2015年10月03日(土)

2015年10月3日(土)

インナーチャイルドセラピスト養成コース
講師:由井学長

20151003_incha_tokyo_01.jpg20151003_incha_tokyo_02.jpg

(写真クリックで拡大します。)

本日は「インナーチャイルドセラピストコース」3回目
由井学長による「インナーチャイルド癒しの心構え」の授業でした。

学長は様々なエピソードを交え、愛ある心で、私たちの心に語りかけてくれました。

まず初めに、皆様に取り組んでいただいた宿題に関して取上げ、学長自らご自身の体験談を正直に話してくださいました。

学長の話を聞くことで「誰にでも親から受け継いだ価値観はある」ということに気付いたという方々も多くいらっしゃったようです。

次に、皆さんに取り組んでいただいた宿題の中から選定した事例の解説を行いました。

最初は母親が嫌いなことは「ない」と思っていたけれど、自分自身に問いかけていくうちに「されて嫌だったこと」を思い出すことができ、その時の嫌いだった母と同じ価値観を実は自分も持っていたこと。そして、今、自分は昔の母と同じことをしていることに気付いたということが紹介されました。

学生のシェアの内容を聞いて、自分も同じと思われた方もいらっしゃったようです。

学長の「親の価値観は必ず受け継がれる」という解説に、あらためて学生は、宿題をとおして自分と向き合う事の大切さを感じられたことと思います。

その後、インチャ癒しで重要な価値観の解放について、学長の書かれた感情日記の披露がなされました。沸き起こった感情から価値観の解放へとどのように導くのか。1つ1つエピソードを交えながら、そのときに起こった感情から、自分に縛られた価値観に気が付き、その価値観を解放していく過程が克明に分かち合われました。

学生の皆様は、それを目のあたりにして感情日記の重要性を改めて実感されたようです。

授業の最後には、心洗われるような音楽と共に、学長のメッセージが詩に乗せて伝えられました。心に染み入る詩が心の琴線に触れ、感情がこみあげ、涙を流されていた方もいらっしゃいました。

由井学長、本日も素晴らしい授業をありがとうございました。
学生の皆さま、お疲れさまでした。

20151003_incha_sapporo_01.jpg20151003_incha_nagoya_01.jpg20151003_incha_osaka_01.jpg20151003_incha_fukuoka_01.jpg

講義の感想

●自我と真我の方向性を一緒にすることの大切さが寅子先生の伝えたい気持ちがよ~く伝わってきて、1回目の時よりさらに理解が深まりました。生きる方向性について、ちょうど考えていた時期だったので今日のお話が聞けて本当によかったです。私の生きていく指針になりました。私も幼い頃、母に大きなハサミでのどを刺されそうになったことがあり、とても困っていて、でも前回の大阪講演のとき寅子先生も先端恐怖症が有り、未だに怖いというお話を聞き、おー、困っているのは自分だけじゃないんだ~!!寅子先生でもまだ困っているんだ!!と思えると、逃げずに傷を癒して行こうと思えました。頑張ってインチャを見つけてあげようと思います。ありがとうございました。最後の音楽と寅子先生の朗読に泣かされました。何でこんなに私の気持ちを分かってくれるの?!と泣けました。ありがとうございました。とらこ先生大好きです。ハート。

●毎回由井寅子先生の講義はとてもわかりやすい上に楽しく受けさせていただいています。今回のテーマはインチャを癒すという意味で最も重要な内容だったと思います。何よりも大切なことは感情、価値観を解放する!!それも抑圧してしまうと身体にまでも影響を及ぼしてしまう。身体だけではなく心にも影響、負担をかけてしまう。寅子先生の講義を聞いて、ますます、自分らしく、そして人のためになるように・・・生まれ変わってもカルマを多く残さないようにできたらよいなぁーと思います。ありがとうございます。

●今日からインチャコースに参加できること、ありがとうございます。ベテランのとらこ先生でも手を抜かず、寝る時間も惜しんで準備されていること、自分の甘さに襟を正す思いでした。「愛されるために頑張ることが自分の霊性を下げてしまう」確かにすでに愛されていることをすぐ忘れてしまう弱い自分を感じました。魂や心について学ぶ時、ホメオパシーコースとは違う親密さをとらこ先生に感じました。これからの1年、とらこ先生と学べるこの時間が楽しみです!(スマイル)

