2018年01月19日(金)

2018年1月19日(金)

CHhom ファミリーホメオパスコース
「バイタルエレメント&ミネラル概説」DVD上映
講師:由井学長

20180119_FH7_tokyo_01.jpg20180119_FH7_nagoya_01.jpg

(写真クリックで拡大します。)

本日はファミリーホメオパスコースの由井学長DVD講義が行われました。

本日のテーマは「バイタルエレメント&ミネラル概説」です。

バイタルエレメントとは、人体構成や細胞機能と関わるミネラルのレメディーのことです。人体に4%しか存在しないミネラルは体で作ることはできないので食べ物から摂る必要があります。

バイタルエレメントのレメディーをとり、体内にミネラルの情報パターンを入れることによって、今自分に不足しているミネラルは何か、不要なミネラルは何かを体に気づかせ、それを自力で吸収、排出する力を高めることができるのです。

本日の講義では、代表的な必須ミネラルのさまざまな人体での役割、欠乏・過剰による影響などを学ぶとともにそれぞれに対応したバイタルエレメントの活用法を学びました。

講義内ではミネラル不足で体にさまざま疾患が起こされること、種の問題、農薬・化学肥料からの作物の問題や、人格形成に関してもミネラルが重要であるということなど、症例の映像をご覧いただきながら説明されました。

また、幼少期に抑圧した強い思いがインナーチャイルドとなり、無意識で自分を責めたり、憎んだり、悲しんだりなど特定の感情を継続する事で、感情毎に特定のミネラルが不足する事について結び付けて解説され、大変アカデミックな内容となりました。

本日もミネラルと食と農業の大切さを教えていただき、ありがとうございました。参加者の皆様、お疲れ様でした。

20180119_FH7_sapporo_01.jpg20180119_FH7_osaka_01.jpg

講義の感想

●昨年体験で受けた授業がこのミネラルの授業だったので記憶に残っていました。とてもミネラルが大切で、奇形にも影響するというのは驚きでした。たまに良くなさそうな食品も摂っていたので、改めて食べものを気を付けても気を付け過ぎる事はないんだなと思いました。昨年からイリコとミカン一緒に摂るようにしています。沢山の種類のバイタルエレメントかソルトがテストに出るとしたら覚えられる自信がないです。話が早すぎて聞き切れなかったです。私ごとですが、会社で周りの人からすごく変わったねと言ってもらえることが多くなって、ホメオパシーについて良く聞かれるようになり、沢山の人から興味を持ってもらえるようになったことが嬉しく思います。ホメオパシーがもっと広がり、使ってもらえるようになると良いなとお思いました。

●ミネラルが不足すると様々な症状が現れる事はなんとなくわかっていましたが、今日の講義で具体的にわかりました。私のミネラル不足の為、娘は預貯金の無い状態で産んでしまったなと、実感してしまいました。これから親子でミネラルサポートを活用し、日々の生活を気にかけていきたいと思います。筋腱じんは我が家でもとても重宝しています。本当にありがたいものです。

●ミネラルの大切さ、現代の食生活でとることのむずかしさ、その中でどういう生き方をすれば健康でいられるかとても有意義な内容でこれからの生活に生かそうと思います。内容的には難しかったところもありましたので、よく復習してみます。

●シュスラーの12種は何となくなじみがあったのですが、寅子先生の言うとおり、アクティブソルトとエレメントはよくわかってなくて、でも36としたのは素晴らしいと思いました。もっとミネラルと仲良くなっていきたいと思います。授業が早かったのですが、ミネラルが大事ということは考えていたことよりももっとずっと大切だった、ということがよくわかりました。どうもありがとうございます。

●ミネラルがいかに大切か、また不足している影響の大きさがよくわかりました。そして、自分に何の要素が不足しているのかが思い当たる部分が多々あり、取り入れて排出できる体を作っていきたいと思いました。

