適応書でネイチュミュアが出ているのですが…「感情面が成長しない。感情が表現できない。」という話を聞いて、なるほど~そうだったのかも…と思いました。小さな頃の私は、親に自分の感情をうまく伝えられずどう表現したらいいのかわからなかったのだろうと。だから結局何も言えずにだまって自分の気持ちを押し隠してしまったのだろうと…。その時の小さな私のインチャも、インチャの声をいっぱい聞いてあげて抱きしめてあげたいと思いました。

●午後の授業ははじめてだったので眠気との戦いでしたが、マテリアメディカの説明でとても興味深かったです。「共感されないと感情は行き場をなくし細胞へ」というのはちょっと改めて衝撃でした。改めて両親や育った環境の影響の大きさはものすごいんだなと思いました。気になるレメディーはどんどんとってみようと思います。せっかく教わっているので…ありがとうございました。

●今日もたくさんのことを教えていただき、ありがとうございました。レメディーの説明がとても詳しく、よく解りました。自分では、このレメディーは違うのではと思っていたものが、もしかしたら合うのではと思ったり、気づきがたくさんありました。ありがとうございました。

●触れるについて-うちの猫はなでたり抱っこをすると喉をゴロゴロ鳴らして離れようとしません。17才とは思えない程、毛艶が良く目力もあり、触れるのは大切だとつくづく思います。レメディーについてはどれも母親の愛情が深く関連して、苦しみを生み出しており「親の心子知らず」という諺がありますが、実際は反対なんだなと思いました。

●レメディーについてとても詳しく説明をしてくださったので、とても分かりやすくて良かったです。麻野先生の経験もオープンにしてくださり心に残りました。レメディーは特徴をわかりやすい具体的なお話をしてくださったので印象に残り覚えやすくてありがたいです。レメディーの実際の摂り方も具体的に教えてくださったので、今まで疑問に思っていたLMのこともわかり、自分でもいろいろ試してみたいです。実例をきくことで、自分ももっともっと心が開いていきそうで楽しみです。ありがとうございました。初めての生講義を受けて、DVDとは違うなあって響くものがあってよかったです。

●今日の泣き、笑い、触れるの授業の中で、触れることの大切さについて教えていただいて、私は小さい時に触れられるということがあんまりなくて寂しかったんだなぁーと気付きました。マテリアメディカの所も麻野先生が丁寧に細かくレメディーの摂り方まで教えてくださり勉強になりました。セラピストになった時に役立つようなアドバイスもくださり、麻野先生ありがとうございました。

●麻野先生のわかりやすく深いお話にいつまでも聞いていたくなるような感じでした。ファミリーホメオパスコースの時にはちゃきちゃきされている感じを印象的に思っていました。今回の講義を聞いて、より温かく包容力が増し、話を聞いて欲しい雰囲気に感動しました。静かということは冷たいと思い込んでいたことに気づいていました。自分を癒すと静かが穏やかになるのかなぁ。と、感じました。インナーチャイルド癒やしを続けるとCHhomの先生方のように穏やかに近づけるかもと励みになりました。親はしたいことを私がすると、すぐに嫉妬するたちだったので、好きなことでさえしてはいけない。と思うようになっていました。講義中も色んな気付きを感じました。あれもこれも紹介されたレメディーをとってみたい。この症状に合いそうと思って聞けました。麻野先生にゆっくり話して頂けたおかげだと思います。

●最近私には愛したがりのところがあるのではないだろうか?と思っていたところにすぽっと入ってきたHyos.の説明。これまで多頭飼育している猫たちに使ったことはありますが、自分にはおもったこともなかったので、試してみようと思いました。スピーチをする時に無意識に手をコネコネしていることにも最近気づいたので、実はピッタリのレメディーかもしれません。とってみてインナーチャイルド癒やしにどう影響するか楽しみです。

●私もインナーチャイルド癒やしがなかなか出来ないし、インナーチャイルドセラピストコースの宿題の提出も滞っていて提出出来ません。今日麻野先生に教えてもらったレメディーをとってみて焦らずに向き合おうと思います。般若心経と祝詞を唱え、霊性を向上させることで気付きがあればいいなとも思います。

●先生にもすごい痛みの経験があったんだと思った。レメディーにはいろんな面があるのをたくさん聞けた。Puls.の自分は注目をあびて愛されるべきだというのが、自分にはあるなと思いあたり、いやだなと思った。今日は一日教室にいられてよかった。Hyos.もあてはまるよと思った。ほかにもあてはまるレメディーがあった。