●本日ももりだくさんで感動しました。また、eラーニングを受けたいです。しっかり学びまず自分を癒していきたいです。今日の講義を忘れないように。もしセラピストになったときには、とても大事な基本となる講義だったし、私のインチャを理解し、癒す作業をするのに土台となるものだったと思いました。ありがとうございました。

●「子供のねがい」を学長が朗読してくださっているとき、涙があふれて止まりませんでした。それは、自分のインチャの叫びではなく、私の娘の叫びであって・・・“娘にしてしまった親の私”そのもののようで-「ごめんなさい、ごめんなさい」と娘に謝って抱きしめたくなりました。自分のインチャに辿り着くまで、まだまだ心を掘っていかなければ・・・と思いました。今日もありがとうございました。

●インチャを考えるようになってからか、子どもがそろそろ反抗期に入ってきているからか、子どもが私の態度や行動に意見したり、疑問を投げかけてくることが多くなった。そのたびに、自分を顧みてみると、自分が子供時代にできたこと(してきたこと)を子供ができない時に腹を立ててたり、よくよく考えると子供の直接的な怒りはあまりないのに腹を立てたり、世間体を気にしている自分がよく見えてきた。子供の素直な感情を嬉しく思いながらもつい行動は、子どもを否定し、インチャを作っていると思う。そこから抜け出すためにも、しっかりこのコースで自分のインチャと向き合いたいと思います。

●涙が止まりませんでした。ホメオパシー、レメディー、フラワーエッセンス、そして寅子先生に出会えたこと感謝していきます。うまく言葉にできませんが、寅子先生これからずっとどうぞよろしくお願いいたします。本日はありがとうございました!

●ありがとうございました。良かったぁ~。最後の音楽と由井先生のお話涙が出ました。「お父さん・お母さんけんかしないで仲良くしてよ。」という言葉は心に刺さりました。今もなお、インナーチャイルドを育ててしまっているような駄目な私!でも、もう今日この教室でさえ私はいい子でいなければいけない。由井先生や周りの方々によく思われたいし、そうでなければいけない。優秀な生徒でいなければいけない。そんな事を考えていたと気付きました。でも、それを止めます!最早、私は「全てをさらけ出してインナーチャイルド癒しをしなきゃね!」って思えます。今日の青空のように何か晴れ晴れしてきます。由井先生すごい!ありがとうございます。

●最後の子供の願いを読まれた時、父と母に仲良くしてもらいたかった。毎日ケンカする親を見て止められない私と「死んでしまったらどうしよう。」という気持ちを沢山思い出して涙が止まらなくなりました。私は母を助けてあげられない。自分さえ良ければそれでいいのか。と、ずっと責めていました。そして、責めれば責める程苦しくなって母が憎いのです。こんなに思って苦しんでいるのに、何故、私に愛をくれないのかずっと問いかけていました。私はただ子供らしく変に大人になるのではなく、のびのびと生きたいだけだったけど周りの環境はそうではなかった。いつも空気ばかりを読んで私は良い子を演じ続けて、きつくなると母がにくいというループにはまっています。本当の自分を取り戻せるように頑張ります。ありがとうございました。

●既に愛されここに存在している、たったそれだけのシンプルなことなのに、なぜこうも人は苦しむのだろうか。しかしこの苦しみによって人は成長していくということ、大きな矛盾の中に私達はいるのだということ、苦しみさえ神からの愛なのだ。あとは小さい無力な自分の取り残された感情を一つ一つ解放していくのだ。道のりは長いかもしれないが、これこそ人生なのかもしれない。その先の本当の自分を生きる為の。ありがとうございました。

