2018年10月19日(金)

2018年10月19日(金)

CHhom ファミリーホメオパスコース
「妊娠と出産のレメディー②」
講師:永桶先生

20181019_FH8_sapporo_01.jpg20181019_FH8_sapporo_02.jpg

(写真クリックで拡大します。)

本日のファミリーホメオパスコースは札幌校から「妊娠と出産のレメディー②」と題して、先週に引き続きマテリア・メディカの講義が全国中継で行われました。

講師は、札幌センター本部でホメオパシー健康相談会とインナーチャイルドセラピーを担当されている永桶房代先生。Nux-v.、Oxyg.、Phyt.、各種コンビネーションレメディーなど、妊娠・出産シーンで活躍するレメディー18種類について解説いただきました。

永桶先生は、一つひとつのレメディーについて、精神面の特徴や関わる臓器は何か、またその臓器が弱る原因・メカニズムについても、とてもイメージしやすくお話してくださいました。先生ご自身の日々の子育ての経験や、今年に入ってから迎え入れたワンちゃんのお話、健康相談会でのクライアントさんのエピソードも交えながら説明してくださり、とてもわかりやすい講義となりました。

本日登場したレメディーは妊娠期・出産期はもちろんのこと、術後のケアや更年期などにも対応し、誰もが日常生活の中で活用したいものばかり。皆さん、永桶先生の説明にうなずきながら熱心にノートをとっていらっしゃいました。

息子さんのアトピーがきっかけでホメオパシーと出会い、その奥深さに魅せられたという永桶先生。

ホメオパシーを使って子育てをするからこそ起きる出来事があり、それは自分を見つめる時だからこそ起こるべくして起こり、それに向き合うことで大いなる愛で自分を励まし子供を励ましていくことができる、ぜひ子供たちの魂のあるべき姿を信じてほしいと、学生さんに向けて言葉のレメディーを伝えてくださいました。

永桶先生、貴重な講義をありがとうございました。

20181019_FH8_nagoya_01.jpg20181019_FH8_fukuoka_01.jpg

講義の感想

●子供が3人いますが、1人目2人目は助産院で、3人目は自宅でも出産でした。2人目の助産院では、ホメオパシーを取り入れていたので、2人目、3人目の出産時には助産師さんにあれこれレメディも出してもらっていました。でも、その時は何が何だか全く分からなくて、今思うとこれだったのかな、あれだったのかな~と思い当たります。1人目の時はホメオパシーも知らず、出産時に尾骨骨折をしたこともあり、母乳がなかなか出てこなくて(パンパンにはっているのに)、とても大変な最初の一か月でしたが、2人目、3人目は出産後の回復も早く、乳腺炎もホメオパシーで子供のカユカユもホメオパシーで・・・と、乗り切れました。よくよく考えると、やっぱり、2人目3人目の心のゆとりはあったかも知れないけれど体力的には1人目のときよりずっと衰えているはずなのに、回復もはやかったなーと思います。とはいえ、ホメオパシーについて深く知っていたわけではなかったので、予防接種は受けさせてしまっていました。子供たちのことを今後もよーく見ながら、FHコースで学んだことを生かしていきたいと思います。今日はありがとうございました。

●前回からの続きの妊娠と出産のバースキットレメディーの解説でしたがぜひこのセットも常備しておきたいと思いました。自分の体調に適応するものがたくさんあります!先生の声がキレイで聞きやすく説得力がありました。子育てがしんどかったとは思えない、絵本の読み聞かせなどお上手な気がしましたよ。先生のお母様のご友人の話にあったご主人に対しての反応、よくわかります。知り合いにも単身赴任から戻って来て体中、蕁麻疹が出た人もいます。私自身もそうです。仕事上、家をあけることがほとんどなのですが帰って来ると思うと胃が痛くなり気が重くなります。胃腸の不調であれこれレメディーもとりました。膵臓の1/3と脾臓がないので普段は何の支障もないのですが何か関係あるのかなあとも。これからも自分の体で試しながら元気を保ちたいと思います。ありがとうございました。

●永桶先生ありがとうございました。前回の豊池先生の授業の感想文や質問を元に授業を組み立てて下さって、とても分かりやすかったです。又、先生自身の体験談、特にお子様を育てる上でホメオパシーを使われ、以前使われていたケミカルな薬を克服していく過程は、とても興味深かったです。自分が抱えている問題を克服する上で、安易な方法に頼らないでお子様を治癒に導いた先生の様な先輩がいて下さるのは、とても心強いです。今日は妊娠出産へのお話でしたが、Secをとることにより毛細血管が再生されるので、産褥熱だけでなく、糖尿病や他の症状にもいろいろと応用できることも知れてうれしかったです。又、最後には友人女性への卵巣出血の質問にも丁寧に答えて下さり、ありがとうございました。今日学んだレメディを色々使ってみたいと思います。永桶先生、楽しく興味深い授業をありがとうございました。

●バースキットの後半ということで、女性に身近なレメディーをたくさん紹介していただき、ケースやマザーチンクチャーの紹介もあり、わかりやすく講義して下さったので良かったです。特に私も中学生の難しい年頃の男の子を持つ母親なので思春期のレメディーやお話など深くして下さって聞き入ってしまいました。本当にその通りだなと思いました。コンビネーションレメディーをたくさん使ってみたいものがあり、これからもたくさんホメオパシーのお世話になりそうです。私も無知で子供に予防接種や薬やインチャなどかわいそうなことをしたと、もっと早く知っていればと責めたときもありましたが、知った時がその人のタイミングで、決して手遅れではないと言ってくださり、勇気づけられました。ありがとうございました。

