2015年05月23日(土)

2015年5月23日(土)

インナーチャイルドセラピスト養成コース
講師:麻野先生

20150523_incha_osaka_01.jpg 20150523_incha_osaka_02.jpg

(写真クリックで拡大します。)

インチャコースも本日で第16回となりました。

今回はCHhom大阪校 麻野輝恵先生により「泣き・笑い・触れる」をテーマとした、レメディーのマテリアメディカの授業となりました。

まず冒頭には、麻野先生ご自身のインナーチャイルドのお話し、それを話すこと、シェアすることで救われたことをお話しいただき、インチャコース会場全体に一体感が生まれました。

授業では、泣き・笑いの分類や感情を出すことの大切さ、触れること、スキンシップを とることの重要さを学ぶことができました。

各レメディーの紹介では、1つ1つのレメディーの特徴をわかりやすく丁寧に説明して いただき、日本ホメオパシーセンター大阪本部にてセンター長として日々活躍されている 麻野先生ならではの、健康相談会でのケースやご自身の経験も交え、より深く多面的にイメージできるようレメディー像を教えていただきました。

また、自分のインチャ癒しと向き合いそれをシェアすることや、レメディーを摂り、体感・実践していくことがインナーチャイルドセラピストになる上で重要なことだという ことも知ることができました。

麻野先生、本日は貴重なお話ありがとうございました。

20150523_incha_tokyo_01.jpg 20150523_incha_sapporo_01.jpg20150523_incha_nagoya_01.jpg20150523_incha_fukuoka_01.jpg

講義の感想

●麻野先生のご自身のインチャのシェアはとても胸にひびきました。やはり、机上のテキストのお話では、入りにくいことも物語りのように、1つの症例のようにわかりやすかったです。本当の自分の感情が出るまでわかるまでやはり時間がかかり、そして時間をかけてゆっくり自分を見つめ気づくことが大切なのがよくわかりました。また、触れる事の大切さはもっともっとたくさんの人に伝えていきたいと思います。RXを出し、とってもらうだけでなく、「ことばや態度のレメディー」の大切さがよくわかる授業でした。

●CHhomの授業でレメディーを色々と学んで来ましたが、インナーチャイルドセラピストコースで再び説明を聞くことで、新しい発見がありました。もっともっとレメディーをとりながら、インナーチャイルド癒しを続けていこうと思います。麻野先生のインナーチャイルドのお話のシェアで、涙が出てきました。シェアしていくことの大切さも、改めて実感することができました。ありがとうございました。

●乳幼児期に泣き、笑い、触れることの得られる感情など、自然に湧き上がってくる感情をそのまま出せることが、どんなに大切なことか、このインチャの講座を通して改めて強く感じます。傷ついたインチャに対応するレメディーたちの説明もとてもわかりやすく、新たに知った部分もあり、役立ちそうです。ケースからもそれぞれのレメディーの特質がどんなふうに現れてくるのかわかりやすかったです。ありがとうございました。

●麻野先生ご自身の話を、泣きと笑いの話にからめて聞かせていただけたことで(自分をふくめて)いろんな人の顔が浮かんできました。普段はたくさんあるうちのある一面しかみていなかったなあとも思ったし、「シェアーすることで気づける」というのもその通りだと思いました。ケースとレメディーの話もヒントになるようなことがたくさんありました。どうもありがとうございました。

●楽しい授業でした。母子の問題に対するレメディーを知って良かったです。ケースを含めて、自分が気づく事、感じきる事で手放す事ができるのがホメオパシー。インチャにホメはとても良く合うし、自分が向きあう事が最も大切だと改めて思います。深いです。ありがとうございました。

●内容の濃いクラスをありがとうございました。1つ1つのレメディーが深く時間があればもっと聞きたかったです。レメディーの主なテーマが母と子で私の母との関係、また私と息子との関係を見つめ直す良い機会が得られたと思います。

●私は自分に対してあまりレメディーをとるのを忘れがちでしたが、Nat-m.だと思うので、とった方がよいかなあと思いました。子供に対してのスキンシップは心がけてするようにしていますが、子供のためだけでなく、私にとってもスキンシップはすごく良いと思います。男性の人(主人)の感情を出しにくいのは分かります。今日の紹介されたレメディーはあらためて子供にあげてみようと思います。RX-FORCEを数年前にとったときに、私は横になってテレビを見ていた時、お笑いの番組でしたが、勝手に涙が出てきた時には自分でもびっくりしました。何かのレメディー(Ign.か?)に反応したのかもしれないと思いました。本日もありがとうございました。麻野先生のシェア-、涙ほろりでした。私のインチャ癒しまだまだです。