●自分の価値観を中心的に見て物語を判断したり、他人の価値観を否定している部分があるのですが、どうして他人の価値観を否定するのか?までは考えたことがなかったので、「えー、これ間違ってるよ。」って思った時に何でそれが間違っていると思ったのか?自分も前に誰かに(親に)同じことを言われてはいないか?を考えてみようと思います。今現在、学校で友達に好かれようと色々努力しているのですが、なかなかうまくいかなくて勝手に落ち込む毎日です。「愛されなくてもいいんだ」「好かれようとしなくてもいいんだ」と思えるようになりたいです。

●とても深いです…。これまで何度も聞いたと思う。でも全く理解できていない部分もありました。今日が初めての授業、本当に授業聞いただけで自分と向き合えるのか…宿題避けずにできるのかと思っていましたが、途中、気付きのキーワードがたくさん出てきてびっくりしました。先生のこどもの願いと音楽、先生のひたすら農作業に励む姿に涙が出て…娘を思いました。発達障害(ADHD)をもち、思考に偏りを感じている自分ですが、そことも向き合っていきたいと思います。ありがとうございます。

●インナーチャイルドの癒しのやり方が、由井先生の言葉の中にさまざまなメッセージがあり、納得ができてとてもわかりやすかった。百体清浄太祓や一切成就の祓の意味を聞いたときに、すばらしいものだと思い、自分のインナーチャイルド癒しにはとても必要なものだと感じ、毎日やろう!!と思いました。自我と魂の目的についても共感でき、改めて自分の魂の目的は何なのかを考えさせられました。自分の気持ちに素直にやりたいことをやっていきたいと思いました。感情日記もつけて、徹底的に自分のインナーチャイルドを癒そうと思いました。ありがとうございました。

●何を学びに来ているのか、何をしていくのか、自分の課題が解けてきたように思えました。道徳についてはびっくりでした。でも「本当だ!」と気付かされました。とらこ先生の深い洞察に感謝申し上げます。イイ人になんかならなくっていいんだと、また一つ“ヨロイ”が外れて楽になって帰ります。他人に愛されなくたってイイんだ。自分が自分を愛することが大切……はい、頑張ってみます(笑) 祓と祝詞、今日から真剣に唱えます!感情日記やってみます!

●過去にも何度も感情を書き出してみたことはあったのですが、整理の仕方がイマイチ分からず、結局癒えぬまま、またぶり返してくるという体験をしていましたが、今日教わったやり方で改めてインチャ癒しをやってみようと思います。授業中、すでに色々思い出したインチャの感情もあったのですが、すぐやりたいです。

●第一回、第二回の宿題共に、自分を見つめて正直に書いたつもりでしたが、まだまだ自分が気付いていない自分がいたこと、そして、まだまだ「よい人」を装う自分がいた事に気が付きました。反面教師で自分は親とは違う人間になれたなんて思っていたけど、とんでもない…。今日のこの授業を受けた後で、くしくも亡き父の法事に出かけてきます。父の墓前、仏前で正直な気持ちを思い起こして、父と語ってこようと思います。

●あっという間に時間が過ぎました!深く心に響く事が多かったです。自分のめちゃくちゃ大きいインチャに突然気づいてしまいました!授業中にいきなり存在を知ってびっくりしました。それぞれの人がトラック何台分ものインチャを抱えていると思うと今までと違った目で人々を見る事ができるような気がします。将来は何かの形で癒しに関わる仕事がしたいと思っていますので他の人に対する気持ち、人々を理解できるようにもっと学びたいと思いました。ありがとうございました。

●価値観の解放、感情の解放の大切さをとても分かりやすく教えていただきありがとうございます。自分が今までこの世的価値観中心に生きてきたんだとすごく実感し、自分の中のインチャもすごくたくさんいるのだと思いました。感情日記に書いて自分のインチャを少しずつ癒して行けたらと思います。

●自分が進みたい道、取り組みたいことを再認識させられました。祝詞の意味が知れてよかったです。毎日、できるだけ唱えたいと思いました。インチャ、本当に深いですね。頑張って自分を知り、自分のインチャを癒せるようになりたいと心から思いました。ありがとうございました!!!

