2014年03月13日(木)

2014年3月13日(木)

CHhom ファミリーホメオパスコース FH3期生
「ケーステイク&修了式」
講師:由井学長

20140313_tokyo_01.jpg 20140313_tokyo_03.jpg 20140313_tokyo_11.jpg
20140313_sapporo_01.jpg 20140313_osaka_01.jpg 20140313_nagoya_01.jpg 20140313_fukuoka_01.jpg

(写真クリックで拡大します。)

ファミリーホメオパスコース3期生へ最後の講義が行われ、旅立つ学生達を由井学長が温かく出迎えました。普段は自宅PCで勉強されているeラーニングコースの学生の中には、遥々遠方から足を運び、ライブで受講する学生もおり、「インターネットを通しての学びでも由井学長や各講師の情熱が伝わり、ぐいぐい引きこまれた」などの感想を語る一幕もあり有意義な授業になりました。

〇ケーステイク
授業前半、1年間のまとめがレクチャーされた後、ホメオパスとしてケースをとるにあたって大切な心構えが語られました。また、実際にケーステイクをとる為の見本として、心身の不調のある学生を対象としてライブケーステイクが教壇にて行われました。

始めてライブのケーステイクを見る学生達は興味津々。身を乗り出す学生、由井学長の言葉を必死で書き取る学生など様々でした。潜在意識測定器QXから驚くような結果が検出されたり、由井学長の暖かな導きで今の症状の背後のあるインナーチャイルドに気づかされる場面ありと、ホメオパシーの奥の深さを感じているようでした。

20140313_tokyo_04.jpg 20140313_tokyo_06.jpg 20140313_fukuoka_02.jpg 20140313_osaka_02.jpg

(写真クリックで拡大します。)

〇修了式
短時間ながら、豊受自然農で作られたシソジュースと手棒豆でできた和菓子が振る舞われ、気持のこもった修了式が行われました。

まず、由井学長から1年間頑張って勉学に励んだ学生達へはなむけの言葉が伝えられ、学生達はその一言一言を心に響かせているようでした。また、「仰げば尊し」の合唱、由井学長がエリッククラプトンへ捧げた詩の朗読、講師の先生方からのお祝いの言葉など、心も涙腺も緩む、とても貴重な時間となりました。

最後に、由井学長から「私達は、ホメオパシーの家族なんだから、いつでも戻ってくるんだよ」とのメッセージがあり、修了式は大きな拍手で幕を閉じました。

修了式終了後、学生達はこの1年間を振り返り、「ファミリーホメオパスコースに入学してから自分を責めなくなった」「自分に素直になれた」など多くの感想をいただきました。

由井学長素晴らしい講義をどうもありがとうございました。
ファミリーホメオパスコースの皆様1年間お疲れ様でした。

20140313_tokyo_05.jpg 20140313_tokyo_10.jpg 20140313_tokyo_07.jpg 20140313_tokyo_08.jpg 20140313_tokyo_12.jpg

(写真クリックで拡大します。)

FH3期 本日の感想
FH3期 感想(1年間感想)

講義の感想

【FH3期本日の感想】

●久しぶりに寅子先生の生講義を受けられてとても嬉しく、パワーを頂きました。急性症状の下には慢性症状が必ずあり、症状に合う動物や植物のレメディに鉱物のレメディをプラスする事の大切さを改めて実感しました。そして、ホメオパシーは目に見える病気や症状だけでなく、心のこだわりや病気になりやすい傾向も治癒してくれるすばらしい療法なんだな、すごいな、出会えて良かったな・・・と思い、もっともっと深く学んでいきたいと思いました。

●とにかく、生ケーステイクを受けられたことが、本当に嬉しく思っております。自分の家族のことが、もつれた糸がほぐれていくように見えてきた。(今まで見えてなかったことも)家庭というものは、学びの場でもあると、感じた。1時間の間に、私のことが、ぱっと、分かってしまい、そして、レメディーも、選択してしまう寅子先生。素晴らしいです。まず、自分をいやして、そして、回りの人達も、いやしていけたら良いと思いました。

●ファミリーホメオパスコース1年間の総まとめとケーステイクを由井学長より学ばせて頂き、今までの講義を思い出しながら聴かせて頂きました。初めて生ケーステイクを拝見し、このようになっているのか・・・と、参考になりました。主訴から、最後のレメディー選択まで、様々な質問をされ、何の関係があるのだろう? という質問も、すべてつながっているのだと改めて実感しました。とても勉強になりました。ありがとうございました。