●久しぶりの麻野先生のセミナー、うれしかったです。麻野先生のインチャの話...ありがとうございました。今日は頭にも心にもとてもひびくセミナーでした。自分にも思い当たることがたくさんで、試してみたいレメディーがたくさんありました。たくさん気づいて癒して、たくさんの人たちとシェアしてみんなで元気になっていきたいです。

●レメディーに関しての解説は盛りだくさんでしたので自分自身について照らし合わせながら考えたり感じたりすることはできませんでしたが、家に帰ってから改めて振り返ろうと思います。また前半の先生ご自身のお話をシェアしてくださりありがとうございました。スキンシップについての大切さもよく伝わってきましたし時間があればもう少し深く聞きたかった部分でもあります。

●スキンシップの大切さがわかり、色々と思うことが多かったです。妹が生まれた事であまり母親の近くに行かなくなったり、母親に触れられることがとても怖かったのを覚えています。それ以来、「触れる」は抵抗ないのですが、「触れられる」のは、同性でも少し逃げてしまう時があります。やっぱり、ちょっと「怖い」と思う自分がいます。振り返ってみると、色々と思いだしました。先生のお話をお聞きしながら、心が重くなったり、淋しい思いが浮上してきた理、3時間の中でインチャがバタバタしていました。気になるレメディーがあったので、とりながらバタバタしているインチャに向き合っていこうと思います。ありがとうございました。

●ありがとうございます。たくさんのレメディー紹介が勉強になりました。身体的な症状にいくつかとっていたレメディーがありましたが、より深く知ることができ、もう一度とってみようと思うレメディーもありました。いろんなケースのお話も過去の、自分と重なることがいくつかあり、恐らく癒えていないインチャがあると気付いたことがありました。

●人と人が触れること、スキンシップが人に癒しや信頼感、安心感を生むという、人の力のすごさを学ばせて頂きました。様々なレメディ-で自らの感情を感じきることができて、手放せるということで、丁寧に教えて頂き良かったです。自らもレメディーをもっと試してみたいです。麻野先生ありがとうございました。

●今日は前半は集中してわりと聞けたと思う。しかし後半は私の体力がもたず、またどぎれとぎれで聞く感じになってしまった。先生自身が辛い思いを色々しながら今のホメオパスとしての活動をされており、尊敬しました。スキンシップの重要性も改めて感じました。今1才9ヶ月の娘がいますが、しょっちゅう私の首の後ろをさすり、背中の方に手を伸ばしてきたり、ベタベタするのが気になりますが、愛情が深まるIQが高くなるというので、させたいだけさせておこうと思います。(私があまりベタベタされるのが好きではないのですが)

●私は抱っこ法をしていて、子供も大人も深くつき合って、感情表現を応援し、安心感を受け取ってもらえるように、身体に触れて、丸ごと受け止めていきます。(ワークも使ったりもします)泣き・笑いについては、自身の体験からも、納得できるものでしたし、さらに整理され、クライアントに説明しやすくなるなと思いました。プロレスごっこや、動物の触れ合いはおもしろかったです。レメディーについては、くわしく聞くことができて、とても良かったです。ジェムレメディーがやはり使いやすいなーと思いました。次のセッションまでに心を持てあまされている方の助けになればいいなとイメージが湧いてきました。

●今日の講義の中で出たレメディーすべてがあてはまっていると思いました。私はインチャを学ぶ中で母のことが大嫌いと気づきました。父もあまり好きではないけれど、母は大嫌い。何でも面倒臭い、何かある事に私を頼っていたのに、私を助けてくれた事がなかった。母の事はあきらめていたので、何とも思っていないなと感じていたが、最近になって嫌いで嫌いでたまらない。なかなかレメディーをとる機会がないですが、やはりとらないといけないのかな...。授業はとても詳しくて、私にももっとレメディーの知識があったら、もっと深く学べたのに、と思いました。ありがとうございました。