●感情日記をつけてますが、中々思い出せず感情が発生した出来事しか書けない状態でした。今回詳しく書き方を説明して頂き、これからは書けていけそうです。最後は号泣してしましました。辛いですがインチャを癒していける自分になりたいです。とても深い授業でした。ありがとうございました。

●素晴らしいお話をありがとうございます。3時間があっという間でした。次も楽しみにしています。感情日記を書いてみます。少しずつ、インナーチャイルドを癒していきますね。愛されるより「愛すること」が大事なのですね。人に好かれようと、自分を殺してまで頑張ってきましたが止めます。自分を大切にして生きていきたいな!

●親の嫌だと思う部分は必ず自分も持っている、ということを聞いてハッとしました。元々、私の中に母や父に似た部分がかなりあることは気づいていましたが、母のすごく嫌いな部分は自分は持っていないと思い込んでいました。このことを知ったことはすごく良かったです。これからよく考えてみようと思います。私は母の事が苦手で、もう長い間会っていないのですが、会っても苦しくなくなった時がインチャを癒せた時なのかなと思いました。インナーチャイルド日記は、以前は熱心に書いたのですが、最近は書くのが苦しくて、つい先延ばしにしてしまっていました。再開しようと思います。ひとつひとつ自分の持っている価値観、道徳を解放していきたいです。今日の講義の難しい部分もありましたが、希望を持つことができました。ありがとうございました。

●“子どものねがい”の一節、“お母さん私を無視しないで”という母親に自分の弱さを見せられない自分がいます。母に対して素直に自分の弱さを見せられない。自分の弱さは誰にも見せずに、母が望むような、強く、賢く、美しく。人に褒めてもらえるように頑張る自分。“お母さんに愛されるように頑張った”という言葉は、まだ言えないと今日は思いました。

●インナーチャイルドを考えるようになって、また、由井先生の日々のお話を伺っている事、そして今日の講義で学んだ中で、自分の「道徳」がすごく大きく存在していることを感じました。また、由井先生と同じく、責任を果たす・~べきというのが強くあります。いつからそうなったのか、講義中にもいろいろ考えていましたが、幼少時の家庭環境が大きいのかなと感じました。幼少時に苦しい思いをした→今の家族(特に子供)に同じ思いをさせたくない→責任 となっているように思います。もっとその当時の「道徳」を作り出した時期の事を思いだし、見つめ、乗り越えていけるように取り組んでいきたいと思います。素晴らしい講義をありがとうございました。

●本を読んでもいまいち入ってこないので、このように直接説明してもらえると助かります。この説明を聞いて感情日記や荘子を読むと、そういうことかぁと納得できそう。感情日記とインチャに関しては、主に今、夫が私のインチャを投影してます(笑)スマン、夫よ。インチャを癒すことを避け続けてましたが、あきらめてインチャコースを受けてよかった。もう進むしかないもんね。

●授業を受けながら、自分の両親のことを嫌だと思っている部分が、たくさん出てきました。子供に暴言を吐いてしまうのが辛く、でもどうしてか分からず、余計辛かったですが、少し自分の中のほつれた糸が緩んできた気がします。なぜ、子供にあんな態度をとってしまうかが、少しずつ分かってきた気がします。由井先生の「インチャ癒しは綺麗ごとではない。」の一言に覚悟をもって、この作業をするんだと思うことができました。ありがとうございました。

●日々、一刹那一刹那に多くの価値観に縛られて、判断している自分自身を感じます。この講座で、一つ一つ価値観を解放する試みをさせて頂けることを、有り難く思います。この機会を逃さず、逃げずにやってみようと思っています。ありがとうございました。

●今回の講義で気付いたことの意味はとても私にとって価値あること。親からの価値観からの解放なのかと、私自身を誉めてみようかということができたのだと。価値観の解放を自分に言ってみることで、私を見つめることができるのだろう。恐れの解放から、私を愛することが正直にできること。

●「他人に対し厳しいことを言う人は嫌い」と思っていましたが、それを自分も持っているということ、その人は自分の姿なのだということに気づきました。今日、勉強した感情日記を書いてみようと思います。少しずつ自分の感情を掘り下げていけることが楽しみになっいます。

●先生一言一言が、身にしみます。ただ、母に言われたことを自分の子供にはゼッタイに言ってない・・という自分がいます。ありえないです。子供たちが愛しくてたまらないから言うわけがないと思っています。

