2017年06月02日(金)

2017年6月2日(金)

CHhom ファミリーホメオパスコース
「セルフケア概説」DVD上映
講師:由井学長

20170602_FH7_tokyo_01.jpg20170602_FH7_sapporo_01.jpg

(写真クリックで拡大します。)

本日はファミリーホメオパスコース、由井学長による「セルフケア概説」のDVD上映授業が行われました。

まずはホメオパシー病理として、熱・咳のメカニズムと免疫についての理論が話されました。

症状が、実は身体が心身を浄化するためのありがたい症状である事が図解を使って解説され、症状を薬やワクチンで抑圧された後に、慢性疾患になった方々症例や、適切なレメディーの組み合わせによって、抑圧された症状が解放され、次々に治癒していく様子が伝えられました。

また、症状からレメディー選択に関して、急性の症状に合わせ、慢性のミネラル不足も考慮した Zenホメオパシーの対処方法について、ポイントも解説されました。

由井学長の症例の紹介では、現代医学では改善されなかった難病の子が、ホメオパシーでの対処後、症状を出し切り、好転反応を乗り切ることで、元気に走り回っている姿を見て、あらためてホメオパシーのキーとなる「症状はありがたい」ということが皆さん実感できたかと思います。

最後に子宮頚がんワクチン被害者の症状の映像と、由井学長の改善ケース紹介がありました。

子宮頚癌ワクチンの健康被害の恐ろしさを目の当たりにして言葉にならないほどの様々な感情を感じられた方も多かったと思います。そして、由井学長のZENホメオパシーがワクチン被害者の難治症状を改善させて行った様子にとても希望が持て、ホメオパシーの素晴らしさを改めて感じさせられる機会となったようです。

学生の皆様お疲れ様でした。

20170602_FH7_nagoya_01.jpg20170602_FH7_osaka_01.jpg

講義の感想

●バイタルフォースを正常に働かせることが何より大切なんだと感じました。いくつかのケースを見て、ホメオパシーを使用することによって、どうなっちゃうんだろうと思うような酷くなるケースも、最後は驚くようにきれいに治るのが本当にすごいなと思いました。先生の「この世界の仕組みを知ってサバイブしないと」という言葉が印象的だったので(ワクチンの話)(DVD内で)もうだまされないで、ちゃんと知り、害のものをちゃんと区別したいと思いました。信仰心もとても大切なのですね。人生に苦しみがあるのはつらいと思っていましたが、苦しみがあるから幸せが分るのですね。

●体の中に異物が入った時、どのように体が反応して、外に出そうとするのか、粘液の働き→白血球に変わって血液壁を通り抜ける事、そして粘液になる事や、肝臓と熱の関係、P450やプロスタグランジン、オメガ3や6と必須脂肪酸、様々な体の中の働きが、由井先生の説明で知る事ができました。とても新鮮な内容で、生きた生命論を1から学び直しています。(薬剤師をしていたので)子宮頸がんの副作用はすさまじいものがありました。レメディーの使い方、難しかったですが、頑張って勉強していきたいと思います。

● 今まで急性症状に対してのレメディーを選択していましたが、慢性病、医原病へのアプローチが必要とわかりました。急性症状のレメディーもまだ適切に選べないので、更に詳しい勉強をしたいです。ケース:下痢にてCham.をとる、とありましたが、我が子が遊びから家に帰ろうとすすめると激怒し、母をたたいたりします。Cham.をとらせてみようと思います。また、便の形状、怒の根本原因なども観察していきたいと思います。改めて、ワクチンは必要ないと思った。豊受豆腐、里芋を頂きました。豆腐は甘味がしっかりあり、美味しくびっくりしました。里芋もホクホクしておいしかったです。本物は違いますね。ありがとうございました。

●今回は、頭に入れることが多く、必要な事も、書くのが追い付けずところどころ取りこぼしています。けれども、段々もっと理解できるようになるということなのであまり神経質にならずにいようと思います。今回は予防接種の恐さを まのあたりにして、体に絶対入れてはいけないと思ったところです。そして、ホメオパシで出されるレメディーの効果にただただ驚いているところです。病理は特に簡単ではありませんが、頑張ってファミホパになりたいとより強く思っています。ありがとうございました。

●今日印象に残ったのが、レメディー選択のポイントを聞けたことです。症状をみて、植物のレメディーをとり、性格をみて鉱物のレメディーをとること。そして臓器のサポートとミネラルをとることが大切なのだと感じました。今までやみくもにレメディーを探していたな、と思いました。病気はこわくない、症状はこわくないと、経験といっしょに自分の中に落とし込んでいきたいです。

●初めての受講であり、用語なども知らない事が多かったが、内容的にはとても興味をひかれました。今までは自分自身にも、また家族にも、病気になると簡単に薬を飲んだり、病院に行っていた事を痛感しました。身体は良くなるように症状として出しているのだなと理解出来て、今後の対応方法を良く考えていきたいと思いました。そのためにも、この講座を通して知識だけでなく、幅広くいろいろな事を学んでいきたいです。今後ともどうぞよろしくお願い致します。