●内容盛りだくさんでとても良かったです。麻野先生ありがとうございました。ただもう少しちゃんとメモしたい事がいっぱい・・・でした。新鮮だったのが「触れる」ことスキンシップの大切さでした。スイスでの実験は衝撃的でしたが、そんなにも触れるということは大事なのかなあ・・・と思いました。子供には目いっぱいスキンシップしていますが、主人や家族に対してもう少しスキンシップしていこう!(肩をたたいたり背中をなでたり)と改めて思いました。「太ったロマンチスト」「長男長女のレメディー」など覚えやすくレメディー像を想像しやすい言い方で、よりレメディーに親近感を覚えました。自分でもレメディーの特徴をまとめてネーミングしてみたらいいかも!!と思いついた講義でした。ありがとうございました。

●RAHでも学んできましたが、テーマに関したレメディーの講義だったので各々の違いや関係性がわかり新鮮でした。レメディー像もイメージや思い込みが強く、色々な側面を知ることができ助かりました。タイミング的にこれらのレメディーを必要とするクライアント受けていたので大変参考になりました。麻野先生のインナーチャイルドの癒しのお話は先生を身近に感じられ、シェアすること、自らを表現できる事の大切さを学びました。

●人との触れあいといいますが、話し合いや協働といった交流は数多く経験してきましたが、スキンシップとなると、ほとんど思い出せないほど経験がない事に驚いています。「よくできた」「よくやった」と言葉で褒められたことはあっても、ハグされたことや、体をつかんで揺すられた記憶はありません、とても大事なことなのになぜ?私がバリアを張っていたのかもしれません。とらのこ会に入ってからはハグハグする経験が増え、バリアは少しずつ外れていっていると感じています。ありがとうございました。

●私は何故かスキンシップを好まず、結婚するまでは泣くことはなかったのですが、ここ1年ほどコンサルテーションを受ける中で号泣することが時々できる様になりました。今自分のインチャと対話して過去の悲しみと対峙することを始めました。ネイチュミユアの所を教えていただきエメラルドと共に、このレメディーをとってみようと考えました。 PS:Pulsのところ、世界のどこにも属していないという症状がヒットしました。

●感情を表現する事で、自分を理解してもらえると、オキシトシンというホルモンが出て、心身に良い影響があり、逆に、理解してもらえないと、不安や、悲しみが、深く細胞へ行くというお話を聞き、子育ての中では、もちろん人間関係の中で、とても重要なことだと思いました。そして、スキンシップもとても大切と教えて頂き、今後、子育てに役立てたいと思います。レメディーの解説も、たっぷりと学ぶことができました。麻野先生の大阪弁が、スーッと流れるように聞けてとても楽しい講義でした。どうもありがとうございました。

●Rainbow.の説明のところで、なるほど、そういう事だったのか!と思うところがありました。つい最近、今の仕事が自分には合わないのでは!?と感じていて、Rainbow.をとったばかりでした。次の日に、会社に電話をかけて、仕事を辞めることを告げました。直感的に、「ここは、私のいる場所ではない」とレメディーをとった後に感じました。そして、その後、清々とした気持ちになりました。麻野先生、スタッフの皆様ありがとうございました。

●麻野先生の癒しフェアでお母様の事故のお話を涙ながらにされ、そこで抱えているものの大きさ、深い悲しみを私自身も感じ、シェアすることの大切さを感じたことを思い出しました。実のお母様とは、かなわなかったけれども、育てのお母様や、由井先生からの愛情をうけ、あたたかな守られている感覚を取り戻し、日々、前進しているというおはなし、とても良かったです。触れることの大切さを、伝えていただき、ありがとうございました。

●感情を表現していくことは、とても重要だと思いました。色んなレメディーの特徴を詳しく教えて頂き、自分にとても合っているものもあり、今回気付きをもらったレメディーもあり早速、とってみたいと思います。また、触れる事は先日体験があり、とても参考になりました。

●情報量が多く、書きとめられるのは少しでしたが、いろいろ聞けたので良かったです。今日聞いたレメディーももっととってみようと思ったのがありました。なかなかインナーチャイルドに効くレメディーにあたらないですが、(自分のインナーチャイルドがまだよくわかっていません)根気よくやってみます。ありがとうございました。

●Ant-cが私にあてはまると思った。でも、私は太っていないし、過食にもなっていない。もしかしたら過食をタバコでごまかしているのかもしれない。自分は昔から何だかわからない不安を持っていて、悲しみもあった。母は心配性でウザイため、自分から避けるようになったのが原因で、母とスキンシップがとれなくなってしまった。子供の頃は消化器が弱く、よく下痢をしていた。私の目はいつも潤んでいた。星や月が好きで、満月になると妄想や夢を見たくなり、月が欠けてくると淋しくなる。こんな私はAnt-cの人なんでしょうか?