●食べ物の大切さを痛感した。面白かったのが、「りんご」を食べようとすると、脳が五感を通して酵素を出す準備をしたり、そしゃくする度に「りんご」のパターンが脳の「キュウキュウ」に飛び散っていき、パターンを学んでいるという点あらためて人間の体の素晴らしさを実感した。本当に感謝し生活したい。

●骨のこと ストレスからだるくなる流れ、疲れがとれないわけなどがわかってきょうみぶかかった。ビタミン、ミネラルがこんなに大切だとは、知らなかったです。たった4%のミネラルが欠ぼうすることで、病気になることがびっくりでした。

●内容が細かくボリュームがあり、手と頭がついていきませんでした。でも今日の講義で先生が自然農をやられる理由、食物の大切さが身に沁みました。

●今日の講義で、より納得したのは、私たちは星のカケラ。生命は原子の海で生まれたということ。葉緑素とヘモグロビンについての由井先生の考え方。私たちは今、植物たちから学ぶ必要がある。つまり、食べるだけでなく、植物と共に過ごし生きること。その時間を多く、多く持つことを増やそうと思いました。又、ここまで生きてきた私たちは、ミネラル不足の原因を無くすだけでは十分でなく、ミネラルサポートが必要である。そして情報により、深く深く沈めた能力(可能性)をひらくことこそ取り組むこと(教育)かと思います。

●ありがとうございました。ミネラルの必要性が、少し具体的にわかりました。と書きながら、全く理解できていないとも感じています。内容については感想が書けない状況です。

●楽しみにしていたミネラルの講義でした。植物から摂れるミネラルが少ないこと、しかしサプリメントは石油からできているものが大半であるから、食べ物から摂るには…、と買い物するにも困ってしまいます。食べざかりの子供がいるので、やはりいつも自然農の有機のものばかり買うことはできませんが、その分ミネラルのMTで補っていこうと思いました。

●バイタルエレメントは体にやさしく正常な方向へ持っていけることを知り、バランスよくとれていけたらと思います。ありがとうございました。

●特に海塩をとることの必要性を知ることが出来て良かったです。これからはミネラルをたくさんとるようにしていきたいです。そして解決策を意識して生活していくようにしたいです。ありがとうございました。

●マグネシウムとカルシウムの大切さをあらためて知り、どうして自分がうつぽくなるのか、子どもが朝起きられないのか、食の乱れだなと反省しました。

●今年もよろしくお願い致します。由井先生の講義はアッという間に時間がたちます。楽しいですし、本当に勉強になります。

●最後のケースの方を見て、塩をひとつとっても、こんなに体調が変わるのかと驚きでした。

●本当に食とミネラルが大切だと改めて気付かされました。完全にやるのは難しいですが、これからは気を付けたいと思います。

●ミネラルの仕組みがしっかりとできていないので、ノートをとるのに必死でした・・・。理解を深めるよう、がんばります。

●講義の内容がすべて書き留めたい内容でした。今までの授業の中でもミネラルの話はありましたが、今回の授業でその理由がわかりました。毎日いただくことは難しいですが、豊受の野菜の存在のありがたさを改めて感じました。

●どうもありがとうございました。ミネラルの大切さがわかりました。

<< 1つ前の記事へ | 記事一覧へ | 次の記事へ >>

最新の講義の様子

2018/02/16CHhom ファミリーホメオパスコース「修了試験&関連法規」講師:秋山先生 (写...
2018/02/09CHhom ファミリーホメオパスコース「バイタルエレメントのレメディー②」講師:...
2018/02/02CHhom ファミリーホメオパスコース「バイタルエレメントレメディー①」講師:麻...
2018/01/26CHhom ファミリーホメオパスコース「ホメオパシー病理」講師:由井学長 (写真...
2018/01/19CHhom ファミリーホメオパスコース「バイタルエレメント&ミネラル概説」DVD...

講義を月別に表示する