●自宅で講義をみるのと違ってテレビ越しですが目の前に由井先生がおられて感動でした。食べるものは命につながる大切なことです。レメディーは持ち歩いてその起こった時にすぐに活用できるようにしないとだめですね。インナーチャイルドはほとんどの人にあって、そのまま大人になっていく。それを癒せるのはホメオパシーしかないですね。

●生ケーステイクを実際に目にして、第一印象は「大変だなー。」と思いました。1時間という限られた時間の中で、クライアントの方を知っていく作業をする上であそこまで見抜いていくのは、ホメオパスは疲れるだろうなー。と感じました。でも、由井先生はなぜ、あんなに活き活きされているんだろう。心から喜びでやっているという事が答えなんだろうと、とても納得しています。心から喜びで出来ることを見つけていく、今がスタートなんだと思いました。

●今日のケーステイクはてても具体的にレメディーの出し方が分かりました。みんなの前で出て下さった方、ありがとうございました。震災の映像とクラプトンの歌には泣かされました。心のこもった修了式、寅子先生、ホメオパスの方、スタッフの皆様、本当にありがとうございました。

●由井先生の生の講義、先生方、初めての校舎、今日こちらに来ることができ、感激しています。子供を見てくれているおじいちゃんに感謝、理解してくれる家族に感謝です。今日の講義は今までの大切なところをピックアップしてくださり、わかりやすかったです。生のケーステイクは、初めて見させていただき、大変だなと思ったこと、色々な角度から質問して適切なレメディ‐を選んでいたこと、由井先生と話をするだけで楽になるような気がしたこと、色々感じました。

●eラーニングコースなので、初めてCHhomの学校に来ました。QXの機械でみていくのは初めて見ました。とらこ先生が細かく質問をして いて、心臓の痛みを訴えてみえたのに、生まれた時から、まわりの環境から、母の体調からいろいろ聞いて、聞きながらアドバイスしたりこういう 症状もあるんじゃないかと当てたりして、占い師のように当てていて凄いなと思いました。私もQXで一度みてほしいと思いました

●どういうものかと楽しみにしてきました。生ケーステイク、ありがとうございました。知識だけでなく、深い洞察力も必要なんですね。しかも、瞬時にわかる様にならないといけない。ライブで垣間見させて頂きありがとうございました。

●生ケーススタディがわかりやすくQXの画面も見せていただきこんなふうになっていたんだと初めて知りました。自分が相談会を受けた時もそうですが、クライアントさんの病気の元に辿りつく質問の出し方などなどがどのような流れで導き出されるか改めて分かりました。

●スキオを使った授業はちょっと難しかったけどケースの女性と似た症状があるなとか父親が似ているなとか思いながら自分にもあてはまるレメディーなのかもと聞かせていただきました。修了式もこんなにきちんとした形でやっていただきありがとうございました。

●生ケーステイクとても勉強になりました。自分もさらに勉強してできるようになりたいと思います。ボランティアをして下さった方ありがとうございます。

●はじめて由井学長とお会いできました。ありがとうございます。とてもわかりいやすかったです。ケース難しかったですが、目の付けどころがすごいと思いました。

●最後の授業まで由井先生のわかりやすい短いながらも充実した内容をしていただき本当にありがとうございました。

●由井先生にお会い出来てうれしかった。自分の細胞が上に引っぱり上げられる感じがした。

●すばらしい修了式ありがとうございました。

【FH3期感想(1年間感想)】

●まずホメオパシーに出会えたこと、自分自身でレメディーを試せたこと、そして学べたことがすごく幸せに思います。毎回の授業ですごい!すごい!の連発でした。何故こんなにも良いものが周りの人は知らないのだろうと思いました。人間、気付きは本当に大切なんだと思いました。その手助けをしてくれるレメディーは本当にすごい。奥深くてまだまだ理解できていない部分も多いですがこれから極めていけたらいいです。

●ファミリーホメオパスコースに入学してから自分を責めなくなった、いいたいことが言えるようになったなど精神面の成長がありました。教えていただいた内容に対してどれだけ理解できているか不安ですが、4年制コースに向けてしっかり学んでいきたいと思います。これからもどうぞよろしくお願いします。