●子育て中の先生という事もあり、実体験を元にお話してくださり、とても分かり易かったです。レメディーの性質の説明や特にレメディーのテーマにちなんだ話もあり、自分や家族に試したい物がたくさん出てきました。ホメオパシー使用歴は長く、2人の娘達も成長してしまって使う機会もすっかり減っていましたが、今からでも遅くないです。と言って下さった言葉が心にしみました。まだまだテーマが自分と家族にはあるので自分の近くにいるうちにどんどん試してみたいと思います。

●「子供にレメディを与える事は」のお話、とてもありがたく受け止めました。大きな病気のないわが子ですが、そこで油断して向き合わないでいないようにしたいとおもいます。資料以外での色々なケースのお話をしていただき、興味深かったです。ジェムレメディーの事など、もう少し学びたくなりました。Sepの私ですが、そこが自覚できたことで改善の方向へ向かっている感じがします。

●妊娠、出産時にキットを購入して使っていたのですがそれぞれのレメディーの特徴を理解して使いこなせていなかったと今日の講義を受けて思いました。今からでもとってみたいレメディーをいくつか見つけることができました。先生のお子様の話も思春期で使ってみたレメディーなど参考になりました。

●今日は初めて知るレメディも多く使ってみたいと思いました。”レメディをとった子供は・・”というお話は本当にそうなんだろうなと娘を見ていて思いました。魂に従って生きるのは素晴らしいと思います。

●レメディーの説明が丁寧で良く分かりました。アトピーの乗り越え方の心構えまで、教えて頂き、よかったです。ついあせって、あれやこれやとりたくなりますが、ゆっくりやるということが、分かりました。

●レメディーをとるのに遅いということはない。ホメオパシーで子供との乗り越える問題に早くぶつかる。普通の枠から外れる=その子らしさ。この言葉を聞いて勇気づけられました。ありがとうございました。

●レメディで子育てすると自分の人生を生きる子供になっていく、というお話はとても心に残りました。多くの人がそうなっていけば、幸せな人が増えると思うので、やっぱりホメオパシーはいいなと思いました。

●妊娠出産は昔のことだと思ってましたが、大変参考になる授業でした。私もトイレの夢をよくみるので、今日お話を伺えてよかったです。驚きましたが、このようなお話を聞けるのでファミホメの授業は毎回とても楽しいです。

●キーノートと特徴が同じような「出血」「流産」「酸欠」などが重なるレメディでした。それぞれの違いがまだイメージとしてつかめていません。ノートやガイドブックを何度か読み返してみようと思いました。ありがとうございました。

●講義の中で永桶先生のお考えやお人柄にふれられて、話の内容も良く入ってきました。具体例を多く用いて下さって、よりイメージしやすかったです。妊娠出産前に聞きたい宝物のようなお話しばかりでした。

●今回は、酸欠、出血、流産のイメージをするようなレメディーが多かったので、少し気分が悪くなってしましました(笑)。RXのレメディーは、コンビネーションの内容も記載されていると良かったなと思います。ありがとうございました。

●今日は予定日でした。妊娠と出産の2回目まで受ける事ができて、本当に良かったです。授業中にはいろいろな人から連絡等があって(皆、心配しての事)、すごくうっとうしい気分になりました。予定日は未定ですから。私もあせる気持ちもあるけれど、なるべくゆだねて、ゆっくりお腹の中にいるもう少しの時間を楽しめたらと思います。ありがとうございました。

●今日は先生の体験談もたくさん聞かせてもらい、参考になりました。バースキットは、出産の時に使うものと思っていましたが、今後購入して自分や娘たちに使っていきたいです。ありがとうございました。

●ありがとうございました。妊娠・出産時の使用に限らず、出産時のトラウマをかかえたまま大人になった人々へも、いろいろと応用できると思いました。ありがとうございました。

●今日の講義はいつも以上に誠意のこもった、奥の深い話が聞けて勉強になりました。いろいろな経験のお話が聞けて良かったです。身近な体験談をきけてとても良かったです。

●去年もこの講義を聞いたのですが、ほとんど覚えていなかったこともありますが、改めて勉強になることもたくさんあり、何度聞いてもいいなと思いました。

●今日は聴講で参加しました。何度も学んだレメディーもありましたが、初めて聞いたこともあり、大変勉強になりました!ありがとうございました。

●今日も奥深いお話をありがとうございました。妊婦さんだけでなく、私たちにも非常に役立つものでした。永桶先生が今からでも遅くないと何回もおっしゃった言葉が励みになりました。

●今回も山盛りの講義で面白かったです。永桶先生が言われたように自分の妊娠・出産の時にホメオパシーのことを知っていたかったですね。息子の未来のお嫁さんに役立てればと思います。

<< 1つ前の記事へ | 記事一覧へ |

最新の講義の様子

2018/10/19CHhom ファミリーホメオパスコース「妊娠と出産のレメディー②」講師:永桶先生...
2018/10/12CHhom ファミリーホメオパスコース「妊娠と出産のレメディー①」講師:豊池先生...
2018/10/05CHhom ファミリーホメオパスコース「農業総論」DVD上映講師:由井学長 (写...
2018/09/28CHhom ファミリーホメオパスコース「妊娠出産概説」講師:由井学長 (写真クリ...
2018/09/21CHhom ファミリーホメオパスコース「ケーステイク」講師:由井学長 (写真クリ...

講義を月別に表示する