●レメディーの話を聞いていて「あっ・・これ私かも」とか「あの人はこれかも」と思い当たるレメディーが沢山ありました。RXForcは取った事がありますが、少し気落ちが落ち着いたような気がしたぐらいでコレ!!という実感はなかったです。気づきが無かった・・・?!今日はレメディーの説明が詳しかったので、新たに興味を持ったレメディーもあり、あれこれ試してみたいと思います。ありがとうございました。

●現在、ホメオパスにかかっていますが、本日の授業で出て来たレメディーほとんど処方されていました。自分はそんなにわかっていませんでしたが、母親との問題が根深いことがよくわかりました。今後の自分のインチャ癒しに役立てるお話をたくさん聞くことが出来ました。

●先生のシェアしていただいたお話を聞いて、私も今までまったく人前で話すことができず、話をしても全然まとまりがなく、できるだけ発言したくないと思っていましたが、はじめて、勉強会に行って私もシェアしたい!と思いました。相談会を受けながら、レメディーをとっていくうちに少しずつでも変わってきてるんだなあと感じます。

●メモをとるのに必死でした。自分が使えるか(セラピストとして)少し不安になりました。どのレメディーも、重なる役割があり、判断が難しいと感じたので・・・。今回のテーマ「泣き笑い触れる」から想像した内容とは少し違いました。「泣き笑い触れる」はインチャ癒しそのものだ、ということでしょうか。ありがとうございました。

●ジェムレメディーを使うことが不安でいたのですが今日の講義で一度、使ってみようかと思いました。ジェムレメディーに反応した時にどのように判断したり対処したらよいのかが分からずにいたのですが・・・少し不安が解消したように思います。全部記入できなかったのですがいろいろな症状があるのだと知ることができて良かったです。

●予防接種をした後に母乳を飲むことを拒否する赤ちゃんがいるという話に大変興味を持ちました。原因としては母親自体の母乳の質の低下も考えられるとありやはり「食」の重要性を感じました。「甘い物」が危険だと聞いたことがあるので今回の話とつながり再認識しました。

●三位一体ということをこの講義で再認識しました。自分を知り自分を癒し受け入れると、もっと自分らしく生きられ楽になる。セロトニンとオキシトシンを出して毎日喜びで生きていきたいと思いました。ありがとうございました。

●麻野先生のインチャ癒しの体験談や具体的な例が聞けてとてもわかりやすかったです。馴染みのあるレメディーについても、より精神面でのサポートの話が聞けて理解が深まりました。過去にとったレメディーももう一度とリ直して、効果を試してみたいと思いました。

●忙しさにかまけ、なかなか宿題が出せていないのが残念です。残り1/4となっていくのでもっとインチャを出していけたらと思います。今日のレメディーの中でAnacの二つの胃袋という点で、娘にとらせたいと思います。(お腹が空いていないのにどんどん食べれてしまう。甘いものを常に欲しいと言います。)ありがとうございました。

●ホメオパシーの勉強はインナーチャイルドセラピストコースが初めてなので、レメディーに対する知識が少なく、レメディーの名前等、専門的な事についていけませんでした。気持ちを楽にするレメディー、何かに気付くレメディーは、とても興味を頂きました。

●心に関するレメディーのことが分かりやすく話していただけました。わ~と話してくださるので、書くのが大変ですが情報量の多さで、レメディーの特徴がよ りつかみやすいと思います。(他との違いとか)今日の話を聞いてジェムレメディーをとってみたくなりました。ムーンストーンとか合ってる気がしました。

●CKとかRAとか、レメディーの説明が少し難しかったです。ケースについても少し分かりにくかったです。でも、麻野先生自身のインチャのお話は分かりやすかったです。私自身も遠慮しがちな性格なので、インナーチャイルドが関係しているのか、、、と思いました。ジェムレメディーもいろいろ試してみたいと思います。ありがとうございました。

