2017年10月21日(土)

2017年10月21日(土)

インナーチャイルドセラピスト養成コース
講師:新城先生

20171021_incha_tokyo_01.jpg20171021_incha_tokyo_02.jpg

(写真クリックで拡大します。)

本日はインナーチャイルドセラピストコース第5回目、新城先生による「インナーチャイルドを癒やすレメディー① 心のマテリアメディカ」の授業が行われました。

200年前にドイツで、自己治癒力を触発するホメオパシーの治療法を確立した、サミュエル・ハーネマンの紹介から、ホメオパシーの歴史を振り返り、授業が始まりました。

新城先生はホメオパスとしての相談会でのクライアンの症例をまじえて、さまざまなケースを挙げて頂き、丁寧に分かりやすく解説されました。

「憎しみ」「恨み」をテーマにして、現代人の抱えるインナーチャイルド、そしてそれに対応するレメディー「Nit-ac.」「Verat.」「Plat.」などを中心に講義を進めて頂きました。

由井学長の著作からの引用もしながら、心をテーマについて、現代病や病理学的な視点からとらえたマテリアメディカは、実に奥深く多くの学びとなったようです。

学生は、最後まで、熱心に先生の話に聞き入り、理解を深められたと思います。

新城先生ありがとうございました。
学生の皆様お疲れ様でした。

20171021_incha_sapporo_01.jpg20171021_incha_nagoya_01.jpg20171021_incha_osaka_01.jpg20171021_incha_fukuoka_01.jpg

講義の感想

●ホメオパシー始めて1年ちょっと経ちますが、基本的な話を聞くことができて、更に納得しました。だた、私には、まだ難しくて、人に説明するとなると正しく伝えたり、相手に納得させることができません。せめて家族には認めてほしいと思っているので、表現力を身につけられるように取り組んでいきたいと思います。初めて新城先生の話を聞き、説得力があり、勢いがあり、よかったです。また、インナーチャイルドセラピストの重要性も改めてわかりました。インチャコースで学び始めてから、怒りや恐れを感じることが多くなり、自分自身を見つめている最中ですが・・・今日の授業で私も「恨みや、憎しみ、復讐心」があるんだなーと気が付きました。これまで意識していませんでした。この気づきでまた次にすすめるのだと分かりました。知ることで心がまた乱れ、混乱してしまいますが、これまでの苦しみを考えれば、これからも地道に向き合っていけそうな気がします。

●新城先生の人の見方、とらえ方などが参考になりました。3つのレメディーを詳しく教えていただき、インナーチャイルドがどういうものなのかわかりやすかったです。自分自身に置き換えて考えてしまい、涙が出るお話でもないのに前半は涙が出てしまいました。先生の色々なお話の中に、私自身の事がたくさんありました。私のインナーチャイルドにさらに気付かせていただきありがとうございました。

●新城先生、魂の授業をありがとうございました。先生が涙を流してお話下さった姿、お話の内容に胸が熱くなりました。ずっとずっと聞いていたい授業でした。レメディーってすごいですね。そしてホメオパスというお仕事は本当に神職だと思いました。私もレメディーやフラワーエッセンスの力を借りて、インチャ癒しをしていきたいと思います。今日の授業でその人の背景や潜在意識を見ていくことの大切さ、偉大さを実感しました。これから世の中を見る目が変わってきそうです。「感情は目に見えないから母親が汲み取ってあげないと、子どもは分からない」この言葉を聞いた時、私の母はこの部分がゼロに近かったのでは?と思いました。そのことを認めて、悲しんでいるインチャを癒すことで、きっと私が私でいることに安心できる、そんな日がやってくる。この人生だったからこそ得られる恩恵に気づけるのだと思いました。

●ホメオパシーの基本的な知識の確認ができました。ハーネマンさんのお話が印象深かったです。また、レメディーの知識も分かっているつもりでしたが、大変分かり易く伝えて下さったので、理解できないことがあったが認識できました。3つのレメディーの性質や症例を詳しく教えていただいたので、とてもよく分かりました。自分の中にあるNit-ac、Verat、Platの部分に気づくことができたので、試してみたいと思いました。今日はホメオパシーについて自分の知識の再確認ができました。ありがとうござしました。