●e-ラーニングコースを設けて頂き、本当に感謝しております。自宅にいながらホメオパシーを学べるというシステムが、日々の生活にエッセンスを加える様で、自分自身を高めていく上で、素晴らしい学びとなりました。自分で自分を癒す事が出来るという事に、とても感銘を受けました。自己流だとレメディーをあれもこれもと大量に選択することになり、自信がなかったのですが、1年間学ぶ事でホームキットで3次元処方の仕方を学び、何と素晴らしい技を身につけたのかと、喜びの思いでいっぱいです。自分に出来る事を1つ1つ身につけ自分の使命を歩めるようになれたらいいな。と思っています。とてもCHhomが素敵で、今後も関わっていきたいな。と思います。大変感謝しております。ありがとうございました。

●最初はほとんどレメディも使った事がなく、知識もありませんでした。霊性とは、マヤズムとは、インナーチャイルドとは、臓器と感情はつながっているなど、様々な観点からの学びの中で、少しずつ、少しずつ理解を深めていき、実際に起こる自分自身や家族の急性症状にもいろいろなレメディやFE、MTを使いながら、治癒していく実体験を重ねていくことが出来ました。頭で学ぶだけでなく、実際に試してみる中で新たな発見があったり、知識が実になっていったように思います。やっと、ホメオパシーの入り口に立てたかな・・・との思いもあり、これからも自分のペースで学んでいきたいと思います。私にはインナーチャイルド癒しが必要な事も分かったので、今年はインナーチャイルド癒しを中心に学んでいきたいと思います。

●あっという間の一年でした。今日は心のこもった丁寧な修了式をありがとう御座いました。ホメオパシーを学んで、私はずいぶん賢くなりました。仰げば尊し我が師の恩・・・直前に20年連れ添った家のネコを亡くし、レメディーで悲しみ対策をして参加しました。ホメオパシーも先生、動物も先生、植物も先生・・・、ペットも先生でした。周りは師の恩に満ちているんだということを、仰げば尊しを歌いながら感謝の思いがあふれてきました。

●eラーニングコースで、仕事を行いながらの勉強は、少し大変でしたが、とにかく毎回面白く、引きこまれるように聴いていました。難しいところを何度も、まきもどしたりしながらも、聴きました。今日、会場に来て、その場のふん囲気というものも、味わえることが出来た。キットも、以前より、使えるようになってきたし、考え方、生き方も、以前より、明確になってきて、本当に良かったです。ホメオパシーに出会えて感謝しております。ありがとうございました。

●あっという間の一年間でしたが中味はとても濃く一生の財産になりました。私の場合、ホメオパシーの内容(レメディなど)をほとんど知らず入学当初は戸惑ってしまうことが多々ありました。でも“21世紀の医療はホメオパシーだ”という直感があり導かれるように入学しました。そしてこの一年間、家族の出産、交通事故などでたくさんの恩恵を受け心より感謝しています。学校で学んだことをさらに深めてホメオパシーを広めていきたいと思います。由井先生、講師の先生方、スタッフの方々一年間本当にありがとうございました。そしてこれからもよろしくお願い致します。

●とっても刺激的な一年でした。代替療法の一つとして(寅子先生の魅力と共に)学べたいと思って入学したのですが、ホメオパシーはとても深くて底知れない複雑なもの(でもすべては同種療法というシンプルなものという捉え方もあるのですね)でやっと入り口にたてたという気持ちです。試験の為の復習をしていてティッシュソルトのキットも買って...何だかずーっと膜の張ったような感じ(緊張していたのでしょうか)がサッと取れて楽になりました。これからは習ったことを元にしてドンドンレメディーを取っていきたいと思います。ありがとうございました。

●1年間ありがとうございました(まだですが!)。忙しい中に時間を見つけ出すのは本当に大変でしたが、講義はどれも楽しくて、早く次の講義を聴きたくて仕方なかったです。今の世の中に、さまざまな問題があり、その中で私は何ができるのだろう? と環境を考え、エコなことは頑張ってきました。ホメオパシーを知り、いろんな問題の解決策の可能性が飛躍的に広がったと感じています。私の10才の娘が(私が家でeラーニングをしたり、レメディーをあげたりしているので)、2分の1成人式で、将来の夢について「ホメオパスになりたいです。お母さんが勉強していて、とても役に立っているから」と発表しました。

●一年前まで考えてもいなかった深いホメオパシーとの関わりに感慨深いものを感じています。入学するまでこれほど内容の充実した授業だとは思ってもみず毎回の授業についていくのはかなり大変でした。でも各先生方のあたたかい講義に毎回感動しながらとても楽しく通うことができました。実際にレメディーもいろいろ試すことができその素晴らしさにホメオパシーとこの学校に出会え本当に幸せだったと思います。これからもどんどん生活にホメオパシーを取り入れさらに学んでいきます。ありがとうございました。