●子宮けいがんワクチンで苦しんでいる、特に若い女性の状況を目のあたりにして、改めて予防接種の恐ろしさを自覚しました。自分自身も子どもに国のすすめるスケジュールどおりに多種の予防接種を受けさせてしまったこともあり、後悔する想いがありますが、相談会のDVDの中で寅子先生が「そのときはそれしか知らなかったのだからそれでいい」という風におっしゃっていたのを聞いて、自分を責めるのではなく、「では今何ができるか」に意識を向けて前向きに対処するしかないんだと勇気づけられました。

●度々常識を覆させられて驚くばかりです。「血液こそ自分を現している、献血はやらない方が良い」とのことでしたが、つい先日献血に行ったばかりの身としては、肩身が狭くなる思いでした。又、治療家は霊性を上げていかなければならないのかと思うと、自分の霊性も気になるところです。まずできることを続けていこうと思います。本日もありがとうございました。

●子宮頸がんワクチンを接種した人の動画が衝撃で恐ろしいものがありました。健康=サバイバル脳力を身に着けることなのかもしれません。最後の由井先生の「股関節痛いけど歩けるしこれで十分」の言葉に何だか言葉にできない程安心しました。今に感謝、今あるものをしっかり見る。私もそのように生きたいと思いました。

●今回は内容がより実践的に近くなってきたと思いました。私は医療職ではありませんが、体のことなど過去に勉強した事はありました。今回聞いた内容は初めて聞くことでしたが、又、先生も「他ではこんなこと教えないよ」とおっしゃっていましたが、知らなかった事が次々出てきてきて、興味深かったです。今まで聞いたことのないことでしたが、でも理論として納得がいく感じがしました。また、DVDの中で、由井先生が「うらみは身を滅ぼす、感謝する心に治癒がついてゆくよ」と患者さんへ伝えていることが印象的でした。症状をみるだけでなく、その患者の成長(辛かった体験を乗り越えること)をサポートする言葉まで伝えられていて、すばらしいと思いました。

●3時間あっという間でした。今まで自己流で急性病に対しレメディーをとっていたので、何が植物か、鉱物か気にせずとっていたので、意識していこうと思います。子供の症状で慢性病かな…と思われる症状があるので、ホメオパスに相談しないとと思いました。子宮けいがんの予防接種は本当に怖いです。自分の身はしっかりと守っていかないと危険であると思います。もっともっとこのホメオパシーが世に知られるとよいのにと思います。

●今日のセルフケア概説を楽しみにしていたが、まだ少し難しかった。健康相談のDVDを見ていて、気付いたが、今まではただ相談者がかわいそうという視点でしか見ていなかったが、今日は1人1人の症状に注目して見ていることに気付いた。これからは、より自分の症状や感情に気付き、観察していきたい。

●今日は3時間の講義では吸収しきれない程、内容ぎっしりでした。FHとして、レメディー選択のポイントなど、ケースを通して具体的に教えて頂きました。最後の子宮頸がんワクチンのDVDが、かなり衝撃的で、同じような年頃の娘がいる私としては(娘にワクチンは打たせていませんが)、とても辛く、怒りすら感じました。予防接種の害について、改めて考えさせられました。

●娘の病気で寅子先生の相談会を受けていますが、いろいろな疑問がでてきても、限られた時間なので質問も限られたものになります。それは仕方のないことだと思います。その疑問などが、ファミリーホメオパスコースで学ぶことによって、納得に変わってきました。本当に受講してよかったと毎回感じています。

●祝詞、般若心経、どのように毎日に取り入れていくものか、初めて見るといいのか教えていただけるとありがたいです。たくさんのレメディーの名前で頭がパンクしそうです・・・どのように実際の生活で取り入れていけばいいのか、というところはまだまだわかりません。ケースや症例はわかりやすく楽しい授業でした。

●ホメオパシーは奥が深く、学んでいて楽しいです。どこまで理解できるか不安ですが、続けて行きたいと改めて思いました。自分を見つめる時間が持てて少し変化が出てきたようです。

●ワクチンの影響による症状には驚きました。以前からワクチンが良くないのは知っていましたが、身近にはいなかった為、実感ありませんでした。今後もう少し詳しくセルフケアの方法を学びたいです。

●大変勉強になりました。子宮頸がんのDVDが衝撃的でびっくりしました。

●急性症状を治しただけでは、マヤズムがより大きくなってしまう、というのは驚きでした。

<< 1つ前の記事へ | 記事一覧へ |

最新の講義の様子

2017/06/02CHhom ファミリーホメオパスコース「セルフケア概説」DVD上映講師:由井学長...
2017/05/26CHhom ファミリーホメオパスコース「ホメオパシーの専門用語」講師:由井学長 ...
2017/05/19CHhom ファミリーホメオパスコース「ホメオパシーの歴史」DVD上映講師:由井...
2017/05/12CHhom ファミリーホメオパスコース「心構え」講師:由井学長 (写真クリックで...
2017/03/09CHhom ファミリーホメオパスコース FH6期生 「集合授業&修了式」...

講義を月別に表示する