●初めてホメオパシーの勉強をしてとても興味深く、楽しくてあっという間でした。インチャが根元で色々な精神的苦しみや、価値観が出来ていることと、ホメオパシーの効能、効果についてとてもわかりやすかったです。自分を含め友人など近い存在に、インチャの似た様な部分を見つけてしまい、類友なんだなあーと思いました。楽しかったしすごく学びになりました。ありがとうございました。

●1~12という段階のある感情に対してのレメディー説明であったのと、前回、前々回と宿題でやってきた感情にも有効であるので、まだ癒しきれていない・・・、と思っている感情に合うレメディーを試してみようと思いました。感情の変遷は本当にわかりやすく、腑に落ち、また、母が鬱になり、死を選んだ心の動きが納得できて、涙があふれそうになりました。そして私もそのような道を選ばないように自分のインチャを癒し続けて娘に行かないように自分を見つめて、感情を認めて自分を助けたいと思いました。

●講義では、社会的なニュースや実際に世の中で有名な人のエピソードを取り上げて具体的な解説をして頂き、インナーチャイルドの影響が現代社会にどのようにどれだけ及ぼされているのかが、良く分かって良かったです。新城先生の飼い犬との経験や、ケースと聞いていて自分の中にある憎しみやプライド、さらにはその奥にある悲しみがよみがえってきて、涙が出ました。インチャの講義をうける事も、インチャ癒しになるのだと実感しています。

●新城先生の授業、すばらしくよかったです。お話を聞きながら、ボロボロ泣いてしまいました。バカ犬の中には神がいましたよね・・・すばらしい。Platの女性のケースもすばらしかったです。自分は由井先生や新城先生のように小さいころ親御さんにつらく当たられたり、大変な人生でもそれを乗り越えて自分を癒せる立派な人格者になられている方を本当に尊敬します。でも自分は小さい頃、愛情とか色々恵まれてぬくぬく育って自分のインチャはあるとはいえ、「小さい~」と思うようなものです。みんなすごいインチャやトラウマを克服してきているのにー。それなので、根っこが「甘ちゃん」だろうなと自分のことを思い、こんな自分がよいホメオパス、インナーチャイルドセラピストになれるのかと思う事しばしばです。感想じゃなくてすみません。

●憎しみと自尊心について、自分にも思い当たる節が多々あります。自分では忘れている事も、絶対に消えず、無意識に落とし込んでいるだけで、、その無意識にある考えや思いが、病気につながっていたり、自分の思考を作っているのだな・・・と勉強になりました。レメディーで浮上させたあと、どうしたらいいのか、わからなかったのですが、インチャ癒しが必要ということで、ホメオパシーの勉強と合わせて学んでいきたいです。最後のケースのお話は特に印象的で、素晴らしかったです。その人に人生を変えるきっかけになるホメオパシーはすごいと改めて思いました。

●レメディー別の、さまざまなケースを学び、自分にも沢山当てはまる部分がありました。他人事だとおもっていた感情も、まだまだ自分の中にもあるなあと思いました。最近はしばらくレメディーも何ももとらずに、過ごしていましたが、家に帰ってから、とってみようと思うレメディーがあり、どんな気持ちの変化があるのか観察してみます。そして、やはり、外ではなく、自分なんだという事を再認識しました。今、職場の人間関係で気になることがありますが、自分の内側を見つめ、受け入れ、許し、声をかけて、インチャを癒していこうと思います。

●本日のレメディーとインチャの関係性について、自分も全部、とったら良いのではないかと思いながら学んでいました。まだまだダメなんだーと考えてしまいます。今日の”歌姫”の例がありました。この業界のトップであり続ける孤独をあり続けた。その人の幼少期の中で、確かにインナーチャイルドが存在しましたが、それもあって現在がある。・・・というお話がありました。インチャがあっても、それがダメばかりではなく、インチャによって本人が辛いだとか生きにくいだとか・・・そのような事があった時に問題とするだろうか?自分の事でも、その事があったから今があると思えることが沢山あります。そもそも問題とする状態はどのような時なのか?考えることも大切な時があるでしょう?