●今回の授業で今まで亡き母のことでいやなところいが思い出されませんでしたが、少しずつ思い出してきました。自分の小さいころ、姉、兄は勉強もできて、私自身いじけていた自分がいました。少しずつインチャが出て来たように思います。由井先生ありがとうございました。一年後の自分が変われることを信じたいです。

●最近感ずることと同調します。インチャを受ける。2回目から受講したことにまだ迷いがありましたが、来るべき時だったと納得できました。講義の途中、精神的に具合が悪くなっている友人の顔が何回も浮かびました。由井先生のインチャもとても深いですね。さらけだしてくれる先生に感謝します。ありがとうございました。

●今回の講義で気づいたのは、「私は両親のようになりたくない」という思いから、本来の自分ではない自分を一生懸命作り上げてきたということです。いろいろなことがしっくりこなかったのは、そこに原因があったのかもしれません。というか、あるんだと思いました。帰ってこの感情を整理したいと思います。

●今日は、インナーチャイルドセラピストコースに来ることにあまり良く思っていない家族との朝の会話を心に持ちながら、由井先生の授業を受けました。理解されない悲しみ、感情の奥にかくれた子供の思い出を思い出すことができました。とても心に残る内容の授業でした。ありがとうございました。

●「インチャ癒しはきれいごとではない」という言葉に改めて背中を押されたように感じました。これから様々な体験を通して、出会う一年後の自分が楽しみです。

●どうしてだかわからないけど、祝詞の意味を聞いて涙が出てきました。まだまだ自分と向き合えない自分がいますが、少しずつ向き合っていけたら…と思います。

●とても分かりやすく心に響きました。感謝申し上げます。どうぞ、ごゆっくりお休みください。くれぐれもご自愛くださいますよう願っております。

●由井先生は素晴らしいですね。私もだんだん由井先生に似てきたので、これでいいんだと再確認できます。私も周りの人に自由に生きて良いんだと思ってもらえるような見本になりたいと思います。

●不思議とよく分かった。感情が2つか3つ、常に押さえつけているだけと思っていたが、過去その時に抑えたものが、積年の想いとなって変形して出てくるんだと思った。感情日記をつけてみる。

●忘れかけている出来事も多いですが、過去に抑圧した感情、感情を生じさせた価値観をしっかり思い出して、価値観の開放を行っていきたいと思います。

●自分の感情がすっきりしない時、祝詞をあげれば解放されると聞いて、心が楽になり、やってみようと思いました。今までの自己卑下をもうやめていこうと思いました。今日もわかりやすい講義をありがとうございました。

●難しい内容だったが感情日記をつけて1つ1つ拾いあげていくのが大事だとおいことが分かった。宿題の癒しの方法についてはいろんなものを利用してもよいのかが知りたかった。

●最後の子供の願いで自然と涙がでました。(自分の思っていることそのものだったので)寅子先生が睡眠時間も少なく、授業の準備をされたと聞いて、こちらも真剣にとりくみたいと思いました。

●まず、いつもの怒りの気持ちが出てきたとき、「百体清浄太祓」唱えてみようと思います。

●もう一人の自分と向き合う方法が、少し分かってきたような、見えてきたような。次回が楽しみです。

●自分のインチャを癒すことの大切さが良く分かりました。愛されることより愛することですね。

●とてもわかりやすく聞かせていただきました。

●楽しかった。祝詞をあげなければと思った。

<< 1つ前の記事へ | 記事一覧へ | 次の記事へ >>

最新の講義の様子

2017/10/07インナーチャイルドセラピスト養成コース講師:由井学長(DVD上映) (写真クリッ...
2017/09/23インナーチャイルドセラピスト養成コース講師:由井学長(DVD上映) (写真クリッ...
2017/09/16インナーチャイルドセラピスト養成コース講師:東先生 (写真クリックで拡大します。...
2017/09/02インナーチャイルドセラピスト養成コース講師:由井学長 (写真クリックで拡大します...
2017/09/02午後は、インナーチャイルドセラピストコース在校生・卒業生の交流会、「インチャの会...

講義を月別に表示する