●麻野先生ありがとうございました。いつもながら、早いお話で、ノートを取るのが大変でした。ケースも含めて、興味深い、具体的な内容が良かったです。情報が盛り沢山で頭がぼっーとしてます。「宿題をしなきゃ」は、よく思っていることなのではっとしました。

●本日の「泣き・笑い・触れる」のレメディについてたいへん興味深く聞きました。自分が使うのだったらどれが良いかな…と思いながらあっという間の3時間でした。ここまでインチャのクラスをやってみて、自分のアトピーが未だある事への意味と日々考えています。感情面でのこじれも気づいたこともあり、まだもっと深く掘るのも楽しいかもと思いました。1度相談会に行ってみようかなと考えています。

●インチャの宿題がたまってプレッシャーになっているのはまさに今の状態で、とりあえず授業の出席だけはしていますが、こらからどうしようとぐるぐるしている状態です。今の自分の症状からどうだろうと向き合っていくアプローチの仕方はいいなと思いました。今日は様々なレメディーと実例をわかりやすく説明してくださりありがとうございました。

●本日はありがとうございました。インチャ癒やしにとって重要なレメディーは私にとっても必要で試してみたいレメディーばかりでした。内容も盛り沢山でメモをとることができない所もありました。

●自分がネイチュミュアを聞けばネイチュミュア、ポースティーラと聞けばポースティーラ‥と思ってしまい、自分のことは自分ではわからないなーと思いました。相談会を検討しようと思います。

●情報の量が盛り沢山で、頭がクルクルしましたが、後でじっくり復習したいです。色々粒で(水とか)レメディーをとってこれだ・・・!というものはアルポでもとっていたいです。ありがとうございます。

●レメディーを丁寧に説明してくださって特徴がよくわかりました。私に当てはまるレメディーを見つけることができたので試してみたいと思います。ありがとうございました。

●ケースをいくつも紹介していただき分かりやすかったです。レメディーの取り方、アルポの事を説明していただき分かりやすかったですがもう少し詳しく知りたいと思います。

●レメディーのアナカーディアム、ネイチュミュア、ポースティーラが私にとても当てはまっていて笑えました。近いうちに飲んでみようと思います。

●レベルの高い、レメディーの内容でした。レメディーは、分からないものが多くまだまだ勉強をしないと、と思いました。ありがとうございました。

●思い当たることが多かったからか、苦しくなった講義でした(特にネイチュミュアのところ。宿題が苦しいというところも…)。自分でいろいろレメディーを試していこうと思いました。

●午後の授業かつDVDはまったり、眠くなってしまいます…。ちょびっとホメオパシーをかじっているとはいえ、たくさんのレメディーがでてきて、頭がグルグルまわりました…。

●テンポのよい授業で聞きやすかったです。レメディーが沢山あり覚えきれない(汗)と思いました。時間が足りないくらいで、もう少し時間が欲しかったです。今回は復習が必要と思っています。

●私はまだ深い悲しみがあることが分かりました。レメディーも摂った方が良いものが沢山あることに気付きました。少しずつでも試してみたいと思いました。

●麻野先生ありがとうございました。インチャの宿題についてアドバイスをいただいて良かったです。自分の感情や体に出ている症状などに感謝をしてレメディー、アルポを摂ってみたいと思います。

●一つ一つのレメディーの特徴が分かりやすかったです。症例をつけると更に分かりやすかったです。

●感情と一口に言ってもいろいろなものがあり、細かく知っていくことにより、人間の持っている性格やクセなどが分かっておもしろいなと思いました。

●分かりやすかったですが、ケースの資料をくださるとありがたかったです。ありがとうございました。

●同じ笑いでも、それぞれのレメディーの違いが知れてよかった。

●盛りだくさんの授業でした。帰宅してからよく思い出して整理します。ありがとうございました。

●Rainbowのレメディーはずっと以前から知って使っていましたがはじめて詳しく聞けて良かったです。

●レメディーの説明がわかりやすかった。

●具体的でよかった。

<< 1つ前の記事へ | 記事一覧へ |

最新の講義の様子

2019/04/06インナーチャイルドセラピスト養成コース講師:麻野先生 (写真クリックで拡大します...
2019/03/30CHhomインナーチャイルドセラピスト養成コース 7期「笑いと泣き」 本日のイン...
2019/03/02インナーチャイルドセラピスト養成コース講師:由井学長 (写真クリックで拡大します...
2019/02/23インナーチャイルドセラピスト養成コース講師:由井学長 (写真クリックで拡大します...
2019/02/09インナーチャイルドセラピスト養成コース講師:豊池先生 (写真クリックで拡大します...

講義を月別に表示する