●ケースを紹介しながら、説明していただき、とてもわかりやすかったです。ありがとうございました。乗り越えていない問題は必ず、たぐり寄せ、同じような人、同じような状況と巡り合うと言われていて、本当だなあと思いました。まだ自分で自分の問題を理解しきれておらず、乗り越えられずに同じような状況を引き寄せてしまっているのだと思います。しっかり自分を見つめて、乗り越えていきたいと思いました。

●新城先生の話がとても素晴らしかったです。同種なもので人は癒されることができるのだと改めて感じました。復讐心、憎しみ、恨み、などの感情の裏には悲しみ、があると話されているのを聞いて考える事がありました。そして先生の言っていた、日本全体がインチャに支配されている事に驚きました。忙しく日常を過ごしていてそのような事をあまり意識していなかった気がします。

●Plat.のケースがインナーチャイルドの癒しをしたことで変化した。気付きと同じことが起こっており、レメディーの力や新城先生との出会いや大きな流れを感じ、驚いています。良い子がどれほどインチャを抱えるのかがよくわかりました。途中、子守唄を歌っている時、私も昔おんぶされて歌ってもらっていたシーンを思い出し、涙が出てきました。レメディもインチャに特化した内容であり、とても興味深く、他のレメディーも知りたいと思いましたので、自分で再度MMを読んでもみようと思いました。

●今日もたいへん参考になりました。父がプラチナのようで、後妻さんも同じような人で上から目線で話してきてつかれます。自分自身はとてもニタックだと思いますので、レメディーをとりながらインチャいやしをすすめます。「レメディーは無意識におちた記憶を意識に浮上させることはできるが、そのインチャを癒すことはできない」というお話が印象にのこりました。インチャいやしの重要性を感じます。本日もありがとうございました。

●症例も混じえてとてもわかりやすかったです。丁度Nit-acを飲んでいて 今の所は、また症状としては(魚の目)Ant-tをのんでいましたが変わらなかったので出ていません。娘のために購入していたので改めて、もう一度とらせてみようと思います。娘の症状としては、不機嫌、嫌いになった人を許さない。プラチナの症例がすごすぎて、レメディの力+自己が本来の姿に戻る力がすごいなぁと思いました。人は感じ方が全く違うので、どこで地雷をふむか、ふみっぱなしになりそうーと相談の難しさもとても感じます。

● 自分自身が感情の変遷の段階を踏んだと思っているので、納得することばかりでした。しかし、内容を聞くとおそろしくなった。新城先生の話がはっきりしていてわかりやすかったです。レメディーの選び方難しい?ホメオパシー初心?わからないので勉強する事が山のようです。自分癒しのためにもこのコースを選んだので、必ず改善したいと強く思いました。ためになる話ばかりでした。すばらしいお話(最後の)、同時に心が痛い話でした。

●「憎しみは忘れても根雪のように残る。意識から無意識に落ちただけ。」ということを聞いて、逃れることはできないのだなあ、と思いました。このコースを学び始めてから、インチャがいよいよ活性化し、少々くたびれています。今までの学びでは、親業は大変な事業で、親にならなくてよかった(3姉妹ですが、誰も親にならずに中年となりました)と、心から思い、その気持ちが残念な気がしますが、これが「足るを知る」ということなのかしらと思いました。ありがとうございました。

●最後のケースの話が感動しました。自分は、最近は親に対する感情は落ち着いているものの、Nit-ac.の特徴があると感じましたので、飲んでみたいと思いました。あと、プラチナも自分にあるかもと感じました。いつもありがとうございます。

●インナーチャイルドのレメディーという事で、ケースワークを交えての講義はとてもわかりやすく、よかったです。レメディーは、知らない物も多かったので、試してみようかなとも思いました。ありがとうございました。

●Plat.のケースは感動的だった。Nit-ac.、Verat.、Plat.とも自分に関係の深いRxsだと思う。別れた主人を思い出した。このところのインチャの学習で、フタをしていたところが出てきた。今までの宿題で気が付かなかった感情がどんどん出てきたので、今回の宿題に書きたい。

●新城先生の講義はいつも情熱的で大好きです。ケースはとてもわかりやすかったです。本日学んだ3つのレメディーはどれも大なり小なり自分に当てはまるところがあり、ドキリとしました。幼少期に私も親の愛情を得るために同情を引いたことを思い出し、とってみたいレメディーも見つかりました。ありがとうございます。

●今日、Plat.のケースを聞いている時、私も共鳴したのか、心がざわつきました。きっと私もPlat.の要素があり、両親との関係も同じように感じていたからだと思います。自分のインチャに気付けることがこの講義の魅力だとおもっています。あと、貧血予防のためにFerr-p.を摂っています。摂り始めたころは風邪のような症状が出ましたが、今は落ち着いています。レメディーって本当にすごいですね。