●ありがとうございました。画面越しですが久しぶりに先生にお会いしました。とても早くてペンをとっている内に先へ先へ進んでしまってついていけませんでした。RAとかCK・・・とか聞いたことのないマテリアメディカ?の言葉がでてきたりして、戸惑いながらのスピードだったので大変でした。インチャを探していかないと必要なレメディーにたどり着きにくいものだと思いました。全部、必要なレメディーだと感じるものでした。

●麻野先生ありがとうございました。提供される情報も多くて充実しています。今日は改めて自分に必要なレメディーもありました。自分に気づく作業も大切ですね。

●大阪ライブの講義の初めてですが臨場感がありますね。先生にもいろいろなインチャあがあるのですね。今日学んだレメディーも試し、自分のインチャの原因を思い出す助けになればよいと思います。

●人前で話せないと思っていたのに、由井先生のお陰でインナーチャイルドを話せた話が良かったです。おっぱいを嫌がる赤ちゃんにびっくりしました。ワクチンの害に改めて気づきました。

●自分の感情を外に出すこと、まだできていないなぁと思いました。麻野先生、雰囲気やわらかく変わられたような気がします。ありがとうございました。

●本日も大変参考になりました。お話がすごく早かったので書き切れていないところもあり、本日は遅れて来ましたのでもう一度DVD授業を受けたいと思っています。ありがとうございます。

●Gemはあまり摂ったことがなくいろいろ試さねばと思いました。「お母さん見て見て!」といつも言っているお友達、わざと気を引くために怒られるようなことをするので…と悩んでいるAnt-cをすすめようと思いました。

●ケースや先生自身の話も合って、とても聞きやすくわかりやすかったです。レメディーもいくつか紹介があり、持っていても飲んでみていなかったので、帰ってさっそく飲んでみたいと思いました。ありがとうございました。

●レメディーの説明など詳しくあり、よくわかりました。ありがとうございました。CK、RAがどんなものかちょっとわかりませんでした。今度教えていただければと思います。

●情報量たくさんの授業でした。レメディーの特徴がわかりやすく伝わってきました。朝の先生のインチャの話、寅子先生の応援してくださる大きな愛のお話が胸に響きました。ありがとうございます。

●最近疑問で質問したいことができたのでよかったです。ありがとうございました。麻野先生のわかりやすい授業、楽しかったです。

●とてもホメオパスコースの勉強がしたくなるような講義であった。あっという間の3hであった。ありがとうございました。

●毎回とってみたいと思うものがあります。自分と向き合う時間がもてないせいか、ぶわーと感情が出てくることがなかなかないままです。

●もう少しゆっくり話してほしい。話していることを書くのに時間がかかるので、途中で書くのをやめました。プリントしてくれると嬉しかったと思う。

●何度か講義で出てきたレメディーが多かったので、より深く理解が出来ました。一つ一つの丁寧な解説が分かりやすかったです。

●今回の講義のレメディーは、今までの講義で出てきたレメディーが多くあり分かりやすかったです。私にとっても合うレメディーが多くあって、いろいろ試してみたいと思いました。

●1つ1つのレメディーをていねいに説明していただきました。わかりやすかったです。ありがとうございます。

●1つ1つのレメディーがとてもわかりやすかったです。あてはまるものがあったので、とってみたいと思いました。

●どのレメディーも自分に必要だと感じました。じっくり検討して摂っていきたいと思います。

●前半の泣き、笑い、触れるはレジメが中心なのでわかりやすかった。

●マテリアメディカを読もうと思いました。

●シェアすることが大切ということがよく理解できました。

<< 1つ前の記事へ | 記事一覧へ | 次の記事へ >>

最新の講義の様子

2017/10/07インナーチャイルドセラピスト養成コース講師:由井学長(DVD上映) (写真クリッ...
2017/09/23インナーチャイルドセラピスト養成コース講師:由井学長(DVD上映) (写真クリッ...
2017/09/16インナーチャイルドセラピスト養成コース講師:東先生 (写真クリックで拡大します。...
2017/09/02インナーチャイルドセラピスト養成コース講師:由井学長 (写真クリックで拡大します...
2017/09/02午後は、インナーチャイルドセラピストコース在校生・卒業生の交流会、「インチャの会...

講義を月別に表示する