●解剖生理や薬理、臨床病理など細かく教えていただきインナーチャイルド癒しの演習も自分がビックリするほどの感情が出てきたりと有意義な時間を過ごせました。農業や食の問題、考えさせられました。毎日、体の中に入れるもの、体を作るものが悪かったら不健康になるのは当たり前ですが、レメディーやマザーチンクチャーで何かホメオパシーを知らない人より優位に立っているかのように思っていました。もう少し意識を変え、また心の癖も見直していかなければと思いました。

●e-ラーニングは6月から始まったのに、自分で計画を立てて進めることが難しかったです。また、e-ラーニングの方法が難しそうだと後回しにしてしまい失敗でした。しかし、由井先生をはじめ、各先生方の熱い講義を内容も量も豊富に受けることができ、子どもの急性病にもホメオパスの先生に聞きながら、乗り越えることができました。思うように受けられず、子どもにあたったりしていました。8月に入ってからは、時間の使い方を変え、夜、子どもと一緒に早く寝て、早朝に受講するようにしたら上手くいきました。学んでいる途中でレメディーのみならず、マザーチンクチャーを買って使ったり、たくさんの本を購入し、興味を持って読んでおります。震災を経験し、家族ばらばらに3年過ごしました。4月からは自宅に戻り、自分も家族も自分らしく生きられるよう、ホメオパシー生活を続けていきたいと思います。

●まだ全部見終わっていませんし、昨日やっと試験範囲の薬学を終えたばかりですが、とらこ先生はじめ、講師の先生方のお話しは、とても分かりやすくe-ラーニングコースなので、分かりにくい所は、何回も何回も聞き直して、勉強させていただき、本当に自分のやりたい勉強がここにあるんだとわかりました。本当にありがとございました。内容が濃すぎて、1年間でだいぶ疲れてしましました。復習している暇もなく、どんどん見ていかないと追いつかない状態でしたので、大変でした。でも、講義を見るたびに新しい事がわかっていき、驚いたり、喜んだり、納得したりで楽しかったです。まだあまり自分以外にレメディーを試したりしていないので、まわりにホメオパシーに 理解のある人が少ないのもありますが、これから実際に使って、人の役に立てていけたらと思います。

●eラーニングコースなので、まだ全ての講義は終わっていませんが、とにかく内容の濃い授業で、もっともっと学びたい! というのが本音です。これから修了試験ですが、勉強しても、奥が深くて、いつになったらたどりつけるんだろう・・・と思います。これからも学びつづけたいと思います。1年間ありがとうございました。

●夏休み明けに飛び込みで受講することになり、e-ラーニングで下が、勉強する機会が持てたことをありがたく思います。子供が蕁麻疹を出していたのと、レメディーを快く思っていまい夫がいるからこそ受講したのだと思います。ありがたいです。子供が具合悪くなると、不安な冬、びくびくする冬をすごさずどーんと構えることができとても落ち着いていました。まだまだ自信ない私ですが、本日ママ仲間から子供がインフルになり薬処方されたけど・・・というメールを休憩中に貰い、周りの人に役にたてたら、と思っています。楽しく学ばせて頂きました。ありがとうございます。

●通学では生の講義の素晴らしさを魂で感じることができ、eラーニングは何度も繰り返し見る事ができるので聞き逃しが少なくてメモをとる時間も自分のタイミングでできるので楽でした。ただやはり自分1人だとついついとかわからないことを調べるのに時間がかかりなかなか大変でした。今後も頑張ってまいります。ありがとうございました。

●子供が小さく、学校が遠い為、eラーニングのおかげで学習出来ました。感謝しています。マヤズムの授業が、病気のしくみが分かり、一番面白かった。苦しい中でホメオパシーがあって本当に良かった。ホメオパシーを伝えてくださった由井先生のご努力に本当に感謝しています。

<< 1つ前の記事へ | 記事一覧へ | 次の記事へ >>

最新の講義の様子

2017/07/14CHhom ファミリーホメオパスコース「キッズトラウマ概説」DVD上映講師:由井...
2017/07/07CHhom ファミリーホメオパスコース「ハーブ&マザーチンクチャー」講師:由井学...
2017/06/23CHhom ファミリーホメオパスコース「インナーチャイルド」DVD上映講師:由井...
2017/06/16CHhom ファミリーホメオパスコース「基本のレメディー②」講師:竹内先生 (写...
2017/06/09CHhom ファミリーホメオパスコース「基本のレメディー①」講師:由利先生 (写...

講義を月別に表示する