●レメディーの事を初めて講義を受けて、まだまだわからないことばかりで、すぐにはりかいできませんでした。これから少しずつレメディーの事を勉強し、理解を深めていきたいと思います。自己治癒力を触発し、健康になる力を活性させるレメディーにとても興味を持ちました。ありがとうございました。

●子供のころから抑圧した憎しみが、これほど大きくなって外に出されるとは驚きました。自分の中にも、記憶にはない、すっかり忘れていると思っている憎しみがたくさんありそうです。身近な出来事を鏡にして、認めていきたいと思います。

●レメディーの講義が面白かった。そしてもっと勉強したいと思った。話し方が由井先生ととても似ておられると思った。するんだヨ…のところ。自分のインチャの整理に早く取り組みたいと思う。同種に共鳴する、出会う言葉が印象に残っています。

●今日の新城先生の講義は自分の中の憎しみや偽の自尊心などが沢山あるという事を、突きつけられました。私が親からされたことを自分の子供に同じ事をし、子供が家族や友達に対して同じ事をしている現状を断ち切りたいです。

●忘れていたけれども小さい頃から30代くらいまでVerat.でPlat.だった事を思い出しました。母が姉ばかり可愛がっていたので恨んでいたんでしょうね。姉が早くに亡くなったので忘れていました。レメディーを取ってみようと思いました。 

●Nit-ac.の項で、社会の不公平さ、不条理さに対して敏感になる、正義は表面的なもので、隠された憎しみがあるというところに、自分や主人も、憎しみを抱えているんだと思いました。特徴的な肉体症状も合致したことがあります。Plat.もそうだした。レメディーをインチャ癒しに使ってみようかと思います。

●説明はとても分かりやすく、ケースのお話もとても心に響きました。抑圧、隠された感情は、様々な形で蓄積し、噴出していくのですね。仮面を外し、表層意識へといかに導くかが大切ですね。

●インナーチャイルドの理解は、自分を理解し、よりよい人生を歩むための必要な通り道だとわかった。自分見つめを、まだまだ浅い段階だが、恐れずに見つめていきたいと思った。ありがとうございました。

●三女で下が弟になる私にも今まで感じていなかったインナーチャイルドがあるのではと思いました。インナーチャイルドとレメディーとの関係しっかり勉強したいと思います。

●私は新城先生が大好きです。いつも先生のホメオパシーに対する情熱が伝わってきて心がホカホカしてきます。新城先生の声も大好きです。10月29日の新城先生の講演会も楽しみにしています。 

●心に響く講義でした。随分泣いてしました。もっと泣きたいかもしれない。Nit-acもValatもPlatも、まず自分がとってみたいです。また、自分の子にも必要であると感じました。

●具体的な症例がとても興味深く、わかりやすかった。よい子を演じていた自分とかさなる部分があってレメディーの力と、インチャいやしでなんとかなればよいと思う。

●新城先生のお話はたとえ話が多くて非常にわかりやすかった。しかし、なぜインチャを癒すレメディーがNit-ac.Verat.Plat.の3種類だけなのかな?と思った。

●Nit-ac.のレメディーは自分に当てはまっているので試してみようと思います。どんな自分が出てくるのか、恐いような。

●最後のケースの話は、とても印象的で心がふるえるような感じがしました。ありがとうございました。

●とても話に引き込まれました。今回紹介されたレメディーは全部自分に合ってそうだなあと思いました。

●具体的な体験談はやはり一番心に響きます。たくさん泣きました。

●ケースが多く、とてもわかり易く良かったです。

<< 1つ前の記事へ | 記事一覧へ | 次の記事へ >>

最新の講義の様子

2017/11/04インナーチャイルドセラピスト養成コース講師:川瀬先生 (写真クリックで拡大します...
2017/10/21インナーチャイルドセラピスト養成コース講師:新城先生 (写真クリックで拡大します...
2017/10/07インナーチャイルドセラピスト養成コース講師:由井学長(DVD上映) (写真クリッ...
2017/09/23インナーチャイルドセラピスト養成コース講師:由井学長(DVD上映) (写真クリッ...
2017/09/16インナーチャイルドセラピスト養成コース講師:東先生 (写真クリックで拡大します。...

講義を月別に表示する